※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

1989 平成元年8月1日(火)

【自民党】総裁選を告知

宇野首相に代わる新総裁選出を急ぐ自民党は、1日午後2時すぎから党本部で両院議員総会を開き、奥野誠亮・総裁選挙管理委員長が8日の総裁選を告知した。1日午前の全国代表者会議で、地方代表にも投票資格を与えるよう求める意見が相次いだのを受けて総務会で協議した結果、各都道府県の代表に1票を与えることで決着、選出のための場を「両院議員総会・特別会」とすることになった。

告知を受けて本格化した候補者擁立の動きは、河本元国務相と海部元文相の2人の名前が挙がっているが、竹下・安倍両派に海部氏を推す空気が濃くなっており、安倍前幹事長は1日の河本氏との電話で党内の若手待望論を指摘、河本氏に暗に出馬辞退を働き掛けた。《共同通信》

1990 平成2年8月1日(水)

【女子高生コンクリート詰め殺人事件】「量刑軽すぎ」と控訴

東京都足立区内の非行少年グループが女子高生=当時(17)=を監禁した上リンチを加えて殺害し、遺体をドラム缶にコンクリート詰めにし捨てた事件の一審判決に対し、東京地検は1日、「量刑が軽過ぎ是非を求める必要がある」として、殺人、死体遺棄の罪に問われた無職A(20)=犯行当時少年=ら4被告全員について、東京高裁に控訴した。

検察側は控訴理由の詳しい説明は避けているが、少年であることを配慮してできるだけ軽い求刑をしたのにもかかわらず、裁判所が家庭環境など情状を酌量してさらに一ランク下げた“温情判決”を下したと判断、量刑不当だとして控訴したとみられる。《共同通信》

【海部俊樹首相】「政局の秋」にらみ意気軒高?

群馬県・嬬恋村で夏休み中の海部首相は1日、近くの本白根山で山歩きを楽しんだ。登山口から約6.7キロの道すがら、高山植物に目を楽しませながら3時間かけて頂上に到達すると「最高地点だ、頂上だ、サミットだよ」と大変なはしゃぎよう。

息切れしている同行の秘書官らを見て「万歩計で測ったら4500歩だから皇居一周より短い。オレはまだ息が切れておらんぞ」と意気軒高。選挙制度改革、消費税見直し問題が本番を迎える「政局の秋」を迎えつつ、政界の頂上に居座る意欲をみなぎらせていた。《共同通信》

1991 平成3年8月1日(木)

【フィリピン政府】イメルダ夫人を脱税で告発

フィリピン政府は1日、帰国を許可したイメルダ・マルコス前大統領夫人を11件の脱税で告発、さらに前政権時代の数々の汚職容疑でも告発する準備を進めている。イメルダ夫人側はニューヨークでの記者会見で、帰国して裁判を受けて立つ決意を表明、因縁のアキノーマルコス両家の戦いが母国の法廷を舞台に繰り広げられる見込みとなった。《共同通信》

1992 平成4年8月1日(土)

【小野正利さん】シングル「You’re the Only…」発売

【バルセロナ五輪・女子マラソン】有森裕子選手、銀メダル獲得

第25回夏季オリンピック大会第8日の1日、陸上の女子マラソンで有森裕子選手(リクルート)が2時間32分49秒で2位に入り銀メダルを獲得した。日本の女子が陸上でメダルを獲得したのは、1928年アムステルダム大会800メートル2位の人見絹枝選手(故人)以来となる。《共同通信》

1993 平成5年8月1日(日)

【三浦知良さん、設楽りさ子さん】挙式

「カズ」の愛称で知られる日本サッカー界を代表するスター、三浦知良選手(26)=ヴェルディ川崎=とタレントの設楽りさ子さん(25)の挙式が1日午後、東京都目黒区の教会で行われた。

2人は三浦選手がブラジルで武者修行中の1986年5月、一時帰国した際に友人を介して知り合った。

三浦選手は日本代表の中心選手で、悲願の初出場を目指すワールドカップのアジア一次予選突破に大きく貢献した。設楽さんは主に女優として活躍している。《共同通信》

【日本新党・細川護熙代表】組閣方針「安定感のあるものに」

非自民連立政権の統一首相候補となった日本新党の細川代表は1日、長野県軽井沢町のホテルで、就任前の最後の休日を両親とともに過ごした。

同日午前、組閣人事を練るためこもっていた都内のホテルを出発した細川代表は、組閣の方針について「安定感のあるものにしたい」と記者団に語ったが、人事の進み具合については「首相指名を受けてから考える」と語っただけ。だが、各方面と接触を重ね、着々と話を進めているためか、表情には余裕もみられた。《共同通信》

1994 平成6年8月1日(月)

【WBCフライ級タイトル戦】勇利アルバチャコフ選手、5度目の防衛に成功

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は1日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの勇利アルバチャコフ(協栄)が同級1位のウーゴ・ソト(アルゼンチン)を8回3分6秒KOで下し、5度目の防衛を果たした。勇利はデビュー以来19連勝(15KO)。《共同通信》

【村山富市首相】「わしみたいな細いのはゆらり、ゆらり」

村山首相は1日昼、首相官邸で記者団から「暑い日が続くが体の方は」と水を向けられると、人間ドック入りも済ませた自信か「大丈夫じゃ。まったく問題ない」と胸を張った。先進国首脳会議(ナポリ・サミット)では。急性胃腸炎で倒れたとあって、記者団が「政権最大の懸念は首相の体力」と追い打ちをかけても「柳に雪折れなしと言うてな、太いのは折れてもわしみたいな細いのはゆらり、ゆらり大丈夫なんじゃ」とにやり。

どうやら村山流政局操縦の極意もこの辺にありそう?《共同通信》

1995 平成7年8月1日(火)

【自民党・森喜朗幹事長】総裁選は河野氏支持

自民党の森喜朗幹事長は1日の記者会見で、9月の総裁選での河野洋平総裁支持を明言、“本拠地”の旧三塚派と密接に連携を取りながら、河野再選を目指す方針だ。

内閣改造問題を契機に、旧小渕派を中心に反執行部グループが橋本龍太郎通産相擁立で猛然と動き出したことを、幹事長ら河野氏支持グループは「もう与党ボケだ。また野党に転落してもいいのか」と批判。有力な材料だった改造が小幅にとどまる見通しの不利な展開の中で、「与党であり続けること」を大命題に主導権の再確保に躍起になっている。

森氏は「3党連立は公党同士の枠組みという以上に、現在の3党首の属人的な側面が強い。橋本総裁では自社さの連立政権の維持は難しい」とけん制球を投げている。《共同通信》

1996 平成8年8月1日(木)

【社民党】「首相の靖国参拝は慎重に」

社民党は1日の常任幹事会で、橋本龍太郎首相が靖国神社を参拝したことについて「首相の立場は私的、公的の区別ができるかなかなか難しい。いろいろな議論が起こってくるので、慎重に対応すべきだ」との「見解」を確認した。佐藤観樹幹事長が渡辺嘉蔵官房副長官を通じ、首相官邸に伝えることになった。

幹事会に先立つ三役会議で、村山富市党首は「自分の経験からいっても、首相という立場は公的、私的の区別はなかなか難しい」と指摘。幹事会では「私的といっても公私の区別のつくものではない」など、首相の参拝への異論が相次いだ。

村山氏自身は、首相が参拝した29日には「私的な参拝だと思う」と事実上容認する姿勢だった。しかし中国など海外の批判が出てきたことから、社民党としての立場を明確にしたといえる。《共同通信》

1997 平成9年8月1日(金)

【永山則夫死刑囚】刑執行

連続射殺事件の永山則夫死刑囚(48)の死刑が東京拘置所で執行されたことが1日、関係者の話で分かった。他にも3人の執行があったとみられる。死刑執行は昨年12月以来で今年に入って初めて。

確定判決によると、永山死刑囚は1968年10月、東京都港区のホテルで警備員、続いて京都でも警備員、函館ではタクシー運転手を射殺。さらに翌年、名古屋でタクシー運転手を射殺した。一審で死刑、二審で無期懲役の判決を受けた。最高裁で破棄差し戻しとなり、差し戻し控訴審で死刑、90年4月最高裁で上告を棄却された。《共同通信》

【ドジャース・野茂英雄投手】3年連続2けた勝利達成

大リーグ、ドジャースの野茂英雄投手は1日、シカゴのリグリー・フィールドでのカブス戦に先発し、6回2/3を投げて3本塁打をを浴びるなど今季最多の7点を失ったが、打線の援護に助けられて10勝目(8敗)を挙げた。

野茂は3年連続の2けた勝利。ドジャースは20安打の猛攻で13−9と乱戦を制し、7連勝でナ・リーグ西地区の首位を守った。《共同通信》

1998 平成10年8月1日(土)

【小渕恵三首相】米・クリントン大統領と電話会談

小渕恵三首相は1日夜、クリントン米大統領と電話で初めて会談し、日本経済再生のために不退転の決意を伝えた。

大統領は、国連総会で各国代表の演説が始まる9月21日にニューヨークで首相と会談を行うことを提案。首相は「自分も早くお会いしたい。ご招待はありがたく受ける」と答え、基本的に合意した。ただ、首相は今後の国会日程などを調整した上で、正式に返答するとした。《共同通信》

1999 平成11年8月1日(日)

【民主党・菅直人代表】次期代表選出馬を表明

民主党の菅直人代表は1日午前のテレビ朝日の番組で、秋の党代表選挙について「私が提示している抜本的な党改革案が受け入れられればやっていきたい。それ自体が党首選びだ」と述べ、ネクストキャビネット(次の内閣)構想など、政権交代をにらんで検討作業を進めている党の機構改革の実現を前提に出馬する考えを明らかにした。

党内で鳩山由紀夫幹事長代理の擁立論が高まっていることについては「私が何らかの形で(身を)引いた時は鳩山さんにお願いしたい」と、「ポスト」菅には鳩山氏を望んでいることを初めて明言。その上で「両方が(代表戦に)出ることはありえない。私の提案を党が受け入れるということは、鳩山さんを含めて受け入れてくれるということだ」と指摘、鳩山氏との直接対決の可能性を否定した。《共同通信》

2000 平成12年8月1日(火)

【蟹江ぎんさん】108歳の誕生日

双子の姉妹「きんさん、ぎんさん」の妹、蟹江ぎんさんが1日、108歳の誕生日を迎えた。昨年までは2人そろって全国各地に招待されてきたが、1月に姉の成田きんさんが亡くなり、今年は自宅で1人だけの誕生日。家族は「(誕生日だが)特別なことはせず、普段通り生活させた」と話した。《共同通信》

【森喜朗首相】新核軍縮決議案を提出へ

森喜朗首相は1日、参院本会議での各会派の代表質問に対する答弁で、出席を予定している9月の国連ミレニアム総会で「新たな核軍縮決議案」を提出する方針を表明、「引き続きこの分野で(日本が)積極的役割を果たす」と強調した。

外務省によると、この新決議案は、先の核拡散防止条約(NPT)運用検討会議で核廃絶に向け新たな段階に入ったことを受けたもので、包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効とそれまでの核実験禁止実現に向けた方針などを盛り込む。《共同通信》

2001 平成13年8月1日(水)

【小泉純一郎首相】内閣改造を見送り

小泉純一郎首相は1日夜、自民党の青木幹雄参院幹事長と首相官邸で会談し、参院選後の内閣改造は見送ることで一致した。青木氏は会談終了後、記者団に「首相は閣僚を変えないと言っているのだから、首相の方針通りだ」と述べた。会談で青木氏は参院から出している副大臣や政務官の人事については内閣改造と切り離して行いたいとの意向を示し、首相は了承した。《共同通信》

2002 平成14年8月1日(木)

【山田宏杉並区長】住基ネット不参加を表明

東京都杉並区の山田宏区長は1日、記者会見し、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)への対応について「個人情報保護の法整備が整うまでは住基ネットに参加するのは適当ではない」と述べ、不参加を表明した。

政府は「住基ネットへの不参加は、住民基本台帳法違反に当たる」とし、5日に予定通り稼働させる方針だが、人口約52万人の杉並区が正式に不参加に踏み切ったことで、5日の運用開始までに、他の自治体に大きな影響を与える可能性も出てきた。《共同通信》

【中日・川上憲伸投手】ノーヒットノーラン達成

中日6−0巨人◇1日◇東京ドーム

中日の川上が最後の打者となった清水を遊ゴロに仕留めて今季の6勝目をノーヒットノーランの快挙で飾った。1日、敵地の東京ドームで目下絶好調の松井らを中心とする巨人の強力打線を相手に真っ向から勝負。許した走者は四球の1人という快投だった。《共同通信》

2003 平成15年8月1日(金)

【政府】拉致家族帰国で個別協議

政府は1日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題をめぐり、米朝中に日韓、ロシアを加えた六カ国協議への対処方針を決めた。

核、拉致、ミサイル問題に国際社会の支援策を絡ませる「包括解決」に向けて、事前の日米韓の包括合意案づくりを加速。六カ国協議では米側が不可侵を口頭で表明する用意があることを踏まえ、北朝鮮に少なくとも使用済み核燃料再処理や、核実験、弾道ミサイル発射実験で事態を悪化させないことを確約させる「暫定合意」の実現を目指す。

拉致被害者家族の帰国や日朝国交正常化交渉の再開を求めるために、六カ国協議の場を活用して日朝間の個別協議を開くことも検討する。《共同通信》

2004 平成16年8月1日(日)

【阪神・金本知憲外野手】701試合連続フルイニング出場

阪神の金本知憲外野手は1日、阪神甲子園球場で行われた巨人21回戦で701試合フル出場となり、元阪神の三宅秀史氏が1957年から62年にかけて記録した700試合を抜いてプロ野球新記録を達成した。

金本は広島に在籍していた99年7月21日の阪神戦(甲子園)から連続試合フルイニング出場を続けており、阪神に移籍2年目の今季89試合目で記録更新となった。《共同通信》

【民主党・岡田克也代表】憲法改正の前は改めて党内論議

民主党の岡田克也代表は1日のフジテレビ番組で「憲法改正して国連決議があれば、海外での武力行使を可能にすべきだ」とした自身の訪米中の発言を小沢一郎前代表代行から批判されたことについて「私は憲法改正の前については何も語っていない。党の中でちゃんと議論していけばいい話だ」と釈明した。

岡田氏は国際貢献での武力行使が自衛隊とは別の国連待機部隊をつくれば現在の憲法でも可能だとしている小沢氏は横路孝弘元副代表の主張について「当時の代表代行や副代表が言われたことだから重い」と述べ、有力な考え方との認識を示した。《共同通信》

2005 平成17年8月1日(月)

【MLB・ホワイトソックス】高津臣吾投手とのマイナー契約を解除

米大リーグ、ホワイトソックスは1日、高津臣吾投手(36)と結んでいたマイナー契約を解除したと発表した。球団によると、保有権の放棄を告知するウエーバーは既に終了しており、同日から自由契約となり他球団と交渉できるという。《共同通信》

【小泉純一郎首相】「小泉降ろしには屈しない」

小泉純一郎首相は1日夜、郵政民営化関連法案について「継続(審議)は、形を変えた否決だ。『小泉内閣退陣せよ』ということだ。政治家として政局の重みを分かってもらいたい」と述べ、継続審議でも衆院解散・総選挙に踏み切る意向を示唆し、反対派を強くけん制した。さらに、反対派の動きを「倒閣運動」と断じ「小泉降ろしには屈しない」と、今国会成立を期す決意を強調した。《共同通信》

2006 平成18年8月1日(火)

【秋篠宮妃紀子さま】着帯の儀

秋篠宮妃紀子さまの安産を願う「着帯の儀」が1日午前、東京・元赤坂の秋篠宮邸で行われた。一般の岩田帯に当たり、妊娠9カ月目戌の日に行われる習わし。

帯親は三笠宮崇仁さまが務め、紅白の生平絹(きのひらぎぬ)の帯(長さ4.4メートル、幅45センチ)は、この日のために天皇、皇后両陛下から贈られた。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】豪・ダウナー外相と会談

来日中のダウナー豪外相は1日、首相官邸での小泉純一郎首相との会談に、ノーネクタイで臨んだ。直前の安倍晋三官房長官との会談ではネクタイ着用だったが、安倍氏から首相のクールビズへの打ち込みようを聞かされ、気を利かせた。

ダウナー外相との会談でクールビズをほめられた安倍氏は「ネクタイをすると小泉純一郎首相への忠誠心が疑われる」とジョークで応酬。「昨年、郵政民営化法を国会で通したが、反対する人はだいたいネクタイをしていた」と笑いながら首相とクールビズの「一体性」を説明した。

さっそくクールビズ姿で臨んだ外相を首相は「ノーネクタイ!」と上機嫌で迎え、イラクでの自衛隊駐留への豪州の支持に謝意を伝えた。《毎日新聞》

2007 平成19年8月1日(水)

【横綱朝青龍関】サッカー問題で出場停止に

Embed from Getty Images

大相撲の横綱朝青龍(26)=高砂部屋=がけがを理由に3日からの夏巡業の休場届を出しながら、モンゴルでサッカーをしていた問題で、日本相撲協会は1日、臨時理事会を開き、朝青龍に対し、(1)9月の秋場所と11月の九州場所の出場停止(2)4カ月30%の減俸(3)九州場所千秋楽まで特別な事情がない限り、部屋、病院、自宅以外は出歩くことを禁止――の処分を下した。横綱が出場停止になるのは初めて。《朝日新聞》

【赤城徳彦農相】辞表提出

赤城徳彦農相(衆院茨城1区)は1日、首相官邸に安倍晋三首相をたずね、政治団体の事務所費をめぐる問題が参院選惨敗に影響した責任を取り辞表を提出、首相もこれを受理した。

事務所費など不自然な支出を指摘され続けながら、領収書の公表を拒み続けた赤城氏だが、参院選での自民惨敗の要因となり与党からも辞任論が出ており、首相も事実上の更迭を判断した。安倍政権下での閣僚交代は、自殺した松岡利勝前農相も含め、4人目。《毎日新聞》

2008 平成20年8月1日(金)

【朝日新聞】「死に神」コラムで謝罪

朝日新聞が夕刊1面コラム「素粒子」で法相として計13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫氏を「死に神」と表記した問題で、朝日新聞社は1日、質問を受けていた「全国犯罪被害者の会」(あすの会)に、「適切さを欠いた表現だった」などと文書で回答した。あすの会は「謝罪と受け止めている」としており、コラム掲載から1カ月余りを経て、問題は終結することになった。《産経新聞》

【福田康夫首相】改造内閣閣僚名簿発表(発足は2日)

福田康夫首相は1日、内閣を改造し、財務相に伊吹文明・前自民党幹事長、経済財政担当相に与謝野馨・前官房長官を起用し、重厚な布陣で経済活性化を重視していくスタンスを示した。

福田首相は会見で「この内閣の使命は政策を実現し実行することだ」と述べ、政策の着実な実行で支持率の回復を図る意向を表明した。同時に直ちに解散を考えるべきでないとし、早期解散の意向がないことをあらためて強調した。《ロイター》

2009 平成21年8月1日(土)

【民主党・岡田克也幹事長】自民公約を批判


https://www.dpfp.or.jp/

民主党の岡田克也幹事長は1日、自民党の衆院選マニフェスト(政権公約)に記載された消費税率引き上げを含む税制改革に関し「いつやるのかはっきりせず、非常に危ない。今は黙っていて、選挙後には『もう景気が良くなった』と上げてしまうことが考えられる」と述べ、今後の論戦で増税時期について追求していく考えを示した。

愛媛県松山市で記者団の質問に答えた。

同時に「4年前の公約も果たされず、実現度には相当疑問がある。国会議員定数削減も10年先で、期限が長く、マニフェストとは言えない」と批判した。《共同通信》

【麻生太郎首相】衆院選遊説スタート

麻生太郎首相は1日、新潟県を訪問し、今月30日投開票の衆院選に向けた地方遊説をスタートさせた。衆院解散後、首相は業界団体を回る組織固めを優先してきたが、自民党のマニフェスト(政権公約)がまとまったことを受けて街頭に立ち、「日本を守る。国民を守る。それが自民党だ」と有権者に直接訴えた。

一方、民主党の鳩山由紀夫代表は岐阜県など3府県を行脚し、政権奪取への決意を強調。政権の座を懸けた両党首の舌戦が本格化した。《時事通信》

2010 平成22年8月1日(日)

【前原誠司沖縄北方担当相】沖縄県・仲井真知事と会談

前原誠司沖縄北方担当相は1日、沖縄県の仲井真弘多知事と那覇市内で会談した。知事は8月中に設置される方向の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する国と地元自治体との協議会について、前向きに応じる姿勢を示した。

鳩山由紀夫前首相が「最低でも県外」としながら、日米合意では同県名護市辺野古崎への移設となったことに対し、仲井真氏は「180度考え方が変わった」と不快感を表明。「何ら具体的な説明を受けていない。それをしっかりと説明してもらいたい」と述べ、協議会でも県内移設を前提とした議論ではなく、これまでに経緯説明を求める考えを示した。《共同通信》

2011 平成23年8月1日(月)

【静岡県】震度5弱

1日午後11時58分ごろ、静岡県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は駿河湾で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。東北や関東甲信越、近畿、山陰にかけての広範囲で揺れを観測した。《共同通信》

【菅直人首相】汚染牛の東電賠償「国も責任持つ」

菅首相は1日の参院東日本復興特別委員会で、牛肉から国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたことに対する東京電力の損害賠償について「政府として『こういうスキーム(枠組み)でやっていこう』と提起しているわけだから、国としても責任を持たなければいけない」と述べ、東電に賠償責任を果たさせることに国として責任を持つ考えを強調した。

参考人として出席した東電の西沢俊夫社長も「請求されたものにはきちっと対応させてもらう」と語った。《読売新聞》

2012 平成24年8月1日(水)

【ロンドン五輪・体操男子個人総合】内村航平選手、金メダル獲得

ロンドン五輪の体操男子個人総合決勝は1日行われ、内村航平選手(23)(コナミ)は合計92.690点をマークし、初の金メダルを獲得した。《読売新聞》

【津島恵子さん】死去

代表作の映画「ひめゆりの塔」などで知られる女優の津島恵子さんが1日午前10時20分、胃がんのため東京都中央区の病院で死去した。86歳。長崎県出身。

1947年、吉村公三郎監督の「安城家の舞踏会」でデビュー。小津安二郎監督の「お茶漬の味」(52年)などで注目を集め、今井正監督の「ひめゆりの塔」(53年)で演じた、ひめゆり部隊を率いる教師役は高く評価された。黒沢明監督「七人の侍」(54年)にも出演した。《共同通信》

2013 平成25年8月1日(木)

【ロシア】スノーデン容疑者の亡命認める

米国家安全保障局(NSA)のネット監視活動などを暴露して米当局に訴追されたエドワード・スノーデン容疑者が1日、ロシアに一時的な亡命を認められ、6月以来滞在していた空港から首都モスクワ市内に移動した。弁護士が明らかにした。弁護士によると、スノーデン容疑者は1年間の亡命を認められ、インターネットで知り合った米国人と共にモスクワに滞在しているという。《CNN》

【麻生太郎副総理】ナチス発言を撤回

麻生太郎副総理兼財務相は1日、憲法改正に絡み戦前ドイツのナチス政権を引き合いにした自身の発言を「誤解を招く結果となった」として撤回した。野党や米国のユダヤ系団体が厳しく発言を批判。菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、7月31日に麻生氏に「誤解を受けている」と伝えたことを明らかにした。米国の批判を懸念し、発言撤回により早期に火消しを図ったとみられる。《共同通信》

2014 平成26年8月1日(金)

【次世代の党】結党

8月1日のできごと(何の日)

7月31日に解散した旧日本維新の会に所属していた石原慎太郎氏を支持するグループは1日午前、新党「次世代の党」を発足させた。党首に就任した平沼赳夫氏は昼の両院議員総会で役員人事を提示。石原氏は最高顧問に就任した。

次世代の党の所属国会議員は衆院19人、参院3人の計22人。維新共同代表だった橋下徹大阪市長が「自主憲法制定」を認めない結いの党との合流を急いだことに反発した保守色の強い議員が集まった。《日経新聞》

【安倍晋三首相】ブラジル・ルセフ大統領と会談

中南米歴訪中の安倍晋三首相は1日午前(日本時間同日深夜)、最後の訪問国ブラジルの首都ブラジリアでルセフ大統領と会談した。両国は共に国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指しており、安保理改革の早期実現へ連携を強化する方針を確認。首脳・外相会談の定期開催も決めた。《共同通信》

2015 平成27年8月1日(土)

【宮内庁】玉音放送の原版と音声を公開

今月15日で太平洋戦争の終結から70年を迎えるのを前に、宮内庁は1日付で、1945年に昭和天皇がラジオで終戦の詔書を読み上げた「玉音放送」について、原盤レコードの音声を初めて公開した。これまでテレビ番組などで放送された音声はいずれも複製。原盤はテンポが速く、録音時間が10秒ほど短い4分30秒だった。

宮内庁は、公開の理由を「終戦関連の双璧とも言える象徴的な資料を戦後70年の機会に広く国民に知ってもらうことは非常に意義があると考えた」と説明。宮内庁幹部は「天皇陛下も了解し、同じ気持ち」としており、戦争の記憶の風化を防ぐ取り組みになると期待している。《共同通信》

2016 平成28年8月1日(月)

【皇太子殿下】一家で「水を考えるつどい」に出席

皇太子ご夫妻と長女愛子さまは1日、東京都千代田区の科学技術館を訪れ、水の日を記念した「水を考えるつどい」に出席した。宮内庁によると、愛子さまが公的な式典に出席するのは初めてという。

皇太子さまは長く水の研究を続けている。愛子さまも水問題に関心があり、様々な経験をさせたいとの皇太子ご夫妻の意向もあってご一家での出席となった。この日の式典のあいさつで、皇太子さまは「今後とも、水資源対策が一層充実されることが望まれます」と述べ、愛子さまは客席から見守った。《朝日新聞》

【第191臨時国会】開会式

第191臨時国会の開会式が1日午後、参院本会議場に天皇陛下を迎えて行われた。大島理森衆院議長、伊達忠一参院議長、安倍晋三首相と閣僚のほか衆参両院の各議員が出席した。共産党議員も、1月の通常国会に続いて加わった。

大島氏は式辞で「当面する内外の諸情勢に適切に対処し、必要な施策の推進に万全を期さなければならない」と強調。「われわれに課せられた重大な使命に鑑み、おのおの最善を尽くして任務を遂行する」と続けた。《共同通信》

2017 平成29年8月1日(火)

【民進党】藤末健三氏を除籍処分

民進党は1日午後の常任幹事会で、藤末健三政調会長代理の離党届を受理せず、除籍処分とすることを決めた。参院比例代表で当選したことを踏まえ、議員辞職勧告も行う。藤末氏は憲法改正に関する考え方の相違などを理由に離党届を提出していた。《産経新聞》

【広島朝鮮学園】無償化除外で元生徒らが控訴

朝鮮学校が高校授業料無償化の対象から除外され、平等に教育を受ける権利を侵害されたとして、広島朝鮮高級学校(広島市)を運営する「広島朝鮮学園」と元生徒ら109人が、国の処分取り消しなどを求めた訴訟で、原告団は1日、請求を退けた1審・広島地裁の判決を不服として、広島高裁に控訴した。

同地裁判決は、朝鮮学校を無償化の対象としないとした国の判断について「裁量の範囲を逸脱したとはいえない」と認定した。

同種の訴訟は大阪、東京など5地裁・支部で起こされている。7月28日の大阪地裁判決では原告側の請求を認め、無償化の対象にするよう命じており、広島地裁と判断が分かれている。《読売新聞》

2018 平成30年8月1日(水)

【パリ・エッフェル塔】ストで閉鎖

パリで最も人気のある観光名所の一つ、エッフェル塔の従業員が1日夕、労働条件の悪化を訴えてストライキに踏み切った。営業時間途中で塔が閉鎖されて入場できなくなり、観光シーズン真っ盛りのスト断行で日本人を含む多くの訪問客に影響が出た。再開時期は不明。

フランスのメディアによると、エッフェル塔の訪問客は1日平均約2万5千人。インターネットで日時指定の入場券が事前に一定数販売される一方、その場で購入する観光客は長い列で数時間待つこともある。従業員側はエレベーターの振り分け方に問題があるとして、仕組みを改善するよう求めている。《共同通信》

2019 令和元年8月1日(木)

【河野太郎外相】韓国・康京和外相と会談

河野太郎外相は1日、訪問先のタイの首都バンコクで韓国の康京和外相と会談した。康氏は、日本が発動した半導体材料の輸出規制強化の撤回を要求。安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正の中止も求めた。

河野氏は安全保障を目的とした正当な措置だと説明したほか、元徴用工問題の解決策も重ねて要求し、応酬になった。主張は平行線で対立は深まる一方だ。 日韓外相会談は、日本が7月4日に半導体材料3品目の韓国向け輸出管理を厳格化して以降、初めて。《共同通信》

【7pay】9月末で廃止

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は1日、東京都内で記者会見を開き、不正利用の被害があったスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」のサービスを9月末で廃止すると発表した。未使用残高については、法令上の手続きを経て払い戻しを行う。7月に開始したサービスからわずか3カ月で撤退する異例の展開となった。

記者会見の冒頭、セブン&アイHDの後藤克弘副社長は「被害は100%補償させていただく。関係者の皆さまに心よりおわび申し上げる」と謝罪。被害は7月末時点で808人、計約3861万円に上ったと公表した。

2020 令和2年8月1日(土)

【台湾】市民が李登輝氏を追悼

台湾総統府に近い迎賓館「台北賓館」に1日、李登輝元総統の追悼場が設置され、真夏の日差しの下、訪れた多くの市民が台湾の民主化を推進した李氏に謝意を表し、冥福を祈った。一般公開に先立ち、蔡英文総統ら政権幹部も訪れ、花を手向けた。一般公開は16日まで。

追悼場には笑顔の李氏の大きな写真が掲げられ、周囲は花で飾られていた。訪れた人々は1人ずつ、正面に立って追悼。出口には訪問者のコメントが張られ「民主、自由、あなたの精神は永久に刻まれます」「台湾の国父、感謝します」などと記されていた。日本語の記述もあった。李氏は7月30日に97歳で死去した。《共同通信》



→8月2日 その日のできごと

8月 その月のできごと

←7月31日 その日のできごと