平成3618日目

平成10年12月4日(金)

1998/12/04

【沖縄水産・新垣渚投手】オリックス入団を拒否

オリックスは4日、那覇市内でドラフト1位指名した新垣渚投手(沖縄水産高)と2度目の入団交渉を行ったが、同投手は入団を拒否した。さらに3度目の交渉には応じないとし、交渉は暗礁に乗り上げた。

約2時間にわたる交渉で、新垣投手は「大学へ進学するので、入団はしない。(交渉は)終わりにしたい」と、九州共立大へ進学一本の意思を球団側へ伝えた。《共同通信》

【カンボジア】ポルポト派兵士最後の500人が投降

カンボジア政府軍幹部が明らかにしたところによると、北部タイ国境付近で抵抗を続けていた反政府ゲリラ組織ポル・ポト派の兵士約500人が4日、政府軍へ投降した。同幹部によると、これでほぼすべてのポト派兵士が政府軍に投降、軍事勢力としてのポト派は消滅した。

しかしタ・モク参謀総長、キュー・サムファン幹部会議長ら最高幹部は依然、数人の護衛兵とともに国境地帯の秘密のアジトに潜んだままという。

投降したのは北西部バタンバン州サムロートや北部プレアビヒア州のジャングル地帯にいた兵士。ポト派幹部のケム・ヌゴン氏が代表として4日、プレアビヒアで政府軍と投降交渉を行った。ヌゴン氏は同日夜、政府軍系テレビを通じ「われわれはリーダーと決別した。今後は政府に貢献したい」と述べ、投降兵士全員を政府軍に編入するよう求めた。《共同通信》

【自由党・小沢一郎党首】連立に向け最終調整へ

自由党の小沢一郎党首は4日、小渕恵三首相(自民党総裁)と連立合意を再確認するため、来週前半にも党首会談をあらためて開催する方向で首相サイドと日程交渉を始めた。

来年1月の通常国会召集前の連立内閣発足に向け、内閣改造の時期や規模、閣僚ポストなどについて具体的な詰めをしたい考え。《共同通信》

12月4日のできごと