平成5471日目

2003/12/31

この日のできごと(何の日)

【イラク】新年目前に爆弾テロ

31日夜、新年を目前にしたバグダッド中心部のアラサット地区で、爆発物を積んだ自動車がレストランに突っ込み爆発、炎上した。

ロイター通信によると、イラク人ら8人が死亡、米紙ロサンゼルス・タイムズの米、英国人記者計3人を含む30人以上が負傷した。反米武装勢力による自爆テロとみられる。

このレストランは外国人に人気があった。同夜は新年を祝うパーティーでベリーダンスや生演奏が行われ、外国人を含む40人近い客がおり、同紙記者らはバグダッド支局の忘年会をしていた。

同勢力は年末にかけて米軍や連合軍、イラク警察に対する攻撃を活発化させていたが、一般のレストランが狙われたことは攻撃対象がさらに拡大、無差別化する恐れがあることを示した。

バグダッドでは年末年始にテロ攻撃が行われるとの情報があり、駐留米軍やイラク警察が警戒を強めていた。

爆発でレストランや隣の家などが無残に破壊され、周辺に駐車していた車なども被害を受けた。現場から約500メートルの地点に在イラク日本大使館がある。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【高校サッカー】

サッカーの第82回全国高校選手権第2日は31日、東京・西が丘サッカー場など首都圏の8会場で1回戦15試合が行われ、石川代表の星稜は宮崎代表の鵬翔を3−2の逆転で破って2回戦に進んだ。星稜のほか、初陣の札幌一(北海道)、前回ベスト8の福島東(福島)なども勝ち上がったが、優勝候補に挙げられていた前橋育英(群馬)は四日市中央工(三重)に1−1からのPK戦に2−3で敗れ、姿を消した。

また、県大会決勝での誤審で前回は出場できなかった作陽(岡山)は青森山田(青森)にPK戦の末に敗れ、藤枝東(静岡)は1−2で立正大淞南(島根)に屈した。鹿児島実(鹿児島)の永嶺は今大会第1号のハットトリックを達成した。《北國新聞》

【 Dynamite】曙選手、KO負け

プロ格闘家に転向した大相撲元横綱の曙太郎は31日、ナゴヤドームで開催された総合格闘技大会「K−I Dynamite!!」でデビュー戦を行い、格闘技界人気ナンバーワンのボブ・サップにKO負けした。

4万人を超える観衆が詰め掛け、かつてのライバル、貴乃花親方も駆け付けた注目の試合。第1ラウンド序盤は曙が長いリーチを生かしサップをロープ際に追い詰めたが、次第に相手の鋭いパンチでダメージを受け、2分過ぎにダウン。一度は立ち上がったものの、同ラウンド終了間際の2分58秒に強烈な右ストレートを浴びKOされた。

ほろ苦いデビュー戦となったが、試合後の会見で曙は「初めての経験で、リングの上で頭が真っ白になった。サップは本当に強かった。でもいい経験になったし、楽しかった」と語った。《共同通信》

【ヤンキース・松井秀喜外野手】紅白に出演

石川県に帰省しているヤンキースの松井秀喜選手が31日、根上町山口町の実家から生中継で第54回NHK紅白歌合戦に初出演し、冒頭で「野球も歌も夢を込めて、ホームランを紅白歌合戦の会場に届けます」と番組第一声を放ちながらバットを振った。特別ゲストとして冒頭をはじめ数回にわたって画面に登場し、年の瀬の国民的娯楽番組を盛り上げた。

NHK広報部によると、特別ゲストの選考基準は「その年の日本の顔」。これまでには松井選手の恩師でもある長嶋茂雄氏らが選ばれており、一年間、日本を沸かせ続けた松井選手に白羽の矢が立った。オープニングを飾るのも、過去、マラソンの高橋尚子選手や当時の角界で「若貴ブーム」を築いた花田勝、光司両氏の兄弟ら同様、時代を象徴するあかしである。

番組開始時間の午後7時半、いきなり自宅前に立つ松井選手がアップで登場し、「今年は皆さんの応援をいただき、ありがとうございました」とお礼のあいさつ。最後の得点集計でも、両親とともに手を振る姿が映し出された。《北國新聞》

【中国・胡錦濤国家主席】台湾に改めて警告

中国の胡錦濤国家主席は31日、中央テレビなどを通じて発表した新年の祝辞で、「『台湾独立』勢力によるいかなる形式の分裂活動にも断固反対する」と、台湾の陳水扁総統に改めて警告。一方、「(台湾海峡)両岸(中台)の人民往来や経済文化交流を強化し、最大の誠意をもって祖国の平和的統一実現に向け最大限努力する」と強調した。《読売新聞》



12月31日 その日のできごと(何の日)