新聞記事でたどる平成10000日+α

12月4日は何の日(339/366)

  • HOME »
  • 12月4日は何の日(339/366)

12月4日は何の日(12月4日のできごと)

12月4日は何の日 ボクシング・薬師寺保栄選手が辰吉丈一郎選手に判定勝ち

ボクシング・薬師寺選手が辰吉選手に判定勝ち(平成6年12月4日)


サッカー・中山雅史選手、引退会見(平成24年12月4日)

東北新幹線が全線開業(平成22年12月4日)

歌舞伎町ビデオ店爆破事件(平成12年12月4日)

カンボジア:ポルポト派兵士最後の500人が投降(平成10年12月4日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年12月4日(火)

平成10923日目

2017 平成29年12月4日(月)

平成10558日目

2016 平成28年12月4日(日)

平成10193日目

【JR留萌線】留萌ー増毛間、95年の歴史に幕

12月4日は何の日【JR留萌線】留萌ー増毛間、95年の歴史に幕
https://www.youtube.com/

北海道北西部の日本海沿いを走るJR留萌線の留萌―増毛間(16・7キロ)が4日、最終運行を終え、95年の歴史に幕を下ろした。

故高倉健さんの映画「駅 STATION」(1981年)の舞台で知られる終点増毛駅(増毛町)ではお別れの催しが開かれた。午後8時すぎ、町民や鉄道ファンら約300人が「蛍の光」の演奏に合わせ、ペンライトを振りながら最終列車を見送った。《朝日新聞》

【M-1グランプリ2016】「銀シャリ」が優勝

若手漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2016」の決勝が4日、東京都港区のテレビ朝日で行われ、「銀シャリ」が優勝した。大阪府八尾市出身の鰻(うなぎ)和弘さん(33)と、兵庫県伊丹市出身の橋本直さん(36)が05年に結成。3大会連続の決勝進出で、初の栄冠を手にした。

優勝後、記者会見した鰻さんは「実家が貧乏だったので、優勝の瞬間、『一生食える!』と思いました」、橋本さんは「去年の2位が悔しくて、ずっと頑張ってきた。超ハッピーです」と喜んだ。《毎日新聞》

【福岡国際マラソン】川内優輝選手が3位

陸上の世界選手権(来年8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンは4日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)が2時間9分11秒で日本勢トップの3位となり、代表候補に名乗りを上げた。一般参加の園田隼(黒崎播磨)が2時間10分40秒の4位と健闘した。

昨年の世界選手権銀メダリストのイエマネ・ツェガエ(エチオピア)が2時間8分48秒で優勝した。パトリック・マカウ(ケニア)は9秒差の2位で大会3連覇を逃した。《共同通信》

2015 平成27年12月4日(金)

平成9827日目

【プロ野球・広島】前田健太投手のメジャー挑戦を容認

広島の鈴木清明球団本部長が4日、広島市内の球団事務所で会見。ポスティングシステム(入札制度)を利用して、米大リーグ挑戦を希望している前田健太投手(27)について、球団として容認する意向を明らかにした。《デイリー》

【プロ野球・日本ハム】大谷翔平投手、高卒4年目で年俸2億円到達

日本ハム・大谷翔平投手(21)が4日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円から1億アップの2億円で更改した。高卒4年目を迎える年の2 億円は08年の日本ハム・ダルビッシュに並ぶプロ野球史上最速タイで、21歳シーズンでの到達は同じくダルビッシュと並んで史上最年少タイとなった。《デイリースポーツ》

【米連邦捜査局・FBI】カリフォルニア銃乱射事件をテロと断定

米カリフォルニア州サンバーナディーノの銃乱射事件について、米連邦捜査局(FBI)の幹部ボーディッチ氏は4日の記者会見で「テロ事件として捜査している」と述べ、公式にテロと断定した。容疑者の1人で警察に射殺されたタシュフィーン・マリク容疑者(27)が過激派組織「イスラム国」の指導者バグダディ容疑者に忠誠を誓っていたと報じられており、FBIが関連を捜査する。《共同通信》

2014 平成26年12月4日(木)

平成9462日目

【天皇皇后両陛下】広島・原爆慰霊碑にご供花

広島県を訪問中の天皇、皇后両陛下は4日午前、広島市の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に供花した。慰霊碑には被爆し、これまでに亡くなった約29万2千人の名簿が奉納されている。雨の中、両陛下は白菊の花を供え、拝礼した。松井一実市長の説明を受けながら、天皇陛下は慰霊碑にじっと見入っていた。《朝日新聞》

【まるか食品】ペヤングやきそばの自主回収を発表

「ペヤングソースやきそば」を製造しているまるか食品(群馬県伊勢崎市)は4日午後、同社が販売したカップやきそばに、虫のような異物が混入していた疑いがあることを受けて、自主回収を決めたと発表した。問題の製品と同じラインで製造した2商品が対象。

対象商品はペヤングブランドの「ハーフ&ハーフ激辛やきそば235グラム」と「同カレーやきそば238グラム」。いずれも賞味期限は2015年5月9日と記載されている。同社で自社回収するほか、購入者から着払いで品物を送ってもらえば、返金するという。同社は「このような混入は考えられない」としながらも「食品の安心、安全の観点から万全を期すため、自主回収させていただきます」と説明している。

この問題は、購入者の1人が今月2日、異物が入った商品を購入したとして、その写真などをツイッターに投稿した。これがネット上で大きな問題となり、群馬県伊勢崎保健所が3日、「製造過程で混入した可能性は否定できない」と工場に立ち入り調査したばかり。《産経新聞》

【サッカー日本代表・アギーレ監督】八百長疑惑を否定

八百長疑惑に揺れる日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)が4日、都内で日本協会の「事情聴取」に応じ、あらためて潔白を主張した。この日朝、 欧州視察を終えて再来日。その後、同協会の法務委員長を務める三好豊弁護士らから約2時間の聴取を受けた。

告訴された場合、スペインで捜査機関に証言を求められるのは来年2月ごろと想定され、その通りなら1月9日開幕のアジア杯オーストラリア大会への影響は回避される見通し。だが、予断を許さない状況は続く。《日刊スポーツ》

【プロ野球・ソフトバンク】松坂大輔投手の獲得を発表

プロ野球ソフトバンクは4日、米大リーグ・メッツからフリーエージェント(FA)となった松坂大輔投手(34)の獲得を発表した。西武に在籍した2006年以来、9年ぶりの日本球界復帰となる。

3年契約の総額12億円プラス出来高払いで、背番号は西武時代と同じ「18」。5日に福岡市内で記者会見を開く。松坂は米球界8年目の今季はメッツとマイナー契約し、4月にメジャーに昇格した。救援と先発で34試合に登板し、3勝3敗1セーブ。FAとなった後は先発機会を求めて移籍先を探していた。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】選挙は油断したら必ず負ける

衆院選の序盤情勢を探る報道各社の世論調査を受け、圧倒的優位が伝えられた自民党は各地の陣営の引き締めに乗り出した。安倍晋三首相は4日、自身のフェイスブックに「選挙は油断した方が必ず負ける。最後まで強い緊張感を持って全力で戦い抜く」と書き込んだ。

自民党は朝一番で谷垣禎一幹事長と茂木敏充選対委員長連名の緊急通達を候補者らに出し「一瞬のうちに有利な形勢が逆転した例は多くあった」と慢心しないよう呼びかけた。《毎日新聞》

2013 平成25年12月4日(水)

平成9097日目

【競泳・寺川綾選手】現役引退を表明

競泳女子背泳ぎのエースで、昨年のロンドン五輪の100メートル背泳ぎと400メートルメドレーリレーで銅メダルに輝いた寺川綾(29)=ミズノ=が4日、東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。「すごくすっきりした気持ち。本当に幸せな水泳生活を送ることができた」と話し、当面は水泳の普及活動に携わる。

引退を決めた理由には6月に悪化したという右足首のけがを挙げ「百パーセントの力で練習や大会でパフォーマンスができず、自分を許すことができなかった」と説明した。《共同通信》

【和食・日本人の伝統的な食文化】無形文化遺産登録決定

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は4日、アゼルバイジャンのバクーで政府間委員会を開き、日本政府が推薦した「和食 日本人の伝統的な食文化」 を無形文化遺産に登録することを決めた。日本からの登録は歌舞伎や能楽などに続き22件目。日本の食文化が国際的な評価を得たことで、外国人観光客の増加 や農水産物の輸出拡大につながる可能性がある。《日経新聞》

【安倍晋三首相】秘密保護法案成立に意欲

安倍晋三首相(自民党総裁)は4日、今国会初となる民主党の海江田万里代表らとの党首討論に臨んだ。首相は特定秘密保護法案の採決について「議論は丁寧に進め、どこかの段階で終局させなければならない」と述べ、今国会成立に重ねて意欲を示した。《毎日新聞》

2012 平成24年12月4日(火)

平成8732日目

【鳥取連続不審死事件】地裁、元ホステスに死刑判決

鳥取の連続不審死事件で、2件の強盗殺人罪などに問われた元スナック従業員A子被告(38)の裁判員裁判の判決で、鳥取地裁は4日、「都合の悪い存在を消し去ることで安泰を図ろうという冷酷、身勝手な動機の犯行だ。極刑で臨むほかない」として求刑通り死刑を言い渡した。A子被告の弁護側は即日控訴した。

弁護側は2件の強盗殺人を否定したが、野口卓志裁判長は、被告が事前に知人から睡眠薬を入手し「飲食物に混入するなどして被害者に服用させたと認められる」と指摘。その上で「犯行時間帯に現場に被害者と一緒におり、殺害の機会があったのは被告だけだ」と認定した。《共同通信》

【サッカー・中山雅史選手】引退会見

サッカーの元日本代表FWで、J1最多の通算157ゴールを挙げた中山雅史選手(45)=札幌=が4日、札幌市内のホテルで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。多くの報道陣を前に、深々と一礼し「私、中山雅史は今シーズンをもちまして、第一線を退くことを決めました」とはつらつと話した。

愛称は「ゴン」。日本代表としてワールドカップ(W杯)は1998年フランス、2002年日韓の2大会に出場し、98年には日本のW杯初ゴールをマーク。Jリーグの磐田で得点王に2度輝いた。10年から札幌でプレーし、ことし11月には45歳2カ月1日のJ1最年長出場を記録した。《共同通信》

【第3回WBC】代表候補34選手発表

来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で3連覇を狙う日本代表の山本監督は4日、代表候補34選手を発表し、阿部(巨人)や田中(楽天)、前田健(広島)らを選出した。

米大リーグ球団に所属する選手は選ばれず、国内でプレーする選手のみで構成された。投手では杉内や内海の巨人勢、今村(広島)らがメンバー入り。野手では稲葉(日本ハム)や井端(中日)のベテランに坂本、長野(以上巨人)、中田(日本ハム)らの若手も選出された。

来年2月15日から宮崎市で合宿を行い、WBCに出場する日本代表28選手が決まる。《共同通信》

【衆院選公示】1504人が立候補届け出

民主党政権が継続するか、自民、公明両党が政権奪還するかが最大の焦点となる第46回衆院選は4日、公示され、1504人が立候補を届け出た。候補を擁立した政党は12党で、小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降では最多となった。候補者数も、現行憲法下で過去最多となった。

各党党首は、原子力・エネルギー政策や経済再生、消費増税、環太平洋経済連携協定(TPP)など様々な争点を掲げ、全国各地で支持を訴えた。投開票は16日に行われる。《読売新聞》

2011 平成23年12月4日(日)

平成8366日目

【山口・中国道】フェラーリ8台など14台が絡む事故

4日午前10時15分頃、山口県下関市の中国自動車道上り線・小月インターチェンジ(IC)付近で、外国製の高級スポーツカーなど14台が絡む事故があった。10人が病院に運ばれたが、いずれも打撲などの軽傷という。

山口県警高速隊などによると、14台のうち、8台がフェラーリ、1台はランボルギーニ、3台はベンツ。残る2台はトヨタ車だった。このうちベンツ1台は、対向車線を走行中で、壊れて飛んできた部品などが当たったという。県警は、追い越し車線を走行していた福岡県筑紫野市の自営業の男性(60)が運転するフェラーリがスリップして中央分離帯のガードレールに衝突し、この車 を避けようとした後続車同士が次々に衝突したとみている。現場は緩やかな上り坂の左カーブで、当時、雨で路面がぬれていた。《読売新聞》

【福岡国際マラソン】川内優輝選手が3位

来年のロンドン五輪代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンは4日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、一般参加でケニア出身のジョセファト・ダビリ(小森コーポレーション)が2時間7分36秒で初優勝した。

公務員ランナーで今夏の世界選手権代表の川内優輝(埼玉県庁)が2時間9分57秒で日本人トップの3位に入り、五輪代表に名乗りを上げた。順大時代に箱根駅伝で活躍した今井正人(トヨタ自動車九州)は終盤まで川内と競り合い、4位だった。《共同通信》

【野田佳彦首相】一体改革に意欲

野田佳彦首相は4日、京都市で開いた国際労働機関(ILO)アジア太平洋地域会議で演説し、「アジア太平洋地域の多くの国々であと10年もすれば超高齢化社会が到来する。先駆けとなる日本が、持続可能な社会保障制度を確立させ、地域全体のモデルとしたい」と消費増税を含む社会保障・税一体改革への意欲を語った。《日経新聞》

2010 平成22年12月4日(土)

平成8001日目

【東北新幹線】全線開業

東北新幹線は4日、新たに八戸ー新青森(81.8キロ)が開通、国が1972年に盛岡以北の基本計画を決定してから38年を経て、東京ー新青森間の全線約675キロが開業した。E2系「はやて」が最短3時間20分で走行、これまでより39分の短縮となる。《福井新聞》

【民主党・岡田克也幹事長】社民党との連携に期待

民主党の岡田克也幹事長は4日、来年の通常国会に向けた社民党との連携に関し「内政については昨年の3党合意は有効だと社民党と何度も確認した。信頼関係はしっかりあると確信している」と述べ、2011年度予算審議での協力関係の構築に期待感を示した。

一方、社民党の福島瑞穂党首はTBS番組で菅直人首相との6日の会談に関し「連立(復帰)という話はまったくない。(米軍普天間飛行場を沖縄県名護市に移設するとした)日米共同声明を見直さなければならない」と述べ、普天間問題が解決しない限り連立復帰はあり得ないとの考えを強調した。《福井新聞》

2009 平成21年12月4日(金)

平成7636日目

【スズキ】GMとの合弁解消を発表

スズキは4日、米ゼネラル・モーターズ(GM)とのカナダでの自動車生産合弁事業を解消する、と発表した。合弁会社の全持ち株(50%)をGMに売却する。GMはトヨタ自動車との米国での自動車合弁生産をやめることで合意しており、日本車メーカーとの合弁生産は、いすゞ自動車と進める米国とポーランドでのディーゼルエンジン製造だけになる。《朝日新聞》

【福知山線脱線事故】地検、JR西歴代3社長を再度不起訴処分

107人が死亡した2005年4月のJR宝塚線(福知山線)脱線事故で、神戸地検は4日、神戸第一検察審査会が業務上過失致死傷罪で「起訴相当」と議決したJR西日本の歴代社長3人を再び不起訴処分(嫌疑不十分)にし、発表した。

地検は改めて「具体的な安全対策は、現場カーブ付け替え時の鉄道本部長だった山崎正夫・前社長(66)=同罪で在宅起訴=に委任されており、3人に現場カーブが危険との認識はなかった」と判断した。3人は現場カーブ付け替え時の社長井手正敬氏(74)と後任社長の南谷昌二郎氏(68)、事故発生時の社長の垣内剛氏(65)。地検の不起訴処分を受け、神戸第一検察審査会は第2段階の審査に入る。ここで11人の審査員のうち8人以上が改めて起訴すべきだと判断する「起訴議決」が出ると、裁判所が指定する弁護士が強制的に起訴することになる。《朝日新聞》

【みずほ証券株誤発注事件】地裁、東証に107億円の賠償命令

2005年12月に起きたジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株式の誤発注問題をめぐり、みずほ証券が東京証券取引所を相手取って約415億円の支払いを求めた損害賠償請求訴訟の判決が4日、東京地裁で言い渡された。松井英隆裁判長は、東証に107億1212万円の支払いを命じた。

判決で、松井裁判長は「東証が売買停止権限の行使を怠ったことには著しい不合理があった」などと、東証の責任を認定。ただ、個別の取り消し注文に対応して処理する義務を負っていたとは認められないとした。その上で、「みずほ証の過失も重大であると言わざるを得ない」として、賠償認容額を減額した。市場運営者である取引所が果たすべき責任について司法判断が下されるのは初めて。《時事通信》

【鳩山由紀夫首相】普天間移設問題「辺野古も選択肢の一つ」

日米両政府は4日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する作業グループの第2回会合を外務省で開き、日本側は現行計画に反対する社民党との連立維持のため年内決着は困難になったとの認識を伝えた。ルース駐日大使は「このままの状況が続けば、さらに(解決が)困難になる。現行計画が唯一実現可能な案だ」と先送りに強い懸念を表明した。

これに先立ち鳩山由紀夫首相は記者団に、岡田克也外相と北沢俊美防衛相に現行のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)以外の移設先も検討するよう指示したことを認める一方「当然のことながら辺野古は生きている」と述べ、選択肢の一つだとの認識を示した。《福井新聞》

2008 平成20年12月4日(木)

平成7271日目

【阪神・新井貴浩内野手】プロ野球選手会新会長に選出

労働組合・日本プロ野球選手会は4日、大阪市内のホテルで定期大会を開き、宮本慎也会長(ヤクルト)に代わり、新会長に新井貴浩副会長(31)=阪神=を選出した。任期は1年。

新井新会長は「宮本会長の対話路線を引き継ぎ、しっかりと経営側と対話して進めていきたい」と緊張の面持ちで抱負を語った。《福井新聞》

【MLB・レッドソックス】田沢純一投手の入団を発表

米大リーグのレッドソックスは4日(日本時間5日)、社会人野球、新日本石油ENEOSの田沢純一投手(22)の入団を発表した。メジャー契約で期間は3年。AP通信によると、総年俸は約330万ドル(約3億400万円)。日本のアマチュア選手がプロ野球を経ず、メジャー契約で大リーグ入りするのは初めて。《毎日新聞》

【麻生太郎首相】初の政労会見

麻生太郎首相は4日、連合の高木剛会長らと首相就任後初の「政労会見」を行った。高木氏は景気後退で非正規労働者の大量リストラや、大学生の就職内定取り消しが急増している事態に対処するため、雇用対策本部を設置するなど雇用確保に万全を期すよう要請。

首相は現状は厳しいとして対策に全力を挙げる姿勢を示したが「できるだけ知恵を絞っていきたい」とする程度で具体策への言及はなかった。《福井新聞》

広告




2007 平成19年12月4日(火)

平成6905日目

【舛添要一厚労相】肝炎被告に面会、謝罪

舛添要一厚生労働相は4日、薬害肝炎訴訟の原告代表15人と国会内で面会し「心身ともに長いことご苦労をおかけした。亡くなった人もいるということで、心からおわび申し上げる」と述べ、初めて直接謝罪した。《福井新聞》

【福田康夫首相】原油高騰対策を指示

福田康夫首相は4日午前、原油価格の高騰を受け「国民や中小企業など幅広い視野から、早急にきめ細やかな対策のパッケージを取りまとめるように」と、関係閣僚に指示した。これを受け、政府は緊急対策の本格検討に入った。《福井新聞》

2006 平成18年12月4日(月)

平成6540日目

【プロ野球・巨人】小笠原道大内野手が入団会見

ヒゲはなくてもサムライ魂は忘れない。日本ハムからFA宣言した小笠原道大内野手(33)が4日、都内のホテルで巨人と3度目の交渉を行い、4年16億円で正式契約を結んだ。

原監督とともに臨んだ入団会見では、トレードマークのヒゲをばっさりとそり落としゼロからスタートする決意を示した。見た目は大きく変わったが「風ぼうではなく大事なのは心の部分」と、日本ハム時代と同様、ガッツあふれるプレーで巨人を優勝に導くことを誓った。《日刊スポーツ》

【自民党】郵政造反11議員の復党決定

自民党は4日、党本部で党紀委員会(笹川尭委員長)を開き、郵政民営化法案に反対し同党を離党した堀内光雄元総務会長、野田聖子元郵政相ら無所属議員11人の復党を正式決定した。11人については、郵政民営化に賛成する誓約書など執行部が提示した復党条件を満たしているとして、審査の結果、満場一致で認められた。誓約書の提出を拒んだ平沼赳夫元経済産業相は審査の対象外となった。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】特別会計整理法案提出へ

参院決算委員会は4日、安倍晋三首相と全閣僚が出席して、2005年度決算に関する質疑を行った。首相は特別会計(特会)の無駄遣いや不透明さを解消する決意を表明、来年1月開会の通常国会に(1)現在約30ある特会の統廃合(2)一般会計と異なる会計方法の整理(3)特会の情報公開、を柱とする特会整理合理化法案を提出する考えを示した。《福井新聞》

2005 平成17年12月4日(日)

平成6175日目

【フィギュアNHK杯】織田信成選手が初優勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦のNHK杯最終日は4日、大坂なみはやドームで行われ、男子は第2戦スケートカナダ3位で前日のショートプログラム(SP)2位の織田信成(関大)がフリーも2位ながら216.39点をマークし、逆転でGP初優勝した。《福井新聞》

【中国外務省】日中韓首脳会談の見送りを発表

中国外務省は4日、マレーシアで今月行われる東アジアサミットに合わせて調整されていた日中韓3カ国首脳会談を見送ることを発表した。同省は見送りの理由として「現在の雰囲気と条件」を挙げており、小泉純一郎首相の靖国神社参拝への抗議の意思を示したものだ。《共同通信》

【女優・原ひさ子さん】死去

2004 平成16年12月4日(土)

平成5810日目

【伊勢湾岸道】刈谷PA(刈谷ハイウェイオアシス)開業

【シャネル銀座ビル】オープン

【松坂大輔さん・柴田倫世さん】挙式

西武は4日、松坂大輔投手(24)が静岡県三島市内の三嶋大社で日本テレビアナウンサーの柴田倫世さん(29)と挙式したと発表した。球団によると、式は身内など近親者だけで行われ、婚姻届は後日提出するという。《福井新聞》

2003 平成15年12月4日(木)

平成5444日目

【成田空港訴訟】反対派農民らの敗訴確定

成田空港の建設に反対する農民ら28人が、用地の強制収用を認めた建設相(当時)の事業認定取り消しを求めた行政訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は4日、請求を認めなかった1、2審判決を不服とする農民側の上告を退けた。

横尾裁判長はこれまでの大法廷判決の判断を踏襲し「土地収用法、特措法の規定は、法定手続きの保障や財産権を定めた憲法に反せず、合憲」と述べ、事業認定についても「1、2審の判断は正当で誤りはない」とした。また、公団が明け渡し裁決などの申し立てを既に取り下げている 農民らについては「事業認定の効力が失われ、訴えは不適法」と却下した。《産経新聞》

【小泉純一郎首相】イラクへの自衛隊派遣方針を強調

小泉純一郎首相は4日に配信された「小泉内閣メールマガジン」で、日本人外交官殺害事件に関連し「国際社会の一員として役割を果たす基本方針に変わりはない。(自衛隊などの)派遣について時期を見て考え方を十分説明し多くの国民の理解が得られるようにしたい」と、近く派遣を決断する考えを協調した。《福井新聞》

2002 平成14年12月4日(水)

平成5079日目

【九州共立大・新垣渚投手】ダイエーと仮契約

ダイエーの小川編成部長らが4日、自由獲得枠の九州共立大・新垣渚投手(22)と福岡市内のホテルで会談し、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約した。

新垣は「40歳まで150キロ(の速球を)投げられる投手になりたい」と笑顔で抱負を表明。同じく自由獲得枠の和田(早大)とともに即戦力として期待がかかるが「和田と切磋琢磨してレベルアップすればチームにいい影響を与えられると思う」と話した。《福井新聞》

【岡田武史氏】横浜マリノス監督就任会見

Jリーグ1部(J1)の横浜Mは4日、来年1月から元日本代表監督の岡田武史氏(46)が新監督に就任すると発表した。契約期間は2年間。下條佳明監督は天皇杯終了まで指揮を執り、来季はゼネラルマネージャーに就任する。

4日、横浜のクラブハウスで記者会見した岡田氏は「十分に優勝を狙えるチームに入ることができ、幸せだ。これからが楽しみ」と抱負を述べた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】フィリピン・アロヨ大統領と会談

小泉純一郎首相は4日夜、フィリピンのアロヨ大統領と首相官邸で会談し、両国感の経済連携の早期実現に向けた共同声明とミンダナオ地域支援における「平和と安定のためのミンダナオ支援パッケージ」をまとめ、署名した。《福井新聞》

2001 平成13年12月4日(火)

平成4714日目

【日本原電】東海発電所の解体着手

日本原子力発電(東京)は4日、1998年に運転を停止し廃炉となった茨城県東海村の東海発電所(ガス冷却型、出力16万6000キロワット)の解体に着手した。商業用原発としては国内初の解体、撤去作業で、2017年度の終了を予定。総費用は927億円を見込んでいる。《福井新聞》

【沖縄都市モノレール】試運転開始

沖縄県や民間企業などが出資する第三セクターの「沖縄都市モノレール」(那覇市)は4日から、那覇空港ー小禄間の約2.7キロで、2003年12月の開業を目指す通称「ゆいレール」の車両の試運転を始めた。

レールをまたぐ跨座式のゆいレールは、鉄道のない沖縄県で、戦後初の軌道系陸上交通。2両編成で那覇空港と首里城近くまでを約27分で結び、初乗り運賃は260円に設定される見込み。《福井新聞》

【プロ野球・ダイエー】新人選手入団発表

ダイエーは4日、福岡市内のホテルで、12球団のトップを切って新人7選手の入団を発表した。4球団が競合したドラフト1巡目指名から、王貞治監督が交渉権を引き当てた超高校級右腕、寺原隼人投手(日南学園高)は、背番号20の真新しいユニホーム姿で「やってやろうという気持ちでいっぱい。早く1軍で投げられるよう頑張る」と笑顔で抱負を話した。

即戦力と評価が高い3巡目指名のシドニー五輪代表左腕、杉内俊哉投手(三菱重工長崎)は「開幕1軍と10勝以上が目標。優勝に貢献したい」と述べた。王監督は「今年は一番のドラフトができて満足している」と手ごたえを口にした。《福井新聞》

【武部勤農相】「狂牛病まだまだ出る」

武部勤農相は4日午後、国内3頭目の狂牛病の乳牛が見つかったことに関連し「まだまだ出るから驚かないでください」と発言をした。民主党の横路孝弘副代表が国会廊下で「また新しいのが出て大変ですね」と声をかけたのに答えた。

この発言について小泉純一郎首相は4日夜「誤解されないようにこれからよく説明する必要がある」と首相官邸で記者団に述べ、農相の説明不足を指摘。その上で「それだけきちんと検査しているということだ。狂牛病が出ても市場には出回らないという自信の表れだ」と擁護した。《福井新聞》

2000 平成12年12月4日(月)

平成4349日目

【歌舞伎町ビデオ店爆破事件】

4日午後8時15分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のビデオ店「マック」で爆発があり、店の天井と壁を焦がした。従業員と通行人にけがはなかった。

約20分後、現場から約500メートル離れた新宿2丁目の四谷署御苑大通交番に散弾銃を持った少年が出頭。「爆発物を投げ込んだ」と供述したため、同署は銃刀法違反の現行犯で少年を逮捕し、身柄を新宿署に移した。

同署の調べでは、少年は栃木県の高校2年生(17)。実弾39発と、黒いビニールテープを巻いたソフトボール大の球形の爆発物とみられるものを持ち「爆発物1つを使った」などと供述しているという。

銃に弾は込められておらず、発砲した形跡はなかった。《福井新聞》

【森喜朗首相】内閣改造に向け最終調整

来年1月からの省庁再編に対応した第2次森改造内閣が12月5日、発足する。森喜朗首相は与党内の最終調整を4日も続行し、新内閣の骨格を固めた。自民党の橋本、江藤・亀井両派で競合していた経済産業相には、平沼赳夫通産相(江藤・亀井派)の留任、谷津義男氏(同)の農相への起用が内定した。

文部科学相(再編までは文相兼科技庁長官)には町村信孝元文相(森派)が浮上。旧河本派が推す村上誠一郎氏は、防衛庁長官か金融担当相を軸に調整している。堺屋太一経企庁長官は留任を固辞する意向を表明し、慰留を断念する方向が固まった。《福井新聞》

1999 平成11年12月4日(土)

平成3983日目

【山形新幹線】山形〜新庄延伸開業

山形新幹線の山形ー新庄の延長区間(61.5キロ)が4日、開業した。東北、上越両新幹線の延長開業時に、東京乗り入れ計画が決まっていた中で大宮駅(埼玉県)が暫定的に終発着駅になった例はあるが、最終的に県庁所在地以外の駅が新幹線のターミナルになるのは初めて。

つばさ(7両編成)が、東京駅と山形県北部の新庄駅との間を一日8往復。最速3時間5分で結び、山形駅で在来特急に乗り継いでいた時より約30分短縮される。《福井新聞》

【東福岡高・田中賢介内野手】日本ハム入団決定

日本ハムがドラフト2位で指名した東福岡高(福岡)の田中賢介内野手(18)=176センチ、76キロ、右投げ左打ち=の入団が4日、決まった。三沢編成部長らが福岡市内のホテルで本人、両親らと交渉し、契約金が8000万円プラス出来高1000万円、年俸800万円で仮契約した。田中は「走攻守の三拍子そろったところを見てもらいたい」と抱負を話した。《福井新聞》

【フィギュアNHK杯】エフゲニー・プルシェンコ選手が2連覇

フィギュアスケートのグランプリ(GP)第6戦、NHK杯国際競技会第3日は4日、名古屋市総合体育館で行われ、男子はエフゲニー・プルシェンコ選手(ロシア)が2連覇し、今季のGP3勝目をマークした。《福井新聞》

【WBAミニマム級暫定王座決定戦】安部悟選手、戴冠ならず

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級暫定王座決定戦12回戦は名古屋市稲永スポーツセンターで行われ、同級4位の安部悟(松田)は同級5位のジョマ・ガンボア(フィリピン)に6回1分でKO負けした。《福井新聞》

1998 平成10年12月4日(金)

平成3618日目

【沖縄水産・新垣渚投手】オリックス入団を拒否

オリックスは4日、那覇市内でドラフト1位指名した新垣渚投手(沖縄水産高)と2度目の入団交渉を行ったが、同投手は入団を拒否した。さらに3度目の交渉には応じないとし、交渉は暗礁に乗り上げた。

約2時間にわたる交渉で、新垣投手は「大学へ進学するので、入団はしない。(交渉は)終わりにしたい」と、九州共立大へ進学一本の意思を球団側へ伝えた。《福井新聞》

【カンボジア】ポルポト派兵士最後の500人が投降

カンボジア政府軍幹部が明らかにしたところによると、北部タイ国境付近で抵抗を続けていた反政府ゲリラ組織ポル・ポト派の兵士約500人が4日、政府軍へ投降した。同幹部によると、これでほぼすべてのポト派兵士が政府軍に投降、軍事勢力としてのポト派は消滅した。

しかしタ・モク参謀総長、キュー・サムファン幹部会議長ら最高幹部は依然、数人の護衛兵とともに国境地帯の秘密のアジトに潜んだままという。

投降したのは北西部バタンバン州サムロートや北部プレアビヒア州のジャングル地帯にいた兵士。ポト派幹部のケム・ヌゴン氏が代表として4日、プレアビヒアで政府軍と投降交渉を行った。ヌゴン氏は同日夜、政府軍系テレビを通じ「われわれはリーダーと決別した。今後は政府に貢献したい」と述べ、投降兵士全員を政府軍に編入するよう求めた。《共同通信》

【自由党・小沢一郎党首】連立に向け最終調整へ

自由党の小沢一郎党首は4日、小渕恵三首相(自民党総裁)と連立合意を再確認するため、来週前半にも党首会談をあらためて開催する方向で首相サイドと日程交渉を始めた。

来年1月の通常国会招集前の連立内閣発足に向け、内閣改造の時期や規模、閣僚ポストなどについて具体的な詰めをしたい考え。《福井新聞》

広告




1997 平成9年12月4日(木)

平成3253日目

【FIFA・W杯組み合わせ抽選会】日本の初戦相手はアルゼンチンに決定

【神奈川県警】訪問販売法違反容疑でココ山岡を強制捜査

【政府】「省庁再編準備委員会」を設置へ

政府は4日午前の臨時閣議で、中央省庁を1府12省庁に再編することなどを柱とした行政改革会議(会長・橋本竜太郎首相)の最終報告を最大限尊重し、直ちに再編の準備態勢に入るとの対処方針を決定した。

併せて来春の省庁再編推進基本法案の国会提出に向け、首相を委員長に全閣僚をメンバーとする「中央省庁再編準備委員会」を設置。同法案成立後の「遅くとも5年以内、できれば2001年1月1日に新体制に移行開始を目指す」との政府声明も決定した。《福井新聞》

1996 平成8年12月4日(水)

平成2888日目

【オレンジ共済】倒産

民間信用調査機関の帝国データバンクが明らかにしたところによると、友部達夫参院議員の政治団体「年金会」が運営する任意団体「オレンジ共済組合」の理事長で、同議員の妻友部みき子さんが個人名義で降り出した手形が東京三菱銀行人形町支店で2回目の不渡りとなり4日、銀行取引停止になった。負債額は不明。《福井新聞》

【警視庁】収賄容疑で前厚生事務次官を逮捕

国が交付する特別養護老人ホーム建設補助金の配分などで便宜を図った謝礼として「彩福祉グループ」代表A容疑者(51)=別の贈賄容疑で逮捕=から現金6000万円や乗用車の提供を受けたとして警視庁捜査二課は4日、収賄容疑で前厚生事務次官の岡光序治容疑者(57)を逮捕、贈賄容疑でA容疑者を再逮捕した。《福井新聞》

【橋本龍太郎首相】再優先で「綱紀粛正」

橋本龍太郎首相は4日夜、厚生省の岡光序治前事務次官が収賄容疑で逮捕されたことについて、訪問先の沖縄県宜野湾市で「厳正な捜査が行われ、国民が納得するような結果だ出ることを望む」と述べた。首相は官僚トップの逮捕を深刻に受け止めており、「綱紀粛正」問題に再優先で取り組む考えだ。《福井新聞》

1995 平成7年12月4日(月)

平成2522日目

【東京地検】背任容疑で元労相の逮捕状を地裁に請求

旧二信用組合の不正融資事件で東京地検は4日、背任の共犯容疑で元労相・山口敏夫衆院議員(55)=新進党を離党し無所属=の逮捕状を東京地裁に請求、同地裁は「逮捕相当」と判断し、逮捕許諾要求書を政府に届け出た。政府は午後、持ち回り閣議で衆院への逮捕許諾請求を決定し、土井たか子衆院議長に文書で通知した。《福井新聞》

【村山富市首相】「不正許さぬ態度でいる」

村山富市首相は4日夕、山口敏夫衆院議員の逮捕許諾請求を閣議決定したことに関連し「まだ事件がどうなるのか分からないが、国民の政治不信につながるから議員として、きちっとした態度でないといけない。私は、こういう不正は許さないという態度でやっている」と述べた。《福井新聞》

1994 平成6年12月4日(日)

平成2157日目

【ジェノア・三浦知良選手】セリエA初ゴール

【WBCバンタム級王座統一戦】薬師寺保栄選手vs辰吉丈一郎選手:薬師寺選手が判定勝ち

12月4日は何の日 薬師寺、辰吉に判定勝ち

日本人王者同士の対戦として注目された、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級統一タイトルマッチ12回戦は4日、名古屋市総合体育館で行われ、チャンピオンの薬師寺保栄(松田)が暫定王者の辰吉丈一郎(大阪帝拳)に2-0の判定勝ちして、3度目の防衛に成功した。

「薬師寺は強かった。想像していた以上。今までいろいろ言ったことを謝りたい。自分はベストコンディションやった。精いっぱいやった。倒したかったんですけど・・・。(引退に関しては)そういうことを今、言うべきではない。会長と話をしないと」《福井新聞》

【村山富市首相】ラグビー早明戦を観戦

村山首相は4日、河野外相、武村蔵相、森自民党幹事長と一緒に東京都新宿区の国立競技場でラグビーの早明戦を観戦した。早大卒で元ラグビー選手の森幹事長が呼び掛け、明大卒の首相、早大卒の外相に東大卒の蔵相が飛び入り参加して3党首そろっての観戦が実現。

首相は当初、前半40分だけ見て帰る予定だったが、明大が早大を圧倒する試合展開にに「明治は馬力があるねえ」と大喜び。結局、明大が勝った試合終了まで旗を振りながら歓声を挙げた。「3党首のスクラムの方は?」と記者団が水を向けると「そりゃ、もうがっちりだ」と終始、上機嫌だった。《福井新聞》

1993 平成5年12月4日(土)

平成1792日目

【京都成章高・大家友和投手】ドラフト3位指名、横浜入団決定

【羽田孜外相】政治改革審議の先送りに反対

羽田外相は4日午後、札幌市内で記者会見し、国会会期末を控えて政治改革法案を継続審議とする案が浮上していることについて「それでは(成立が)どんどん遅れ、直ちに解決しなければならない問題にいつまでも取り組めず、いつも取引の材料になるとしたら、改革の意欲は刻印から薄れてしまう」と述べ、継続審議に強く反対する考えを明らかにした。《福井新聞》

1992 平成4年12月4日(金)

平成1427日目

【俳優・五十畑颯斗さん】誕生日

【三菱自動車京都・伊藤智仁投手】ヤクルト入団決定

ヤクルトがドラフト1位で指名した三菱自動車京都の伊藤智仁投手(22)の入団が4日、決まった。片岡取締役と羅本スカウトが京都市右京区の同社で野球部の高橋部長、郡監督を交えて第2回の交渉を行い、契約金が前回提示より2000万円増の1億2000万円、年俸が1000万円の条件で仮契約を結んだ。背番号は20。

片岡取締役は「ことしのナンバーワン投手ということで」と契約金上積みの理由を説明し、契約金、年俸ともヤクルト球団の新人の史上最高額であることを明かした。

即戦力として期待される伊藤は「早くプロで実績をつくって信頼される投手になりたい。村田兆治さん(元ロッテ)のように長く野球をやりたい」と、やや緊張した面持ちで話した。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】竹下元首相議員辞職の必要なし

宮沢首相は4日午後の参院予算委員会で、1987年の竹下政権発足時に暴力団が関与したとされる皇民党事件について「竹下氏は全く自分の知らないところである種の出来事が起こった。このことを(首相在任中の)88年になって知ったのだと思う。これで竹下氏に責任があるとか、職を辞さなければならないということではない」と述べ、竹下氏が議員辞職する必要はないと明言した。

また首相は内閣改造・自民党役員人事について「(現在は)補正予算の成立と執行に全力を注いでいる」と強調、直接の言及は避けながらも、補正成立後の改造人事に意欲を示した。《福井新聞》

1991 平成3年12月4日(水)

平成1061日目

【パンアメリカン航空】経営破綻、64年の歴史に幕

米国の名門航空会社パンアメリカン航空(パンナム航空)は4日、再建の行き詰まりから運航を即日前面停止し、64年の歴史に幕を閉じると発表した。

米航空会社の廃業は今年に入ってイースタン航空、ミッドウェー航空に続き3社目だが、かつて米国を代表する航空会社として世界の空を制したパンナムの突然の消滅は激動の米航空業界を改めて印象付けるとともに、米国民に衝撃を与えている。《共同通信》

【プロ野球選手会】FA制実現へ決議

労働組合・日本プロ野球選手会(原辰徳会長=巨人)は4日、大阪市中央区のホテルで名古屋以西6球団の選手が参加して臨時大会を開き、3日の関東地区6球団と合わせ、選手の総意としてフリーエージェント制導入を目指すためにストライキも辞さない強い決意で日本野球機構と粘り強く交渉していくことを決議した。

記者会見した原会長によると、賃金カットやロックアウトなどストに突入した場合の機構側の対応など予想される事態について話し合い、ストへの認識を高めたうえで、決議を承認した。しかし、スト権を確立するための投票は行われず、原会長は「機構との話し合いで前進するのがベスト。基本的に話し合っていく方向は変わらない」との基本方針を表明した。《福井新聞》

【愛工大名電・鈴木一朗選手】オリックス入団決定

オリックスがドラフト4位で指名した鈴木一朗外野手(18)=愛工大名電高=の入団が4日決まった。契約金4000万円、年俸430万円で仮契約した。(金額は推定)《福井新聞》

【宮沢喜一首相】「PKO法案」合憲を強調

国会は4日参院本会議で、国連平和維持活動(PKO)協力法案と社会党の対案(国際平和協力活動法案)の一括趣旨説明、質疑を行い、参院でのPKO質疑を開始した。答弁でもい宮沢首相はPKO法案の合憲性を強調し、法案の早期成立を求めるとともに自衛隊の国連平和維持軍(PKF)参加が昭和29年に行った「自衛隊の海外出動禁止決議」に反しないとの見解を示した。《福井新聞》

1990 平成2年12月4日(火)

平成696日目

【TBS・秋山豊寛記者】ミールに到着

東京放送(TBS)の秋山豊寛さん(48)が乗ったソ連のソユーズTM宇宙船はモスクワ時間4日午後0時57分、アラル海北方のソ連上空で宇宙科学ステーション「ミール」とドッキングした。ドッキング装置と双方の気密を確認後、ソユーズ宇宙船の乗組員は秋山さんを先頭にアファナシエフ船長(41)、マナロフ機関士(39)の順でミールに乗り移り、8月から滞在中のゲンナジー・マナコフ船長(40)とゲンナジー・ストレカロフ機関士(50)の歓迎を受けた。

マナコフ船長とストレカロフ機関士と抱き合った秋山さんは「ミールに到着しました」と第一声。モスクワ郊外の宇宙飛行管制センターからは「ソ日協力の新段階を示すものです。ミールの国際クルーの皆さん、心から祝福します」とのゴルバチョフ大統領のメッセージが読み上げられた。また海部首相も日ソ共同飛行を祝うメッセージを寄せた。《共同通信》

【イラク】ソ連人全員を解放へ

国営イラク通信によると、イラク革命評議会スポークスマンは4日、イラクに足止めされていたソ連人全員を5日から解放すると発表した。

ソ連政府は11月下旬、石油関連施設などで働くソ連人技師ら約3300人が自由に出国できずにいることに対し強い遺憾の意を表明し、アジズ・イラク外相をモスクワに呼び抗議の意思を伝えていた。

イラクの主張は、多くのソ連人がプロジェクトの契約期間が済んでいないケースが多いということだったが、この日の革命評議会の発表は「契約破棄の結果生じるあらゆる損害はすべてソ連政府の責任とする」と述べ、ソ連に対し将来損害賠償を請求する可能性を示唆した。《共同通信》

【ヤクルト・栗山英樹外野手】退団が決定

ヤクルトの栗山英樹外野手(29)の退団が4日、正式に決まった。同選手は公式戦終了後、持病の内耳疾患が完治しないことから、球団側に退団の意向を伝えていた。この日、球団側が本人を東京・東新橋の球団事務所に呼んで意思を最終的に確認し、任意引退選手とした。

栗山は東京学芸大からドラフト外で入団し、ヤクルトに7年間在籍。俊足を生かした守備に定評があり、昨年初めて規定打席に達して打率2割5分5厘の成績を残した。《福井新聞》

1989 平成元年12月4日(月)

平成331日目

【松下電器・潮崎哲也投手】西武入団決定

西武の潮崎が誕生ー。パ・リーグ、ドラフト1位指名のトップを切って松下電器の潮崎哲也投手(21)の入団が4日決まった。

先月27日に指名あいさつをした西武の浦田チーフ・スカウト、鈴木スカウトはこの日、大阪・枚方市の松下電器体育館内で潮崎投手に鍛冶舎松下電器野球部監督を交えて約1時間、初の入団交渉を行い、契約金7800万円、年俸840万円(ともに推定)の条件を提示し、合意を得た。《福井新聞》

【巨人・西武】鹿取義隆投手と西岡良洋外野手のトレード発表

巨人・鹿取義隆投手(32)と西武・西岡良洋外野手(28)との1対1の交換トレードが成立、4日、両球団から発表された。このトレードはまず巨人が1日に鹿取の放出を決定、これを受けて救援投手を補強したい西武を含む3、4球団が獲得に乗り出した。結局、西武が西岡を交換要因に挙げて話がまとまった。《福井新聞》

【成田空港】団結小屋の撤去開始

運輸省と新東京国際空港公団は4日朝から成田空港の二期工事予定地内にある空港反対派支援の過激派、共産同・戦旗派(両川派)の団結小屋「東峰団結会館」(千葉県成田市東峰)を「新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法」(成田新法)に基づき、強制撤去する作業を始めた。

成田新法による強制撤去は昭和62年11月、革労協の団結小屋「木の根団結とりで」に次いで2番目。火炎瓶や投石など過激派の抵抗の中で、同日の作業は周辺を整地し、重機搬入路を造るという取り壊しの前段作業だけで終了した。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.