平成3440日目

1998/06/09

【省庁改革法】成立

国の行政機関を1府12省庁(国家公安委員会を含む)に再編する中央省庁改革基本法は9日午後、参院本会議で自民、社民、さきがけ3党などの賛成多数で可決、成立した。

政府は橋本龍太郎首相を本部長に全閣僚で構成する中央省庁改革推進本部を今月下旬に設置、改革に向けて具体的作業に着手するが、各省庁が権限保持を目指して激しい攻防を展開するのは必至とみられる。《共同通信》



【北朝鮮】日本人妻の里帰りを取りやめ

9日の朝鮮中央放送によると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)赤十字中央委員会のスポークスマンは7日、日本人妻の里帰り問題について「日本側が第三次の在朝日本人女性(日本人妻)らによる日本訪問事業に人為的な困難を生じさせている」との談話を発表。「(里帰りの対象となっていた)日本人妻らが、自らの日本訪問の申請を取り消した」と述べ、日本人妻の里帰りを今回、取りやめることを表明した。

これに対し日本政府は、5日の日本人拉致疑惑の否定に続く日本人妻里帰り取り消し発表を重視、今後、北朝鮮の姿勢に変化がなければ、国交正常化交渉の再開や追加のコメ支援要求に応じないとの方針を固めた。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・橋本龍太郎首相は9日、記者団から米大リーグでメッツに移籍したばかりの野茂英雄投手が10日(日本時間)登板することを知らされ「初めて米国に渡ってバッテリーを組んだピアザ捕手と一緒になれて良かった。明日、二人はバッテリーを組むのか」と逆質問。返答に窮した記者団に「そこまで調べて来いよ。とにかく恋女房と一緒になれたのは良かったよ」とほっとした表情を見せた。恋女房だった社民、さきがけに去られた首相にとって、移籍後の野茂は気になる存在か。

○・・・自民党の村上正邦参院幹事長はこの日の役員連絡会で、野中広務幹事長代理が「世論調査を見ると、社民党が予期せざる支持率を得ている」と指摘したのに対し、「ここ毎日、報道されていたから支持率が伸びているだけだ」とばっさり。さらに「参院選挙前に社さと再び連携するなどと、夜明けのガス灯のようなことを言っていては選挙に勝てない」と一部幹部の発言をけん制した。きのうの味方は今日の敵、とばかりの村上流進軍ラッパに出席者はあぜん。《共同通信》

【メッツ・野茂英雄投手】デビュー戦飾れず

米大リーグ、メッツに移籍した野茂英雄投手は9日(日本時間10日)、ニューヨークのシェイ・スタジアムでのア・リーグとの交流試合、デビルレイズ戦に先発。5回を投げて5安打4失点で降板した。

野茂は一回、いきなり先頭のウィンに三塁打され、一死後、ボッグズの二ゴロの間に先制を許した。メッが4−1とリードした四回に3連打されて2点を失い、五回には二死一、三塁でボークを犯して追いつかれてしまい、この回限りで降板した。《共同通信》



6月9日のできごと