平成5405日目

2003/10/26

【この日の民主党】

民由合併導いた菅・小沢・鳩山3氏が苫小牧で揃い踏み

総選挙公示前の最後の日曜日となった26日、民主党の菅直人代表、小沢一郎前自由党党首がそろって北海道入り。苫小牧市で鳩山由紀夫前代表と合流し、民主党・自由党合併の立役者の揃い踏みによる大街頭演説会が実現した。

集まったおよそ2千人の聴衆を前にまずマイクを握った小沢前代表は、「鳩山さんとは、かつてともに自民党にいながら、内部からの改革は無理だとして離党し、党派の違いはあれど、新しい勢力を結集して改革をめざしてきた。そして今回、合併によって新しい民主党で一緒に政権交代を目指すことができるようになった」と感慨を込めて語った。その上で小泉政権について、「現在の厳しい経済状況、国際情勢の中で、どう国民を守っていくのかなどまったく頭の中にない」と厳しく批判し、自民党政治に終止符を打つべきことを呼びかけた。

続いて菅代表は、小泉首相が、道路公団の藤井総裁を民主党・自由党合併大会の当日にぶつけて更迭しようとしたり、中曽根元首相への勇退勧告を総選挙公示間際のタイミングでいきなり突きつけるなどして混乱を招いていることを挙げ、「政権に居続けるためにはあらゆる手段を使うというのが、今の首相の姿だ」と批判。また、国からのひも付き補助金を全廃し、地方の裁量でお金を使えるようにする民主党マニフェストの政策を紹介し、「農林漁業を中心とした北海道の活力を活かしていくには、霞ヶ関にすべて指示されるような体制をひっくり返す明治以来の大改革が必要だ」と力説し、小沢前党首、鳩山前代表を内閣主要メンバーとする新たな民主党政権の誕生に力を貸してほしい、と訴えた。

最後に発言に立った鳩山前代表は、「こうして3人で並ぶと、政権交代がそこまできたという大きな期待と実感が湧いてくる」と語り、「この選挙で、国が補助金によって地方を従属させるというこの国の形を逆転させる“平和的な革命”を実現しよう」と力強く呼びかけた。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【日本シリーズ第6戦】ダイエー5−1阪神、両軍3勝3敗

日本シリーズ第6戦、ダイエーー阪神は26日、福岡ドームで行われ、ダイエーが5−1で阪神を下し、3勝3敗のタイに持ち込んだ。7戦まで行われる日本シリーズはヤクルトが4勝3敗で西武を倒した1993年以来で10年ぶり。

第7戦は福岡ドームで27日午後6時15分から行われ、ダイエーが勝てば4年ぶり2度目、阪神が勝てば18年ぶり2度目の日本一となる。《共同通信》

【厳島神社】高潮で回廊冠水

世界遺産に登録されている広島県宮島町の厳島神社の回廊が26日、高潮で冠水し、観光客の参拝を一時中止した。昨年秋も異常潮位が原因とみられる冠水が十数回あり、参拝を一時中止したことがあったが、今年は初めてという。厳島神社によると、午前9時40分ごろから、回廊が海水に漬かり始め、一部は水位が4−5センチ回廊を上回ったため、午前10時半ごろまで約50分間にわたり、参拝を取りやめた。

広島地方気象台によると、27日午前10時45分ごろが今年1番の大潮。同日午前から、厳島神社は表千家の家元を招いて「献茶祭」を予定しているため、神主は「潮が引くまで待たなくてはならないかも」と心配そうに話していた。《共同通信》

【参院埼玉補選】自民が衆院選の前哨戦に勝利

衆院選の前哨戦となった参院埼玉選挙区補選は26日、自民党新人の関口昌一氏(50)が民主党新人らに辛うじて勝利した。与党は少差でも首都圏の国政選挙で民主党を退けたことに安どしている。民主党は小泉批判票を獲得できなかったと厳しく受け止めた。《共同通信》

埼玉県知事選に立候補した浜田卓二郎氏(無所属)の失職に伴う参院埼玉選挙区補欠選挙の投票が26日に行われ、即日開票の結果、民主党公認の島田智哉子候補はわずかに自民党候補に及ばず、惜敗した。島田候補は、無党派層からの得票率では他候補を上回ったと見られるが、27.52%という投票率の低さが響く形となった。

結果判明後の記者会見で島田候補は、「小泉首相の支持率が高いなかでこれだけ大接戦に持ち込めたのは、意味あること。時代や歴史、政権政党が変わるという前兆と感じる」と感想を述べるとともに、「総選挙の応援に全力を挙げ、来年の参議院本選挙で必ず勝ちます」と決意を新たにした。

選挙の結果について記者団に感想を求められた菅直人代表は、「結果は残念だが、この低投票率の中で自民党候補とほとんど差がなかったということは善戦健闘したと言える。総選挙に向けて、しっかり戦えば自公連合軍を十分敗ることができるという手応えを感じた」と語った。《民主党ニュース》



10月26日 その日のできごと(何の日)