船場吉兆「ひそひそ」会見(平成19年12月10日)

12月10日は何の日「船場吉兆ひそひそ会見」

高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区、湯木正徳社長)による牛肉商品や菓子、総菜の不正表示問題で、同社は10日、会社の責任を全面的に認める改善報告書を農林水産省近畿農政局に提出した。同省によると、問題の商品は45になる。発端となった福岡市の店舗での賞味・消費期限改ざんについては、正徳社長の次男の尚治取締役が「指示したと言わざるを得ない」と認めた。

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年12月10日(日)

平成337日目

【阪南大高・岩本勉投手】日本ハム入団決定

日本ハムがドラフト2位で指名した阪南大高・岩本勉投手(18)の入団が10日、決まった。宮本スカウトがこの日、大阪・八尾市内で本人と両親らを交えて2回目の入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸480万円(ともに推定)で仮契約を結んだ。

岩本は今夏の全国高校野球大阪府大会は直前に発覚した部員の不祥事で出場を辞退したが、二年秋の鳥取西との練習試合で20奪三振をマークするなど、本格派右腕として注目されていた。《共同通信》

【チェコスロバキア】非共産党内閣が発足

東欧の民主化の波が押し寄せるチェコスロバキアで10日午後、非共産党員が多数を占める新内閣が発足した。また、新政権の成立を受けて、1968年の民主化運動「プラハの春」の圧殺後から87年まで共産党の指導者だったグスタフ・フサーク大統領(76)は辞任する。

チェコ共産党が48年に一党支配体制を固めて以来、共産党の閣僚数が過半数を割るのは初めてのことで、フサーク大統領辞任と併せ、先月17日以来、チェコ国内を大きく揺さぶっていた民主化運動は大きな成果を挙げたといえよう。《共同通信》

1990 平成2年12月10日(月)

平成702日目

【 TBS・秋山豊寛記者】地球に帰還

日本人として初めて宇宙を飛んだ東京放送(TBS)の秋山豊寛さん(48)はモスクワ時間10日午前9時8分、ソ連カザフ共和国アルカリクの平原にソ連の2飛行士とともにソユーズTM10飛行船の帰還カプセルで無事、着陸した。

2日の打ち上げから約190時間、秋山さんは地球を124周。宇宙に飛び出た初のジャーナリストとして日本周辺の海や、砂漠化が進むアジアやアフリカの様子を宇宙から生々しくリポートするなど、日本の宇宙開発の歴史に輝かしい足跡をしるした。

回収班や報道陣のヘリコプターが旋回する中をゆっくりと降下してきたソユーズTM10宇宙船の帰還カプセルは、着陸寸前に底部のエンジンを地上に向けて噴射し、雪の大地に舞い降りた。

ゲンナジー・マナコフ船長(40)に続きカプセルを出た秋山さんは「やっぱりきれいですね。青空が。やー、お腹が減っちゃって……」と帰還第一声。3飛行士は簡単な医師のチェックを受けた後、特別機でモスクワ郊外「星の街」の宇宙飛行士訓練センターに向かった。《共同通信》

【第120通常国会】召集

第120通常国会は10日、召集された。会期は来年5月8日までの150日間。午後の衆参両院本会議で橋本蔵相が平成2年度補正予算案の提出に伴う財政演説を行い、午後2時から衆院本会議で財政演説に対する各党代表質問が行われ、中東貢献問題を中心に論戦に入った。

海部首相は湾岸問題で武力行使が起きた場合の対応について「湾岸地域の平和と安定の回復のため活動している各国を支援すべきという立場に変わりない」との考えを表明するとともに、先に廃案となった国連平和協力法案に代わる新たな国際貢献策を今国会に法案として提出する方針を強調した。《共同通信》

1991 平成3年12月10日(火)

平成1067日目

【近鉄・野茂英雄投手】契約更改

近鉄の野茂英雄投手(23)は10日、大阪・難波の球団事務所で来季の契約交渉に臨み、今季から一気に3000万円増の年俸6600万円で一発更改した。さらに最多勝と最多奪三振の2つのタイトル料400万円が加わり、総額7000万円を手にした。

野茂は、金額については「いまひとつ」と必ずしも満足ではない様子だったが「球団からは大黒柱として優勝したぐらいやってくれた、と言われた」との高い評価に納得し、2年連続して初交渉でサインした。

今季の野茂は、31試合に登板して17勝11敗1セーブ。勝数は昨年より1つ減ったものの、優勝を争った西武を相手に11試合に登板(5勝5敗1セーブ)するなどチームの大黒柱として働いた。この活躍が続けば4年目で一気に1億円の大台に到達する可能性も出てきた。《共同通信》

【宮澤喜一首相】異常事態「われ関せず」

宮澤首相は会期末を迎えた10日、国会内で開かれた閣議を終えると首相官邸に引き揚げ「しばらくここにいると思います」と待機の構え。国会のめどを聞こうとする記者団には「そんなこと、私に聞いてもわからないな」ととぼけ、昼食後に記者団から「国会はもめますね」と水を向けられても、腕時計をちらっと見ながら「まだまだ。朝のうちですから」と淡々とした表情。

11月のPKO法案の強行採決では「国会のことですから政府は関係ありません」と発言して波紋を広げた首相だけに、会期切れ寸前までもめる異常事態にも「われ関せず」。《共同通信》

1992 平成4年12月10日(木)

平成1433日目

【ヤクルト・古田敦也捕手】契約更改で第三者同席迫る

ヤクルトの古田敦也捕手(27)は10日、東京・東新橋の球団事務所で、契約更改交渉に第三者の同席を認めるよう球団側に迫った。

同選手はこの日予定されていた契約更改交渉は行わず、交渉方法について約1時間の話し合いに終始した。その後の記者会見では、5日に極秘の下交渉があったことを明らかにし、その後契約更改交渉の席に弁護士の同席を求めたものの、球団から拒否された事実を公表した。

古田は、先月、12球団オーナーなどに代理人交渉についての質問状を提出した弁護士グループ「スポーツ問題研究会」の代表、辻口信良弁護士を同席させる計画を持っている。

「前例がないというだけで(第三者の同席を)拒否するのはおかしい。球界だけが取り残された今の契約の仕方に着目したい」と、対面契約に固執する交渉方法へ疑問を投げかけた。《共同通信》

【宮澤喜一首相】平成6年度をめどに減税検討

参院予算委員会は10日、1992年度補正予算案に対する締めくくり総括質疑を行った。宮澤首相は所得税減税問題について「年金再計算の時期が間もなく来る。その時期にもう一度税制を考え直す必要があるのではないか」と述べ、平成6年度予定の年金再計算に合わせて税制抜本改革を行う中で減税を検討するとの意向を初めて示した。《共同通信》

1993 平成5年12月10日(金)

平成1798日目

【皇后陛下】一部ご回復

神奈川県・葉山町の葉山御用邸で静養中の皇后さまは10日、金沢一郎東大教授(神経内科)の診察を受けた。その結果、声が出ない症状に回復の兆しが出てきたという。10月20日に倒れて以来1カ月半ぶり。

宮内庁筋によると、皇后さまはまだ完全とは言えないが、少しずつ言葉を話せる容体となり、症状は回復に向かっているという。《共同通信》

【細川護熙首相】「コメ交渉に理解を」

細川首相は10日午前の参院予算委員会で、コメの部分開放に関する調整案について「明らかにできない部分について唐突に思うことが多いかもしれないが、外交交渉であることを理解してほしい」と述べ、「追加的譲歩」と「影の関税化」(関税率低減の進行)という2つの問題が先の政府与党首脳会議で示された調整案骨子から欠落していたことについて釈明した。

首相は「密室交渉と言われるが、多国間交渉でまとめねばならない。国民にオープンに分かりやすくするのが望ましいが、限度がある」と強調した。自民党の浦田勝氏の質問に答えた。《共同通信》

1994 平成6年12月10日(土)

平成2163日目

【新進党】旗揚げ

野党の「新進党」は10日午後、横浜・みなとみらいの国立横浜国際会議場(パシフィコ横浜)で結党大会を開いた。衆参両院議員214人と自民党に次ぐ大政党が誕生したことは、1955年の左右社会党の統一と、自由、民主両党の「保守合同」以来の大規模な政党再編成であり、昨年の細川連立政権誕生に続く政界再編のうねりは新たな段階を迎えた。

新党首の海部俊樹元首相は決意表明で自民、社会、さきがけの連立による村山政権について「国民が不信感を持っている。明るく公正な社会をつくれるなら協力するが、できないなら代わっていただく」と述べ、政権奪回への意欲を強調した。《共同通信》

【村山富市首相】「祝福します」

村山首相は10日夕、新進党が結成されたことについて記者団に対し「いいことじゃないですか。新しい党ができて、みんなで国民のために虚心に話し合ってね。祝福します」と語った。《読売新聞》

1995 平成7年12月10日(日)

平成2528日目

【古田敦也さん、中井美穂さん】挙式

プロ野球ヤクルトの古田敦也捕手(30)とフジテレビの中井美穂アナウンサー(30)の結婚式と披露宴が10日、東京都内のホテルで行われた。

披露宴には野村克也監督らチーム関係者のほか、アマチュア時代に全日本でバッテリーを組んだ米大リーグ、ドジャースの野茂英雄投手ら約500人が出席した。《読売新聞》

【新進党党首選】海部氏が出馬断念

新進党の海部俊樹党首は10日夜、都内のホテルで小沢一郎幹事長と会談し、16日告示の党首公選への再選出馬を断念し、小沢氏を全面的に支援する考えを表明した。これを受けて小沢氏は11日午後、大阪市内のホテルで記者会見し、党首公選への出馬を正式に表明、政策ビジョンを発表する。若手議員の一部に第三の候補者擁立を模索する動きがあるものの、小沢氏と、すでに立候補を表明している羽田孜副党首との事実上の一騎打ちとなる見通しだ。

海部党首は10日夜、小沢氏らとの会談後、記者会見し、「私心を捨て政策と党の将来を考え、バトンを小沢幹事長に渡し、党首選に立候補することを断念した」と述べた。その上で、「バトンを託し、思いを託し、がんばってもらいたい」とし、小沢氏支持の立場を表明。会見に同席した小沢氏は「海部党首の話を重く受け止め、その気持を肝に銘じて決意をあらたにがんばりたい」と述べた。《読売新聞》

1996 平成8年12月10日(火)

平成2894日目

【全柔連】カラー柔道着試用を正式決定

全日本柔道連盟(全柔連)は10日、東京都文京区の講道館で理事会、評議員会を開き、来春の欧州主要国際大会にカラー柔道着を試験的に着用して参加することを正式決定した。例年、選手派遣する6大会のうちから絞り込んで参加する方針で、どの大会かは年内に決める。

テレビ放映権料の収入増などを当てにする欧州柔道連盟(EJU)はことし4月の総会で、カラー柔道着の試験的導入を決議。日本が欧州の主要大会に出場するためには、カラー柔道着の着用が絶対必要な状況となった。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】一般歳出「1%台に抑制を」

橋本龍太郎首相は10日、三塚博蔵相を官邸に呼び、編成作業中の平成9年度の予算について「一般歳出の伸び率は前年度の伸びを相当程度下回るよう圧縮し、限られた財政資金を重点的・効率的に配分する努力をしてもらいたい」と指示した。

蔵相はこの指示について会談後「(前年度伸び率の2.4%を下回る)1%台に抑制することと受け止めている」との認識を示した。一般歳出の伸びが1%台にとどまると、昭和63年度当初予算(1.2%増)以来9年ぶりで、来年度予算は超緊縮型となる。《共同通信》

1997 平成9年12月10日(水)

平成3259日目

【プロ野球・阪神】契約保留者が続出

オフになると阪神は粘り強い。10日も契約交渉で藪、八木、平塚がサインしなかった。桧山、湯舟、伊藤、田村、弓長、山田と合わせ、主力9人が保留。いずれもシーズン中を上回るような気迫だ。9人はいずれも昇給提示を保留している。今季5位に終わったのに、それぞれの言い分はまるで優勝チームのようで……《共同通信》

【温暖化防止京都会議】温暖化ガス削減で合意

京都市で開催中の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(温暖化防止京都会議)は最終日の10日、欧州連合(EU)と米国、日本が最大の焦点だった温室効果ガスの排出削減目標についてEU8%、米国7%、日本6%で合意した。日本は橋本龍太郎首相が政治決断した。

同会議全体委員会のエストラーダ委員長は同日深夜、先進国全体で6%の削減となる修正議定書案を作成。最終的に決着する方向で、委員会で認められれば本会議の採択を経て、11日未明にも世界で初めて二酸化炭素(CO2)などの排出削減などを義務付けた法的拘束力のある議定書が生まれる。《共同通信》

1998 平成10年12月10日(木)

平成3624日目

【沖縄県】稲嶺恵一知事が就任

稲嶺恵一氏が10日、沖縄県知事に就任、新県政がスタートした。稲嶺氏は米軍基地問題や経済振興に新たな視点から取り組む意欲を表明。保守系知事の誕生を歓迎する政府、自民党も全面的に支援する考えだ。

だが、懸案の普天間飛行場移転問題の具体的な解決策は見えてこない上、県内からは早くも批判的な声も出始めている。

「基地問題が進展しなければ政府もいつまでも甘い顔をしていない。沖縄は再び立ち往生する恐れもある」(江上能義・琉球大教授)との指摘もあり、新県政の先行きは不透明だ。《共同通信》

【小渕恵三首相】自由党・小沢党首に入閣要請も

小渕恵三首相は、自由党との連立による内閣改造に当たって、18日にも行われる党首会談で小沢一郎自由党党首に対し入閣要請をする方向で検討を始めた。首相は10日朝、記者団が「小沢党首が入閣した方が連立の意味が分かりやすいのでは」と質問したのに対し「そういう声があるのは事実だと思う」と答え、検討課題となっていることを認めた。

党首が入閣することで連立政権が強固なものになるとの判断だが、小沢氏が入閣した場合、副総理格となり発言力が閣内で大きくなることから、自民党内では否定的な意見が強い。

小沢氏も9日の記者会見で「政策の話に比べれば(入閣は)枝葉末節の問題だ」と消極的姿勢を示しており、入閣するかどうかは流動的だ。《共同通信》

1999 平成11年12月10日(金)

平成3989日目

【皇太子妃雅子さま】懐妊の兆候

皇太子妃雅子さまに懐妊の兆候がみられることが10日、宮内庁関係者の話で分かった。13日にも皇居内の宮内庁病院で超音波などの検査を受けられる見通し。天皇、皇后両陛下にも報告されており、妊娠が確認されれば、宮内庁が正式に発表、医師団を編成して万全の態勢がとられる。

宮内庁の古川清・東宮大夫は10日午前、記者会見し「現在ご懐妊と判断できる段階にはない。医師の判断で、ふさわしい時期にふさわしい検査を受けることは考えられる」と話した。《共同通信》

【小渕恵三首相】「静かに見守りたい」

小渕恵三首相は10日午前、皇太子妃雅子さまに懐妊の兆候がみられることについて「宮内庁からまだ話を聞いていない。ご懐妊だとすれば大変おめでたいことだが、今は静かに見守りたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

これに関連し、青木幹雄官房長官は10日午前の記者会見で「鎌倉節宮内庁長官からの電話では、現段階で懐妊と判断できる段階ではない、検査の結果はいずれ正式に発表する、ということだった」と述べ、近く宮内庁から正式な発表があると説明した。《共同通信》

2000 平成12年12月10日(日)

平成4355日目

【福岡国際女子柔道48キロ級】田村亮子選手が11連覇

柔道の福岡国際女子選手権最終日は10日、福岡市の福岡国際センターで4階級を行い、48キロ級でシドニー五輪金メダリストの田村亮子(トヨタ自動車)が11連覇を果たした。

田村は調整不足が心配されたが、準決勝までの3試合をすべて一本勝ちし、決勝で新鋭の浜野千穂(東和大)と対戦、序盤からペースを握り、相手の技の掛け逃げなどで技ありポイントを重ねて快勝した。

【筑波大・白川英樹名誉教授】ノーベル化学賞を受賞

今年のノーベル賞の授賞式が10日夕、ストックホルムで開かれ、化学賞に選ばれた白川英樹・筑波大名誉教授(64)ら3人にカール16世グズダフ国王からメダルと賞状が贈られた。

白川さんは「荘厳だが、ユーモアがあって思った以上に楽しい授賞式でした」と感想を述べた。日本人のノーベル賞受賞者は1994年の大江健三郎氏(文学賞)に次いで9人目。化学賞は故福井謙一氏から19年ぶり2人目となる。《共同通信》

2001 平成13年12月10日(月)

平成4720日目

【野依良治教授】ノーベル化学賞受賞

1901年の創設から今年で100周年を迎えたノーベル賞の授賞式が10日午後、ストックホルムのコンサートホールで開かれ、化学賞の野依良治名古屋大教授(63)がスウェーデンのカール16世かグスタフ国王からメダルと賞状を授与された。

式終了後、野依さんは「今世紀最初の受賞となり感慨深い。人生に悔いはないですね」と感想を述べた。日本人の受賞は昨年、化学賞を受けた白川英樹筑波大名誉教授に次ぎ2年連続。《共同通信》

【小泉純一郎首相】インド・バジパイ首相と会談


https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は10日夜、首相官邸でインドのバジパイ首相と会談した。会談後、両首脳は安全保障分野での対話促進など二国間関係の発展とテロ対策、軍縮・不拡散などグローバルな課題に協調して取り組むことなどを柱とした共同宣言を発表した。

会談で、両首脳はアフガニスタン復興問題とテロ対策に協力して取り組むことで一致。小泉首相は「平和的政権の樹立を強く希望する。平和が確立後の復興支援に協力したい」と述べた。バジパイ首相も「一国では復興できない。インドもアフガンに経済支援しており、日本と協力できることをうれしく思う」と応じた。《共同通信》

2002 平成14年12月10日(火)

平成5085日目

【伊良部秀輝投手】阪神入団会見

米大リーグのレンジャーズを自由契約になり、阪神入りした伊良部秀輝投手(33)が10日、兵庫県西宮市内のホテルで入団会見し「野球人生の中で、阪神でプレーできるのはチャンス。日本シリーズで優勝したい」と意気込みを話した。 契約金、出来高払いを含む総額200万ドル(約2億5200万円)の1年契約。背番号は41。

7年ぶりの日本球界復帰となる伊良部は、阪神入りの決め手を「星野監督の熱意。勝利に対する闘志を感じた」と言い、今季はレンジャーズでリリーフを務めたが「先発で起用してもらいたい」と力強く話した。 星野監督も会見に同席する前に約1時間、伊良部と話し込み「投手としての心得など新鮮なものを感じた。エース級のレベルだ」と、あらためて大きな期待を寄せた。《共同通信》

【新潟少女監禁事件】高裁、被告に懲役11年

新潟県柏崎市で小学4年生当時から約9年2ヶ月にわたり女性(22)を監禁したとして逮捕監禁致傷などの罪に問われたS被告(40)の控訴審判決で、東京高裁は10日「一審判決の量刑には違法がある」とし、懲役14年とした新潟地裁判決を破棄、あらためて懲役11年を言い渡した。《共同通信》

【民主党代表選】菅直人氏を新代表に選出

民主党の次期代表に菅直人前幹事長が決まった。同党は鳩山由紀夫代表の辞任表明を受けて10日夕、都内のホテルで両院議員総会を開き、国会議員(183人)の無記名投票による後継代表選の結果、菅氏が岡田克也幹事長代理を破り、当選した。得票は菅氏104票、岡田氏79票で無効票はなかった。《共同通信》

2003 平成15年12月10日(水)

平成5450日目

【MLB・パドレス】大塚晶則投手の入団を発表

米大リーグのパドレスは10日、当地で中日からポスティングシステム(入札制度)で移籍する大塚晶則投手(31)の入団発表を行った。背番号は「16」で、2年契約の総額185万ドル(約2億円)プラス出来高払い。 来季からの本拠地球場ペトコ・パークで、真新しいユニホーム姿で会見した大塚は「長い間の夢がかなった。今は本当に感動している」と喜びを語った。《共同通信》

【小泉純一郎首相】インドネシア大統領と会談

小泉純一郎首相は10日午後、インドネシアのメガワティ大統領と首相官邸で会談し、イラクへの自衛隊派遣を決めたことについて「戦闘行為ではなく、生活基盤をつくるために行く」と理解を求めた。

大統領は「インドネシアも海外に軍隊を派遣しているが、これまでの協力は国連の枠の中で進めている」と、自衛隊派遣への評価は示さなかった。インドネシアはイラクへの派兵を見送っている。《共同通信》

2004 平成16年12月10日(金)

平成5816日目

【広島・嶋重宣外野手】年俸550%アップで契約更改

今季、セ・リーグ首位打者のタイトルを獲得した広島の嶋重宣外野手(28)が10日、広島市の球団事務所で来季の契約更改交渉に臨み、今季の700万円から3850万円増の4550万円の提示に一発サインした。球団側の粋な計らいで背番号「55」にちなんだアップ率550%は球団史上最高。年俸のほかにタイトル料500万円も上乗せされた。苦節10年目で才能を開花させた嶋は「今まで見たことのない数字なのでびっくりした。オフにしっかり体を作って来季も活躍したい」と満面の笑みを浮かべた。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】定率減税は自民税調に一任

小泉純一郎首相は10日午前、2005年度税制改正をめぐり自民党本部で、党税制調査会の津島雄二会長、伊吹文明小委員長と会談した。首相は最大の焦点になっている所得税と個人住民税の定率減税の縮小・廃止問題に関し、対応を津島氏らに一任する意向を示した。《共同通信》

2005 平成17年12月10日(土)

平成6181日目

【宇治学習塾小6女児殺害事件】

10日午前9時ごろ、京都府宇治市神明石塚のビル2階にある学習塾「京進」宇治神明校から「教室内で女児を刺した」と110番通報があった。 駆けつけた市消防本部の救急隊が市立神明小6年Sさん(12)が胸から血を流しているのを見つけ、病院に運んだが、間もなく死亡が確認された。

宇治署は、現場にいたこの塾のアルバイト講師で同志社大4年O容疑者(23)(宇治市寺山台)を殺人未遂で現行犯逮捕、容疑を殺人に切り替え、動機などを追及している。《読売新聞》

【麻生太郎外相】韓国・潘基文外交通商相と会談

麻生太郎外相は10日午前、クアラルンプール市内のホテルで韓国の潘基文外交通商相と約45分間会談した。潘氏は「日本の指導者の発言により外交責任者として自分が困った状況に置かれていることを理解してほしい」と小泉純一郎首相の靖国神社参拝や、麻生氏の首相参拝指示発言の中止を要請。

麻生氏は「立場の違いはあるが、韓国国民の過去に関する心情を重く受け止める」と述べた。《共同通信》

2006 平成18年12月10日(日)

平成6546日目

【世田谷一家殺害事件】追悼集会

東京都世田谷区の会社員宮沢みきおさん(当時44歳)一家4人が自宅で殺害された事件から今月末で丸6年となるのを前に、警視庁成城署は10日、特別本部の捜査員や地域の防犯ボランティアら約400人を集め、現場近くの都立祖師谷公園で追悼集会を開いた。

会場の大型スクリーンでは、みきおさんの父、良行さん(78)が捜査員を前に講演した際の映像が公開された。良行さんが「うちには何もお宝はないけれど、4人が宝でした。幸せに暮らしていた4人を奪った犯人を必ず逮捕していただきたい」と涙ながらに訴える場面が映し出されると、参加者たちは無言のまま事件解決への決意を新たにしていた。《読売新聞》

【民主党・鳩山由紀夫幹事長】福井県敦賀市で講演

民主党の鳩山由紀夫幹事長は10日、党県連政経パーティーで、郵政造反組の自民党復党について「昨年の総選挙は何だったのか。造反組の行為は国民に対する裏切りであり、自民党も党利戦略の極め付き」と述べ、復党の決定で古い体質の自民党に舞い戻ったと批判した。《福井新聞》

【自民党・森喜朗元首相】福井県敦賀市で講演

自民党の森喜朗元首相は10日、敦賀市で開かれたパーティーで講演し、安倍首相が来年夏の参院選公認候補の差し替えを示唆している点に「県連の意見を無視し、党本部がうんぬんすれば、結果として力をそがれることになる」と指摘。候補者差し替えは事実上困難との見方を示した。《福井新聞》

2007 平成19年12月10日(月)

平成6911日目

【船場吉兆】ひそひそ会見

高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区、湯木正徳社長)による牛肉商品や菓子、総菜の不正表示問題で、同社は10日、会社の責任を全面的に認める改善報告書を農林水産省近畿農政局に提出した。同省によると、問題の商品は45になる。発端となった福岡市の店舗での賞味・消費期限改ざんについては、正徳社長の次男の尚治取締役が「指示したと言わざるを得ない」と認めた。牛肉偽装は長男の喜久郎取締役の主導を認め、提出後の会見で、社内からの偽装の指摘を無視するなど不正が会社ぐるみだったことも明かした。

報告書によると、賞味・消費期限の改ざんは約10年前から続いていた。正徳社長と尚治氏に加え、喜久郎氏も取締役を辞任、社外取締役を招くことを検討するという。

福岡市の店舗での期限改ざん問題では、九州地区統括取締役の尚治氏が「欠品、破棄に対して現場担当者に厳しい態度を取り、(期限改ざんを)せざるを得ない状況に陥らせた」と明記。改ざんが実質的に尚治氏の指示だったことを認めた。

【オリックス・清原和博内野手】年俸45%減

オリックス清原和博内野手(40)が10日、京セラドーム大阪で来季契約交渉を行い、今季年俸2億円から9000万円ダウンの1億1000万円プラス出来高払い(5000万円)で更改した。今季は左ひざの故障と手術で試合に出場できず、清原は最大の大減俸にも球団に感謝した。来季はチームの「用心棒」になり、下位打線を打つ覚悟も示すなど、オリックスへの恩返しを誓った。(金額は推定)《日刊スポーツ》

2008 平成20年12月10日(火)

平成7277日目

【整備新幹線】部分着工に転換

与党整備新幹線建設促進プロジェクトチーム(PT)は10日、北陸の金沢ー敦賀、北海道の新函館ー札幌、九州・長崎ルートの諫早ー長崎の未着工3区間について、それぞれ2009年中に着工を部分的に認可するよう政府に求める方針を固めた。

部分認可を求める方向となっているのは、北陸では金沢ー福井と敦賀駅舎、北海道では札幌ー長万部、九州・長崎ルートの長崎駅舎。

PTの津島雄二座長は週内にも与党案として取りまとめ、週明けにも政府・与党ワーキンググループの場などで協議し、政府・与党合意に持ち込みたい構え。ただ財源不足に対応するため与党が求めている工期延長には国土交通省は否定的な考えで、09年度の政府予算案にどう反映されるか不透明な部分も残っている。《共同通信》

【麻生太郎首相】経済運営「内需主導に」

参院予算委員会は10日、麻生太郎首相らが出席して経済と社会保障に関する集中審議を行った。首相は、金融危機克服に向けた経済運営について(1)生活者の暮らしの安定(2)中小零細企業の雇用確保につながる金融経済対策(3)地域活性化、を通じ内需拡大への転換を図る必要があるとの考えを示した。

首相は「これまでは中国や米国など景気が良かった地域への輸出、外需でやってきた」と指摘。内需拡大に向け2009年度税制改正で住宅ローン減税を拡大、延長する方針を重ねて示した。《共同通信》

2009 平成21年12月10日(水)

平成7642日目

【オウム裁判】井上嘉浩被告、死刑確定へ

1995年の地下鉄サリン事件など10事件で殺人罪などに問われた元オウム真理教幹部井上嘉浩被告(39)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は10日、被告の上告を棄却した。一審の無期懲役判決を破棄し、死刑とした二審東京高裁判決が確定する。

一連のオウム事件での死刑確定は、松本智津夫死刑囚(54)=教祖名麻原彰晃=らに続き9人目。うち一審が無期懲役だったのは井上被告だけだった。元幹部新実智光被告(45)ら4人は上告中。《共同通信》

【民主党・小沢一郎幹事長】中国・胡錦濤国家主席と会談


https://www.dpfp.or.jp/

訪中した民主党の小沢一郎幹事長は10日夕(日本時間同)、北京の人民大会堂で胡錦濤国家主席(中国共産党総書記)と会談し、両党の関係強化や議員交流を通じた日中間の友好促進で一致した。

会談で小沢氏は「政府レベルでは難しいものについても、党レベルでの交流により忌憚ない話し合いになればよい」と強調。胡氏は「今年9月に民主党の政権になってからも交流を深めることができた。鳩山由紀夫首相との会談で互恵関係が新たな段階に入った」と応じた。《共同通信》

【鳩山由紀夫首相】米大統領との会談を断念

鳩山由紀夫首相は10日午前、コペンハーゲンで18日に開かれる気候変動枠組み条約第15回締約国際会議(COP15)首脳級会合の際のオバマ米大統領との会談を断念する考えを表明した。

これを受け平野博文官房長官は記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する政府方針の取りまとめは18日以降にずれ込むとの見通しを示した。米側も首脳会談開催に否定的な見方をした。《共同通信》

2010 平成22年12月10日(金)

平成8007日目

【鹿児島高齢夫婦殺害事件】死刑求刑の被告に無罪判決

鹿児島市で高齢夫婦を強盗目的で殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、死刑が求刑された無職、S被告(71)の裁判員裁判の判決公判で、鹿児島地裁(平島正道裁判長)は10日、「証拠を総合しても、被告人を犯人と推認するには遠く及ばない」として無罪を言い渡した。S被告は捜査段階から一貫して容疑を否認、無罪を主張していた。《日経新聞》

【 GM・アカーソンCEO】「プリウスはオタクの車だ、私なら絶対に乗らない」

電気自動車「シボレー・ボルト」の発売を直前に控えた米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のアカーソン最高経営責任者(CEO)は10日、ライバルのトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」を「オタクの車だ。私だったら絶対に乗らない」と発言した。AP通信が報じた。世界的な企業のトップがライバル企業の商品を名指しでこき下ろすのは異例で、物議を醸しそうだ。《産経新聞》

【菅直人首相】今年の漢字は「行」

菅直人首相は10日夜、記者団から2010年を漢字一文字で表すよう求められ「行」を選んだ。理由として「修行の『行』であり、実行の『行』でもある。首相の仕事は修行の身という意識でやらないといけないとの実感をもっている」と説明した。《共同通信》

2011 平成23年12月10日(土)

平成8372日目

【自民党・石原伸晃幹事長】来年中の解散を強調

自民党の石原伸晃幹事長は10日、党本部で開いた東京都連大会で「野田内閣は消費増税など約束しなかったことを突然言い出す。来年、鉄ついを下すべく自民、公明両党が一丸となり内閣を追及する」と述べ、来年中に衆院解散・総選挙に追い込む姿勢を強調した。

大島理森副総裁も消費増税について「どう考えるかを国民に訴えることこそ喫緊の責務だ」と語り、消費増税準備法案の成立前の衆院解散を求めた。《日経新聞》

【野田佳彦首相】消費増税へ改めて決意

野田佳彦首相は10日未明の政府税調で「税制改正の後には一体改革とおいう大きなヤマがる。これまで以上の協力をお願いしたい」と述べ、消費増税への決意を改めて示した。

民主党税制調査会の藤井裕久会長は同日のBS-TBSの番組で「首相は低姿勢だが、決めたことはやる」と語った。《日経新聞》

2012 平成24年12月10日(月)

平成8738日目

【山中伸弥教授】ノーベル医学生理学賞受賞

2012年のノーベル賞授賞式が10日、スウェーデン・ストックホルムのコンサートホールであり、医学生理学賞の山中伸弥京都大教授(50)が、カール16世グスタフ国王からメダルと賞状を授与され、最高の栄誉を受けた。

日本人の医学生理学賞受賞は、1987年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授(73)以来25年ぶり2人目で、日本人受賞者は計19人となった。山中教授はことしの受賞者の中で最年少。

山中教授は、体のさまざまな組織の細胞になる能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を開発し、開発から6年のスピード受賞となった。《共同通信》

【日本維新の会・石原慎太郎代表】「200人以上が拉致被害」

日本維新の会の石原慎太郎代表は10日、千葉市内で街頭演説し、北朝鮮の日本人拉致事件に関し「状況証拠から言うと横田めぐみさんを含め200人以上が拉致され殺された」と言及した。「普通の国なら戦争して相手を懲らしめて取り戻す」とも述べた。《日経新聞》

【自民党】接戦の選挙区にテコ入れへ

自民党は10日夜、党本部で安倍晋三総裁や石破茂幹事長らが衆院選の対策会議を開いた。独自調査で接戦は55選挙区程度と分析し、重点区として終盤に精力的に応援に入る方針を確認した。

2013 平成25年12月10日(火)

平成9103日目

【 Jリーグ最優秀選手】横浜マリノス・中村俊輔選手

Jリーグは10日、横浜アリーナで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、J1で2位の横浜Mを主将として引っ張った35歳のMF中村俊輔が最年長の最優秀選手に輝いた。2000年以来の受賞で2度目の選出は史上初めて。

ベストイレブンには、J1で2連覇した広島からGK西川周作(27)とMF青山敏弘(27)の2人が入った。初選出は、26ゴールで初の得点王となった川崎のFW大久保嘉人(31)や、得点ランキング2位の新潟のFW川又堅碁(24)、柿谷曜一朗(23)と山口蛍(23)のC大阪のMFら7人だった。《共同通信》

【悠仁親王殿下】平和の礎を見学


https://www.youtube.com/

秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さま(7)=お茶の水女子大付属小学校1年=は10日、沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、戦没者名を刻んだ「平和の礎」を見学された。悠仁さまは小学校の休みを利用し、初めての沖縄訪問。遺骨を納めた「国立沖縄戦没者墓苑」も訪れ、3人並んで供花された。

平和の礎には沖縄県をはじめ各都道府県や米国、韓国などの戦没者24万人余りの名前が出身地別に刻まれている。スーツにネクタイ姿の悠仁さまは真剣な表情で見て回り、「東京都はどこにあるんですか」と秋篠宮さまに尋ねて3人で探される場面もあったという。《日経新聞》

2014 平成26年12月10日(水)

平成9468日目

【美味しんぼ】鼻血描写修正せず

小学館の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の人気漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公が鼻血を出す描写などが議論になった問題で、これらの場面を収録した単行本111巻が10日、発売された。単行本では鼻血の描写は雑誌掲載時のままだが、登場人物のセリフなど一部の表現が修正された。《産経新聞》

【特定秘密保護法】施行

国の機密を特定秘密に指定し、漏洩した場合は最高で懲役10年の罰則を科す特定秘密保護法が10日、施行された。共謀したり、唆したりした場合も5年以下の懲役が科される。昨年12月に自民、公明両党の賛成多数で可決・成立した。公務員や防衛産業従事者を対象に、特定秘密を扱える人物かどうか身辺を調べる「適正評価」も実施する。《産経新聞》

2015 平成27年12月10日(木)

平成9833日目

【巨人・杉内俊哉投手】年俸4億5000万円「減」で契約更改

巨人・杉内俊哉投手(35)が10日、都内で契約更改交渉に臨み、4億5000万円ダウンの5000万円プラス出来高で単年契約を結んだ。日本プロ野球史上最大の減額だ。4年契約最終年の今季は6勝止まり。10月に右股関節の形成手術を受け来季開幕も絶望となったことから、自ら年俸の“返上”を申し出た。背番号18を背負う左腕が、復活へ険しい道を選択した。《スポーツ報知》

【フィギュアGPファイナル第1日】羽生結弦選手が世界最高記録を更新

男子ショートプログラム(SP)が行われ、男子史上初の3連覇を狙うソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=はほぼ完璧な演技を見せ、自身のSP世界最高記録を更新する110・95点で首位発進を決めた。羽生のジャッジシートには異次元の数字が並んだ。冒頭の4回転サルコー、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプは基礎点10・50点、14・60点に出来映えを示すGOEで上限の3点が加えられ、13・50点、17・60点に。後半のトリプルアクセルもGOE2・71点を引き出した。《デイリースポーツ》

2016 平成28年12月10日(土)

平成10199日目

【JR常磐線】浜吉田ー相馬間の運行再開

東日本大震災の津波被災で不通となっていたJR常磐線の浜吉田(宮城県亘理町)―相馬(福島県相馬市)間が10日、5年9カ月ぶりに再開した。これで宮城県の沿岸路線はすべて開通した。岩手、福島両県にはなお不通区間が残り、沿岸の全線がつながるのは2020年になる見込みだ。《朝日新聞》

【ノーベル賞】授賞式

ノーベル賞の授賞式が10日夕(日本時間11日未明)、スウェーデンの首都ストックホルムで開かれ、大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)が医学生理学賞を受賞した。文学賞に選ばれた米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)は授賞式を欠席した。平和賞の授賞式はノルウェーの首都オスロであり、南米コロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領(65)が受賞した。《朝日新聞》

2017 平成29年12月10日(日)

平成10564日目

【スピードスケートW杯・女子1000メートル】小平奈緒選手が世界新

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦最終日が10日、米ユタ州ソルトレークシティーで行われ、女子1000メートルで小平奈緒(相沢病院)が1分12秒09の世界新記録をマークし、優勝した。

五輪で実施されている個人種目で日本女子が世界記録を樹立するのは史上初。男子を含めると2005年、男子500メートルの加藤条治(博慈会)以来。この種目は今季3勝目で、500メートルを含め通算19勝目。同組で滑った高木美帆(日体大助手)は0秒54秒差で2位に入った。《読売新聞》

【安倍晋三首相】気分転換

安倍晋三首相は10日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で小林喜光経済同友会代表幹事らとゴルフを楽しんだ。夜は東京・丸の内の帝国劇場でシンガー・ソングライターの松任谷由実さんらが出演する舞台「朝陽の中で微笑んで」を昭恵夫人と共に鑑賞した。9日に特別国会が閉会し、気分転換を図ったようだ。

首相にとってゴルフは11月5日のトランプ米大統領との「ゴルフ外交」以来約1カ月ぶり。記者団から感想を聞かれ「(経済)同友会と政策議論をしながら、気持ち良くやっていますよ」と笑顔で応じた。《共同通信》

2018 平成30年12月10日(月)

平成10929日目

【京都大・本庶佑特別教授】ノーベル生理学・医学賞を受賞

ノーベル賞の授賞式が10日夕(日本時間11日未明)、ストックホルムで開かれ、本庶佑・京都大特別教授(76)がノーベル生理学・医学賞を受賞した。

本庶さんは授賞式に羽織はかまの和装で出席。スウェーデンのカール16世グスタフ国王からメダルと賞状を授与された。日本のノーベル賞受賞者は26人目で、生理学・医学賞は2016年の大隅良典・東京工業大栄誉教授に続き5人目となった。《読売新聞》

2019 令和元年12月10日(火)

令和224日目

【吉野彰さん】ノーベル化学賞授賞

2019年のノーベル賞の授賞式が10日午後(日本時間11日未明)、スウェーデン・ストックホルムのコンサートホールで開かれ、リチウムイオン電池の開発で化学賞に輝いた吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)に、カール16世グスタフ国王からメダルと賞状が授与された。

えんび服姿の吉野さんは、共同受賞した米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授(97)と米ニューヨーク州立大のスタンリー・ウィッティンガム特別教授(77)など、各賞の受賞者と舞台の最前列に着席。業績の紹介を受け、白い和服姿の妻の久美子さん(71)や同僚ら1500人以上が見守る中、国王からメダルと賞状を受け取った。《産経新聞》



→12月11日のできごと

12月のできごと

←12月9日のできごと