平成10220日目

2016/12/31

【プランタン銀座】32年の歴史に幕

東京・銀座の百貨店「プランタン銀座」が31日、営業を終了した。華やかなイメージで若い女性を中心に支持を集めたが、フランスの老舗百貨店「プランタン」との契約が切れるのに伴い、32年余の歴史に幕を閉じた。建物の大部分を改装し、2017年3月15日に新商業施設「マロニエゲート」に衣替えして本格的に再開する。ユニクロなど一部店舗は存続し、1月2日から営業する。

31日は店員が客にシャンパンや花を配って感謝の気持ちを表した。夕闇迫る午後5時前に別館入り口前で始まったセレモニーでは、笹岡寛社長が「心の中の憧れとして記憶にとどめていただければうれしい」とあいさつ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【ボクシング・小国以載選手】初戴冠

ボクシングのダブル世界戦各12回戦が31日、京都市の島津アリーナ京都で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級5位の小国以載(角海老宝石)が、同級王者のジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)を3-0の判定で下し、世界初挑戦で王座奪取に成功した。

28歳の小国は3回に左ボディーでダウンを奪い、優位に立った。防御も巧みで相手の強打を封じた。戦績は小国が21戦19勝(7KO)1敗1分け。グスマンはプロ初黒星を喫し、24戦22勝(22KO)1敗1無効試合。

世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)は同級暫定王者のスタンプ・キャットニワット(タイ)に7回2分51秒でTKO勝ちし、4度目の防衛を果たした。《産経新聞》

【ボクシング・田口良一選手】5度目の防衛に成功

世界ボクシング協会(WBA)のダブル世界戦各12回戦が31日、東京・大田区総合体育館で行われ、前スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)は同級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)との再戦に1―2で判定負けした。前戦に続いてコラレスに敗れてプロ2敗目を喫し、37歳での王座復帰はならなかった。

ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は、同級3位のカルロス・カニサレス(ベネズエラ)と引き分け、5度目の防衛に成功した。《共同通信》

【自民党・二階俊博幹事長】糸魚川市の火災現場を視察

自民党の二階俊博幹事長は31日、大火が発生した新潟県糸魚川市を訪れ、米山隆一知事や米田徹市長との会談で、被害に遭った住民のがれき処理負担をゼロにする方向で検討する考えを表明した。現場視察後、記者団に「予測を超えた災害だ。復旧に全力を尽くす。米山氏らと相談しながら対応したい」と強調した。

激甚災害に指定する可能性があるかとの質問に「できるだけ地元に寄り添って結論を出したい」と述べた。

二階氏は米山氏らと同市役所で会談し、被災の状況や今後の復旧への要望を聴取。がれき処理費について「被災した方々の心配事だ」と指摘した。米山氏は「復興へ国からの協力をお願いしたい」と訴えた。視察中、二階氏が住民に「みんなで力を合わせて頑張ろう」と声を掛ける場面もあった。

大火は22日、市中心部で発生。140棟以上を焼き、延焼は約4万平方メートルに及んだとみられる。《共同通信》

【韓国】10週連続の朴氏退陣要求集会

韓国の首都ソウル中心部で31日夜、朴槿恵大統領の即時退陣を求める週末の大規模集会が開かれた。集会開催は10週連続。主催団体は約100万人が参加したと説明。警察は約6万5千人としている。

参加者らは、親友の崔順実被告との疑惑で弾劾訴追された朴氏の早期罷免を求めるため、罷免の可否について1月3日に本格審理を開始する憲法裁判所の付近を行進した。

朴氏が罷免されれば60日以内に大統領選が行われるため、与野党は年末から激しい主導権争いを展開。12月31日退任の潘基文国連事務総長も出馬に意欲を示している。朴氏を支持する保守系団体も31日、集会を開いた。《共同通信》

【米・トランプ次期大統領】「敵も良いお年を」

「私の敵や、私と戦って手痛い敗北を喫した人も含め、皆さん良いお年を」。トランプ次期米大統領は12月31日、自身のツイッターで新年のメッセージをつぶやいた。

「敵」が誰を指しているか明確に書かれていないが「敗北を喫した人」は大統領選を通じて対立した人々を指すとみられる。「(負けた人は)途方に暮れているだろう」と挑発するような表現も付け加えた。

トランプ氏は30日にもツイッターで、オバマ大統領が発令した対ロシア制裁への報復措置を見送った同国のプーチン大統領を「素晴らしい」と称賛している。《共同通信》



12月31日 その日のできごと(何の日)