※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

1989 平成元年6月9日(金)

平成153日目

【鄧小平氏】健在ぶりを誇示

中国の政治情勢は民主化運動への「血の弾圧」をめぐって混迷していたが、死亡、重体説の出ていた最高実力者、鄧小平中央軍事委主席が9日午後、北京への戒厳令布告(5月20日)後初めて公の席に姿を見せて内外に健在ぶりを誇示した。

北京の中南海(党・政府所在地)で、楊尚昆国家主席(中国軍事委副主席)、李鵬首相(党政治局常務委員)ら強硬派を中心とする首脳とともに、戒厳部隊幹部と会見した鄧氏は、武力鎮圧が正しかったことを強調、党中央が鄧氏を中心とする強硬路線でまとまり、軍事力を背景に抵抗勢力を弾圧、排除し、混乱収拾が図られる見通しとなった。《共同通信》

【宇野宗佑首相】「先の大戦は侵略」

宇野首相の所信表明演説を受けての各党代表質問は最終日の9日、参院本会議で行われ、午前中、公明党の矢原秀男、共産党の内藤功の各氏が、午後からは民社党の井上計、社会党の久保田真苗の各氏が質問に立った。

内藤氏が先の大戦に対する認識をただしたのに対し、首相は「外相当時も述べている」と断ったうえで「軍国主義の侵略であった」との見解を改めて示すとともに、首相として引き続きこの見解を踏襲する方針を明確にした。《共同通信》

1990 平成2年6月9日(土)

平成518日目

【全仏テニス女子単】モニカ・セレシュ選手(16歳)が初優勝

Embed from Getty Images

テニスの全仏オープン第13日は9日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝を行い、第2シードのモニカ・セレシュ(ユーゴスラビア)が第1シードのシュテフィ・グラフ(西ドイツ)を7−6、6−4で破り初優勝、賞金29万3000ドル(約4480万円)を獲得した。《共同通信》

【海部俊樹首相】GNP比明示を拒否

海部首相は9日午前、参院福岡補選応援のため訪れた福岡市内のホテルで記者会見し、今月末の最終報告取りまとめが予定されている日米構造協議で、米国側から公共投資拡大の国民総生産(GNP)比明示など新たな対日要求が出ていることについて「(公共投資に関しては)総額明示方式で10年間の政府の心積もりを示すことで認識が一致し、中間報告がまとめられた」と述べ、この問題はことし4月の中間報告で決着済みとの認識を示し、米要求には応じられないとの姿勢を改めて明確にした。《共同通信》

1991 平成3年6月9日(日)

平成883日目

【サッカー・キリンカップ】日本代表が初優勝

サッカーのキリンカップ最終日は9日、東京・国立競技場に4万5000の観衆を集めて2試合を行い、日本代表はトットナム・ホットスパー(イングランド)を4−0で破り3戦全勝で12回目を迎えたこの大会に初優勝。優勝賞金10万ドル(約1390万円)を獲得した。

日本サッカー協会は今大会から日本のプロ選手に大会の格と成績に応じた勝利ボーナスの支給を決めており、この優勝で3試合すべてに出場した選手には一人50万円が贈られる。

日本は前半2分、福田(三菱自動車)の右からの折り返しを日本リーグ得点王の北沢(本田技研)が頭で合わせて先制。8分、40分に三浦知(読売クラブ)が加点するなどイングランドの強豪を終始圧倒した。《共同通信》

【海部俊樹首相】雲仙岳火砕流被災地を視察

海部首相は9日午後、雲仙岳火砕流惨事の視察と見舞いのため訪れた長崎県島原市内で記者会見した。首相はまず「犠牲者のめい福を心からお祈りする。政府はこの災害を重大に受け止めている」と強調。

政府の対応として「まず現行制度の中で対応できることを思い切ってやる。その上で最悪のときを想定し一層の対応をしなければならない」と述べ、場合によっては雲仙岳火砕流惨事のために特別立法や災害救助法の弾力的運用も検討することを示唆した。《共同通信》

1992 平成4年6月9日(火)

平成1249日目

【PKO法案】参院通過

今国会最大の焦点である国連平和維持活動(PKO)協力法案は9日未明、参院本会議で記名投票の結果自民、公明、民社3党の賛成多数で可決、参院を通過し、衆院に送付された。引き続き国際緊急援助隊派遣法改正案も自公民3党と連合参議院の賛成多数で起立採決によって可決、衆院に送付された。

PKO法案の採決の日取りをめぐり与野党が参院国際平和協力委(下条委員長)、本会議を舞台に4日連続の徹夜の攻防を続けてきたが、8日、長田議長が前日に続き改めて正常な採決を各党に要望し、牛歩戦術を中止したためだ。社会党の一部と共産党が若干の牛歩で臨んだ。

この結果、昨年9月の第121国会に提出されたPKO法案は3国会にまたがり修正、再修正の曲折をたどった上、参院での長時間の審議(2国会)を経て9ヶ月ぶりに可決、衆院に送付された。《共同通信》

【渡辺美智雄外相】胆石を摘出

堪能胆管結石で東京女子医大に入院中の渡辺外相は9日午前、胆石の摘出手術を受けた。経過は順調で、執刀した同大の羽生富士夫教授は普通生活に戻るまで「全治1ヶ月」としているという。《共同通信》

1993 平成5年6月9日(水)

平成1614日目

【皇太子徳仁親王殿下】結婚の儀

Embed from Getty Images

皇太子徳仁親王殿下(33)と外務事務次官小和田恒(60)、優美子(55)夫妻の長女雅子さま(29)の「結婚の儀」が9日午前、皇居・宮中三殿の賢所で行われた。

皇太子さまは黄丹袍の束帯、雅子さまはおすべらかしに十二単の平安絵巻をしのばせる古装束で、神前に結婚の誓いをされた。お二人は午後、天皇、皇后両陛下に結婚の報告をする「朝見の儀」に臨まれた後、宮殿から東宮仮御所まで雨上がりの都心をパレード。沿道の約19万1500人(警視庁調べ)から祝福を受けた。《共同通信》

【宮澤喜一首相】皇太子さまご結婚で祝意

宮澤首相は9日午前、皇太子さまと雅子さまの結婚の儀に参列後、東京都渋谷区の私邸で報道各社のインタビューを受け「先ほど皇太子殿下と小和田雅子さまのご婚儀が宮中賢所で古式ゆかしく執り行われました。心から両殿下の末永いご多幸と皇室のご繁栄をお祈り申し上げたい。この度のご盛儀は国民がひとしくお待ち申し上げておりましたので、皆様と心からお喜びを申し上げます」と述べ、祝意を表した。《共同通信》

1994 平成6年6月9日(木)

平成1979日目

【羽田孜首相】税制改革「年内成立は内閣の公約」

参院予算委員会は9日、1994年度予算案に対する総括質疑に入った。羽田首相は、年末までに成立を目指す税制改革関連法案について「公約でないとはいかないだろう。公約だ」と強調、羽田内閣の公約であることを明言した。

これを受け、自民党の片山虎之助氏が「不成立なら政治的責任を取るが」と迫ったのに対し首相は「やらなければ歴史的に大変なことになる。真剣に取り組む」と述べ、責任問題に直接触れることを避けたものの、重大な事態になるとの認識を示した。《共同通信》

【羽田孜首相】元「慰安婦」と面会

羽田首相は9日昼、国会内の廊下で、戦時中、旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国の金学順さん(72)やフィリピン女性11人と会った。

首相は一人ひとりの手を握りながら「ご苦労を掛けましたね。皆さんの苦労を無駄にしないようにしたい。お元気で、お体を大切にしてください」と声を掛け、従軍慰安婦問題解決へ前向きの努力を表明した。

日本の首相が元従軍慰安婦と会ったのは初めて。これまで日本の首相との面会を求める声が強く、今回は社会党の伊東秀子衆院議員らの働き掛けで、国会の廊下で非公式に会う形で実現した。《共同通信》

1995 平成7年6月9日(金)

平成2344日目

【北の国から’95秘密】放送

【台湾・李登輝総統】「江主席と会談を」

訪米中の台湾の李登輝総統は9日午後、米ニューヨーク州イサカの母校コーネル大学で講演、公開の席で初めて江沢民・中国国家主席(党総書記)との会談を呼び掛けるとともに、訪米を機にした米台関係の拡大、国際的な外交活動強化の方針を表明した。

同窓生約4000人を前に李総統は英語で「世界各国は一致した民主主義と人権の基準を持つべきだ。台湾は中国大陸の経済自由化と民主化を援助できる」とし、さらに「国際的な活動の場で自然な形での江沢民先生と私との会見を」と呼び掛けた。《共同通信》

【衆院】戦後50周年決議を採択

国会は9日夜、与党3党が衆院本会議を強行開会、戦後50年に当たっての「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」を、新進党、民主の会などが欠席する中で、与党の賛成多数で採決した。国会が太平洋戦争に関する歴史認識を決議で表明するのは初めて。全会一致が慣例の決議が、大会派欠席の中で強行されたのも極めて異例だ。《共同通信》

【村山富市首相】戦後50年決議採択「感慨深い」

村山首相は9日夜、衆院本会議で戦後50年決議が採択されたことについて、これまで韓国、中国訪問でおわびと反省の気持ちを伝えてきたことを指摘した上で「国会で決議が採択されたことは本当に感慨深い。決議を踏まえ、これからの国政の方向をきちんと見定めていきたい」と述べた。《共同通信》

1996 平成8年6月9日(日)

平成2710日目

【ドジャース・野茂英雄投手】今季7勝目、メジャー通算20勝

米大リーグ、ドジャースの野茂英雄投手は9日、ロサンゼルスのドジャースタジアムでのレッズ戦に先発し、久しぶりの好投で7勝目を挙げた。ここ3試合に勝ち星がなかった野茂は、六回、グリーンに逆転本塁打を浴びたが、失点はそれだけで八回まで5安打、2四球。代打に代わった八回裏、味方打線が爆発し、5月17日のフィリーズ戦以来の勝利を手にした。《共同通信》

野茂に笑顔が戻った。レッズを八回まで5安打の2点に抑え、4試合ぶりの7勝目。大リーグ通算20勝に「勝ててよかった。八回に逆転してくれてうれしかった」と素直に喜びを表現した。記者会見でも、ピアザがわざと隣室で得意のドラムをたたいてインタビューを遅らせるなど、野茂の勝利にクラブハウス全体がなごやかなムードにつつまれた。《共同通信》

【全仏テニス】エフゲニー・カフェルニコフ選手、初優勝

テニスの全仏オープン最終日は9日、パリのローランギャロスで男子シングルス決勝を行い、第6シードのエフゲニー・カフェルニコフ選手(ロシア)が第15シードのミヒャエル・シュティヒ(ドイツ)を7−6,7−5、7−6で下して初優勝。賞金345万2000フラン(約7200万円)を獲得した。《共同通信》

1997 平成9年6月9日(月)

平成3075日目

【Jリーグ・京都】武田修宏選手の獲得を発表

Jリーグの京都パープルサンガは9日、元日本代表FWでヴェルディ川崎の武田修宏(30)を期限付き移籍で獲得したと発表した。契約期間は7月1日から来年1月末までの7ヵ月間だが、第1ステージの新加入登録は締め切られており、リーグ戦出場は第2ステージ(7月30日開幕)からとなる。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】指針見直し「国民の議論妨げない」

橋本首相は9日午前、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の見直しに関連して、新進党や民主党が最終報告を国会の承認案件とするよう求めていることについて、「国会で議論していただくことに何ら規制をかけることはない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。《読売新聞》

1998 平成10年6月9日(火)

平成3440日目

【北朝鮮】日本人妻の里帰りを取りやめ

9日の朝鮮中央放送によると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)赤十字中央委員会のスポークスマンは7日、日本人妻の里帰り問題について「日本側が第三次の在朝日本人女性(日本人妻)らによる日本訪問事業に人為的な困難を生じさせている」との談話を発表。「(里帰りの対象となっていた)日本人妻らが、自らの日本訪問の申請を取り消した」と述べ、日本人妻の里帰りを今回、取りやめることを表明した。

これに対し日本政府は、5日の日本人拉致疑惑の否定に続く日本人妻里帰り取り消し発表を重視、今後、北朝鮮の姿勢に変化がなければ、国交正常化交渉の再開や追加のコメ支援要求に応じないとの方針を固めた。《共同通信》

【省庁改革法】成立

国の行政機関を1府12省庁(国家公安委員会を含む)に再編する中央省庁改革基本法は9日午後、参院本会議で自民、社民、さきがけ3党などの賛成多数で可決、成立した。

政府は橋本龍太郎首相を本部長に全閣僚で構成する中央省庁改革推進本部を今月下旬に設置、改革に向けて具体的作業に着手するが、各省庁が権限保持を目指して激しい攻防を展開するのは必至とみられる。《共同通信》

1999 平成11年6月9日(水)

平成3805日目

【ユーゴスラビア・コソボ自治州】ユーゴ軍、撤退へ

ユーゴスラビア・コソボ自治州からの軍撤退をめぐり、マケドニア北部クマノボで北大西洋条約機構(NATO)と交渉していたユーゴ軍代表のマリャノビッチ陸軍参謀次長は9日夜、コソボからの完全撤退を取り決めた合意文書に調印した。

NATOは10日、航空機による低空飛行でユーゴ軍の撤退開始を確認した。ユーゴのブヨビッチ外務次官も記者会見で、コソボのユーゴ軍が撤退を開始したと述べた。NATOのソラナ事務総長は同日これを受け、対ユーゴ空爆の停止を発表した。《共同通信》

【小渕恵三首相】公明党に閣内協力を要請へ

小渕恵三首相は9日夕、首相官邸で記者団に対し、連立政権樹立に向けた公明党との政策協議について「政府を預かっている与党としては常に協力しなければいけない。各党とも雇用問題を含め話し合い、できる政党会派とは積極的に話し合っていきたい」と述べ、雇用対策などを中心に早期に協議を開始したいとの考えを表明した。《共同通信》

2000 平成12年6月9日(金)

平成4171日目

【自民党・鳩山邦夫氏】「兄はカメレオン」

自民党の鳩山邦夫元文相は9日夜、横浜市内で開かれた公明党主催の講演会で、民主党の鳩山由紀夫代表について「兄はカメレオンのように自分の色が変えられる。右の人といると右になり、共産党と一緒にいると赤くなる。民主党をつくった一人として大きな責任を感じている」と批判した。《共同通信》

【森喜朗首相】ASEAN首脳と会談


https://www.kantei.go.jp/

6月9日、森首相は官邸で「故小渕恵三」内閣・自民党党合同葬儀に参列するために来日した東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の首脳と会談した。「九州・沖縄サミットとアジアの声」をテーマとした今回の会合で、森首相はサミットで情報技術(IT)分野での途上国支援策を打ち出す方針を表明するとともに、ベトナム、カンボジアなどASEAN新規加盟国と中央事務局への支援を具体化するための基金を創設する考えを伝えた。《首相官邸》

2001 平成13年6月9日(土)

平成4536日目

【巨人・清原和博内野手】3打席連続本塁打

阪神10−15巨人◇9日◇東京ドーム

巨人の清原が3打席連続本塁打に9打点と大爆発した。3点を追う三回一死一、二塁でまずは右で同点本塁打。この回はさらに元木の2点本塁打で勝ち越した。清原は四回に再び3ランをバックスクリーン右に放ち、五回にはバットをへし折りながら左へ2点本塁打した。六回途中から救援の条辺に4勝目がついた。

阪神もクルーズの3本塁打などで本塁打などで抵抗したが、借金は今季最多の13。《共同通信》

【全仏テニス女子】ジェニファー・カプリアティ選手、初優勝

テニスの全仏オープン第13日は9日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝を行い、1月の全豪オープンの覇者で第4シードのジェニファー・カプリアティ(米国)が第12シードのキム・クライシュテルス(ベルギー)に1−6、6−4、12−10で逆転勝ちし、賞金431万2000フラン(約6800万円)を獲得した。

【小泉純一郎首相】刑法改正を検討

小泉純一郎首相は9日、NHK番組の収録で、大阪の校内児童殺傷事件に関連し、精神障害者の刑事責任を問わない刑法などの改正の検討に政府、与党で着手する方針を表明した。

首相は同日、自民党の山崎拓幹事長に対しても、週明けから検討に入るよう電話で指示。自民党は11日の事件対策本部会議で協議を始めることになった。《共同通信》

2002 平成14年6月9日(日)

平成4901日目

【 FIFA W杯・日韓大会】日本、W杯初勝利

サッカーの第17回ワールドカップ(W杯)第10日の9日、日本は横浜国際総合競技場でロシアと対戦し、1−0で勝ちW杯初勝利を挙げた。1次リーグH組の日本は第2戦を終えて1勝1分けで勝ち点を4とし、目標の決勝トーナメント進出に大きく前進した。《共同通信》

【モスクワ】フーリガン暴れ1人死亡

サッカーのワールドカップ(W杯)の日本ーロシア戦があった9日、モスクワ中心部で街頭観戦していたサポーター約5000人の一部がロシアの敗戦にいらだち、仲間同士や警官隊と衝突してフーリガン(暴力的なファン)化し、車に放火したり、日本料理店を襲うなど混乱が起きた。

この騒ぎで50人以上が負傷したほか、インタファクス通信は男性1人がナイフで刺され死亡したと報道したが、詳しい状況は不明。ロシア通信は街頭観戦用の大型スクリーンがあるマネージ広場とは別の場所の車の中で死体が発見されたと伝えるなど情報が混乱している。《共同通信》

2003 平成15年6月9日(月)

平成5266日目

【英政府】ユーロ導入を見送り

英国のブレア政権は9日、欧州単一通貨ユーロ導入の是非を問う国民投票を実施するかどうかの政府決定を発表。同日朝に公表された報告書の一部は導入先送りを強く示唆しており、国民投票が当面見送られるのは確実な情勢だ。2005年に予想される次期総選挙前の国民投票は困難とみられ、英国のユーロ圏参加は大幅に遅れる見通しとなった。《共同通信》

【米・アーミテージ国務副長官】日韓声明を評価

川口順子外相は9日午後、米国のアーミテージ国務副長官と国会内で会談した。アーミテージ氏は小泉純一郎首相と盧武鉉韓国大統領の7日の首脳会談について「米韓、日韓首脳会談で合意された原則を再確認できたのは非常によかった」と日韓共同声明などを評価した。《共同通信》

2004 平成16年6月9日(水)

平成5632日目

【サッカーW杯アジア1次予選】日本7−0インド

サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会出場を目指す日本は9日、埼玉スタジアムで、アジア1次予選3組の3試合目としてインドと対戦し、7−0で大勝した。日本は久保(横浜M)中村(レッジーナ)らがゴールを決め、前半を3−0でリード。後半も中沢(横浜M)の2得点など4点を加えた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】ロシア・プーチン大統領と会談

6月9日のできごと(何の日)【小泉純一郎首相】ロシア・プーチン大統領と会談
https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は9日夕、シーアイランドでロシアのプーチン大統領と会談した。両首脳は2005年が日露通好条約締結150周年の節目にあたることを踏まえ、北方四島の帰属問題解決による平和条約締結交渉を加速させることを確認、来年初めの大統領の訪日で合意した。《共同通信》

2005 平成17年6月9日(木)

平成5997日目

【サッカー日本代表・ジーコ監督】「W杯は参加するだけでは意味はない」

サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア最終予選で3大会連続3度目のW杯出場を決め、9日に帰国した日本代表のジーコ監督は同日「W杯は参加するだけでは意味がない。世界と対等に戦えることを確信し、前に進む」と早くも来年6月9日に開幕する本大会を見据えた。

ドイツ大会では前回のベスト16入りを超える成績が日本の目標となる。真剣な表情のジーコ監督は「W杯までの1年で個人能力を伸ばし、それを結集してチーム力アップにつなげたい」と課題を挙げた。《共同通信》

【郵政民営化法案】政府・与党、会期内成立を見送り

政府、与党は9日、郵政民営化関連法案について、19日までの今国会会期内の衆院特別委員会採決を見送る方針を固めた。自民党首脳は「難しい。焦る必要はない」と述べた。東京都議選を控える中、自民党内の根強い反対論などを踏まえ、慎重に対応すべきだと判断した。

小泉純一郎首相は9日、自民党の武部勤幹事長ら執行部と会談し、延長幅の調整を指示したが、修正については「念頭にない」と重ねて慎重な姿勢を示した。《共同通信》

2006 平成18年6月9日(金)

平成6362日目

【 FIFA W杯ドイツ大会】開幕

Embed from Getty Images

サッカーワールドカップ(W杯)ドイツ大会は9日開幕。グループリーグA組の地元ドイツが、クローゼの2得点など4―2でコスタリカを下し、開幕戦を勝利で飾った。《読売新聞》

【麻生太郎外相】総裁選出馬の意向を表明

麻生太郎外相は9日午後、都内で講演し、9月の自民党総裁選について「(立候補するために必要な推薦人が)20人集まることは間違いない。20人あれば必ず出させていただく」と述べ、出馬する意向を表明した。《共同通信》

2007 平成19年6月9日(土)

平成6727日目

【全仏テニス女子単】ジュスティーヌ・エナン選手、3年連続4度目の優勝

テニスの全仏オープン第14日はパリのローランギャロスで女子シングルス決勝を行い、第1シードのジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が第7シードのアナ・イワノビッチ(セルビア)に6−1、6−2で圧勝し、3年連続4度目の優勝を果たした。《共同通信》

【自民党・中川秀直幹事長】年金照合「1年で必ず」

自民党の中川秀直幹事長は9日、福井市で講演し、宙に浮いた年金記録5000万件の照合作業について「1年以内に必ずできる。不退転の決意で不安解消に取り組む」と強調。「社保庁改革関連法案を今国会で成立させ、社保庁解体で生まれる財源を、年金の完全支払いに回す」との考えをあらためて示した。《福井新聞》

【安倍晋三首相】サミットから帰国

主要国(G8)首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)に出席した安倍晋三首相は9日午後5時50分すぎ、羽田着の政府専用機で帰国した。《共同通信》

2008 平成20年6月9日(月)

平成7093日目

【iPhone 3G】発表

Embed from Getty Images

米アップルは9日、通信速度を大幅に向上させる一方で大幅に値下げした全面改良の携帯電話「iPhone 3G」を、日本を含む22カ国で7月11日発売すると発表した。年内に70カ国で展開する予定。

米カリフォルニア州サンフランシスコでの発表会には、日本で取り扱うソフトバンクモバイルの孫正義社長も出席し「インターネット、音楽、ゲームなど新しい携帯電話の市場構築が期待できる」と述べた。《共同通信》

【福田康夫首相】サミット後の解散・総選挙を否定

福田康夫首相は9日夕、都内の日本記者クラブで記者会見し、7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)後に衆院解散・総選挙に踏み切る可能性に関し「こなすべき(政策)案件をこなさなければならない。そっちを優先したい」と否定した。

年末に向け、道路特定財源の一般財源化に伴う新たな使徒の議論や社会保障制度改革、税制抜本改革など数多くの重要課題を抱えることを踏まえて、解散を来年に先送りしたい意向を示した発言とみられる。《共同通信》

2009 平成21年6月9日(火)

平成7458日目

【民主党】新ポスター発表

6月9日のできごと(何の日)【民主党】新ポスター発表

民主党は9日、鳩山由紀夫代表の就任を受けた新ポスターを発表した。「政権交代」と大書し、普段は柔和な鳩山氏の厳しい表情を大写しにした。鳩山氏は記者会見で「政権交代により国民の目線に立った政治を始めるという、強い意思を示した」と述べた。《共同通信》

【麻生太郎首相】「世襲悪くない」

麻生太郎首相は9日夜、7月の都議選てこ入れのため、東京都品川区の自民党の立候補予定者の事務所を訪れた際、候補予定者の子どもに「おまえも後を継ぐのか。世襲頑張れ。親の後を継いで悪いことは何もない」と声をかけた。

自民党は同一選挙区から親族が連続して立候補することを規制する出馬制限の導入を検討中だが、首相はこれまで一律的な制限に慎重な考えを示しており、持論を展開した格好。《共同通信》

2010 平成22年6月9日(水)

平成7823日目

【日産・ジューク】発売

2010 平成22年6月9日【日産・ジューク】発売
https://www.goo-net.com/

【民主党・小沢一郎前幹事長】「私は一兵卒として微力を尽くしたい」

民主党の小沢一郎前幹事長は9日、国会内で枝野幸男幹事長と会談した。会談後、小沢氏は記者団に「私自身は一兵卒として、当面、参院選の勝利に向けて、少しでもお役に立てば微力を尽くしたい」と語り、新執行部に協力する姿勢を示した。小沢氏が記者団の質問に答えたのは、2日の辞意表明以来。

枝野氏は小沢氏批判の急先鋒で、幹事長への抜擢(ばってき)は「脱小沢」の目玉人事だ。会談はわずか2分間で終了。小沢氏は参院選の候補者を擁立できていない沖縄選挙区について説明し、最後に小沢氏が右手を差し出し、握手して別れたという。《朝日新聞》

【菅内閣】副大臣決定

菅内閣は発足から一夜明けた9日、本格始動した。官邸の閣議で副大臣と政務官を決定。政務三役を中心に「経済・財政・社会保障の一体的立て直し」など内閣の基本方針に沿って政権の重要課題に取り組む。

菅直人首相は夜、官邸で記者団に「一体となって全員参加する態勢が整った。大変心強い。緊張感を持って明日からも頑張りたい」と強調した。《共同通信》

2011 平成23年6月9日(木)

平成8188日目

【焼肉酒家えびす】営業再開を断念

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、運営会社フーズ・フォーラス(金沢市)の勘坂康弘社長が取締役以外の全従業員約60人を解雇し、営業再開を断念する方針を固めたことが9日、同社関係者への取材で分かった。

関係者によると、勘坂社長は8日午後6時ごろ、従業員を金沢市内に集め「これまで自主再建しようと頑張ってきたが、営業再開を断念せざるを得ない」と話し、解雇を通告。同社の保有資産を売却し被害者の賠償に充てると説明したという。《共同通信》

【菅直人首相】辞任時期「一定のめどがつくまで」

6月9日のできごと(何の日)【菅直人首相】辞任時期「一定のめどがつくまで」
https://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は9日の衆院復興特別委員会で、自らの辞任時期について「(8月中旬までの完成を目指している)仮設住宅に入った人が生活ができるようにすること、がれきの処理、原発の収束に一定のめどがつくまでは責任を持って仕事をさせていただきたい」と述べた。

また、「がれき処理も8月中に生活地域からの搬出を目標に頑張っているが、その後の2次処理、3次処理につなげていくことも含めて私の大きな責任だ」強調した。首相は7日の閣僚懇談会で辞任時期を「常識的に判断したい」と語ったが、いつにするかは明確にしていない。《朝日新聞》

2012 平成24年6月9日(土)

平成8554日目

【海上自衛隊】インド海軍と初の2国間訓練

海上自衛隊とインド海軍は9日、2国間としては初めての共同訓練を相模湾で行った。共同訓練には、海自第1護衛隊群(群司令・糟井裕之海将補)の護衛艦「おおなみ」「はたかぜ」の2隻、インド海軍東部方面艦隊(司令官・アジット・クマール少将)の駆逐艦「ラナ」、補給艦「シャクティ」、フリゲート艦「シヴァリク」、コルベット艦「カルムク」の4隻、計6隻が参加した。《産経新聞》

【国会事故調査委員会】「政府、安全顧みず」「介入で現場混乱」

東京電力福島第一原発事故を検証する「国会事故調査委員会」(黒川清委員長)は9日、政府の初動対応を「責任回避に主眼がおかれ、住民の健康と安全は顧みられなかった」と認定した。当時の菅直人首相らの介入も、混乱の原因だと批判。菅氏ら官邸側に厳しい内容となっている。

今月末までにまとめる最終報告書に向け、同日開かれた国会事故調で、野村修也委員が事故調の見解として発表した。《朝日新聞》

2013 平成25年6月9日(日)

平成8919日目

【大阪市・橋下徹市長】慰安婦発言「正しい」

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は9日のNHK番組で、旧日本軍の従軍慰安婦に関する自身の発言について「僕は正しいと思っている。今は批判を受けているが、時間がたつにつれて理解されると思う」との認識を重ねて示した。

同時に「日本政府が慰安婦の事実を明確にしないと日韓関係は改善しないという思いで、ああいう発言をした」と強調。「(発言によって)党勢が拡大するのか、縮小するのか、国民の判断ということで割り切らないとしょうがない」とも述べた。《産経新聞》

【安倍晋三首相】日本薬剤師会創立120周年記念式典に出席

6月9日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は9日、都内のホテルで開かれた日本薬剤師会創立120周年記念式典に出席し、「安倍内閣の成長戦略で健康医療分野は、その柱となるテーマだ」として協力を呼び掛けた。ただ、5日に発表した成長戦略第3弾の「目玉」だった一般用医薬品のインターネット販売解禁には触れなかった。反発が出るのを懸念したとみられる。《時事通信》

2014 平成26年6月9日(月)

平成9284日目

【サッカー・小野伸二選手】J2札幌入団会見

サッカーJリーグ2部(J2)コンサドーレ札幌に移籍した元日本代表MF小野伸二選手(34)が9日、札幌市中央区のさっぽろテレビ塔で入団記者会見し「地域を盛り上げ、チームをJ1に昇格させたい」と抱負を述べた。

会見は初めて一般公開され、28社150人の報道陣が詰め掛け、サポーターも約400人が見守るなど、関心の高さを示した。《北海道新聞》

【安倍晋三首相】河野洋平氏の批判に反論

「信念を少し丸めて、その場を取り繕っても、後々大きな禍根を残すこともある。それは政治家として不誠実ではないか」

安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、河野洋平元衆院議長が月刊誌「世界」(岩波書店)で、首相の国会答弁の姿勢などを批判したことに、強い口調で反論した。慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話が念頭にあるとみられる。

民主党の江崎孝氏が「世界」の河野氏の発言を引用し、「大先輩の指摘をどう思うか」と質問したのに対し、首相は「しっかり受け止め、拳々服膺(けんけんふくよう)する必要がある」とした上で、「このような批判も時には恐れず、自分の信念を述べていくつもりだ」と強調した。《産経新聞》

2015 平成27年6月9日(火)

平成9649日目

【村山富市氏、河野洋平氏】日韓関係をこじらせた2人が会見

村山富市元首相と河野洋平元衆院議長が9日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、集団的自衛権行使の容認を含む安全保障関連法案について「憲法9条では解釈できない」などとして、両氏とも今国会での成立を断念すべきだとの考えを示した。

安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話については、戦後50年の「村山談話」や慰安婦問題を巡る「河野談話」など歴代内閣の歴史認識を引き継ぐよう改めて求めた。《毎日新聞》

2016 平成28年6月9日(木)

平成10015日目

【歌舞伎・市川海老蔵さん】妻・小林麻央さんの乳がんを公表

歌舞伎俳優市川海老蔵さん(38)が9日、都内で緊急会見を開き、妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が乳がんを患っていることを明かした。

会見場には、ムービーカメラ約30台、スチールカメラ40台、報道陣が総勢約200人駆けつける中、紺色のスーツ姿で登壇した海老蔵さんは「本日新聞で妻の麻央が病気という記事が出まして、家族としては認識していたことですけど、公になったことでご理解ご協力必要と思い、お集まりいただきました」と話した。

さらに「単刀直入にいうと乳がんですね。1年8カ月ほど前にわかりました。人間ドックを受け、何回か診断を受けた。かなりのスピードで進行していると言われた。抗がん剤治療をしている」と語り、妻の麻央が進行性の乳がんであることを認めた。《日刊スポーツ》

2017 平成29年6月9日(金)

平成10380日目

【プロ野球・巨人】連敗13で止める

巨人は9日、札幌ドームで行われた交流戦の日本ハム1回戦に2―1で競り勝ち、球団ワースト記録となっていた連敗を13で止めた。

巨人は1―1の五回に坂本勇の適時二塁打で1点を勝ち越した。先発のマイコラスが8回を1失点と好投し、九回はマシソンが締めた。《共同通信》

【譲位特例法】成立

天皇陛下の譲位を可能とする特例法が9日の参院本会議で可決、成立した。16日に公布される。採決前に退席した自由党をのぞく全党が賛成した。譲位は江戸時代後期の第119代光格天皇(1771~1840)の譲位(1817年)以来、約200年ぶり。天皇陛下の譲位後の称号は「上皇」、皇后陛下は「上皇后(じょうこうごう)」となる。《産経新聞》

2018 平成30年6月9日(土)

平成10745日目

【東海道新幹線車内殺傷事件】

9日午後10時ごろ、神奈川県の東海道新幹線新横浜―小田原間を走行していた東京発新大阪行きのぞみ265号で、男が複数の乗客を刺し、30代男性が死亡した。26歳と27歳の女性2人も重傷を負ったが、いずれも意識はあり、命に別条はない。神奈川県警は殺人未遂容疑で自称愛知県岡崎市蓑川町の無職小島一朗容疑者(22)を現行犯逮捕した。「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。

小島容疑者は「新幹線内で殺意をもって人を刺したことは間違いない」と容疑を認めている。なたで、男性の首の付け根付近を切り付けたとの情報がある。《共同通信》

【皇太子ご夫妻】銀婚式

皇太子さま(58)と皇太子妃雅子さま(54)は9日、銀婚式を迎え、宮内記者会の質問に文書で回答された。

互いに感謝の思いを伝え合うとともに、天皇、皇后両陛下の姿を心に留め、国民の幸せを願いながら公務に取り組んでいく決意を示された。雅子さまが質問に回答するのは、2003年に療養に入られてから初めて。

皇太子さまは、家族の絆のありがたさを実感されている。夫婦円満のため、相手を思いやり、大変な時も「笑い」を忘れないことを心がけられてきたという。

雅子さまは「沢山たくさんの喜びも悲しみもありました」と25年を振り返られた。傍らでいつも優しく支えてくれた皇太子さま、見守ってくれた両陛下、国民への謝意をつづられた。《読売新聞》

2019 令和元年6月9日(日)

令和40日目

【香港】103万人デモ

Embed from Getty Images

香港で9日、容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする条例改正に反対する大規模デモが行われた。主催者は参加者が103万人にのぼったと発表した。デモは9日午後に香港中心部で始まり、深夜まで続いた。

一部のデモ参加者は、立法会(議会)の敷地内や周辺の歩道で抗議の座り込みを続けている。《読売新聞》

【堺市長選挙】維新・永藤英機氏が初当選

政治資金問題で竹山修身前市長が引責辞職したことに伴う堺市長選は9日、投開票が行われ、大阪維新の会公認の新人で元府議の永藤英機氏(42)が無所属新人の元市議、野村友昭氏(45)らを破り、初当選を果たした。4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選以降「連勝状態」の維新が「反維新」勢力との事実上の一騎打ちを制し、初めて大阪の「3トップ」を押さえた。《産経新聞》

2020 令和2年6月9日(火)

令和406日目

【横田早紀江さん、拓也さん、哲也さん】会見

北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で5日に87歳で亡くなった滋さんの妻、早紀江さん(84)ら遺族が9日、死去後初めて公の場で思いを語った。家族会代表として我慢強く奮闘したが、自宅では「普通のお父さん」の喜怒哀楽も見せた。遺族は「苦労を重ねた末、天国に召された」と受け止めながらも深い喪失感をにじませた。

「抱っこしていってね。必ず取り返すからね」。同日の滋さんの出棺。早紀江さんは、めぐみさんが写った新聞記事の切り抜きを棺の中の滋さんの胸元に置いた。新潟・佐渡で撮影した写真。めぐみさんはピンク色のジャケット姿だ。現世ではかなわなかった最愛の娘との再会をいつか、天国で果たしてほしい。そして奪還への決意も込めた。

平成9年3月の家族会結成後、初代代表として全国を飛び回った。19年11月、血液の難病や体力の衰えなどを理由に代表を退いた後も、国民の誰もが知る救出運動の象徴として、講演回数は約1400回に上った。

会見に同席した双子の息子で家族会事務局長を務める拓也さん(51)は、「父の手帳は講演日程などで埋まっていた。この月は(自宅がある)神奈川県から出ないようにするとか、そういう風に決めないと体を壊すと言っても、『行くんだ』と聞かなかった」と振り返る。

いつも穏やかに笑みをたたえている印象の滋さんだが、あるとき、怒りをあらわにしたことがあった。

北朝鮮の金正日総書記が存命だった時期、酒の進んだ拓也さんが「正日が許せない。ぼこぼこにしてやりたい」と話すと、滋さんは「そんなものでは済まされない」と、拓也さんも驚く剣幕を見せたという。「きっと私たちの何倍も何十倍も頭に来ていたと思う。でもそれを外には見せず、うまく伝えていた。とても強い父親だった」

平成30年4月に入院後、長らく闘病生活を続けてきた滋さん。早紀江さんは「いつも子供のことばかりを考えていた人で、いろいろなところを旅行した。(滋さんが撮影した)写真がたくさんあって、よい父親だったんだなと病気になってしみじみ感じた」。労をねぎらうように、入院中は滋さんの手や足首などを1日1回、必ずマッサージした。「ずっと闘いの日々だったから、私は何もしてあげられていなかった。恩返しでした」と語る。

最近は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、見舞いにも向かえなくなっていた。早紀江さんは自宅のベランダに咲いたバラの花を手紙に描き、病院の受付担当者に渡していたという。

会見終盤、改めて拉致解決への意気込みを問われた拓也さんは、「父の思いを止めてはいけない。これは横田家の問題ではなく、日本に与えられた課題であるということをみんなが意識し、一枚岩になって北朝鮮に向かっていきたい」と主張。哲也さんは、「父の活動の成果は完全には出ていない。(めぐみさんが)帰国したよと墓前に報告することが、われわれ家族、日本国民の使命だ」と訴え、継続的な支援と連携の必要性を強調した。《産経新聞》



→6月10日 その日のできごと

6月 その月のできごと

←6月8日 その日のできごと