平成4310日目

2000/10/26

【田中康夫長野県知事】初登庁

田中康夫知事(44)は26日初登庁し、新県政がスタートした。県内で戦後四人目、現職で全国最年少の知事。県庁講堂での就任あいさつで田中知事は「すべての県民と対等な関係で自由闊達(かったつ)に議論を交わし、長野県民であることに誇りが持てるようにしたい」と県政に臨む姿勢を強調した。

田中知事は午前9時に県庁に到着。職員や支持者が拍手で迎える中を報道陣に囲まれて進み、講堂で約五百人の職員を前に約30分間、就任あいさつをした。「行政に王道はない。一人ひとりが県民に発信する作業から始めたい。家族に接するのと同じ気持ちで県民に接してほしい」と強調。その上で、全職員に対し「県政に対する提言や思い」をリポートにして一週間以内に、ファクスや電子メールで提出するよう求めた。

特別応接室で行った事務引き継ぎでは、吉村午良前知事と初めて対面し力強く握手。吉村前知事は知事就任を祝福した後、「将来にわたり希望の持てる長野県にしてほしい」と要望。田中知事は「これからも叱咤(しった)、激励をお願いします」とあいさつした。

引き続き、部局長会議を報道陣に公開して開き、県幹部が自己紹介。この中で、田中知事の就任あいさつなどに対し「抽象的で分かりにくい」「(県政の)過去と現在を否定するニュアンスがあると感じるが」などと戸惑う声も相次いだ。これに対し田中知事は「これまでの県政が悪かったと言っているつもりはない。県庁に殴り込みをかけに来たわけでもない」と述べた。《信濃毎日新聞》




【長野県】幹部が田中知事の名刺を折り曲げる

企業局をあいさつに訪れた田中知事から名刺を差し出された藤井世高・企業局長は「社長が部下に名刺を渡すのは、倒産する会社」と拒否。知事が「メールアドレスもある」と手渡すと、今度は「これはないことにさせていただきます」と、目の前で、「知事」の部分が裏になるように名前との間を折った。

藤井局長は「任命権者が部下にいちいち名刺を配る行為自身がおかしい。これはパフォーマンスだ」と怒りもあらわ。「『目線を合わせて一緒にやりましょう』で、知事の使命を果たせるのか」と言い切った。

ただ、この対応には気まずさと緊張感が広がった。四十代の職員は「庁内の人同士で名刺交換はしないが、その人の前で名刺を丸めることも絶対にしない。どういうつもりなのか」。名刺を折るシーンがテレビで放映された夕方以降、県庁には抗議電話が殺到。五回線ある交換台の電話は鳴りっぱなし。「けしからん」「県民をばかにしている」。残業の同局職員だけでなく、警備職員2人も深夜まで対応に追われた。《信濃毎日新聞》

【森喜朗首相】中川長官を更迭

森喜朗首相は26日夜、右翼団体幹部との交際疑惑や女性問題など一連の醜聞で混乱を招いたとして中川秀直官房長官の更迭を決めた。長官は首相と会談後、「これ以上首相に迷惑を掛けたくない」と述べ、27日に正式に辞表を提出することを表明した。

首相は後任人事に着手、自民党森派の福田康夫政調副会長が内定した。

首相の唯一の側近といわれ、内閣のかなめである官房長官の辞任により森政権の基盤が大きく揺らぐことになり、求心力の低下は避けられない。野党側は任命した森首相の責任を問う方針で、苦しい政権運営は必至だ。《福井新聞》

10月26日/のできごと