平成9833日目

平成27年12月10日(木)

2015/12/10

【大村智教授・梶田隆章教授】ノーベル賞受賞

ノーベル賞の授賞式が10日、スウェーデンの首都ストックホルムで行われた。

寄生虫が引き起こす熱帯感染症の特効薬開発に貢献した大村智・北里大特別栄誉教授(80)に医学・生理学賞が、素粒子ニュートリノに質量があることを突き止めた東京大宇宙線研究所長の梶田隆章教授(56)に物理学賞がそれぞれ授与された。日本人の受賞は昨年の物理学賞に続き2年連続。米国籍を含め、日本人受賞者はこれで24人となった。《産経新聞》

【巨人・杉内俊哉投手】年俸4億5000万円「減」で契約更改

巨人の杉内俊哉投手(35)が10日、都内ホテルで契約更改した。

今季年俸の5億円から、自ら減額を申し出る形で、4億5000万円減の単年5000万円プラス出来高でサイン。球界最大のダウン幅となった。

4年契約の最終年だった今季は6勝に終わり、9月に右股関節の手術を受けていた。復帰への道に困難が待ち受ける難しい手術であることを理解し、自ら球団側に減額を申し入れた。

現在は都内でリハビリ段階のため、患部の状態を考慮され、この日は球団事務所ではなく都内ホテルで交渉した。《スポニチ》

【フィギュアGPファイナル第1日】羽生結弦選手が世界最高記録を更新

男子ショートプログラム(SP)が行われ、男子史上初の3連覇を狙うソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=はほぼ完璧な演技を見せ、自身のSP世界最高記録を更新する110・95点で首位発進を決めた。羽生のジャッジシートには異次元の数字が並んだ。冒頭の4回転サルコー、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプは基礎点10・50点、14・60点に出来映えを示すGOEで上限の3点が加えられ、13・50点、17・60点に。後半のトリプルアクセルもGOE2・71点を引き出した。《デイリースポーツ》

12月10日のできごと