令和245日目

令和元年12月31日(火)

2019/12/31

【東京地裁】カルロス・ゴーン被告の保釈取り消し

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されていた日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が中東・レバノンへ無断で出国したことを受け、東京地裁は31日、海外渡航禁止の保釈条件に違反したとして保釈を取り消した。東京地検が保釈取り消しを請求していた。保証金計15億円は没取される。出入国在留管理庁のデータベースなどに出国記録がなく、検察当局は不正がなかったか調べている。

英紙フィナンシャル・タイムズなど複数の海外メディアによると、ゴーン被告が日本を出国し、トルコからプライベートジェットで国籍を持つレバノンの首都ベイルートに到着した。

国土交通省関西空港事務所によると、搭乗者は不明としているが、29日夜に関空からイスタンブールに向け出発したプライベートジェット機があった。

日本はレバノンと犯罪人引き渡し条約を締結していないため、レバノンの了解を得られなければ身柄が引き渡されることはない。

東京地裁は昨年4月、住居制限や海外渡航禁止のほか、妻のキャロルさんとの接触制限などを条件に保釈を決定。証拠隠滅の恐れを認めながら、許可する異例の判断に踏み切った。

地裁は31日、保釈条件は変更されていないことを明らかにした。

ゴーン被告は米国の代理人を通じて声明を出し、「今、レバノンにいる。私は基本的人権が無視されている日本の不正な司法制度の人質ではない。私は司法から逃げたのではない。不正と政治的な迫害を回避したのだ」と主張。「ようやくメディアに自由に話すことができる。来週から始めるのを楽しみにしている」とし、近く見解を述べる場を持つ可能性を示唆した。 《産経新聞》

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が日本を出国したとの声明を出したことについて、弁護人の弘中惇一郎弁護士が31日、報道陣の取材に応じ、「寝耳に水という感じでびっくりしているし、当惑している」と述べた。

弘中氏は「朝のニュースで知った。報道以上のことは知らず大変困っている。事実とすれば保釈条件に違反していると考えざるを得ない」と話した。ゴーン被告とは次回、1月7日の弁護団会議で会う約束だったという。

クリスマスイブの今月24日には東京地裁の許可を得て、ゴーン被告は妻、キャロルさんとテレビ電話で会話。この時についても弘中氏は「報告書を見る限り、今後のことは話していない。レバノンにいる妻に会いたいなどの話は直接聞いていない」と説明。

ゴーン被告の旅券はいずれも預かっているといい、「どう出国したのか分からないが、相当大きな組織が動かなければ難しいのではないか。保釈条件で決められたことを細かく守ってきたが、四六時中、管理することはできない」とも話した。

弁護団は、ゴーン被告の出国について東京地裁に報告書を提出し、今後、新たな情報が入れば地裁に提供する予定であることなどを伝えるという。《産経新聞》



【ボクシングWBO世界戦】井岡一翔選手、田中恒成選手が防衛成功

世界ボクシング機構(WBO)のタイトルマッチが31日、東京・大田区総合体育館で行われ、スーパーフライ級王者の井岡一翔は世界4階級制覇後の初防衛戦で同級1位ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)を3―0の判定で下した。自身の日本選手世界戦最多勝利数を16に伸ばした。

世界3階級を制したフライ級王者の田中恒成は同級10位ウラン・トロハツ(中国)に3回KO勝ちし、3度目の防衛を果たした。

戦績は井岡が27戦25勝(14KO)2敗、シントロンは13戦11勝(5KO)1敗1無効試合。田中は15戦全勝(9KO)、トロハツは18戦13勝(6KO)4敗1分け。《共同通信》

【第70回NHK紅白歌合戦】

大みそか恒例の第70回NHK紅白歌合戦が31日夜、放送された。トップバッターは紅組の小中学生男女5人のユニット、Foorin(フーリン)で、米津玄師さん作詞作曲のヒット曲「パプリカ」を大勢の出場者と歌い踊り、令和最初の紅白は元気に幕を開けた。大トリは白組の嵐が飾った。視聴者らの投票で白組が勝利した。

企画枠で、人工知能技術で再現された故美空ひばりさんの歌声が新曲「あれから」で響きわたり、ビートたけしさん、竹内まりやさんは紅白で初めて歌った。嵐が米津さん作の新曲「カイト」を初披露後、松任谷由実さんがラグビーをモチーフにした名曲「ノーサイド」を聞かせた。《共同通信》

【日本ハム・斎藤佑樹投手】ご結婚

プロ野球・北海道日本ハムファイターズは31日、斎藤佑樹投手(31)が一般女性(31)と結婚したと発表した。斎藤投手は球団を通じて、相手は学生時代からの知り合いであることを明かし、「これを機に選手として、社会人として成長し、皆様に恩返しができるよう、より一層気を引き締め精進して参る所存です」とコメントした。《読売新聞》

【藤本敏史さん、木下優樹菜さん】離婚

タレントの木下優樹菜さん(32)と、お笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史さん(49)が31日、離婚したと所属事務所などを通じて発表した。2人は2010年に結婚していた。

木下さんは「親権は私が持つことになりましたが、2人の娘にとって世界にたった1人の父親であり、母親であるので、お互いに協力し合い仲良く子育てをして参ります」とコメント。藤本さんは「夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、このような結論に至りました」としている。《共同通信》

【小塚崇彦さん、大島由香里さん】離婚

フィギュアスケート元五輪代表の小塚崇彦さん(30)と元フジテレビアナウンサー大島由香里さん(35)が離婚したと31日、お互いの公式ブログで発表した。2人は2016年に結婚していた。

小塚さんは10年のバンクーバー冬季五輪に出場し、16年に現役を引退。大島さんは17年にフジテレビを退社し、翌年からフリーで活動している。

小塚さんは「変わらず娘の成長を見守り、父としても努力を重ね、精進して参ります」とコメント。大島さんは「何よりも娘という大切な宝物を授かったことに心から感謝しています」とした。《共同通信》

【イスラム教シーア派】イラクの米大使館を襲撃

米国がイラク国内などのイスラム教シーア派武装組織の拠点を空爆したことを受け、首都バグダッドの米大使館周辺に31日、群衆が集まり、抗議活動を行った。シーア派支持者ら数十人が大使館を襲撃し、施設の一部を破壊した。AP通信などが報じた。

シーア派の支持者らは車で大使館施設の出入り口を破壊、施設内からは煙が上がった。大使館周辺に集まった群衆の多くは民兵の制服姿だった。

米国防総省は29日、武装組織「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ)」のイラクとシリアの拠点に空爆したと発表。この空爆で少なくとも25人の戦闘員が死亡した。《共同通信》

【韓国】前法相を在宅起訴

韓国検察は31日、家族を巡る疑惑に関与したとしてチョ・グク前法相を収賄や私文書偽造などの罪で在宅起訴した。妻らによる不正投資疑惑や、娘や息子の不正入学疑惑が指摘され、妻らが逮捕、起訴されていた。チョ被告本人の起訴は初めて。チョ被告は容疑を全面的に否認している。聯合ニュースが報じた。

報道によると、8月に本格化したチョ被告の家族を巡る捜査は事実上終結した。一方で、検察は内部監察を不正にもみ消した疑惑や南東部・蔚山市長選に大統領府が介入した疑惑の捜査を続けている。政権側は、政権が進める検察改革を妨害するためと捉えており、今後も対立は続きそうだ。《共同通信》

【香港】大みそかも抗議活動

香港では大みそかの31日、各地で政府への抗議活動が行われた。警察は、繁華街モンコック(旺角)で「暴徒」が道路に障害物を置いて通行の妨害をしたとしてデモ隊を排除した。現場ではデモ隊が抗議のシュプレヒコールを続け、騒然とした。

コーズウェイベイ(銅鑼湾)のショッピングモールでは、黒服姿の若者ら約100人がフロアを練り歩き、「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、時代の革命だ)」とスローガンを叫んだ。

夜には香港各地で、普通選挙の導入など「五大要求」を掲げる多くの市民らが手をつないで「人間の鎖」をつくり、非暴力で国際社会に支持を訴えた。《共同通信》

【台湾】中国の選挙介入防止法案を可決

台湾の立法院(国会に相当)は31日の本会議で、中国を念頭に域外からの選挙運動などへの介入を禁止する「反浸透法案」を採決し、法案を提出した与党・民主進歩党の賛成多数で可決した。10日以内に蔡英文総統の署名を経て成立する。野党・中国国民党は、来月11日の総統選直前の立法は「100%選挙目的だ」と反発している。

同法案は、中国を想定した「域外敵対勢力」の指示や資金援助を受け、政治献金やロビー活動、選挙運動を行った者を処罰する。既存の法律で禁止されながら罰則がなかったなどの不備を補い、台湾人の「仲介者」も処罰の対象とした。

民進党は11月末、中国の工作員を自称する男性が、2018年の台湾の地方選で国民党に資金援助をしたなどとするオーストラリアでの報道を受け、議員立法で法案を提出した。

立法院は総統選と同日に立法委員(国会議員)選があるため12月18~30日に休会していたが、民進党は委員会審査を経ずに改選前の成立を図った。蔡英文総統も、同法案に反対することは、「北京を安心させても国際社会は理解不能だ」として可決を促した。

これに対し、国民党は同法案が想定する「域外敵対勢力」の定義が曖昧なため、中国で企業活動を行う台湾人やその家族、留学生が中国人と接触しただけで処罰対象になる可能性があるとし、「戒厳令時代に逆戻りする」と主張。同党の総統候補、韓国瑜高雄市長は29日、「台湾人民を脅して票を得ようとしている」と批判した。《産経新聞》

12月31日のできごと