平成6540日目

平成18年12月4日(月)

2006/12/04

【小笠原道大内野手】巨人入団会見

ヒゲはなくてもサムライ魂は忘れない。日本ハムからFA宣言した小笠原道大内野手(33)が4日、都内のホテルで巨人と3度目の交渉を行い、4年16億円で正式契約を結んだ。

原監督とともに臨んだ入団会見では、トレードマークのヒゲをばっさりとそり落としゼロからスタートする決意を示した。見た目は大きく変わったが「風ぼうではなく大事なのは心の部分」と、日本ハム時代と同様、ガッツあふれるプレーで巨人を優勝に導くことを誓った。《日刊スポーツ》

【自民党】郵政造反11議員の復党決定

自民党は4日、党本部で党紀委員会(笹川尭委員長)を開き、郵政民営化法案に反対し同党を離党した堀内光雄元総務会長、野田聖子元郵政相ら無所属議員11人の復党を正式決定した。11人については、郵政民営化に賛成する誓約書など執行部が提示した復党条件を満たしているとして、審査の結果、満場一致で認められた。誓約書の提出を拒んだ平沼赳夫元経済産業相は審査の対象外となった。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】特別会計整理法案提出へ

参院決算委員会は4日、安倍晋三首相と全閣僚が出席して、2005年度決算に関する質疑を行った。首相は特別会計(特会)の無駄遣いや不透明さを解消する決意を表明、来年1月開会の通常国会に(1)現在約30ある特会の統廃合(2)一般会計と異なる会計方法の整理(3)特会の情報公開、を柱とする特会整理合理化法案を提出する考えを示した。《共同通信》

12月4日のできごと