新聞記事でたどる平成10000日+α

10月26日

10月26日は何の日(300/366)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2018 平成30年10月26日(金) 平成10884日目

2017 平成29年10月26日(木) 平成10519日目

2016 平成28年10月26日(水) 平成10154日目

【大川小訴訟】地裁、石巻市と宮城県に14億円賠償命令

東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった宮城県石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県に23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、学校の責任を認め、計約14億2660万円を支払うよう市と県に命じた。

公立学校教職員の管理監督下で震災の津波で犠牲となった児童生徒を巡る司法判断は初めて。全国の教育現場に大きな影響を与える可能性がある。《河北新報》

【安倍晋三首相】フィリピン・ドゥテルテ大統領と会談

安倍晋三首相とフィリピンのドゥテルテ大統領は26日に会談し、中国がほぼ全域の領有権を主張する南シナ海問題について、平和的解決に向けて協力することで一致した。同大統領は、国際仲裁裁判所の判断は拘束力があるとの認識を示し、「日本の側に立つ」と語った。《ロイター》

2015 平成27年10月26日(月) 平成9788日目

【アフガニスタン】M7.5の地震発生

【1995年大阪女児死亡火災】元被告2人釈放

大阪市で1995年に起きた小6女児死亡火災の再審開始と無期懲役刑の執行停止を認める決定が大阪高裁で出された母親青木恵子元被告(51)と、同居相手だった朴龍晧元被告(49)は26日、執行停止時間の午後2時すぎにそれぞれ収監先の和歌山、大分両刑務所から逮捕以来約20年ぶりに釈放された。《共同通信》

【森喜朗氏】「坊主頭」に

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(78)が26日、都内で開かれたアスリート委員会の会合に頭髪を短く刈り込んだ姿で登場した。 開始時間にやや遅れて会場に現れた森会長は帽子に眼鏡姿だった。

冒頭のあいさつでは帽子を取り「いずれわかること」と多くを語らなかったが、会議後、「みんなが(五輪準備の不手際の)責任取れとか何とか言うから、いっぺん坊主にしたほうが楽だから。それだけだ」と説明した。森会長はことし3月、肺がんの手術を受けたことを公表している。「俺ががんか何かで死んだらいいと思っているんだろ」と話し、報道陣に不機嫌だった。《産経新聞》

【プロ野球・巨人】高橋由伸新監督が就任会見

巨人の高橋由伸新監督が26日、東京都内のホテルで就任記者会見に臨んだ。40歳の若さで伝統球団を率いることになり「覚悟を持ってまい進したい」と表情を引き締めた。《共同通信》

2014 平成26年10月26日(日) 平成9423日目

【プロ野球日本シリーズ第2戦】阪神1−2ソフトバンク

【サイクリングしまなみ】しまなみ海道でサイクリング大会開催、国内外から7200人が参加

【第75回菊花賞】3番人気トーホウジャッカルがG1初制覇

第75回菊花賞(26日・京都11R3000メートル芝18頭、G1)クラシック3冠レース最終戦は、3番人気のトーホウジャッカル(酒井学騎乗)が3分1秒0のレコードタイムで優勝、重賞初勝利を飾るとともに1着賞金1億1200万円を獲得した。酒井騎手、谷潔調教師はともにこのレース初勝利。《共同通信》

【男子ゴルフ・ブリヂストンオープン】小田孔明選手が今季2勝目

国内男子ツアー「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」の最終日。首位スタートの小田孔明が5バーディ・2ボギーの“68″をマーク。通算15アンダーで逃げ切り今季2勝目を挙げた。
http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=32567?tourid=90951&cat=0

【スピードスケート全日本距離別選手権女子1000m】小平奈緒選手が6連覇

スピードスケートの全日本距離別選手権最終日は26日、長野市エムウエーブで行われ、女子1000メートルは小平奈緒(相沢病院)が1分16秒85で6年連続7度目の優勝を果たした。高木菜那(日本電産サンキョー)が1分17秒21で2位、菊池彩花(富士急)が3位。《共同通信》

【安倍晋三首相】航空観閲式に出席

安倍晋三首相は26日、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)で行われた航空観閲式に出席し、「グレーゾーンに関するものから集団的自衛権の行使に関するものまで、切れ目のない新たな安全保障法制を整備していく」と強調した。一方で中国を批判する表現を用いなかった。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた日中首脳会談に向けた調整が行われている中で一定の配慮をしたとみられる。《産経新聞》

2013 平成25年10月26日(土) 平成9058日目

【フィギュアGPスケートカナダ】羽生結弦選手が2位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は26日、男子は羽生結弦がフリーで順位を一つ上げて合計234・80点の2位、織田信成は一つ下げて233・00点で3位だった。世界選手権3連覇のパトリック・チャン(カナダ)が262・03点で圧勝。無良崇人は10位。

女子はショートプログラム3位の鈴木明子がフリーは2位となり、合計193・75点で2位。15歳のユリア・リプニツカヤ(ロシア)がSP2位から逆転し、198・23点でGP初優勝した。《共同通信》

【エアアジアジャパン】運航最終日


https://www.youtube.com/

ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)で、11月にバニラ・エアに社名変更するエアアジア・ジャパン(千葉県成田市)が26日、現社名での運航最終日を迎え、石井知祥社長と社員が、成田空港を出発する最後の便を見送った。《共同通信》

【みのもんたさん】報道番組降板で会見

TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」「みのもんたのサタデーずばッと」の2番組の司会を降板するタレントのみのもんたさん(69)が26日、都内で会見を開き、降板理由について「(次男が窃盗容疑などで逮捕され)道義的に父親としての責任を非常に感じており、報道番組から降りるという、自分にとって一番つらい道を選ぼうと思った」と説明した。報道以外の番組は続投することも明らかにした。《産経新聞》

【安倍晋三首相】自衛隊殉職隊員の追悼式に出席

安倍晋三首相は26日午前、防衛省で開いた自衛隊殉職隊員の追悼式に出席し「み霊の尊い犠牲を無にすることなく、そのご遺志を受け継ぎ、我が国の平和と独立を守り、世界の平和と安定に貢献し、より良い世界を創るため全力を尽くしていく」と弔辞を述べた。

追悼の対象は昨年9月から今年8月までに公務による死亡と認定された9人。殉職者は警察予備隊の発足以降、計1840人になる。1999年の海上自衛隊の艦内での自殺者や、2008年の「格闘訓練」での殉職者も今回、認定された。今年4月に陸上自衛隊の駐屯地で大型車両のタイヤ交換中にタイヤが破裂し、殉職した女性隊員もいる。《日経新聞》

2012 平成24年10月26日(金) 平成8693日目

【 Microsoft Windows 8】発売

米マイクロソフトは新たな基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の販売を26日午前0時に解禁し、東京・秋葉原などの一部店舗が発売した。パソコンに加えてタブレット型多機能端末にも本格対応し、スマートフォン(多機能携帯電話)やタブレットで優位に立つ米グーグルやアップルのOSに対抗する。

先代のOS「ウィンドウズ7」から機能やデザインを大幅に刷新。「タイル」と呼ばれる、画面に並ぶ四角形のカラフルなアイコンからアプリ(応用ソフト)を起動する仕組み。「8」を搭載したパソコンの主力機種ではタブレット端末のように画面のタッチでも操作できるのが特徴だ。《共同通信》

【朝日新聞出版】週刊朝日編集長を更迭

「週刊朝日」が橋下徹大阪市長の出自などを巡る記事を掲載した問題で、出版元の朝日新聞出版は26日、同誌の河畠大四編集長を同日付で更迭し、社長付とする人事を発表した。河畠氏ら関係者の正式な処分は朝日新聞グループの第三者機関「報道と人権委員会」による検証結果を踏まえて判断するという。

当面、後任は置かず、尾木和晴書籍統括が編集長代行を兼務する。同誌は26日号で橋下氏の父親の出身地や交友関係などに関する記事を掲載。橋下氏が抗議し、同誌が謝罪。翌11月2日号におわび記事を掲載した。今後、記事の企画立案や作成の経緯を第三者機関が検証する。《日経新聞》

【民主党・安住淳幹事長代行】石原知事を非難

民主党の安住淳幹事長代行は26日の記者会見で、新党結成を表明した石原慎太郎東京都知事について「政治的、思想的なことに興味があるなら、もっと早くスパッと辞めて素直に国政に出てくればよかった」と任期途中での辞職を批判した。「政治的発言を繰り返して物議を醸し、都庁に出勤するのも週何日か。行儀もあまり良くない」とも述べた。《毎日新聞》

【野田佳彦首相】拉致被害者家族と面会

野田首相は26日夜、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会し、民主党政権で相次いで拉致問題担当相が代わったことを陳謝した。

野田首相「様々な事情があるにせよ、拉致問題担当相が短期間で交代をする事態が生まれました。深くおわび申し上げたいと思います」

拉致被害者家族との面会では、野田首相と、田中慶秋前拉致相の辞任を受けて拉致問題担当となった藤村官房長官が、拉致問題解決に全力を尽くしていくことを改めて強調した。しかし、拉致被害者の家族からは「どうして閣僚が代わらないといけないのかわからない」「政府をどう信じればいいかわからない」などの声が相次いだ。

拉致被害者家族連絡会・飯塚代表は「『ボールは向こう(北朝鮮)に投げてあるから、帰ってくるのを待っている』というのはもうだめだ」と話した。《日テレNEWS》

【歌手・桑名正博さん】死去

脳幹出血で意識不明の重体になり入院していた、歌手の桑名正博さんが26日、大阪市内の病院で亡くなった。59歳だった。

桑名さんは7月15日、脳幹出血で意識不明の重体になり、大阪市内の病院に緊急入院。13日には香川県小豆島でライブを行っており、周囲も予測しえなかった突然の事態だった。その後、意識不明の状態が続き、ついに目覚めぬまま息を引き取った。

72年にロックバンドのボーカルでデビュー。ソロ転向後、79年に出した「セクシャルバイオレットNo・1」は化粧品のCMにも使われ、流行歌に。情感豊かでスケールの大きな歌唱力が魅力で、他に「月のあかり」「哀愁トゥナイト」などもヒットした。《スポニチ》

2011 平成23年10月26日(水) 平成8327日目

【ボーイング787】香港行チャーター便でデビュー

全日空が世界に先駆けて導入した米ボーイングの最新鋭中型旅客機「787」が26日、香港行きチャーター便として初めて乗客を乗せ成田空港から飛び立った。

出発前に記者会見した丸井祐一機長(54)は「世界初の営業フライトに乗務できて大変光栄。天気にも恵まれたので快適なフライトにするよう努力したい」とあいさつ。記念式典後、関係者や抽選に当たった一般客ら240人が搭乗した。《日経新聞》

【オリンパス】菊川会長兼社長が就任12日で辞任

オリンパスは26日、菊川剛会長兼社長(70)が辞任して取締役に退き、高山修一専務(61)が社長に就任したと発表した。同社はマイケル・ウッドフォード元社長を14日に解任したが、同氏は過去の買収の経緯などについて問題点を指摘。株価が急落するなど経営が混乱しており、菊川氏はその責任を取った格好だ。《日経新聞》

2010 平成22年10月26日(火) 平成7962日目

【ポケットドルツ】パナソニックの携帯電動歯ブラシ:販売100万台突破

【パウル君】死す

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でドイツ戦と決勝戦の8試合の結果をすべて「的中」させたタコ「パウル君」が26日、ドイツ西部オーバーハウゼンの水族館で死んでいるのが見つかった。2歳9カ月で老衰が死因。パウル君はドイツが準決勝で敗れることも的中し、一部ファンからは「パエリアに入れてしまえ」と非難もあったが、W杯を盛り上げた立役者となった。《共同通信》

2009 平成21年10月26日(月) 平成7597日目

【悠仁さま】動物園ご訪問

秋篠宮家の長男悠仁さま(3)は26日午前、秋篠宮ご夫妻に連れられて東京・上野の上野動物園を訪れ、園内の「こども動物園」でモルモットなどの小動物と触れ合った。

悠仁さまは休園日を利用して来園。今年春にも訪れているという。雨のため小屋の中にモルモットなどが運び込まれ、悠仁さまは「どうやって持ちますか」と担当の動物園職員にはきはきと質問、楽しそうにモルモットやウサギを抱っこした。報道陣にも「こんにちは」とあいさつしていた。《福井新聞》

【鳩山由紀夫首相】所信表明演説

10月26日は何の日 鳩山首相、所信表明演説

鳩山由紀夫首相は26日午後、衆参両院の本会議で就任後初の所信表明演説を行った。政権交代による鳩山内閣の取り組みを「無血の平成維新」と位置づけ、国民生活と弱者を重視した「友愛政治」の実現に向けた決意を表明した。

一方で、首相は政治への信頼回復を訴える中で自身の政治資金問題について触れ、「政治への不信を持たれ、国民にご迷惑をおかけしたことを申し訳なく思っている」と謝罪。「捜査に全面協力する」と表明した。《朝日新聞》

「あの暑い夏の総選挙の日から、すでに二か月が経とうとしています。また、私が内閣総理大臣の指名を受け、民主党、社会民主党、国民新党の三党連立政策合意の下に、新たな内閣を発足させてから、40日が経とうとしています。」

「まず行うべきことは『戦後行政の大掃除』です。特に二つの面で、大きな変革を断行しなければなりません。」

「ひとつめは『組織や事業の大掃除』です。もうひとつの『大掃除』は、税金の使い途と予算の編成のあり方を徹底的に見直すことです」

「政治には弱い立場の人々、少数の人々の視点が尊重されなければならない。そのことだけは、私の友愛政治の原点として、ここに宣言させていただきます」

「本当の意味での『国民主権』の国づくりをするために必要なのは、まず、何よりも、人のいのちを大切にし、国民の生活を守る政治です」

「現在、鳩山内閣が取り組んでいることは、言わば、『無血の平成維新』です。今日の維新は、官僚依存から、国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への、国のかたちの変革の試みです」

「国民の皆さま、議員の皆さま、私たちの変革の挑戦にお力をお貸しください。是非とも一緒に、新しい日本をつくっていこうではありませんか」

http://www.kantei.go.jp/より抜粋

2008 平成20年10月26日(日) 平成7232日目

【山梨県警】結婚式を予定していたホテルに放火、39歳会社員逮捕

山梨県警北杜署は26日、結婚式を予定していたホテルに放火をしたとして、現住建造物等放火の疑いで、同県昭和町の会社員・K容疑者(39)を逮捕した「どうしても結婚できない事情があって火を付けた」と容疑を認めているという。

調べでは、K容疑者は25日午前2時20分ごろ、北杜市小淵沢町のホテル「リゾナーレ」で、コンサートホール裏の従業員用通路の床に、灯油のようなものをまいて火を付け、鉄筋コンクリートの壁や床、天井の計約8平方メートルを焼いた疑い。

地元消防によると、通路は幅1・5メートル、天井は約2メートルで、消防署員が到着したときにはスプリンクラーで火は消えており、けが人はなかった。北杜署によると、K容疑者は同ホテルで25日に結婚式を挙げる予定だったが、当日キャンセルの連絡をしてきたため事情を聞いたところ、放火を認めたという。

【麻生太郎首相】秋葉原で街頭演説

麻生太郎首相が26日、就任後初の街頭演説をJR秋葉原駅(東京都千代田区)の電気街口で行った。日本のマンガやアニメが世界で受け入れられているなど得意のサブカルチャー論を交えながら、雇用問題や円高などの対策について語り、「日本は、日本人が思っている以上に強い。日本を世界が見習うような国にしたい」と熱弁を振るった。

演説の前半は、正規雇用の推進や、中小企業への支援、円高の進行について話しながら、「悪い話ばかりではない。円高になれば石油の値段や食料品の値段も下がる。先の暗い話ばかりする男はもてない」と冗談を交えながら話した。

後半は、一転して得意のサブカルチャー論を展開。「最近は忙しくなって先週のサンデーやマガジンは読んだが、ジャンプやモーニングは読んでいない」と切り出し、日本のマンガが欧米やアジア、中南米で読まれて、日本語を覚えようとしている海外の若者が増えていることを例に挙げて「日本のサブカルチャーは世界を席巻している」と話した。

演説は、自民党青年局と女性局が企画した。秋葉原は、06年の総裁選で、得意のマンガを引用するなど他候補を圧倒する演説で一躍注目を浴びた麻生首相の「出発の地」であり、さらに麻生首相も「(首相になった)お礼もかねて、街頭演説は秋葉原からと決めていた」と明かしていた。開始2時間前から人が集まり、演説が始まると駅前の広場だけでなく、歩道橋や駅のプラットホームにも見物人が立つなど、多くの人で埋め尽くされた。麻生首相の登壇時には麻生コールが起こった。《毎日新聞》

広告




2007 平成19年10月26日(金) 平成6866日目

【ホンダ・フィット】フルモデルチェンジ

main
http://www.honda.co.jp/auto-archive/fit/2010/

【 NOVA】会社更生法適用申請、猿橋社長を解任

英会話学校最大手のNOVA(大阪市)は26日、会社更生法の適用を大阪地裁に申請し、同地裁は財産の保全管理命令を出した。負債総額は7月末現在で約439億円。全国の教室は一時、休講する。猿橋望社長を除く取締役3人が25日深夜、臨時取締役会を開いて社長を解任し、更生法申請を決議した。《共同通信》

【ボクシング・亀田興毅選手】弟への反則指示認め謝罪

26日、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長とともに会見した亀田興毅選手(20)は、「申し訳ありませんでした」などと弟大毅選手への反則指示を認め、謝罪した。また、これまでの過激とも言えるパフォーマンスについても「やりすぎな面があった」などと反省した。ただ、父史郎氏については「みんなには悪いように見られているかもしれないけど、世界一のオヤジやと思ってる」などとかばう姿勢も見せた。《毎日新聞》

【福田康夫首相】拉致被害者家族会と面会

福田康夫首相は26日夜、北朝鮮による拉致被害者家族会の横田滋代表らメンバーと就任後初めて官邸で面会し、6カ国協議の合意文書に核施設無能力化が明記されたことを踏まえ「北朝鮮は核放棄の次のステップを考えている。日朝交渉をするうえでいい環境になってきた」と述べ、北朝鮮対応をめぐり「圧力」から「対話」重視に転換する姿勢を鮮明にした。《福井新聞》

2006 平成18年10月26日(木) 平成6501日目

【奈良医師宅放火殺人事件】家裁、16歳長男を少年院送致処分

奈良県田原本町で母子3人が死亡した医師宅火災で、奈良家裁は26日、放火と殺人などの非行事実で送致された長男(16=当時高校1年)を中等少年院送致とする保護処分を決定した。

決定理由で石田裕一裁判長は「父親の対応はしつけや学習指導の限度をはるかに超えた虐待ともいうべきだ」と指摘。「暴力を振るわれ続けるなどの成育環境が性格や資質上の偏りを生じさせ、非行に走らせた一因だ。長男だけにすべての責任を負わせることは相当でない」と述べた。その上で「父親との関係改善に相応の期間がかかる」として「相当長期間の処遇が必要だ」とした。《日刊スポーツ》

【プロ野球・日本シリーズ】日本ハムが44年ぶり2度目の日本一

北海道日本ハムファイターズがプロ野球12球団の頂点に立った。日本シリーズ第5戦は26日、札幌ドームで行われ、日本ハムは中日に4-1で逆転勝ち、対戦成績を4勝1敗として前身の東映時代以来、44年ぶり2度目の日本一になった。2004年に北海道に移転してから3年目、満員の4万2030人の大観衆の前で歓喜の瞬間を迎えた。

日本ハムは敵地のナゴヤドームで行われたシリーズ初戦を落とした。しかし、第2戦を逆転勝ちして勢いに乗り、本拠地の札幌ドームでは熱狂的なファンの声援に後押しされ、第3、4戦も連勝。あと1勝となったこの試合も1点を先行されたが、五回に金子のスクイズで同点。六回には主砲セギノールが決勝の2点本塁打を右翼スタンドに打ち込んだ。先発のダルビッシュは八回途中まで1失点で抑える力投。初めて北海道で開かれた日本シリーズの札幌3連戦で一気に決着をつけた。《北海道新聞》

【日本ハム・新庄剛志外野手】17年のプロ生活に幕

さよならSHINJO、そしてありがとう。日本ハムが26日、日本シリーズ第5戦で中日を破り、4勝1敗で前身の東映時代以来44年ぶりの日本一に輝いた。今季限りで現役引退を表明していた新庄剛志外野手(34)は、涙のフルスイングで超満員の地元ファンに別れを告げた。ナインの手で4度宙に舞い、プロ生活17年間を最高のフィナーレで飾った新庄は27日、札幌ドームで引退会見を行う。

涙が止まらなかった。新庄がウイニングボールをつかんだ森本と1つになった。七色の紙テープが左中間の2人を包み込む。プロ17年間のすべてが終わった。弟分の左肩に顔を伏せ、新庄の号泣は止まらなかった。マウンド上で人さし指を突き立てたナインの輪も外野へ向かった。まさに新庄のためにあった日本シリーズ。誰よりも真っ先に二塁後方で4度、宙を舞った。

「(強運を)持ってるわ、オレ。ほんと、この漫画みたいなストーリー。出来すぎって思いません?今後、体に気をつけたいと思います」涙が乾いた記者会見ではすがすがしい笑顔を浮かべて笑いを誘った。《時事通信》

2005 平成17年10月26日(水) 平成6136日目

【青森・弘前市】収穫間近のりんご1万4000個を盗まれる

青森県弘前市大森勝山のリンゴ畑で収穫間近のリンゴ約1万4000個(約4トン、約100万円相当)がもぎ取られているのが見つかり、畑所有者の同県鶴田町の農業女性(51)が26日、弘前署に届けた。同署が窃盗容疑で捜査している。調べによると、盗まれたのは人気品種の「ふじ」で、来月初めごろに収穫予定だった。《共同通信》

【 MLBワールドシリーズ】ホワイトソックス、88年ぶり3度目の優勝

【プロ野球・日本シリーズ】ロッテ、31年ぶり3度目の日本一

プロ野球の日本シリーズは26日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で第4戦を行い、パ・リーグ覇者の千葉ロッテマリーンズが、セ・リーグ優勝の阪神タイガースを3-2で破り、4連勝で31年ぶり3回目(前身の毎日を含む)の日本一に輝いた。開幕戦から引き分けを挟まない4連勝でのシリーズ制覇は、2002年の巨人(対西武)以来で史上5回目。最高殊勲選手(MVP)は、シリーズ新記録の8打席連続安打を記録したロッテ・今江敏晃、敢闘選手には阪神・矢野輝弘が選ばれた。《毎日新聞》

【小泉純一郎首相】米国産牛肉輸入再開「安全基準厳守が前提」

小泉純一郎首相は26日午後の党首討論で、牛海綿状脳症(BSE)発生に伴う米国産牛肉の輸入再開問題について「日本の基準は危険部位の除去と(月齢)20ヶ月以下の牛であると証明されなければならない。こういう点は、しっかりとした対応をしていく」と述べ、食品安全委員会の掲げる安全基準の尊守が前提との考えを強調した。《福井新聞》

2004 平成16年10月26日(火) 平成5771日目

【仙台ライブドアフェニックス】ライブドア、プロ野球参入時の球団名を発表

仙台市を本拠地にプロ野球への新規参入を目指すライブドアの堀江貴文社長は26日、東京都内で記者会見し、球団名を「仙台ライブドアフェニックス」にすると発表した。フェニックスは「不死鳥」の意味。チームカラーは赤に決まった。《福井新聞》

【イラク】邦人男性拘束映像を武装組織がネットに流す

イラクで暗躍するヨルダン人テロリスト、アブムサブ・ザルカウィ容疑者の率いる「イラクの聖戦アル・カーイダ組織」と名乗る武装組織は26日、拘束した日本人とみられる男性1人の映像をインターネットで流し、日本政府が48時間以内にイラクに駐留する自衛隊を撤退させなければ男性を殺害するとの声明を出した。

外務省によると、この男性はイラクに滞在中の福岡県出身、Kさん(24)とみられる。父親が本人と確認し、同省に連絡した。

Kさんとみられる男性は映像の中で、小泉首相に対し、日本語で、「彼らは自衛隊が撤退しなければ首をはねると言っています。すみませんでした。また日本へ帰りたいです」とところどころ声を詰まらせながら訴えた。イラクでの日本人拉致は、今年4月にフリーライターの郡山総一郎さんら計5人が拉致(いずれも解放)されて以来、6か月ぶり。《読売新聞》

【小泉純一郎首相】中越地震被災地を視察

小泉純一郎首相は26日午後、新潟県中越地震で被災した長岡、小千谷市を訪れて住民らを激励した。また長岡市の上越新幹線の脱線事故現場と、道路が寸断、孤立した山古志村の状況などをヘリコプターで上空から視察した。

首相は記者団に、電気、ガス、水道などライフラインの早期復旧を図り、その後に(山古志村など)壊滅的な打撃を受けた地域の復興支援に取り組む考えを示した。《福井新聞》

2003 平成15年10月26日(日) 平成5405日目

【日本シリーズ第6戦】ダイエー5−1阪神:両軍3勝3敗

【第64回菊花賞】5番人気・ザッツザプレンティが優勝

【厳島神社】高潮で回廊冠水

世界遺産に登録されている広島県宮島町の厳島神社の回廊が26日、高潮で冠水し、観光客の参拝を一時中止した。昨年秋も異常潮位が原因とみられる冠水が十数回あり、参拝を一時中止したことがあったが、今年は初めてという。厳島神社によると、午前9時40分ごろから、回廊が海水に漬かり始め、一部は水位が4−5センチ回廊を上回ったため、午前10時半ごろまで約50分間にわたり、参拝を取りやめた。

広島地方気象台によると、27日午前10時45分ごろが今年1番の大潮。同日午前から、厳島神社は表千家の家元を招いて「献茶祭」を予定しているため、神主は「潮が引くまで待たなくてはならないかも」と心配そうに話していた。《共同通信》

【参院埼玉補選】自民が衆院選の前哨戦に勝利

衆院選の前哨戦となった参院埼玉選挙区補選は26日、自民党新人の関口昌一氏(50)が民主党新人らに辛うじて勝利した。与党は少差でも首都圏の国政選挙で民主党を退けたことに安どしている。民主党は小泉批判票を獲得できなかったと厳しく受け止めた。《福井新聞》

2002 平成14年10月26日(土) 平成5040日目

【日本海東北道】岩城IC〜秋田空港IC供用開始

【台場一丁目商店街】デックス東京ビーチにオープン

【石井紘基代議士刺殺事件】出頭した48歳男を逮捕

【横田滋さん・早紀江さん夫妻】キム・ヘギョンさんのビデオ映像を公開

横田滋さん(69)、早紀江さん(66)夫妻は26日、めぐみさんの娘キム・ヘギョンさん(15)のビデオ映像を公開した。9月30日に政府調査団が平壌市内のホテルで聞き取り調査した際に撮影したもので、録画時間は約1分。ヘギョンさんは水色のブラウスにストライプのリボン姿。

カメラに向かい「おじいさん、おばあさん、特にお願いはありませんが、2人とも元気でいらしてここにこういく孫がいることを受け止めてください。たた孫のあいさつを受け取ってください」とはにかんだような笑顔で話しかけている。《福井新聞》

【モスクワ劇場占拠事件】武力制圧

ロシア政府の特殊部隊は26日早朝、チェチェン独立派武装グループが800人以上の人質をとって占拠していたモスクワの劇場に突入し、約2時間で劇場を制圧、人質を解放した。ロシア政府によると、武装グループとの交戦などで人質90人以上が死亡。750人以上が救出された。事件は23日夜の発生以来、4日目、約60時間ぶりに全面解決した。特殊部隊は武装グループのほぼ全員とみられる、指導者のバラエフ野戦司令官ら50人を殺害した。《共同通信》

2001 平成13年10月26日(金) 平成4675日目

【プロ野球・ロッテ】石井浩郎内野手に戦力外通告

【マリナーズ・イチロー外野手】国民栄誉賞を辞退

政府は26日、米大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー選手に国民栄誉賞の授与を検討していたが、イチロー選手が首相官邸に受賞を辞退する考えを伝え、国民栄誉賞授与は立ち消えとなった。同日夜、政府筋が明らかにした。

イチロー選手の大リーグでの活躍について小泉純一郎首相は「授与するかどうかではなく、国民栄誉賞ものの活躍であることは間違いない」と官邸で記者団に述べ、国民栄誉賞授与を検討する考えを示していた。《福井新聞》

【皇太子妃雅子さま】着帯の儀

皇太子妃雅子さまの安産を願う「着帯(ちゃくたい)の儀」の一連の儀式が26日、東京・元赤坂の東宮御所などで行われた。妊娠9カ月目の戌(いぬ)の日に行う皇室の行事。宮内庁によると、出産予定は11月下旬から12月上旬で、5月の懐妊正式発表以来、経過は順調という。《朝日新聞》

2000 平成12年10月26日(木) 平成4310日目

【 MLBワールドシリーズ】ヤンキース、3年連続26度目の優勝

【田中康夫長野県知事】初登庁

田中康夫知事(44)は26日初登庁し、新県政がスタートした。県内で戦後四人目、現職で全国最年少の知事。県庁講堂での就任あいさつで田中知事は「すべての県民と対等な関係で自由闊達(かったつ)に議論を交わし、長野県民であることに誇りが持てるようにしたい」と県政に臨む姿勢を強調した。

田中知事は午前9時に県庁に到着。職員や支持者が拍手で迎える中を報道陣に囲まれて進み、講堂で約五百人の職員を前に約30分間、就任あいさつをした。「行政に王道はない。一人ひとりが県民に発信する作業から始めたい。家族に接するのと同じ気持ちで県民に接してほしい」と強調。その上で、全職員に対し「県政に対する提言や思い」をリポートにして一週間以内に、ファクスや電子メールで提出するよう求めた。

特別応接室で行った事務引き継ぎでは、吉村午良前知事と初めて対面し力強く握手。吉村前知事は知事就任を祝福した後、「将来にわたり希望の持てる長野県にしてほしい」と要望。田中知事は「これからも叱咤(しった)、激励をお願いします」とあいさつした。

引き続き、部局長会議を報道陣に公開して開き、県幹部が自己紹介。この中で、田中知事の就任あいさつなどに対し「抽象的で分かりにくい」「(県政の)過去と現在を否定するニュアンスがあると感じるが」などと戸惑う声も相次いだ。これに対し田中知事は「これまでの県政が悪かったと言っているつもりはない。県庁に殴り込みをかけに来たわけでもない」と述べた。《信濃毎日新聞》

【長野県】幹部が田中知事の名刺を折り曲げる

企業局をあいさつに訪れた田中知事から名刺を差し出された藤井世高・企業局長は「社長が部下に名刺を渡すのは、倒産する会社」と拒否。知事が「メールアドレスもある」と手渡すと、今度は「これはないことにさせていただきます」と、目の前で、「知事」の部分が裏になるように名前との間を折った。

藤井局長は「任命権者が部下にいちいち名刺を配る行為自身がおかしい。これはパフォーマンスだ」と怒りもあらわ。「『目線を合わせて一緒にやりましょう』で、知事の使命を果たせるのか」と言い切った。

ただ、この対応には気まずさと緊張感が広がった。四十代の職員は「庁内の人同士で名刺交換はしないが、その人の前で名刺を丸めることも絶対にしない。どういうつもりなのか」。名刺を折るシーンがテレビで放映された夕方以降、県庁には抗議電話が殺到。五回線ある交換台の電話は鳴りっぱなし。「けしからん」「県民をばかにしている」。残業の同局職員だけでなく、警備職員2人も深夜まで対応に追われた。《信濃毎日新聞》

1999 平成11年10月26日(火) 平成3944日目

【桶川ストーカー殺人事件】

26日午後1時ごろ、埼玉県桶川市若宮のJR桶川駅西口前の路上で、同県上尾市、跡見学園女子大2年A子さん(21)が男に刃物で刺された。A子さんは左胸と右背部の2ヶ所を刺されており、近くの病院に収容されたがまもなく死亡した。男は徒歩で逃走した。

A子さんの母親は最近、友人に「娘がストーカーに追われている」と漏らしており、埼玉県警はストーカーの犯行の可能性もあるとみて、捜査本部を設置、殺人容疑で男の行方を追っている。《福井新聞》

【水戸労基】臨界事故で被ばくした3人を労災認定

茨城県東海村の核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」東海事業所の臨界事故で、大量被ばくし、入院中の同社員3人から出されていた労災申請について、水戸労働基準監督署は26日午前、労災を認定した。急性放射線症に対する労災申請が認められたのは初めて。事故の重大性などから、20日の申請から一週間足らずでのスピード認定となった。《毎日新聞》

1998 平成10年10月26日(月) 平成3579日目

【プロ野球・日本シリーズ】横浜、38年ぶり2度目の日本一

横浜の空に権藤博監督が舞ったー。プロ野球日本シリーズは26日、横浜スタジアムで横浜ベイスターズ(セ・リーグ)ー西武ライオンズ(パ・リーグ)第6戦が行われ、横浜が2-1で西武を破り、対戦成績を4勝2敗として前進の大洋ホエールズが1960年に制して以来、38年ぶり2度目の日本一に輝いた。最高殊勲選手にはシリーズを通じて4割8分の打率を残した鈴木尚典外野手が選ばれた。《福井新聞》

【自由社会研究会】小渕首相に「連立政権で政局安定を」

政財界人でつくる「自由社会研究会」の特別懇談会が26日、小渕恵三首相を招いて都内で開かれ首相の政治姿勢や景気対策について注文が相次いだ。首相は冒頭、就任3ヶ月を振り返り「国会は参院が過半数を割った状況で無理はできない。しんどい状況が続いている」とあいさつ。

これに対し出席者から「主要国の多くは連立だ」と、連立政権の樹立により政局運営の安定化を促す意見が出された。《福井新聞》

広告




1997 平成9年10月26日(日) 平成3214日目

【 MLBワールドシリーズ】マーリンズ初制覇

【サッカーW杯予選】日本1-1UAE

【宮城県知事選】浅野史郎氏が再選

任期満了に伴う宮城県知事選は26日投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の浅野史郎氏(49)が、無所属新人の前参院議員市川一朗氏(60)=自民、新進、公明推薦=と、無所属新人の前宮城県教職員組合委員長高橋浩太郎氏(66)=共産推薦=を破り、再選を果たした。浅野氏は約62万票を獲得、市川氏に約2倍の大差をつけた。《福井新聞》

1996 平成8年10月26日(土) 平成2849日目

【 MLBワールドシリーズ】ヤンキース、18年ぶり23度目の優勝

【プロ野球MVP】(セ)巨人・松井秀喜外野手(パ)オリックス・イチロー外野手

【プロ野球新人王】(セ)巨人・仁志敏久内野手(パ)日本ハム・金子誠内野手

【自民党】単独政権へ

自民党は26日、焦点となっている「第二次橋下政権」の枠組みについて最終的には同党単独となることもやむを得ないとの判断を固めた。土井たか子社民党党首が閣外協力の考えを堅持、同日始まった自民、社民、新党さきがけ3党の政策協議で、社民党が企業・団体献金の即時全面禁止など自民党が受け入れられない提案をしたことから、全面合意は困難で、3党の連立政権継続は困難となったためだ。《福井新聞》

1995 平成7年10月26日(木) 平成2483日目

【 VIVO和歌山】和歌山ステーションデパートがリニューアルオープン

【プロ野球・日本シリーズ】ヤクルト、2年ぶり3度目の日本一

1995年プロ野球日本シリーズ、ヤクルトーオリックスは26日、神宮球場で第5戦が行われ、ヤクルトが3-1で勝ち、対戦成績4勝1敗で2年ぶり3度目の日本一に輝いた。ヤクルトの指揮を執って6年目の野村克也監督(60)は2年ぶり2度目の日本シリーズ制覇を成し遂げた。《福井新聞》

1994 平成6年10月26日(水) 平成2118日目

【スパイダー】スピッツ、10th single リリース

【安寿ミラさん】宝塚歌劇団退団を発表

【イスラエル・ヨルダン】平和条約に調印

中東戦争で幾たびも戦火を交えたイスラエルとヨルダンが主権・領土の相互尊重、武力不行使などを誓った歴史的な平和条約の調印式が26日午後、クリントン米大統領ら約5000人が見守る中、紅海のアカバ湾に近い両国南部国境の砂漠にあるアラバ国境検問所わきの特設会場で行われた。《共同通信》

1993 平成5年10月26日(火) 平成1753日目

【日産・シルビア】フルモデルチェンジ

10151016_199310
http://www.goo-net.com/

【山陽道】福山西IC〜河内IC供用開始

【沢村賞】中日・今中慎二投手

【 JR東日本】上場:初値60万円

【東京地検】ゼネコン汚職、鹿島副社長を逮捕

【細川護熙首相】首相経験者を歴訪

細川首相は26日午後、前日に続いて鈴木、宇野、海部の3元首相を都内の各事務所に訪ね、政治改革などに対する意見を求めた。

この中で首相は政治改革案をめぐる修正問題について「話し合いが一番いいと考える。代表者を選んで交渉するのも一つの選択肢だ」と述べ、政府案と自民党案の接点を探るための与野党協議に積極姿勢を示した。《福井新聞》

1992 平成4年10月26日(月) 平成1388日目

【皇學館大學神道博物館】三重県伊勢市に開館

【プロ野球日本シリーズ】西武(森祇晶監督)3年連続8度目の日本一

1992年プロ野球日本シリーズ第7戦は26日、神宮球場に約3万4000人の観衆を集めて行われ、西武が延長10回、2−1でヤクルトを下し、対戦成績4勝3敗で3年連続8度目の優勝を飾った。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】政治改革「党独自の緊急案を」

宮沢首相は26日午後、自民党の綿貫幹事長、森政調会長と首相官邸で相次いで会談し、政治改革をめぐって①与野党で合意している18項目の緊急改革案への上積み②派閥の弊害除去など党改革の実行ーの2点について検討を急ぎ、具体案を取りまとめるよう指示した。《福井新聞》

1991 平成3年10月26日(土) 平成1022日目

【俳優・渡部秀さん】誕生日

【東京都庁】電気設備一斉点検、終日真っ暗に

東京・西新宿の都庁第一庁舎で、電気事業法で年一回義務付けられた電気設備の点検が26日午前6時から始まり、庁内の照明やエレベーターをはじめ、すべての機能が停電のためストップした。

閉庁日で職員も登庁せず、展望台の見学者もシャットアウトした高さ243メートル、地上48階、地下3階建てのマンモスビルはまるで廃墟のよう。大型コンピューターなどの自慢のハイテク機器も、データをバックアップした上で保全措置をとった。《福井新聞》

【プロ野球日本シリーズ第6戦】西武6−1広島

西武球場に戻った西武ー広島第6戦は26日、約3万2000人の観衆を集めて行われ、西武が6−1で勝って3勝3敗に追いついた。

1−1で迎えた6回、西武は2安打と死球で二死満塁の勝ち越し機をつかみ、救援した川口から鈴木康が左前へ2点適時打した。秋山が代わった紀藤から3号3点本塁打を続け、この回決定的な5点を奪った。6回から先発郭をリリーフした石井が広島に反撃を許さず、押し切った。《福井新聞》

1990 平成2年10月26日(金) 平成657日目

【プロ野球MVP】(セ)巨人・斎藤雅樹投手(パ)近鉄・野茂英雄投手

【プロ野球新人王】(セ)中日・与田剛投手(パ)近鉄・野茂英雄投手

【中曽根康弘元首相】イラク訪問が決定

中曽根元首相は26日、イラクに拘束されている人質の解放や、中東危機の平和的解決を働き掛けるため、イラクを訪問することを決めた。同日午前、自民党の小沢幹事長ら党四役、渡辺派幹部で中曽根氏に近い佐藤孝行幹事長代理が協議、党としても中曽根氏の訪問をバックアップする態勢をとることを確認したのを受け、決断した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】「(中曽根氏イラク訪問は)二国間対話の一環」

海部首相は26日の衆院国連平和協力特別委員会で、中曽根元首相のイラク訪問が決まったことについて「私が中東訪問の際にラマダン・イラク第一副首相と二国間対話継続で合意したが、中曽根氏だけでなく、ほかのルートでもいろいろな努力をする」と述べ、中曽根氏のイラク訪問も二国間対話の一環との認識を示した。

1989 平成元年10月26日(木) 平成292日目

【プロ野球・ロッテ】有藤通世監督が辞意表明

【プロ野球・オリックス】ブーマー選手、契約交渉決裂して帰国

【慶応大学】アンドレイ・サハロフ博士に名誉博士号

【第28回東京モーターショー】千葉・幕張メッセで開幕

【海部俊樹首相】消費税で理解求める

参院予算委員会は26日午前10時開会、社会党の竹村泰子氏が消費税問題や福祉政策について政府の考えをただした。海部首相は課税の公平について「今回税制改革の基本理念の一つであり、広く薄く共通費用の負担をい願いし、いろいろな政策の組み合わせで公正さを確保したい」と述べた。《福井新聞》

【女優・浦辺粂子さん】死去

Last updated:Thursday, June 15, 2017

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

その日のできごと

1月1日(1/366)

1月2日(2/366)

1月3日(3/366)

1月4日(4/366)

1月5日(5/366)

1月6日(6/366)

1月7日(7/366)

1月8日(8/366)

1月9日(9/366)

1月10日(10/366)

1月11日(11/366)

1月12日(12/366)

1月13日(13/366)

1月14日(14/366)

1月15日(15/366)

1月16日(16/366)

1月17日(17/366)

1月18日(18/366)

1月19日(19/366)

1月20日(20/366)

1月21日(21/366)

1月22日(22/366)

1月23日(23/366)

1月24日(24/366)

1月25日(25/366)

1月26日(26/366)

1月27日(27/366)

1月28日(28/366)

1月29日(29/366)

1月30日(30/366)

1月31日(31/366)

2月1日(32/366)

2月2日(33/366)

2月3日(34/366)

2月4日(35/366)

2月5日(36/366)

2月6日(37/366)

2月7日(38/366)

2月8日(39/366)

2月9日(40/366)

2月10日(41/366)

2月11日(42/366)

2月12日(43/366)

2月13日(44/366)

2月14日(45/366)

2月15日(46/366)

2月16日(47/366)

2月17日(48/366)

2月18日(49/366)

2月19日(50/366)

2月20日(51/366)

2月21日(52/366)

2月22日(53/366)

2月23日(54/366)

2月24日(55/366)

2月25日(56/366)

2月26日(57/366)

2月27日(58/366)

2月28日(59/366)

2月29日(60/366)

3月1日(61/366)

3月2日(62/366)

3月3日(63/366)

3月4日(64/366)

3月5日(65/366)

3月6日(66/366)

3月7日(67/366)

3月8日(68/366)

3月9日(69/366)

3月10日(70/366)

3月11日(71/366)

3月12日(72/366)

3月13日(73/366)

3月14日(74/366)

3月15日(75/366)

3月16日(76/366)

3月17日(77/366)

3月18日(78/366)

3月19日(79/366)

3月20日(80/366)

3月21日(81/366)

3月22日(82/366)

3月23日(83/366)

3月24日(84/366)

3月25日(85/366)

3月26日(86/366)

3月27日(87/366)

3月28日(88/366)

3月29日(89/366)

3月30日(90/366)

3月31日(91/366)

4月1日(92/366)

4月2日(93/366)

4月3日(94/366)

4月4日(95/366)

4月5日(96/366)

4月6日(97/366)

4月7日(98/366)

4月8日(99/366)

4月9日(100/366)

4月10日(101/366)

4月11日(102/366)

4月12日(103/366)

4月13日(104/366)

4月14日(105/366)

4月15日(106/366)

4月16日(107/366)

4月17日(108/366)

4月18日(109/366)

4月19日(110/366)

4月20日(111/366)

4月21日(112/366)

4月22日(113/366)

4月23日(114/366)

4月24日(115/366)

4月25日(116/366)

4月26日(117/366)

4月27日(118/366)

4月28日(119/366)

4月29日(120/366)

4月30日(121/366)

5月1日(122/366)

5月2日(123/366)

5月3日(124/366)

5月4日(125/366)

5月5日(126/366)

5月6日(127/366)

5月7日(128/366)

5月8日(129/366)

5月9日(130/366)

5月10日(131/366)

5月11日(132/366)

5月12日(133/366)

5月13日(134/366)

5月14日(135/366)

5月15日(136/366)

5月16日(137/366)

5月17日(138/366)

5月18日(139/366)

5月19日(140/366)

5月20日(141/366)

5月21日(142/366)

5月22日(143/366)

5月23日(144/366)

5月24日(145/366)

5月25日(146/366)

5月26日(147/366)

5月27日(148/366)

5月28日(149/366)

5月29日(150/366)

5月30日(151/366)

5月31日(152/366)

6月1日(153/366)

6月2日(154/366)

6月3日(155/366)

6月4日(156/366)

6月5日(157/366)

6月6日(158/366)

6月7日(159/366)

6月8日(160/366)

6月9日(161/366)

6月10日(162/366)

6月11日(163/366)

6月12日(164/366)

6月13日(165/366)

6月14日(166/366)

6月15日(167/366)

6月16日(168/366)

6月17日(169/366)

6月18日(170/366)

6月19日(171/366)

6月20日(172/366)

6月21日(173/366)

6月22日(174/366)

6月23日(175/366)

6月24日(176/366)

6月25日(177/366)

6月26日(178/366)

6月27日(179/366)

6月28日(180/366)

6月29日(181/366)

6月30日(182/366)

7月1日(183/366)

7月2日(184/366)

7月3日(185/366)

7月4日(186/366)

7月5日(187/366)

7月6日(188/366)

7月7日(189/366)

7月8日(190/366)

7月9日(191/366)

7月10日(192/366)

7月11日(193/366)

7月12日(194/366)

7月13日(195/366)

7月14日(196/366)

7月15日(197/366)

7月16日(198/366)

7月17日(199/366)

7月18日(200/366)

7月19日(201/366)

7月20日(202/366)

7月21日(203/366)

7月22日(204/366)

7月23日(205/366)

7月24日(206/366)

7月25日(207/366)

7月26日(208/366)

7月27日(209/366)

7月28日(210/366)

7月29日(211/366)

7月30日(212/366)

7月31日(213/366)

8月1日(214/366)

8月2日(215/366)

8月3日(216/366)

8月4日(217/366)

8月5日(218/366)

8月6日(219/366)

8月7日(220/366)

8月8日(221/366)

8月9日(222/366)

8月10日(223/366)

8月11日(224/366)

8月12日(225/366)

8月13日(226/366)

8月14日(227/366)

8月15日(228/366)

8月16日(229/366)

8月17日(230/366)

8月18日(231/366)

8月19日(232/366)

8月20日(233/366)

8月21日(234/366)

8月22日(235/366)

8月23日(236/366)

8月24日(237/366)

8月25日(238/366)

8月26日(239/366)

8月27日(240/366)

8月28日(241/366)

8月29日(242/366)

8月30日(243/366)

8月31日(244/366)

9月1日(245/366)

9月2日(246/366)

9月3日(247/366)

9月4日(248/366)

9月5日(249/366)

9月6日(250/366)

9月7日(251/366)

9月8日(252/366)

9月9日(253/366)

9月10日(254/366)

9月11日(255/366)

9月12日(256/366)

9月13日(257/366)

9月14日(258/366)

9月15日(259/366)

9月16日(260/366)

9月17日(261/366)

9月18日(262/366)

9月19日(263/366)

9月20日(264/366)

9月21日(265/366)

9月22日(266/366)

9月23日(267/366)

9月24日(268/366)

9月25日(269/366)

9月26日(270/366)

9月27日(271/366)

9月28日(272/366)

9月29日(273/366)

9月30日(274/366)

10月1日(275/366)

10月2日(276/366)

10月3日(277/366)

10月4日(278/366)

10月5日(279/366)

10月6日(280/366)

10月7日(281/366)

10月8日(282/366)

10月9日(283/366)

10月10日(284/366)

10月11日(285/366)

10月12日(286/366)

10月13日(287/366)

10月14日(288/366)

10月15日(289/366)

10月16日(290/366)

10月17日(291/366)

10月18日(292/366)

10月19日(293/366)

10月20日(294/366)

10月21日(295/366)

10月22日(296/366)

10月23日(297/366)

10月24日(298/366)

10月25日(299/366)

10月26日(300/366)

10月27日(301/366)

10月28日(302/366)

10月29日(303/366)

10月30日(304/366)

10月31日(305/366)

11月1日(306/366)

11月2日(307/366)

11月3日(308/366)

11月4日(309/366)

11月5日(310/366)

11月6日(311/366)

11月7日(312/366)

11月8日(313/366)

11月9日(314/366)

11月10日(315/366)

11月11日(316/366)

11月12日(317/366)

11月13日(318/366)

11月14日(319/366)

11月15日(320/366)

11月16日(321/366)

11月17日(322/366)

11月18日(323/366)

11月19日(324/366)

11月20日(325/366)

11月21日(326/366)

11月22日(327/366)

11月23日(326/366)

11月24日(329/366)

11月25日(330/366)

11月26日(331/366)

11月27日(332/366)

11月28日(333/366)

11月29日(334/366)

11月30日(335/366)

12月1日(336/366)

12月2日(337/366)

12月3日(338/366)

12月4日(339/366)

12月5日(340/366)

12月6日(341/366)

12月7日(342/366)

12月8日(343/366)

12月9日(344/366)

12月10日(345/366)

12月11日(346/366)

12月12日(347/366)

12月13日(348/366)

12月14日(349/366)

12月15日(350/366)

12月16日(351/366)

12月17日(352/366)

12月18日(353/366)

12月19日(354/366)

12月20日(355/366)

12月21日(356/366)

12月22日(357/366)

12月23日(358/366)

12月24日(359/366)

12月25日(360/366)

12月26日(361/366)

12月27日(362/366)

12月28日(363/366)

12月29日(364/366)

12月30日(365/366)

12月31日(366/366)

PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.