平成7772日目

2010/04/19

【この日の鳩山総理】

日本・マレーシア首脳会談

平成22年4月19日、鳩山総理は総理大臣官邸で、公賓として来日したマレーシアのナジブ・ラザク首相を出迎え、歓迎行事を開催しました。そこで両首脳は儀仗隊による栄誉礼を受けました。

その後、夕方から首脳会談を行い、東方政策の実施によってますます強くなった日本・マレーシア両国国民の強固な紐帯を踏まえつつ、二国間関係が強化されたパートナーシップの新たな段階を迎えつつあることを確認しました。
鳩山総理は、ナジブ首相の下でのマレーシアの経済発展に祝意を表すとともに、日本の国連常任理事国入りへの支持に対する謝意を述べました。

会談終了後、日・マレーシア共同首脳声明 「新たなフロンティアへ向けて強化されたパートナーシップ」に署名し、共同記者発表に臨みました。《首相官邸》

徳之島入りを検討

鳩山由紀夫首相は19日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の鹿児島県・徳之島への移設案に対する理解を得るため現地入りする方向で検討に入った。

首相は午前、徳之島で18日に開かれた移設反対の大規模集会について「一つの民意だと理解すべきだ。そういう民意を勉強しながら、政府として普天間の移設先を真剣に考えていきたい」と指摘。

午後には「徳之島の皆さんには、まだ正式に言っている状況でない中で不安ばかり募らせたことには、おわび申し上げなければならない」と陳謝した。《共同通信》



【上海万博事務局】岡本真夜さんの曲をPRソングとして使用申請

5月1日開幕の上海万博のPRソングに、日本のシンガー・ソングライター岡本真夜さんのヒット曲「そのままの君でいて」が盗作されたとの疑惑が出ている問題で、岡本さんの所属事務所は19日、中国上海市の万博事務局から同曲をPRソングとして使用したいとの申請があったと発表した。岡本さん側は使用を認めた。具体的な使用形態などについて今後協議するという。《日経新聞》

【大阪維新の会】旗揚げ

大阪府の橋下徹知事は19日、府と大阪市を解体・再編して「大阪都」を新設するため、府議らと政治団体「ローカルパーティー『大阪維新の会』」を設立、橋下氏を代表として府選挙管理委員会に届けた。

橋下氏は同日夜、大阪市内で開いた設立総会で「政治しか日本を変えることはできない。『東京都とともに日本を引っ張る』というゴールを共有し、本当の意味での政治を進めよう」とあいさつした。

【この日の民主党】

小沢幹事長、青森市内の特別史跡三内丸山遺跡を視察

小沢一郎幹事長は19日夕、青森県に入り青森市内の特別史跡三内丸山遺跡を視察。縄文時代の文化レベルの高さに改めて感心し、共同生活を営み集落社会を形成していた当時の人々の意識の高さを称え、現代人も改めて学ぶべきとの認識を示した。

同遺跡は1992年に発掘されたもので、忽然と姿を現した縄文集落遺跡としては日本最大級。発掘調査によって当時の自然環境や生活、ムラの様子などの解明が進められ
ている。竪穴住居跡、大型竪穴住居跡、大人の墓、子どもの墓、盛土、掘立柱建物跡、大型掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、捨て場、道路跡などが見つかり、集落全体の様子などが具体的にわかるほか、膨大な量の縄文土器、石器、土偶、土・石の装身具、木器、骨角器、他の地域から運ばれたヒスイや黒曜石なども出土。 出土品から遠方との交易が行われ、漆器などの技術者がいたことが推定されている。縄文前期から中期(約5500~4000年前)の大型堅穴住居や高床倉庫を復元し、2000年11月には国の特別史跡に指定されている。

小沢幹事長は、スタッフの案内のもと敷地内を回り、縄文時代当時を再現した住居群、倉庫群、シンボル的な3層の掘立柱建物などを見学。緻密に計算された設計方法や今とほとんど変わらない豊富な食材を用いての暮らしぶりがあったことにしきりに感心し、囲炉裏の跡や高い天井を見上げては積極的に質問するなど、念願でもあった遺跡視察に顔をほころばせて満足した様子だった。《民主党ニュース》



4月19日のできごと