平成、令和の12月3日

田中角栄元首相】お国入り(平成元年12月3日) 韓国・全斗煥元大統領逮捕(平成7年12月3日) 鳩山由紀夫首相、普天間移設問題の年内決着を断念(平成21年12月3日) 「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」発足(平成25年12月3日) 小惑星探査機・はやぶさ2、打ち上げ(平成26年12月3日)

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年12月3日(日)

平成330日目

【マルタ会談】東西冷戦終結を宣言

12月3日のできごと(何の日)

地中海のマルタで行われていたブッシュ大統領とゴルバチョフ最高会議議長兼共産党書記長の米ソ首脳会談は3日終了、両首脳は会談場のソ連客船「マキシム・ゴーリキー」号で共同記者会見を行い、「米ソ関係は全く新しい時代に入った」(大統領)、「冷戦は過去のものになった」(議長)と宣言した。《読売新聞》

【田中角栄元首相】お国入り

田中角栄元首相(71)が3日、半年ぶりに新潟県刈羽郡西山町の生家に里帰りした。お国入りは10月14日、政界からの引退を表明して以来初めてで、5年近く前、脳梗塞で倒れてから4度目。引退のあいさつのためで、後援会「越山会」幹部に事前連絡があり、新潟三区各地では代議士としての元首相の姿を見納めしようと、約800人の支持者らが出迎えに詰め掛け、引退を惜しんだ。《共同通信》

1990 平成2年12月3日(月)

平成695日目

【亜大・小池秀郎投手】ロッテ入団を拒否

ロッテからドラフト1位指名を受けた亜大・小池秀郎投手(21)は3日、岐阜県羽島市の実家でロッテの醍醐スカウト部長の指名あいさつを受け、席上同投手は、ロッテに入団の意思がないことを直接伝えるとともに、交渉後に実家近くの上中町公民館でも同じ趣旨の声明文を発表した。

小池はドラフト会議後初めて、ロッテの醍醐スカウト部長の指名あいさつに応じ、ロッテが同投手の希望に反して強行指名したいきさつや、期待大きさなどを聞いた。だが、同投手の入団拒否の考えは変わらず「もうロッテ(の方)には会わない」と交渉打ち切りを通告した。《共同通信》

【海部俊樹首相】TBS記者の宇宙飛行「日ソの協力、良いこと」

海部首相は3日、東京放送(TBS)の秋山豊寛記者がソ連飛行船で日本人初の宇宙飛行をしていることについて感想を求められ「日ソが協力して成し遂げたことで大変良いことです」と祝福のコメント。「地球環境、温暖化などまだ解明されていないこともあるので、いろいろやってきてほしい。作業はこれからだけど成功をお祈りします」と具体的成果に期待を表明した。

来年4月のゴルバチョフ大統領来日、日ソ関係の抜本的改善という大仕事を控えている首相は、日ソ交渉も今回の宇宙飛行のようにスムーズに行くことを願っているのかも。《共同通信》

1991 平成3年12月3日(火)

平成1060日目

【いすゞ・ビッグホーン】フルモデルチェンジ

12月3日のできごと(何の日)
http://www.goo-net.com/

【高田商業高・三浦大輔投手】大洋入団決定

大洋がドラフト5位で指名した茨城・藤代紫水高の石本豊外野手(18)と6位指名の奈良商高の三浦大輔選投手(17)の入団が3日、決まった。

重松スカウト部長、鈴木、長谷川両スカウトは石本の学校で本人、両親、小川監督らに会い、契約金3500万円、年俸400万円で契約。

高松スカウト部長代理、亀井スカウトは三浦の自宅で本人、両親と会い、契約金3000万円、年俸400万円で契約した。(金額は推定)《共同通信》

【東洋大・桧山進次郎内野手】阪神入団決定

阪神がドラフト4位で指名した桧山進次郎内野手の入団が3日、決まった。

今成スカウトはこの日、埼玉県川越市の東洋大野球部合宿所で、高橋監督同席で入団交渉し、契約金6000万円、年俸750万円の条件で合意を得た。(金額は推定)《共同通信》

【宮澤喜一首相】中国副首相と会談

中国の田紀雲副首相は3日午前、首相官邸に宮澤首相を訪ね約1時間会談し「国交回復20周年に当たる来年に天皇、皇后両陛下が中国を訪問されるよう期待している」と述べ中国政府として両陛下の訪中を重ねて招待した。

これに対し宮澤首相は「懇ろなご招待に心から感謝する。いろいろな事情を踏まえ検討したい」と答えた。《共同通信》

1992 平成4年12月3日(木)

平成1426日目

【成田空港】空港第2ビル駅開業

成田空港・第2旅客ターミナルビル地下に、JRと京成電鉄の新駅「空港第2ビル駅」がそれぞれ完成し、3日、ターミナルに先立って開業した。

新駅が第1ターミナル地下にある終点の成田空港駅から約1キロ東京寄りで、JRの成田エクスプレス、京成スカイライナーなどすべての電車が停車。第2ターミナルに移った日航など国内航空会社を含む32社を使う旅客が乗降することになる。《共同通信》

【宮澤喜一首相】政治改革を重ねて強調

参院予算委員会は3日午後、村沢牧、角田義一(社会)、柳川覚治(自民)の各氏が佐川急便事件、景気対策などを中心に質疑に入った。宮澤首相は、国民の政治不信に対処するためには「政治家個人の倫理を厳しくするとともに、政治改革の成果を速やかに収めて実行することが大事だ」と政治改革に取り組む決意を重ねて強調した。《共同通信》

1993 平成5年12月3日(金)

平成1791日目

【巨人・松井秀喜選手】初の契約更改

840万円から一気に1900万円にアップ–。巨人の松井秀喜選手(19)=星稜高出身=が3日、東京・内神田の球団事務所で保科球団代表と契約更改交渉し、今季の840万円の約2.3倍の年俸1900万円で契約を終えた。松井選手は高校出の新人としてはセ・リーグ最多の11本塁打を記録、ペナントレース後半は三番を打ち、巨人の中軸バッターにふさわしい活躍を続けた。

優勝争いから早々と脱落した巨人にあって一人気を吐き観客動員に貢献、地元ファンからは「もっともらっても」の声が上がるほど。本人も希望額の2000万円に届かず渋い表情だ。それでも「来年は30本前後打ちたい」ときっぱり飛躍を誓い、ファンから「精進を重ねて早く1億円の大台に」のエールが飛んだ。《北國新聞》

【細川護熙首相】中西発言を陳謝

衆院予算委員会は3日午前10時半から開会、中西前防衛庁長官の憲法見直し発言による審議空転から丸一日ぶりに正常化し、審議を再開した。

細川首相は冒頭、中西発言に関連し「課題山積の折、委員会が混乱した事態を改めておわびする」と陳謝した。さらに(1)細川内閣としては憲法改正を政治日程に乗せることは考えていない(2)国務大臣は内閣の方針に従うのは当然で、誤解を生じないよう慎重に対処すべきだ(3)委員会審議に迷惑をかけたのは遺憾であり、今後こうした事態が生じないよう内閣として徹底したい–と発言した。《共同通信》

1994 平成6年12月3日(土)

平成2156日目

【台北市長選挙】陳水扁氏が当選

3日投票の初の台湾省長、台北・高雄両直轄市長選は即日開票の結果、与党国民党が台湾省長、高雄市長は確保したものの、首都に当たる台北で独立を掲げる最大野党民主進歩党に大差で敗れた。

選挙戦は国民党、民進党、国民党から分かれた統一促進派の新党の3党を中心に展開。民進党は他党から「独立主張の危険な政党で、当選すれば(中国)大陸から侵攻される危険性がある」と批判にさらされたにもかかわらず、市長の座を国民党から奪った。《共同通信》

【別府大付高・城島健司捕手】ダイエー入りを表明

ダイエーがドラフト1位指名した大分・別府大付高の城島健司捕手(18)=182センチ、85キロ、右投げ右打ち=が3日、プロ入りを表明した。

別府市の同校をこの日、王監督、根本球団専務、大谷編成部長が訪れ、初めて本人を交えた入団交渉を行った。約1時間の話し合いの中で、城島は「ホークスさんにお世話になりたい」とダイエー入りの意思を伝えた。条件提示は後日、両親を交えて行われる予定で、その場ですんなりと仮契約を結ぶもよう。《共同通信》

1995 平成7年12月3日(日)

平成2521日目

【韓国・ソウル地検】全斗煥元大統領を逮捕

1979年12月の粛軍クーデターでソウル地検特捜本部は3日、当時、韓国軍保安司令官として軍の実権を握った全斗煥元大統領(64)を帰郷先の慶尚南道の親類宅で軍刑法の反乱首謀容疑などで逮捕した。

検察は直ちに全元大統領をソウル近郊の安養矯導所(刑務所)に収監して取り調べ、クーデターの真相究明に乗り出した。11月16日の盧泰愚前大統領の収賄容疑での逮捕に続き、わずか半月で大統領経験者が相次いで逮捕される異常な事態となった。《共同通信》

【村山富市首相】「新勢力について検討の場を」

村山富市首相は3日夜、都内のホテルで新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事、横路孝弘前北海道知事と新党問題について意見交換した。

3氏は、次期総選挙前には自民、新進両党に対抗し得る新しい政治勢力の結集が必要との認識で一致。首相は「新しい政治勢力についての検討の場を設けよう」と述べ、新党結成を前提にせず、いずれの政党にも主導権のない「日本の進路を議論する場」を年内にも設置したいとの考えを表明、横路氏は賛意を示した。《共同通信》

1996 平成8年12月3日(火)

平成2887日目

【オウム真理教・林泰男容疑者】逮捕

3日午前10時40分ごろ、沖縄県・石垣島の石垣市役所前の路上に地下鉄サリン事件の殺人、同未遂容疑で特別手配中の元オウム真理教幹部林泰男容疑者(38)と、犯人隠避の容疑で指名手配中のA子容疑者(27)がいるのを住民が通報した。駆け付けた沖縄県警八重山署員が身柄を確保。道県警は指紋や運転免許証から2人と確認し同日午後1時半、逮捕した。《共同通信》

【WBAジュニアフライ級タイトル戦】山口圭司選手が2度目の防衛に失敗

世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級タイトルマッチ12回戦は3日、大阪府立体育会館で行われ、チャンピオンの山口圭司(グリーンツダ)は挑戦者で同級1位のピチット・シリワット(タイ)に2回2分45秒、TKOで敗れた。山口は2度目の防衛に失敗。《共同通信》

1997 平成9年12月3日(水)

平成3252日目

【行政改革会議】省庁再編で最終報告決定

政府の行政改革会議(会長・橋本龍太郎首相)は3日夕、首相官邸で会合を開き、国の行政組織を現在の22府省庁体制(国家公安委員会を含む)から1府12省庁(同)に再編成することを柱とする最終報告書を決定した。大蔵省の名称は首相の判断で「財務省」に変更。与党3党の協議で来年1月の通常国会召集まで決着が先送りされた大蔵省の財源、金融分離問題は「金融破たん処理、金融危機管理に関する企画立案は今後検討」とした。《共同通信》

1998 平成10年12月3日(木)

平成3617日目

【横浜高・松坂大輔投手】プロ入りに前向き発言

西武がドラフト1位で指名した横浜高の松坂大輔投手(18)は3日、東京都内のホテルで西武の東尾修監督らから入団交渉を受けた後、意中の球団以外は社会人入りするとの当初の意思を「白紙に戻してゆっくり考えたい」と語り、プロ入りに前向きともとれる発言をした。次回交渉は10日までに行われる。《共同通信》

【小渕恵三首相】アルゼンチン大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

小渕恵三首相は3日夜、国賓として来日しているアルゼンチンのメネム大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談し、核不拡散体制を強化していくことで一致した。

首相は、アルゼンチンが核不保有政策をとっていることに関連し「核を造る能力を持ちながら保有しない国が意見交換するのは大事だ」と強調。ことし6月の主要国(G8)緊急外相会議で核不拡散促進を目指して設置された高級事務レベルのタスクフォース(作業部会)を来年2月に東京で開催する意向を表明し、アルゼンチンの協力を求めた。《共同通信》

1999 平成11年12月3日(金)

平成3982日目

【広澤克実外野手】阪神入り

阪神は3日、巨人を自由契約になった広澤克実外野手を獲得し、大阪市内のホテルで入団を発表した。契約年数は1年で、年俸は5000万に出来高3000万円。背番号は未定。

縦じまのユニホームにそでを通した広澤外野手は「阪神という伝統あるチームに入れたことは名誉。自分みたいな選手に声を掛けてもらえて感無量です」と話した。《共同通信》

【オウム対策2法】成立

オウム真理教対策となる団体規制法と被害者救済のための破産特例法が3日午前の参院本会議で、3与党と民主党・新緑風会などの賛成多数で可決され、成立した。政府は午後の持ち回り閣議で2法の交付を決定。7日の官報に掲示して今月27日に施行する。同日午後には、公安調査庁長官が公安審査委員会にオウムへの観察処分を請求する方針だ。《共同通信》

【小渕恵三首相】断固たる対処を

小渕恵三首相は3日午後、オウム真理教対策の団体規制法と破産特例法の成立について「人権に十分配慮しつつ、適正かつ効果的に運用し、規制対象となる団体に対しては断固とした決意を持って、対処してもらいたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。《共同通信》

2000 平成12年12月3日(日)

平成4348日目

【敦賀気比・内海哲也投手】オリックス入団を拒否

オリックスがドラフト会議で1位指名した敦賀気比高の内海哲也投手(18)とオリックスの2度目の入団交渉が京都市内のホテルで行われ、この後、記者会見で内海投手は「社会人に行くと伝えました」と入団を拒否し、3年後の巨人入りを目指し、社会人野球の東京ガスに進むことを表明した。《共同通信》

【森喜朗首相】内閣改造に向け最終調整

森喜朗首相は3日午後、首相公邸で福田康夫官房長官、安倍晋三官房副長官や森派の小泉純一郎会長らを交え、来年1月からの省庁再編をにらんだ5日の第2次森改造内閣に向け、最終的な調整作業を続けた。

橋本派と江藤・亀井派で競合していた通産相(再編後は経済産業相)は、首相が江藤・亀井派の強い要望を受け入れ、平沼赳夫通産相の留任が有力となった。厚相兼労働相(同厚生労働相)は公明党が推す坂口力元労相の起用がほぼ確実だ。《共同通信》

2001 平成13年12月3日(月)

平成4713日目

【福田康夫官房長官】閣僚の株解禁「断念」

福田康夫官房長官は3日午後、政府が見直しを検討していた閣僚や高級官僚らの株取引解禁について「いい案がなかなかない。何も無理する必要はない」と述べ、事実上断念する意向を明らかにした。

自民党などから「閣僚が安易に(株取引を)行うことの怖さを思い、政治に責任を持っていかないといけない」(野中広務元幹事長)と反発が出ていることに配慮したものとみられる。小泉純一郎首相が見直しの検討を指示して約1週間で断念に追い込まれた格好となり、「朝令暮改」(自民党筋)の印象を残した。《共同通信》

2002 平成14年12月3日(火)

平成5078日目

【サッカー・トヨタ杯】レアル・マドリードが4年ぶり2度目の優勝

サッカーのクラブチーム世界一決定戦、第23回トヨタ・カップは3日、横浜国際総合競技場で行われ、欧州チャンピオンズリーグを制したレアル・マドリード(スペイン)が2−0で南米クラブ選手権優勝のオリンピア(パラグアイ)に勝ち、4年ぶり2度目の優勝をした。《共同通信》

【民主党・鳩山由紀夫代表】辞任表明


https://www.dpfp.or.jp/

民主党の鳩山由紀夫代表は3日午前の常任理事会で「13日に代表職を辞する決意を固めた」と述べ、新党構想に対する党内の批判を受け、臨時国会会期末の13日付で代表を辞任する意向を正式に表明した。

後継の党代表には、9月の代表戦で次点となり、国民的人気が高い菅直人前幹事長が有力になっている。若手の間からは岡田克也幹事長代理を推す声も出ている。党執行部は会期内に開く総会で新代表を選出する方針で、4日の常任幹事会で具体的な選出方法を決定したい考えだ。《共同通信》

2003 平成15年12月3日(水)

平成5443日目

【日本ハム・新庄剛志外野手】札幌ドームで入団会見

新庄剛志外野手(31=元メッツ)が3日、前代未聞の「公開入団発表」を行い、正式に日本ハム入りした。この日、札幌ドーム敷地内の球団事務所で正式契約。球場内で行った入団発表は非公開にもかかわらず2000人のファンが殺到、急きょ一般公開された。キャラクター通りの「爆笑会見」となった一方、野球、子どもたち、新天地への熱い思いも随所に披露。4年ぶりの日本球界復帰にかける、決意が表れた。《日刊スポーツ》

【小泉純一郎首相】イラク自衛隊派遣「しかるべきときに説明します」

小泉純一郎首相は3日午後、首相官邸で石破茂防衛庁長官、川口順子外相と会談した。石破氏はイラクへの自衛隊派遣に関して先の専門調査団の報告を踏まえ「南部への自衛隊の派遣は可能」とする防衛庁の総合的な評価を説明した。

首相は3日、防衛庁長官報告について、官邸で記者団に「今後十分に参考にさせていただく」と述べるとともに、「しかるべきときに(国民に)きちんと説明します」と強調した。《共同通信》

2004 平成16年12月3日(金)

平成5809日目

【サッカー日本代表】ジーコ監督らが中越地震被災地を訪問

新潟県中越地震の被災者を励まそうと、サッカー日本代表のジーコ監督と三浦知良選手(神戸)や中山雅史選手(磐田)ら「ドリームチーム」の約20人が3日、長岡市と小千谷市、川口町を3グループに分かれて訪問した。

午後1時すぎ、小千谷市の小千谷総合体育館前の広場にジーコ監督と楢崎正剛選手(名古屋)らが姿を見せると、集まった約300人から歓声が上がった。ジーコ監督は「みなさま、頑張ってください」と激励した。《共同通信》

【中川昭一経済産業相】「フィッシング詐欺」対策会議設置へ

中川昭一経済産業相は3日の会見で、インターネットのメールを悪用した「フィッシング詐欺」の対策会議を来週、設置すると発表した。米国では被害が12億ドル(約1200億円)に上るという推定があるほか、日本でも同様の被害が目立つようになってきたことから、消費者への注意喚起やメール発信元の特定などの対策に乗り出す。

フィッシング詐欺は、金融機関やクレジット会社を装ったメールを送り付け、偽のホームページに誘導。「セキュリティーを強化するため」などとして、カード番号やパスワード、有効期限などの個人情報を入力させ、現金や商品を詐取する。《毎日新聞》

2005 平成17年12月3日(土)

平成6174日目

【額賀福志郎防衛庁長官】サマワ訪問

額賀福志郎防衛庁長官は3日、陸上自衛隊が駐留するイラク南部サマワを訪問した。防衛庁長官のサマワ訪問は、昨年12月の大野功統前長官に次いで2回目。

防衛庁は同日夜、長官のサマワ訪問を公表し「現地の治安は比較的安定している。公共施設の復旧・整備や医療支援活動などの要望が依然として存在し、自衛隊の人道復興支援活動が引き続き重要だとの認識を新たにした」との長官コメントを発表、今月14日に派遣期限切れとなる自衛隊派遣を延長する考えを示した。《共同通信》

【J1】ガンバ大阪、関西勢初のJ1制覇

サッカーのJリーグ1部(J1)は3日、各地で最終節の9試合を行い、前節2位のガンバ大阪が川崎フロンターレに4-2で勝ち、勝ち点60で優勝した。Jリーグ発足後初のタイトル獲得で、関西勢のJ1制覇も初めて。前節首位のセレッソ大阪が終了間際、FC東京に2-2に追いつかれて勝ち点59にとどまったため、劇的な逆転優勝が転がり込んだ。《共同通信》

2006 平成18年12月3日(日)

平成6539日目

【フィギュアNHK杯】高橋大輔選手が初優勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、NHK杯最終日は3日、長野市のビッグハットで行われ、男子はトリノ五輪代表の高橋大輔(関大)が合計247・93点で初優勝し、2連覇を狙った織田信成(関大)が244・56点で2位、小塚崇彦(愛知・中京大中京高)が3位に食い込んだ。

高橋と織田はともにGPシリーズ上位6選手が出場するファイナルの出場権を獲得した。《共同通信》

【宮崎県・安藤忠恕知事】辞意表明

宮崎県の安藤忠恕知事(65)は3日、県庁で記者会見を開き、県発注工事をめぐる官製談合事件などで県政を混乱させた責任を取り、辞職する意向を表明した。

安藤知事は一貫して事件への関与を否定。県議会の不信任決議に対し、議会の解散や辞職はせずに失職を選ぶ考えを示唆してきた。しかし捜査が知事自身の周辺に迫る中、県政運営の続行は困難と判断したとみられる。県議会が辞職に同意すれば50日以内に選挙が行われる。出直し知事選は1月下旬投票の見込み。《朝日新聞》

2007 平成19年12月3日(月)

平成6904日目

【大阪府・太田房江知事】3選出馬断念

来年1月10日告示、27日投開票の大阪府知事選で、3選に向けて意欲を示していた太田房江知事(56)は3日、府庁内で緊急の記者会見を開き、「今の状況では出馬は不可能と判断した」と出馬断念を表明した。11月に発覚した高額講師謝礼金や事務所費など「政治とカネ」を巡る問題について府議会や府民の反発が強まったのを受け、過去2回の知事選で推薦を受けた自民、民主、公明3党や、連合大阪が不支持を決めたことで、今期限りでの退陣に追い込まれることになった。《読売新聞》

【高村正彦外相】中国・胡錦濤国家主席と会談

中国の胡錦濤国家主席は3日午後、高村正彦外相と北京の人民大会堂で会談し、懸案の東シナ海ガス田開発問題について「両国指導者の大局的対話」が重要とした上で「早期に適切に解決したい」と述べ、年末にも見込まれる福田康夫首相訪中までの決着に強い意欲を表明した。《共同通信》

2008 平成20年12月3日(水)

平成7270日目

【前田幸長投手】現役引退を表明

米大リーグ、レンジャーズ傘下の3Aオクラホマに在籍していた前田幸長投手(38)が今季限りで現役引退することになった。3日、所属事務所が明らかにした。今後は野球解説やタレント活動を行う予定という。

前田は福岡・福岡一高を経て1989年にドラフト1位でロッテに入団。その後は中日、巨人に所属し、今季からレンジャーズとマイナー契約したが、メジャーでの登板機会はなかった。日本での通算成績は19年間で595試合に登板し、78勝110敗9セーブだった。《共同通信》

【麻生太郎首相】交付税上積みを指示

麻生太郎首相が2009年度予算案で、地方自治体が自由に使える地方交付税を1兆円規模で上積みするよう関係省庁に指示していることが3日、分かった。来年度からの道路特定財源の一般財源化に伴う道路整備を中心とした公共事業限定の1兆円規模の新交付金とは別枠で、財務、総務両省が具体的な財源措置について検討に入った。政府筋が明らかにした。《共同通信》

2009 平成21年12月3日(木)

平成7635日目

【斉藤隆投手】ブレーブス入り

レッドソックスからFAとなっていた斎藤隆投手(39)が3日(日本時間4日)、ブレーブスと1年契約を交わした。年俸320万ドル、インセンティブ230万ドルの計550万ドル(約4億6750万円)。この日午前中にメディカルチェックを受け、午後には正式発表するスピード決定だった。《日刊スポーツ》

【鳩山由紀夫首相】普天間移設問題の年内決着を断念


http://archive.dpj.or.jp/

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相は3日、首相官邸で、岡田克也外相と北沢俊美防衛相に対して、新たな移設先の候補地を検討するよう指示した。年内決着を先送りしたことで、改めて県外も含めた候補地を模索する必要があると判断した。

関係者によると、鳩山首相は両閣僚に対して「新しい候補地を真剣に検討してほしい」と語った。

鳩山内閣は、社民、国民新両党が移設問題の年内決着に反対したことを受け、来年1月以降に先送りする方針を固めている。ただ、日米合意の早期履行を求めてきた米側の反発は避けられない。来年1月の名護市長選で、辺野古への移設に反対する候補が当選する可能性もある。《朝日新聞》

2010 平成22年12月3日(金)

平成8000日目

【仙谷由人官房長官】「法相に専念するかも」


https://www.dpfp.or.jp/

仙谷由人官房長官は3日午前の記者会見で、参院の問責決議可決を踏まえた自身の進退について「法相を続けるつもりだ。専念することになるかもしれない。兼務は繁忙を極める」と述べた。官房長官を辞任して兼務の法相に専念する可能性を示唆した発言だ。

仙谷氏は「法務行政が抱える問題は大きくて深い。方向性を持って一つ一つ実現していく決意に燃えている」と強調。兼務が解かれるめどについては「任命権者である菅直人首相から何も言われていない」と述べるにとどめた。《共同通信》

【菅直人首相】内閣改造を否定

菅直人首相は3日、内閣改造について「全く考えていない」と否定した。仙谷由人官房長官が兼務している法相ポストの後任については「じっくり考えたい」と述べ、慎重に人選を進める意向を示した。《共同通信》

2011 平成23年12月3日(土)

平成8365日目

【JR紀勢本線】3カ月ぶりに全線開通

台風12号の豪雨被害から3日で丸3カ月。鉄橋が流されて不通になっていたJR紀勢線が全線開通した。一番列車が出発した新大阪駅では復旧を祝うセレモニーが開かれ、和歌山県の仁坂吉伸知事が「安心して和歌山へ」とPR。地元の観光関係者も「正月に間に合って良かった」と喜んだ。

紀勢線は9月の台風12号の影響で、和歌山県那智勝浦町の那智川に架かる鉄橋の橋脚が流されるなどの被害を受けた。同17日以降、白浜―串本間や串本―紀伊勝浦間などが順次復旧したが、鉄橋の修復に時間がかかった紀伊勝浦―新宮間が最後まで残っていた。《朝日新聞》

【野田佳彦首相】消費税、TPP「捨て石になる」

「自分の代でしっかりと捨て石になってけりをつける。不退転の覚悟でやる」野田佳彦首相は3日、都内で開いたベンチャー企業の経営者らとの会合で、膨らむ社会保障費の財源に充てる消費増税や環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた決意を改めて強調した。《共同通信》

2012 平成24年12月3日(月)

平成8731日目

【笹子トンネル天井板落下事故】死者は9人に

山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故で、県警は3日、ワゴン車から5人の遺体、別の乗用車内で3人の遺体を確認した。冷凍冷蔵トラック内で1人が死亡しており、死者は9人となった。

中日本高速道路は3日午前の記者会見で、トンネル本体上部の天井と、天井板を支えるつり金具とをつなぐ直径1・6センチのボルトがコンクリートから抜けている箇所があったとして「大きな原因は老朽化と考えられる」と説明。ボルトやつり金具のさび、天井のコンクリート部分の経年劣化などの可能性を挙げた。《共同通信》

【野田佳彦首相】北朝鮮ミサイル対応「迅速に情報」

野田佳彦首相は3日午前の内閣記者会のインタビューで、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルの発射を強行した場合は「国民に正しく迅速に情報提供ができるように務める」と述べた。4月のミサイル発射時に米韓両国と比べ、情報提供が遅れたことを踏まえて「反省点があるので万全を期す」と強調した。《日経新聞》

2013 平成25年12月3日(火)

平成9096日目

【特定秘密保護法案に反対する映画人の会】発足

高畑勲監督、降旗康男監督、山田洋次監督ら5氏が呼びかけ人となり、「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」が3日発足した。4日間で264人が賛同し、法案の内容や拙速な国会審議を批判する声明を発表した。

賛同したのは大林宣彦監督、宮崎駿監督、是枝裕和監督、井筒和幸監督、俳優の吉永小百合さん、大竹しのぶさん、脚本家の山田太一さん、ジェームス三木さんら。撮影監督や映画館主、評論家らのほか、映画ファン約60人も加わった。

声明は「心ならずも戦争に対する翼賛を押し付けられた映画界の先達の反省に立ち、日本映画界は戦後の歩みを開始しました」とした上で、「『知る権利』を奪い、『表現の自由』を脅かすことになりかねないこの法案は、とても容認することはできません」と反対を表明している。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】米・バイデン副大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は3日、バイデン米副大統領と官邸で会談し、中国が沖縄県・尖閣諸島周辺を含む東シナ海上空に設定した防空識別圏について「一方的な現状変更の試みを黙認しない」として日米が緊密連携し対処する方針で一致した。防空識別圏を通過する航空機へ飛行計画提出を義務化した中国の措置を許容しない姿勢も確認した。

バイデン氏は中国指導部に直接懸念を伝えると述べると同時に、日中両国に危機管理の枠組みと効果的な対話チャンネルを構築するよう呼び掛けた。《共同通信》

2014 平成26年12月3日(水)

平成9461日目

【小惑星探査機・はやぶさ2】打ち上げ

小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。探査機は午後3時過ぎに予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。小惑星の地下の物質を初めて採取し地球に持ち帰る計画で、生命の起源に迫る成果が期待される。平成32年末の帰還を目指す。《産経新聞》

【日和幼稚園訴訟】和解成立

東日本大震災の津波で私立日和幼稚園(石巻市、休園中)の園児4人が亡くなったのは、園側が安全配慮を怠ったためだとして、遺族が園側に計約2億6700万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審は3日、園側が和解金計6000万円を支払うことなどで仙台高裁で和解した。津波犠牲者をめぐり初の賠償命令が出た訴訟は、提訴から約3年4カ月で終結した。《河北新報》

2015 平成27年12月3日(木)

平成9826日目

【青木宣親外野手】マリナーズ入団会見

米大リーグ、マリナーズは3日、ジャイアンツからフリーエージェント(FA)となった青木宣親外野手(33)と1年契約を結んだと発表した。米メディアに よると、年俸は550万ドル(約6億8千万円)で、2017年の選択権もある。青木はこの日、本拠地シアトルで入団の記者会見に臨む。《共同通信》

マリナーズと1年契約を結んだ青木宣親外野手(33)が3日(日本時間4日)、本拠セーフコ・フィールドで入団会見を行った。青木は「ハロー、シアトル」 と英語であいさつし、「I came to Seattle for the coffee andalso to win a World series」とジョークをまじえて世界一への意欲を語った。《スポニチ》

【安倍晋三首相】北方領土返還に意欲

安倍晋三首相は3日、北方領土に隣接する自治体で作る連絡協議会のメンバーと首相官邸で面会し、ロシアとの交渉について「返還、平和条約締結に向けて粘り強く交渉したい」と改めて決意を示した。《毎日新聞》

2016 平成28年12月3日(土)

平成10192日目

【韓国・ソウル】朴大統領退陣求め大規模集会

朴槿恵大統領をめぐる疑惑で揺れる韓国で3日午後、朴氏の辞任を求める大規模な抗議集会がソウルなどで開かれた。世論調査では7割以上が朴氏の弾劾を求めており、9日に予定される国会採決に大きな影響を与えそうだ。

大規模集会は、10月25日に朴氏が疑惑の一部を認めて以降、毎週土曜日に開かれており、今回が6回目。「朴槿恵を拘束しろ」と書かれたプラカードも登場するなど、市民の不満は高まっている。弾劾決議に慎重な与党・セヌリ党への批判も聞かれた。《朝日新聞》

【J1チャンピオンシップ】鹿島、7年ぶり8度目の優勝

J1年間王者を決める明治安田チャンピオンシップは3日、埼玉スタジアムでホームアンドアウェー方式の決勝第2戦が行われ、年間勝ち点3位で第1ステージ優勝の鹿島が同1位、第2ステージ優勝の浦和を破り7年ぶり、リーグ最多の8度目の優勝を果たした。第1戦で敗れた鹿島は2―1で競り勝ち、通算1勝1敗、2戦合計2―2と並んだがアウェーゴール数で上回り逆転した。《共同通信》

2017 平成29年12月3日(日)

平成10557日目

【柔道グランドスラム】小川雄勢選手が初V

柔道のグランドスラム東京大会最終日は3日、東京体育館で男女計7階級が行われ、男子100キロ超級は五輪銀メダリストの直也氏を父に持つ小川雄勢が決勝でリオデジャネイロ五輪100キロ級覇者のルカシュ・クルパレク(チェコ)を破り、初優勝した。《共同通信》

【福岡国際マラソン】大迫傑選手が3位

2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」の出場権が懸かる大会の一つ、福岡国際マラソンは3日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、大迫傑(すぐる)(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が日本歴代5位の2時間7分19秒で日本勢最高の3位となり、GC出場権を獲得した。《産経新聞》

2018 平成30年12月3日(月)

平成10922日目

【2018ユーキャン新語・流行語大賞】「そだねー」

今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」が3日発表され、平昌冬季五輪のカーリング女子代表チームが試合中に使った「そだねー」が年間大賞に選ばれた。五輪メンバーでロコ・ソラーレの本橋麻里代表理事(32)は表彰式で「ポジティブな言葉だけを発するルールで活動してきた。今後の後押しになる」と喜んだ。

トップテンには、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した大迫勇也選手を称賛した「(大迫)半端ないって」、山口県で行方不明の男児を発見した尾畠春夫さん(79)を呼んだ「スーパーボランティア」などが入った。《共同通信》

2019 令和元年12月3日(火)

令和217日目

【天皇、皇后両陛下】大正、昭和天皇陵を参拝

天皇、皇后両陛下は3日、即位の礼や重要祭祀「大嘗祭」が終わったことを報告するため、東京都八王子市の昭和天皇陵と大正天皇陵を参拝された。これで、一連の天皇陵参拝が終了した。

モーニング姿の天皇陛下は午前10時半ごろ、昭和天皇陵に玉串をささげて頭を下げた。続いて、グレーのロングドレスを着た皇后さまも拝礼した。その後、両陛下は近くにある大正天皇陵も同様に参拝した。

両陛下は大嘗祭を終えた後、初代天皇とされる神武天皇と昭和以前4代の天皇の陵に拝礼し、即位の礼終了などを報告する「親謁の儀」に臨んできた。《共同通信》



→12月4日 その日のできごと

12月 その月のできごと

←12月2日 その日のできごと