平成10015日目

2016/06/09

【歌舞伎・市川海老蔵さん】妻・小林麻央さんの乳がんを公表

歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、東京都内のホテルで会見し、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が乳がんを患っていることを明らかにした。海老蔵は悲壮感は表に出さず、気丈に、丁寧に質疑応答に応じた。会見の最後には「今年は休みを取ろうと思いまして、体調次第でどこかに行こうかなと思うので、皆さん、絶対に追い掛けてこないでください」と笑いを誘う場面もあった。

この日、一部スポーツ紙で麻央が進行性がんと報じられたことを受け「できる限り子供たちの生活を日常化するために」会見を開いた。

夫婦で人間ドックを受診。1年8カ月前に発覚した。麻央は入院し、抗がん剤治療。この間について、海老蔵は「長かったですが、これからも続くわけですから。非常におのおのが忍耐のいる1年8カ月。そして、非常におのおのが悲しんだ1年8カ月だったんじゃないでしょうか」と振り返った。

病気は隠し通りたかったが、公になり「1年8カ月間、公にならなかったことが本当に既に奇跡。(麻央が)元気になるまでは、われわれ家族が辛抱して支え切りたかった部分と(公になり)隠さないでいいという少しホッとする部分もある」と複雑な心境も明かした。《スポニチ》




【比叡山延暦寺】僧侶が修行僧に暴行

天台宗総本山・比叡山延暦寺(大津市)の施設「延暦寺会館」の副館長を務める男性僧侶(40)が修行僧の男性(25)の顔を殴り、耳の鼓膜が破れるけがをさせていたことが9日、分かった。延暦寺は副館長を5日から謹慎処分にしている。9日発売の「週刊文春」が報じた。延暦寺は「宗教界はもとより各方面のみなさま方、多くの信者の方々に謹んで深く深くおわび申し上げます」とするコメントを発表した。《産経新聞》

【谷亮子参院議員】生活の党からの参院選出馬を見送り

生活の党の谷亮子参院議員(40)は9日昼、7月の参院選に同党からの出馬を見送る意向を明らかにした。谷氏は国会内で記者団に、「国会質問など(国会議員として)6年間任期を務めることが出来た」と語った。他党から要請があれば出馬を検討するとしているが、現時点で打診はなく、立候補は困難とみられる。《読売新聞》

【安倍晋三首相】山形県訪問

安倍晋三首相は9日、山形県を訪問し農畜産業の現場を視察した。参院選に向け、東北の農業県を中心に根強い環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への不満を払拭(ふっしょく)する狙いがある。

同県上山市での若手農家らとの意見交換会で首相は、より公正な市場ルールの確立などのTPPの利点を強調。「これから積極的に(海外に)打って出たい」と述べ、ブランド農産品の輸出を後押しするとした。

山形市ではブランド牛を飼育する畜産農家を視察。「TPPを心配している」と訴える農家の男性に「山形牛のような高級牛は大丈夫だと思う。対策をしっかりやる」と応じた。天童市内では、サクランボ「紅秀峰」の海外輸出を進める農園で収穫を体験した。

同県ではTPPの影響で、自民党の参院選立候補予定者が県農協政治連盟の推薦を得られていないなど「農家への説明が浸透していない」との不安が広がっている。首相は山形市内で立候補予定者の応援演説を行い、規制改革などによる新規就農支援に力を入れると強調した。《毎日新聞》

6月9日/のできごと