12月31日

12月31日
12月31日 今日は何の日

大晦日

ボクシング・小国以載選手がIBFタイトル獲得(平成28年12月31日)

新宿ミラノ座、58年の歴史に幕(平成26年12月31日)

矢沢永吉さん、紅白にサプライズ出演(平成21年12月31日)

世田谷一家殺害事件発覚(平成12年12月31日)

ロシア・エリツィン大統領が辞任(平成11年12月31日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年12月31日(土) 平成10220日目

【IBFスーパーバンタム級タイトル戦】小国以載選手が初戴冠

ボクシングのダブル世界戦各12回戦が31日、京都市の島津アリーナ京都で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級5位の小国以載(角海老宝石)が、同級王者のジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)を3-0の判定で下し、世界初挑戦で王座奪取に成功した。

28歳の小国は3回に左ボディーでダウンを奪い、優位に立った。防御も巧みで相手の強打を封じた。戦績は小国が21戦19勝(7KO)1敗1分け。グスマンはプロ初黒星を喫し、24戦22勝(22KO)1敗1無効試合。

世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)は同級暫定王者のスタンプ・キャットニワット(タイ)に7回2分51秒でTKO勝ちし、4度目の防衛を果たした。《産経新聞》

【WBAライトフライ級タイトル戦】田口良一選手、5度目の防衛に成功

世界ボクシング協会(WBA)のダブル世界戦各12回戦が31日、東京・大田区総合体育館で行われ、前スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)は同級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)との再戦に1―2で判定負けした。前戦に続いてコラレスに敗れてプロ2敗目を喫し、37歳での王座復帰はならなかった。

ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は、同級3位のカルロス・カニサレス(ベネズエラ)と引き分け、5度目の防衛に成功した。《共同通信》

2015 平成27年12月31日(木) 平成9854日目

【WBAスーパーフェザー級タイトル戦】内山高志選手が11度目の防衛

BOXING BEAT (2016年02月号)
BOXING BEAT

ボクシング、WBAスーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦が31日、東京で行われ、無敗の王者・内山高志は、ニカラグアのオリバー・フローレスにTKO勝ちし、11度目の防衛に成功した。

36歳のベテラン内山は、24歳の挑戦者を前に危なげない戦いを見せ、ボディーへの一撃で相手を仕留めると、3回1分47分TKOで勝利した。《AFP》

【WBAフライ級タイトル戦】井岡一翔選手が2度目の防衛に成功

エディオンアリーナ大阪ではWBAフライ級王者の井岡一翔(26)=井岡=は、前王者で2015年4月以来の再戦だった同級2位のフアンカルロス・レベコ(32)=アルゼンチン=に十一回1分57秒TKO勝ちで2度目の防衛。《毎日新聞》

【IBFミニマム級タイトル戦】高山勝成選手が3度目の防衛に失敗

国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級タイトルマッチが31日、エディオンアリーナ大阪で行われ、王者の高山勝成(仲里)が、同級8位、ホセ・アルグメド(メキシコ)に9回終了負傷判定で敗れ、3度目の防衛に失敗した。《読売新聞》

【WBAライトフライ級タイトル戦】田口良一選手が2度目の防衛に成功

世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は、同級7位のルイス・デラローサ(コロンビア)に9回終了TKO勝ちし、2度目の防衛に成功した。《読売新聞》

【WBOミニマム級タイトル戦】田中恒成選手が初防衛に成功

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトル戦12回戦は31日、愛知県体育館であり、王者の田中恒成(20)=畑中=が、挑戦者で同級4位のビック・サルダール(25)=フィリピン=に6回2分15秒KO勝ちし、初防衛に成功した。田中の戦績は6戦6勝(3KO)。《朝日新聞》

【韓国】日韓合意に反発、学生30人を検挙

慰安婦問題を巡る日韓合意に対し、韓国では合意に反発する動きが31日も続いた。韓国の鍾路警察署はこの日、ソウルの在韓日本大使館が入居するビルで日韓合意に反対した韓国人大学生30人を検挙した。建造物侵入や、集会及び示威に関する法律違反の容疑で書類送検する見通しだ。

30人はビルのロビーで「韓国民は韓日交渉を拒否する」「10億円は必要ない。国際法に従って法的賠償をせよ」などと書かれたプラカードを掲げたり、同様の趣旨の紙を入り口に貼ったりしたという。《朝日新聞》

【理化学研究所】原子番号113番の命名権獲得

理化学研究所は31日、理研が合成した原子番号113番の元素が新元素と国際的に認定され、命名権を獲得したと正式に発表した。日本が発見した元素の名前が周期表に初めて刻まれる歴史的な快挙が確定した。

理研本部(埼玉県和光市)で31日会見した研究チームの森田浩介グループディレクター(九州大教授)によると、同日午前5時ごろ、新元素を認定する国際純正・応用化学連合(IUPAC)からメールで認定の通知があった。森田氏は「うれしかった。(新元素が)周期表に載ることに感慨深いものを感じる」と喜びを語った。《産経新聞》

2014 平成26年12月31日(水) 平成9489日目

【WBA/WBOスーパーバンタム級タイトル戦】天笠尚選手、王者リコンドー追い詰めるも戴冠ならず

【IBF/WBOミニマム級王座決定戦】高山勝成選手、7回TKOで4団体制覇

【WBAスーパーフェザー級タイトル戦】内山高志選手、TKOで9度目の防衛に成功

WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志(35=ワタナベ)はイスラエル・ペレス(アルゼンチン)を9回TKOで下し、9度目の防衛に成功した。《日刊スポーツ》

【WBAスーパーフライ級タイトル戦】河野公平選手、初防衛に成功

WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベ)はノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)と引き分け、初防衛に成功した。 河野公平の話 初防衛をして、まだボクシングが続けられる。本当にうれしい。次はきっちり勝ちたい。さらに強くなった姿を見せたい。《日刊スポーツ》

【WBAライトフライ級タイトル戦】田口良一選手、判定勝ちで初戴冠

世界初挑戦となった田口良一(28=ワタナベ)は31日、大田区総合体育館で、WBA世界ライトフライ級王者アルベルト・ロセル(39=ペルー)に挑み、大差の判定勝利。悲願の世界王者となった。《東スポ》

【新宿ミラノ座】58年の歴史に幕、最後の上映作品は「E.T」

1064席と日本最大級の映画館「新宿ミラノ座」(東京都新宿区)が31日、58年の歴史に幕を下ろし閉館した。最後の作品は1982年に公開された米SF「E.T.」で、立ち見を含めた約1400人のファンが別れを惜しんだ。

エンドクレジット終了後、横田浩司総支配人がスクリーンの前であいさつ。「新宿ミラノ座は閉館しますが、ミラノ座という名前と皆さま、私たちの映画への熱い思いは永久に不滅です」と巨人・長嶋茂雄終身名誉監督の名セリフを引用した。ファンからは大きな拍手が巻き起こり、劇場側の演出で紙吹雪が館内を包んだ。《スポニチ》

2013 平成25年12月31日(火) 平成9124日目

【日光猿軍団】閉園

【ラマダホテル大阪】44年の歴史に幕

【WBAライトフライ級タイトル戦】井岡一翔選手、3度目の防衛成功

【WBCスーパーフェザー級タイトル戦】三浦隆司選手、2度目の防衛成功

【WBAスーパーフェザー級タイトル戦】内山高志選手、8度目の防衛成功

BOXING BEAT (ボクシング・ビート) 2014年 02月号 [雑誌] ボクシングマガジン 2014年 02月号 [雑誌]

【北島三郎さん】紅白を卒業

【大島優子さん】AKB48からの卒業を発表

2012 平成24年12月31日(月) 平成8759日目

【WBAスーパーフェザー級王座統一戦】内山高志選手、6度目の防衛成功

【WBCスーパーフライ級タイトル戦】佐藤洋太選手、2度目の防衛

【WBAスーパーフライ級タイトル戦】河野公平選手、4回KO勝ちで王座獲得

【WBAライトフライ級王座決定戦】井岡一翔選手、6回TKO勝ちで2階級制覇

【WBAミニマム級王座決定戦】宮崎亮選手、判定勝ちで初戴冠

ボクシングマガジン 2013年 02月号 [雑誌] BOXING BEAT (ボクシング・ビート) 2013年 02月号 [雑誌]

【プリンセス プリンセス】1年間限定の再結成・活動に終止符

2011 平成23年12月31日(土) 平成8393日目

【WBAスーパーフェザー級王座統一戦】内山高志選手、4度目の防衛成功

01年のトリを飾るWBA世界S・フェザー級チャンピオン統一戦は、31日夜横浜文化体育館で行われ、正規チャンピオンの内山高志(ワタナベ)が前評判の高かった暫定王者ホルヘ・ソリス(メキシコ)をパワーで制圧。終盤11回開始早々、豪快な左フックを顔面に決めて強烈なダウンを奪った。主審はカウントをとらずに試合ストップし、真のチャンピオンであることを証明するとともに正規王座の4度目の防衛に成功した。
http://boxingnews.jp/news/1639/

【WBAフェザー級タイトル戦】細野悟選手、戴冠ならず

31日夜横浜文化体育館で行われたダブルWBA世界タイトル戦で、最初に行われたフェザー級戦は、地元の挑戦者(同級8位)細野悟(大橋)が王者セレスティノ・カバジェロ(パナマ)に最後まで食い下がったものの「バズーカ砲」は不発に終わり、多彩で的確なパンチを決めたカバジェロが文句なしの3-0の判定勝ち。2階級目となるフェザー級王座の3度目の防衛に成功した。
http://boxingnews.jp/news/1640/

【WBCミニマム級タイトル戦】井岡一翔選手、1回TKO勝ちで2度目の防衛

ボクシングマガジン 2012年 02月号 [雑誌] BOXING BEAT (ボクシング・ビート) 2012年 02月号 [雑誌]

31日夜大阪府立体育会館で行われたWBC世界ミニマム級タイトルマッチは、チャンピオンの井岡一翔(井岡)が同級10位のヨードグン・トーチャルンチャイ(タイ)を初回右アッパー、左ボディーを決めてダメージを与えると、すかさず攻めて左フックで倒し、そのままレフェリー・ストップ勝ち。この回わずか1分38秒TKOでタイトルの2度目の防衛に成功した。
http://boxingnews.jp/news/1637/

【ボクシング・内藤大助選手】引退セレモニー「本当に感謝しています」

The Most Exciting Boxer内藤大助2008 [DVD]

【オウム事件】16年にわたり逃亡、容疑者が警視庁丸の内署に出頭

「平田信です。出頭してきました」。16年半にわたって逃走を続けてきたオウム真理教元幹部、平田信容疑者(46)。警視庁によると、年明け直前の昨年12月31日午後11時50分、東京都千代田区の同庁丸の内署の玄関から1人で入ってくると、受付の前にいた宿直の警察官に話しかけた。ダウンジャケットにジーンズ、スニーカー姿。下着類やシャンプー、靴などが入ったリュックサック1つを持ち、現金数万円を所持していた。

「変装はしておらず、整形手術の跡も見られない」(警視庁幹部)が、髪の毛は茶色く、肩まで伸びており、同署の玄関脇にも掲示されていた特別手配のポスターの顔写真とはかなり異なる風貌だったとみられる。一方で体つきは、手配時とあまり変わらなかったようだ。《日経新聞》

【命日】宮下トモヤさん《格闘家》

2010 平成22年12月31日(金) 平成8028日目

【鳥取・奥大山】スキー場で雪崩、パトロールの職員4人死亡

31日午後1時ごろ、鳥取県江府町の奥大山スキー場で雪崩が発生、スキー場の男性パトロール員ら4人が巻き込まれて生き埋めになった。4人は救助されたが、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。

鳥取県西部では大雪警報と雪崩注意報が発令中で、周辺では短時間に大量の降雪があった。鳥取地方気象台は、古い積雪の上に積もった新雪が崩れ落ちる「表層雪崩」が起きた可能性が高いとみている。《福井新聞》

【歌手・桑田佳祐さん】食道癌からの復活の歌声を披露

今年8月上旬に初期の食道がんの手術を受け静養中だったサザンオールスターズ(活動休止中)の桑田佳祐が31日午後11時前、『第61回NHK紅白歌合戦』に特別ゲストで出演。デビュー時から使用している都内スタジオから中継で登場し、第一声は「あ、どーも!」。

司会の嵐との掛け合いでは「もう今日はこういう場ですから“カチンカチン”にして参りました」と桑田節で復活をアピールし、新曲「それい行けベイビー!!」と手術前に発売したシングル「本当は怖いと愛とロマンス」の2曲をメドレーで歌った。《オリコン》

2009 平成21年12月31日(木) 平成7663日目

【倉敷チボリ公園】閉園

【リトアニア・イグナリナ原子力発電所】運転終了

イグナリナ原子力発電所は、リトアニア・ヴィサギナスにあった、RBMK-1500型の原子力発電所である。原子炉を2つ備えており、同国唯一の原子力発電所であったが、1号機は2004年末、2号機は2009年末に稼動を停止した。「イグナリナ」とはヴィサギナスから最も近い街の名前。
イグナリナ原子力発電所 -Wikipedia

【歌手・矢沢永吉さん】紅白にサプライズ出演

E.YAZAWA ROCK [DVD]
E.YAZAWA ROCK

ロック歌手・矢沢永吉が、共に還暦を迎えた昨年大みそかの『第60回NHK紅白歌合戦』にサプライズ出演した。紅組で特別出場した英歌手スーザン・ボイルに対抗し、白組特別出場歌手として異例の緊急出演。人気グループ・嵐が歌唱を終えると、会場までの通路は厳戒態勢がしかれ、ピンと張りつめた空気の中、NHKホールの廊下を優雅に歩く矢沢の姿がカメラに映し出された。《オリコン》

2008 平成20年12月31日(水) 平成7298日目

【WBAフライ級タイトル戦】坂田健史選手、5度目の防衛に失敗

世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦は31日、広島市の広島サンプラザで行われ、チャンピオンの坂田健史(協栄)は挑戦者で同級1位のデンカオセーン・シンワンチャー(タイ)に2回2分55秒でTKO負けを喫し、5度目の防衛に失敗した。《福井新聞》

【森進一さん】紅白で2年ぶりに「おふくろさん」熱唱

森進一 HIC-1036
森進一 HIC-1036

【新宿コマ劇場】52年の歴史に幕

著名な演歌歌手が多数公演を行った、東京・新宿歌舞伎町のシンボル「新宿コマ劇場」が31日(金)夜、52年の歴史に幕を閉じる。主催公演はすでに終了しており、同日夜の『年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)の生放送をもって閉館となる。この日は「52年間のご愛顧ありがとうございました」と書かれた壁面の看板を撮影するファンの姿も多数あった。
http://life.oricon.co.jp/61691/full/

広告




12月30日 > 12月31日 > 1月1日

2007 平成19年12月31日(月) 平成6932日目

【スペースワールド】コースター追突事故:13人負傷

2006 平成18年12月31日(日) 平成6567日目

【バンコク】連続爆破テロ

【福島・いわき市】住宅火災で消防士1人殉職

2005 平成17年12月31日(土) 平成6202日目

【第47回日本レコード大賞】倖田來未「Butterfly」

2004 平成16年12月31日(金) 平成5837日目

【第46回日本レコード大賞】Mr.Children「Sign」

2003 平成15年12月31日(水) 平成5471日目

【第45回日本レコード大賞】浜崎あゆみ「No way to say」

【 Dynamite】曙選手がボブ・サップ選手にKO負け

大相撲元横綱の曙が31日夜、ナゴヤドームで行われた格闘技K-1の興行「Dynamaite」でプロ格闘家としてデビューしたものの、ボブ・サップ(米国)に1回2分58秒でKO負けし、初戦を白星で飾れなかった。《福井新聞》

2002 平成14年12月31日(火) 平成5106日目

【有田鉄道線】和歌山|この日の運行をもって廃線

【第44回日本レコード大賞】浜崎あゆみ「Voyage」

2001 平成13年12月31日(月) 平成4741日目

【第43回日本レコード大賞】浜崎あゆみ「Dearest」

2000 平成12年12月31日(日) 平成4376日目

【第42回日本レコード大賞】サザンオールスターズ「TSUNAMI」

【世田谷一家殺害事件】発覚

世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白
世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白

31日午前10時50分ごろ、東京都世田谷区上祖師谷、会社員宮沢みきおさん方で、宮沢さん一家4人が血まみれになって倒れているのを親類が発見、110番した。宮沢さんと妻泰子さん、長女の区立千歳小2年、にいなさん(8つ)、長男の保育園児、礼ちゃん(6つ)の4人が首やほおを刃物で刺されたり首をしめられて死亡しており、室内が激しく物色されていた。

警視庁捜査一課は強盗殺人事件と断定、成城署に捜査本部を設置した。奪われた金品や書類などの特定を急ぎ犯人割り出しに全力を挙げている。《福井新聞》

世田谷一家殺害事件とは、2000年に東京都世田谷区の一家4人が殺害された事件の一般的な呼称。警視庁による正式名称は「上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件」。2016年1月現在も、犯人の特定・逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。また、捜査特別報奨金制度対象の事件に指定されている。
世田谷一家殺害事件 -Wkipedia

1999 平成11年12月31日(金) 平成4010日目

【聖飢魔II】解散

【第41回日本レコード大賞】GLAY「Winter,again」

【パナマ運河】アメリカからパナマに返還

【ロシア・エリツィン大統領】辞任

ロシアのエリツィン大統領(68)は31日、テレビ演説し、大統領を同日辞任しプーチン首相を大統領代行に任命する大統領令に署名したと述べた。繰り上げ大統領選挙が2000年3月下旬に行われる予定であることも明らかにした。

これにより1991年にソ連ロシア共和国大統領に就任し、ソ連崩壊後は新生ロシアを率いてきたエリツィン大統領は、2000年夏の二期目の任期完了を前に退陣することになった。《共同通信》

【雅子さま】退院

流産の手術を受け30日夜、皇居内の宮内庁病院に入院した皇太子妃雅子さまは31日午前、退院された。妊娠確認検査に同行し皇居内の御所に泊まった皇太子さまも付き添われた。《福井新聞》

1998 平成10年12月31日(木) 平成3645日目

【第40回日本レコード大賞】globe「wanna Be A Dreammaker」

【長野・北御牧村】オウム関連会社が撤退に合意

長野県北御牧村にオウム真理教の関連会社が土地と建物を購入していた問題で31日、同村と会社代表が同村役場で、前の所有者である同県内の鉄鋼業社が土地と建物を買い戻すことで合意、購入から2ヶ月たらずで同社の村からの撤退が決まった。契約は1月12日に結ばれる。《福井新聞》

1997 平成9年12月31日(水) 平成3280日目

【 X JAPAN】解散

【第39回日本レコード大賞】安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」

【新・新党】1月中に旗揚げへ

「国民の声」代表に内定している鹿野道彦氏、太陽党の羽田孜党首、フロムファイブの細川護熙代表の3党代表は31日の共同記者会見で(1)3党による新・新党を1月中にも旗揚げする。(2)1月12日から始まる通常国会で3党が統一会派を結成するー方針を明らかにした。《福井新聞》

1996 平成8年12月31日(火) 平成2915日目

【第38回日本レコード大賞】安室奈美恵「Don’t wanna cry」

【ペルー政府】公邸人質事件「解決に向けた大きな動き」

ペルーの日本大使公邸人質事件で、ペルー政府は31日未明、同日中に解決に向けた大きな動きがあるとの見通しを日本政府に伝えた。リマの複数の外交筋が明らかにした。

公邸を占拠している極左ゲリラ、トゥパク・アマル革命運動(MRTA)に対し、妥協案を打診した結果で、ペルー政府はMRTAとの交渉について「よくなっている。31日に動きがある」とし、日本政府は「ペルー側が初めて解決のめどを示した」と受け止めている。《共同通信》

1995 平成7年12月31日(日) 平成2549日目

【第37回日本レコード大賞】trf「Overnight Sensation」

【函館自由市場】約2000平方メートルを全焼

1994 平成6年12月31日(土) 平成2184日目

【チェチェン共和国】ロシア軍の空爆で大統領府が炎上

【第36回日本レコード大賞】Mr.Children「innocent world」

1993 平成5年12月31日(金) 平成1819日目

【第35回日本レコード大賞】香西かおり「無限坂」

【青森・八戸市】5000戸がなお断水

三陸はるか沖地震で最も被害が大きかった青森県八戸市では、地震から4日目の31日も水道や鉄道の復旧作業が続けられた。しかし年内の全面復旧は困難な状況で、市民は地震の後遺症を残したままの年越しとなった。

八戸圏域水道企業団によると、市内の約5000戸は依然、断水が続いたままで、この日も給水車約30台が出動した。《福井新聞》

1992 平成4年12月31日(木) 平成1454日目

【第34回レコード大賞】ポップス・ロック部門:米米CLUB「君がいるだけで」

【第34回レコード大賞】歌謡曲・演歌部門:大月みやこ「白い海峡」

【チェッカーズ】解散

【東北地方】4回の地震

31日午後4時すぎから午後8時40分までの間に、東北地方を中心に広い範囲で4回地震があり、2回目の地震では岩手県の宮古、盛岡、大船渡で震度4(中震)を記録した。《福井新聞》

1991 平成3年12月31日(火) 平成1088日目

【第33回レコード大賞】歌謡曲・演歌部門:北島三郎「北の大地」

【第33回レコード大賞】ポップス・ロック部門:KAN「愛は勝つ」

愛は勝つ
愛は勝つ

【韓国・北朝鮮】非核化宣言に完全合意

韓国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は31日、板門店の北朝鮮側地域にある「統一閣」で、朝鮮半島の核問題に関する第3回代表協議を開き、「朝鮮半島非核化に関する共同宣言」に完全合意した。2月18日から平壌で開かれる第6回南北首脳会談で同宣言に正式調印する。《共同通信》

1990 平成2年12月31日(月) 平成723日目

【誕生日】パトリック・チャンさん《フィギュアスケート》

【第32回レコード大賞:歌謡曲・演歌部門】堀内孝雄「恋唄綴り」

【第32回レコード大賞:ポップス・ロック部門】B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」

【下津井電鉄線】岡山|この日の運行をもって廃線

【米・ブッシュ大統領】ソ連へメッセージ

ブッシュ米大統領は31日、ゴルバチョフ・ソ連大統領とソ連国民に向けた年頭のメッセージを発表し、ペレストロイカ(改革)路線の継続に強い期待を表明した。

ブッシュ大統領は「新しい社会の建設のためにソ連がこれまでにとった重要な一連の施策と困難な政治、経済改革の実現に向けた決意」を称賛し「ソ連国民を輝かしい未来へ導く」改革の道を歩み続けるよう呼び掛けた。《共同通信》

1989 平成元年12月31日(日) 平成358日目

【第31回日本レコード大賞】Wink「淋しい熱帯魚」

【ルーマニア】一党独裁が終結

ルーマニアの暫定政権「救国戦線評議会」は31日、4月に予定される複数政党下での自由選挙に向けた政党登録に関する布告を発表した。これにより、今回の革命で処刑されたチャウシェスク前大統領が1965年、共産党以外の政党を禁止して以来、24年間続いてきたルーマニアの共産党一党独裁体制は公式に終結し、新たな複数政党時代を迎えることになった。《読売新聞》

【竹下登元首相】海部首相続投を支持

自民党最大派閥竹下派のオーナーである竹下元首相が2月に予想される衆院選挙での自民党過半数維持を前提に海部首相の続投を支持する意向を固め、既に海部首相側に伝えていることが31日までに明らかになった。

竹下氏はこうした考えをポスト海部首相の有力候補とされる安倍元自民党幹事長にも伝え、了解を得ているもよう。さらに総裁派閥の河本派首脳も海部首相の続投を当然視している。《福井新聞》

広告




12月30日 > 12月31日 > 1月1日

このページの先頭へ