新聞記事でたどる平成10000日+α

10月12日は何の日(286/366)

  • HOME »
  • 10月12日は何の日(286/366)

10月12日は何の日(10月12日のできごと)

10月12日は何の日 インドネシア・バリ島爆弾テロ

インドネシア・バリ島爆弾テロ(平成14年10月12日)


プロ野球・日本ハムが25年ぶりのリーグ優勝(平成18年10月12日)

オリックス・イチロー外野手、大リーグ挑戦を表明(平成12年10月12日)

大月駅列車衝突事故(平成9年10月12日)

プロ野球・巨人、長嶋茂雄氏の監督復帰が決定(平成4年10月12日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年10月12日(金)

平成10870日目

2017 平成29年10月12日(木)

平成10505日目

【米国務省】ユネスコ脱退を表明

米国務省は12日、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ、本部・パリ)に対し、米国が2018年末で脱退すると通知したと発表した。19年からは正式な加盟国ではなく、オブザーバー国として関与するとしている。

同省は声明で、脱退の理由について「ユネスコは根本的な機構改革の必要がある。反イスラエル的な姿勢が続いていることも踏まえたもので、軽々に決めたものではない」と説明した。米国がユネスコに支払う分担金の滞納額が増えていることも理由に挙げた。

米国はオバマ前政権時代の11年、パレスチナのユネスコ加盟承認に反発し、年間予算の約22%を占める分担金の拠出を凍結した。トランプ政権は脱退の決断に際し、ユネスコが今年7月、ヨルダン川西岸にあるパレスチナ自治区の「ヘブロン旧市街」を世界遺産に登録したことや、分担金滞納額が5億ドル(約560億円)超に上っていることなども考慮したとみられる。《読売新聞》

【第48回衆院選】野党、反転攻勢に全力

与野党幹部は12日、各地で街頭演説などを行い、22日投開票の衆院選に向け支持を呼び掛けた。報道各社の序盤情勢調査で与党優位が伝えられたのを受け、希望の党の小池百合子代表は「森友、加計学園問題に国民は納得していない」と訴え、反転攻勢へ全力を挙げる構えを示した。自民党は「一瞬たりとも楽観を許さない」との緊急通達を各陣営に出した。

安倍晋三首相は新潟県新発田市の演説会に出席した。公明党の山口那津男代表は党本部で選挙情勢について意見交換。日本維新の会の松井一郎代表は富山市で「野党はどこが良いかを考えて」と強調。社民党の吉田忠智党首は埼玉県久喜市で街頭演説した。《共同通信》

2016 平成28年10月12日(水)

平成10140日目

【埼玉・新座市】東電施設で火災

12日午後2時50分ごろ、新座市野火止7丁目の東京電力の関連施設から煙が上がっていると通報があった。東電によると、東京都練馬区や港区など計7区で最大約37万軒に上る大規模な停電が発生、午後4時ごろに復旧した。

東京都にある豊島変電所と新座変電所の間を通る地下の送電線に何らかのトラブルが発生して出火、他のケーブルにも引火して火災が起き、停電の原因になったとみられる。

県警によると、けが人の情報はない。停電により西武鉄道は一時運転を見合わせ、県内を含む約9万1千人に影響が出た。《埼玉新聞》

【自由党】「生活の党と山本太郎となかまたち」が党名変更

10月12日は何の日【自由党】「生活の党と山本太郎となかまたち」が党名変更
https://www.youtube.com/

「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表は12日の両院議員総会で、党名を「自由党」に変更することを決め、総務省に届け出た。年明けにも衆院解散があるとの見方を受け、小沢氏が平成10年に党首を務めた旧党名を再び使って党勢を回復させ、保守票の取り込みを狙う。

小沢氏は総会後の記者会見で、「年明けの衆院解散の可能性はかなり高く、党の態勢を一新して衆院選に臨む」と強調。新しい党名については「自由党のときが一番、政治理念も政策もはっきりしていた。やはり自民党以外の保守票を取らなければ政権は取れない。民進党も社民党も共産党もいいが、さらにウイングを広げる」と説明した。《産経新聞》

2015 平成27年10月12日(月)

平成9774日目・体育の日

【巨人・原辰徳監督】退任する阪神・和田豊監督に歩み寄り握手

5安打で1得点。今季を象徴する貧打でファーストステージ敗退が決まり、阪神の和田監督は終戦の時を迎えた。悔しさをかみしめる三塁ベンチで巨人・原監督の訪問を受けた。

握手を求められ「いろいろありがとう。ご苦労さまでした」の言葉もかけられた。猛虎に籍を置いて31年目。宿敵にも彩られた花道だった。原監督の手を離し、光景を目に焼き付けるようにグラウンドを見つめた。《スポニチ》

【巨人・阿部慎之助選手】阪神・関本賢太郎内野手をねぎらう

巨人が逃げ切り、対戦成績を2勝1敗としてCSファイナル進出を決めた。4番の阿部は初回に先制犠飛、六回には右前適時打を放って打線をけん引。試合後にはヒーローインタビューのお立ち台に上がったのだが「この場をお借りして」と、今季限りで引退する阪神・関本をねぎらった。

「関本選手が同級生なんですけど、引退するということで、本当に19年間、お疲れ様でしたと言いたいです。同年代ですし、すごく思い入れがたくさんあった選手だったので、すごく寂しいです」

試合後のヒーローインタビューで、引退する他チームの選手についてコメントすることは異例。スタンドのファンも大きな拍手を送っていた。関本はこの試合、「6番・三塁」でスタメン出場。3打数無安打で現役生活にピリオドを打った。《デイリースポーツ》

【第27回出雲全日本大学選抜駅伝】青学大が3年ぶり2度目の優勝

陸上の出雲全日本大学選抜駅伝は12日、21チームが参加して島根県出雲市の出雲大社―出雲ドームの6区間(45・1キロ)で争われ、青学大が3年ぶり2度目の優勝を果たした。レースは3区から青学大と駒大が競り合う展開。青学大は最終6区(10・2キロ)の一色恭志(ただし、3年、愛知・豊川)が1秒差でたすきを受けると、すぐに駒大と併走。4キロ付近で前に出ると、5キロすぎから独走態勢に。そのままゴールした。《朝日新聞》

2014 平成26年10月12日(日)

平成9409日目

【世界体操・男子鉄棒】内村航平選手が銀メダル獲得

【世界体操・男子平行棒】加藤凌平選手が銅メダル獲得

【プロ野球・阪神】初のCSファイナル進出決定

阪神が甲子園で行われたクライマックス・シリーズ第1ステージ・広島との第2戦で延長12回表まで戦い、0-0。第1ステージは3回制で、初戦白星の阪神は引き分ければ進出が決まるため、12回裏はセ・リーグの規定で行われず、“12回コールド勝ち”。阪神は1勝1分でCS最終ステージ進出を決め、15日から東京ドームで巨人と対戦することになった。《フルカウント》

【葛西紀明さん】ソチ五輪メダリストが挙式、披露宴

ソチ五輪のスキージャンプで2個のメダルを獲得した“レジェンド”葛西紀明(42=土屋ホーム)と妻・怜奈さん(旧姓・張磨、29)の結婚式と披露宴が12日、札幌市内のホテルで行われた。

今年2月22日に婚姻届を提出していた葛西は羽織はかま姿で会見し「日本の古風な感じでやりたいという妻の希望で僕も賛同した。試合とはひと味違う緊張感があった。指輪の交換がうまくいかずに困った」と汗びっしょり。600人を超える招待客は「自分が一緒に戦ってきたスキージャンプの五輪メダリストの名前をつけた」という54のテーブルで2人の門出を祝福した。《スポニチ》

2013 平成25年10月12日(土)

平成9044日目

【伊勢神宮】元日からの参拝者数1000万人突破

伊勢神宮(三重県伊勢市)の事務を取り扱う神宮司庁は12日、20年に1度社殿を建て替える式年遷宮のハイライト「遷御の儀」を終えた内宮と外宮の今年の参拝者数が、1千万人を超えたと発表した。元日から12日午後2時までの集計で、内宮が約636万3243人、外宮が約363万7091人。《産経新聞》

【川崎市】海保巡視艇が屋形船と接触

12日午前9時10分ごろ、川崎市川崎区の扇島水路の沖合で、千葉海上保安部の巡視艇「たかたき」(126トン)が、横浜市の屋形船「第一浜新丸」(49トン)と接触した。屋形船の船尾の一部が損傷したが、客は乗っておらず、双方の乗組員にもけがはなかった。

同保安部によると巡視艇は周辺の海域を哨戒中で、航行中の第一浜新丸に航路指導を行うため接近したところ、接触したという。同部で原因を調査している。《産経新聞》

【安倍晋三首相】山梨の別荘入り

安倍晋三首相は12日午後、山梨県鳴沢村の別荘に入った。13日にゴルフを楽しみ、同日中に帰京する予定で、15日からの臨時国会に向けて英気を養う。これに先立ち首相は12日昼、作詞家の秋元康氏から都内にある秋元氏の自宅に招かれ、昼食を共にした。下村博文文部科学相、小泉進次郎復興政務官らが同席した。《日経新聞》

2012 平成24年10月12日(金)

平成8679日目

【サッカー国際親善試合】日本1−0フランス

日本が猛攻に耐え、終盤のカウンターからのMF香川真司(マンチェスターU)のゴールでフランスから初勝利を挙げた。GK川島永嗣(スタンダール)が連続して好セーブを見せた後の後半43分、相手CKがゴール中央でこぼれたところを今野泰幸(G大阪)が拾ってドリブルで中央を駆け上がり、相手DFを引きつけたところで右を走るDF長友佑都(インテルミラノ)にパス。これを長友がダイレクトで中央へ折り返し、中央で香川が倒れ込みながらも右足で流し込んだ。《日刊スポーツ》

【欧州連合(EU)】ノーベル平和賞受賞決定

ノルウェーのノーベル賞委員会は12日、2012年のノーベル平和賞を、第二次大戦後、長期にわたり欧州大陸の平和を維持し、欧州の統合で歴史的役割を果たした欧州連合(EU)に授与すると発表した。27カ国が加盟するEUは創設以来最悪のユーロ債務危機を抱え、欧州分断が懸念されている。ノーベル賞委員会は、EUに賞を授与することで、その重要性を改めて強調した形だ。

ノーベル賞委員会は授賞理由について、「EUは欧州を戦争の大陸から平和の大陸に変革させる重要な役割を果たした」と説明。EUとその前身が60年以上にわたり、欧州の平和と和解、民主主義や人権の進展に貢献したことを評価した。ファンロンパイEU大統領は同日、訪問先のヘルシンキで「欧州の平和を維持するEUの努力が報われ、誇りに思う」と語った。《産経新聞》

【山口県警宇部署】捜査書類をマスコミに誤送信

山口県警宇部署は12日、本来は検察庁に送信すべき容疑者の個人情報を記した捜査書類を、ファクスの操作ミスでマスコミ2社に誤送信したと発表した。書類は署員が回収したという。

宇部署などによると、誤送信したのは送検前に検察庁に送る「身柄事件送致予定連絡票」。A4判1枚で、容疑者の名前や容疑事実のほか、住所の詳細や証拠品の有無、送致予定日時などを記載している。

署員が午後3時50分ごろ、銃刀法違反容疑で逮捕した容疑者の連絡票を宇部区検あてにファクス送信する際、送信先をきちんと確認しないまま宇部市記者クラブに加盟する2社に誤って送信。署員が区検に電話し発覚した。《共同通信》

2011 平成23年10月12日(水)

平成8313日目

【東京地検】詐欺容疑で電通元部長を逮捕

イベント制作費の立て替え金名目で、知人が経営する会社から約1億5750万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は12日、詐欺容疑で大手広告代理店「電通」の元企画業務推進部長、A容疑者(46)=東京都世田谷区=を逮捕した。

特捜部によると、A容疑者は平成20年10月29日ごろ、電通が関与するイベントの制作費を立て替え払いすれば、翌月までに電通などが出資する都内の「シブヤエンターテイメントレビュー21共同事業組合」(SER21)が手数料5%を上乗せして返金するとうそをつき、知人が経営する東京都内の会社から約1億5750万円をだまし取った疑いが持たれている。《産経新聞》

【札幌・手稲区】バス運転手が意識失う

12日午後2時50分頃、札幌市手稲区富丘4の1の札樽自動車道で、「テーオー運輸」(北海道恵庭市)の大型観光バスの男性運転手(48)が運転中に突然、意識を失い、ガードロープに接触した。

前方の座席に座っていた乗客の男性(46)が異変に気付いて運転席に向かい、ハンドルを固定してサイドブレーキを引いたため、バスは停止し、乗客26人にけが人はなかった。運転手は病院に運ばれたが、すでに死亡していた。《読売新聞》

【タイ】自動車生産がほぼ停止

三菱自動車は12日、タイの洪水に伴い13日夕から現地工場の操業を停止すると明らかにした。取引先の現地部品メーカーが被災して部品供給が滞っているため。トヨタ自動車やホンダは既に操業を停止しており、タイに進出するほとんどの日系自動車メーカーが現地生産の停止に追い込まれる事態となった。

再開のめどは立たず、被害は長期化する恐れが出ており、トヨタや三菱自動車はタイ向けに他国から代替部品を緊急輸送する検討を始めた。自動車各社は東日本大震災によるサプライチェーン寸断の影響から立ち直り、増産態勢を強めていただけに、有力拠点のタイの生産停止は大きな打撃となりそうだ。《共同通信》

【体操世界選手権・団体】日本、33年ぶりの優勝逃す

体操の世界選手権第6日は12日、東京体育館で8カ国による男子の団体総合決勝を行い、予選首位で内村航平(コナミ)をエースに擁する日本は273・093点で3大会連続の2位に終わり、1978年ストラスブール大会以来33年ぶりの優勝を逃した。予選3位の中国が275・161点で大会最多に並ぶ5連覇を達成し、3位に米国が続いた。

日本は4種目目の跳馬で内村、沖口誠、山室光史(以上コナミ)が16点台の高得点をそろえて首位に立った。だが、5種目を終えて中国に逆転され、最後の鉄棒では田中佑典(順大)と内村が連続して落下した。13日は女子の個人総合決勝を行う。《共同通信》

2010 平成22年10月12日(火)

平成7948日目

【サッカー国際親善試合】日本0−0韓国

サッカーの日本代表は12日、ソウル・ワールドカップ(W杯)競技場でライバルの韓国代表と国際親善試合を行い、0−0で引き分けた。海外初遠征のザッケローニ監督の下で韓国から5年ぶりの白星はならなかった。日本は同監督が指揮を執ったことし2試合をアルゼンチン戦の金星に続き、通算1勝1分けで終えた。《共同通信》

【福井・勝山市】介護施設で女性看護師がクマに襲われ重傷

12日午前7時15分ごろ、福井県勝山市野向町聖丸の「たけとう病院」のデイサービス施設「デイケア野向の舎(いえ)」で、出勤した女性看護師(56)が玄関先でクマに襲われた。看護師は顔や胸などをかまれ3週間の重傷。クマは施設内にとどまっているとみられ、封じ込めた上で玄関先におりを設置して捕獲作業を進めている。《福井新聞》

【菅直人首相】補正予算「来年1月執行を」

10月12日は何の日【菅直人首相】補正予算「来年1月執行を」
http://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は12日の衆院予算委員会で、2010年度補正予算案について「少なくとも今国会で成立させて来年1月から執行できるようにお願いしたい」と野党に協力を要請した。財政再建に関しても「真正面から論争の場に参加してもらいたい」と呼び掛けた。参院で与党が過半数割れしている「ねじれ」状態を受け、与野党協議による合意形成を優先した発言だ。

首相は経済的台頭が著しい中国に対し「国際社会でルールをしっかり踏まえて行動してほしい」と強調。仙谷由人官房長官も「中国に大国の責任を持ってもらい、国際的なコモンセンス(常識)の輪に入ってもらえるかが課題だ」と指摘した。《福井新聞》

2009 平成21年10月12日(月)

平成7583日目

【前原誠司国交相】「羽田をハブ空港に」

前原誠司国土交通相は12日、大阪府泉佐野市のホテルで橋下徹大阪府知事と会談後、羽田空港を24時間運用の国際拠点(ハブ)空港として優先整備する考えを示した。また、羽田が国内便、成田が国際便とすみ分けてきた首都圏空港の「内際分離」原則を撤廃する考えも表明。橋下知事が求めた関西空港のハブ空港としての整備は明言しなかった。

前原氏は橋下知事と会談後、「日本にはいまハブ空港が存在しない。成田が国際、羽田が国内と分かれ、日本のハブ空港は韓国の仁川(インチョン)になっている」と述べ、日本の地方空港から仁川空港を経由して欧米などに行く現状を見直す必要があると指摘した。

改善策として「内際分離の原則を取っ払って、羽田の24時間国際空港化を徐々に目指していきたい」と、羽田の再拡張事業で来年10月に4本目の滑走路ができ就航便数が大幅に増えるのを契機に、羽田を国際ハブ空港とする考えを示した。羽田を韓国の仁川空港に匹敵する拠点にし、日本の航空産業などの国際競争力を確保する狙いがある。《スポニチ》

2008 平成20年10月12日(日)

平成7218日目

【海上自衛隊】3等海曹の集団暴行死が発覚

海上自衛隊の特殊部隊「特別警備隊」の隊員を養成する第1術科学校(広島県江田島市)の特別警備課程で9月、同課程を中途でやめ、潜水艦部隊への異動を控えた男性3等海曹(25)=愛媛県出身、死亡後2曹に昇進=が、1人で隊員15人相手の格闘訓練をさせられ、頭を強打して約2週間後に死亡していたことが12日、分かった。

教官らは3曹の遺族に「(異動の)はなむけのつもりだった」と説明しており、同課程をやめる隊員に対し、訓練名目での集団暴行が常態化していた疑いがある。海自警務隊は傷害致死容疑などで教官や隊員らから事情を聴いている。

関係者によると、9月9日午後、同学校のレスリング場で「徒手格闘」の訓練が行われ、3曹1人に15人の隊員が次々に交代しながら50秒ずつ格闘。3曹は途中で意識不明になり、9月25日に死亡した。《産経新聞》

【麻生太郎首相】米「北」テロ指定解除に理解

麻生太郎首相は12日午後、米国による北朝鮮のテロ指定国家解除に関し、核計画申告の検証方法で譲歩を引き出すための措置として「一つの方法だ」と理解を表明した。拉致問題解決に与える影響については否定的な見方を示したが、閣僚からは「同盟国である日本と事前によく相談した上でやったのか」(中川昭一財務相兼金融担当相)など米国への不満も漏れた。

首相は浜松市内で記者団に「(核施設への)実質的な検証ができる枠組みづくりが全然進んでいないかったから、米国としては指定解除を利用した」と述べ、米国の外交戦術の一環との認識を示した。《福井新聞》

広告




2007 平成19年10月12日(金)

平成6852日目

【有楽町イトシア】オープン

【赤福】製造日偽装発覚

農水省は12日、伊勢神宮参拝の土産物として知られるもち菓子、赤福の製造元「赤福」(三重県伊勢市)が日本農林規格(JAS)法に反して製造年月日を偽装表示し販売していたと発表した。同省はJAS法に基づき、表示の再点検、是正とともに再発防止対策などの実施を指示した。不正表示は30年以上、常態化していたという。《福井新聞》

【ドン・キホーテ】長崎屋買収を発表

大手量販店のドン・キホーテは12日、プリント基板製造のキョウデンから、同社子会社でスーパーマーケットを運営する長崎屋を買収すると発表した。新たな業態を取り込むことで店舗ネットワークを強化し、事業領域を拡大するという。《日経新聞》

【パロマ湯沸器事故】元社長らを書類送検

パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器を使用していた東京都港区の大学生ら2人が05年11月に死傷した事故で、警視庁捜査1課は12日、同社のK・元社長(70)と鎌塚渉・元品質管理部長(57)、系列販売店の従業員(既に死亡)の計3人を業務上過失致死傷容疑で書類送検した。20年余にわたり被害が繰り返され、全国で21人が死亡した事態を重視、元社長らが事故を防止する義務を怠ったと判断した。製品の安全管理を巡ってメーカートップが立件されるのは異例。《毎日新聞》

【福田康夫首相】「低姿勢」を強調

福田康夫首相は12日、衆院予算委員会、決算行政監視委員会と4日間続いた質疑を終えた。この間の答弁は、参院での与野党逆転を意識し野党との協議を強調する「低姿勢」を強調。手ごわい質問への対応は担当閣僚に振りつつ「安全運転」を貫いたが、自らの「政治とカネ」問題を追及されると、冷静さを失い「打たれ弱い」(自民党幹部)面ものぞかせた。《福井新聞》

【黒川紀章さん】死去

東京・六本木の国立新美術館など「共生の思想」に基づく作品で国際的にも知られた、建築家で文化功労者の黒川紀章さんが12日午前8時42分、心不全のため東京都新宿区の病院で死去した。73歳だった。妻は俳優の若尾文子さん。9日から入院していた。

晩年は都知事選などの話題でも知られたが、建築家として20代から活躍し、スケールの大きな発想の建築を生み続けた。《朝日新聞》

2006 平成18年10月12日(木)

平成6487日目

【靖国神社】鎮霊社を32年ぶりに一般公開

靖国神社(東京都千代田区)は12日から、境内に戦後創建されながら長く一般の参拝対象にしていなかった「鎮霊社」を32年ぶりに公開する。本殿脇にありながら、ほとんど存在も知られておらず、「合祀(ごうし)前のA級戦犯を祭っていた」との説もある。同神社は「以前から参拝要望があったため」とA級戦犯問題との関連は否定している。《毎日新聞》

【パ・リーグ】日本ハム、25年ぶりのリーグ優勝

プロ野球パ・リーグは12日、札幌市の札幌ドームでプレーオフ第2ステージ(4試合性)第2戦を行い、日本ハムが1−0でソフトバンクにサヨナラ勝ちし、レギュラーシーズン1位通過で得た1勝のアドバンテージを含む3勝目を挙げ、25年ぶりの優勝を決めた。

日本ハムのリーグ制覇は東映時代を含めると3度目。札幌移転3年目で快挙を成し遂げた。ソフトバンクはダイエー時代の2004年から3年連続で第2ステージ敗退となった。《福井新聞》

【阪神・片岡篤史内野手】15年の現役生活にピリオド

甲子園が泣いた。阪神ナインも中日ナインも、みんなが泣いた。阪神・片岡篤史内野手(37)が12日の中日戦(甲子園)で、15年間の現役生活にピリオド。『6番・三塁』で出場し、2安打を放って、勝利で花道を飾った。苦しんだタテジマでの5年間だったが、野球に対する真っすぐな姿は、ファンの脳裏に、深く刻み込まれた。《サンスポ》

【安倍晋三首相】ミサイル防衛前倒し

安倍晋三首相は12日の参院予算委員会で、北朝鮮の核実験発表などを踏まえ「ミサイル防衛網整備を促進すべく努力したい」と述べ、2011年度とされているミサイル防衛(MD)システム構築を前倒しする考えを示した。

久間章生防衛庁長官も「国民の不安を取り除く必要があるので前倒しを考えないといけない」と同調、イージス艦に搭載する海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の導入時期を当初の2007年度末から07年中に早める考えを強調した。《福井新聞》

2005 平成17年10月12日(水)

平成6122日目

【神舟6号】中国が二度目の有人宇宙船打上げに成功

中国にとって2度目となる有人宇宙船「神舟6号」が12日午前9時、中国北西部の甘粛省と内モンゴル自治区にまたがる酒泉衛星発射センターから、長征2Fロケットで打ち上げられた。神舟6号は、約10分後にロケットから切り離され、高度200~347キロの楕円(だえん)軌道に投入された。午前9時40分過ぎ、温家宝首相が「打ち上げに成功した」と宣言。「偉大な業績が中華民族の輝かしい歴史に加わった」とたたえた。

神舟6号は、その後高度343キロの円軌道に移る見通し。約119時間の飛行後、17日朝に内モンゴル自治区内に着陸する予定だ。船内では、飛行士が宇宙服を脱いで各種の科学実験を行う。無重力状態での生活が人体に及ぼす影響を調べたり、豚の精子や植物の種子を使って品種改良の可能性を探ったりするという。 《朝日新聞》

【パナウェーブ研究所】川岸に再び白い布

福井市五太子町に拠点施設がある白装束団体「パナウェーブ研究所」が、河川管理者である県の許可を得ないまま、施設近くを流れる一光川の岸に再び白い布を張り巡らせていることが12日、分かった。県は早急に撤去するよう注意する方針。

団体によると、布は2週間ほど前に張ったという。護岸のコンクリート部分にはほとんどかかっていないが、川岸約100メートルに渡って白い布を覆いかぶせている。団体は以前にも白い布を張り巡らし、管理者の県から撤去を指示されたことがある。《福井新聞》

2004 平成16年10月12日(火)

平成5757日目

【オリックス・仰木彬監督】就任会見

オリックスと近鉄が統合する新球団、オリックス・バファローズの監督となる野球解説者の仰木彬氏(69)の就任会見が12日、大阪市内のホテルであった。仰木氏は球界再編の動きに触れ、「野球界の地殻が動く中で新しいスタートを切るのは血が騒ぐ。精いっぱい務めたい」と語った。

正式就任は11月1日で、契約年数は1年。契約金、年俸は共に1億円(推定)。選手やスタッフの編成など、統合に伴う様々な課題が待ち受けている。特に大リーグ移籍を視野に入れる中村や、新球団入りに難色を示す礒部ら近鉄の主力選手について、「彼らは大阪の顔。新しい歴史を作るために力を貸してほしい選手」と、全力を挙げて慰留に努めることを強調した。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】「郵政改革は正念場」

10月12日は何の日【小泉純一郎首相】「郵政改革は正念場」
http://www.kantei.go.jp/

第161臨時国会が12日招集され、小泉純一郎首相は同日午後の衆参両院本会議で所信表明演説を行った。これを受け各党は13日の衆院を皮切りに3日間の代表質問を衆参両院で行う。

首相は郵政民営化法案を次期通常国会に提出し、2007年4月からの民営化を断行する決意を表明。国・地方財政の「三位一体改革」と併せて「具体化の正念場」と位置付け、改革を加速させる意向を表明した。《福井新聞》

2003 平成15年10月12日(日)

平成5391日目

【東京ガス・内海哲也投手】プロ入りを表明

巨人が獲得を目指している社会人野球、東京ガスの内海哲也投手(21)が12日、プロ入りの意向を明らかにした。内海投手は敦賀気比高時代の2000年のドラフト会議でオリックスに1位指名されたが、巨人への入団を希望していたため東京ガスに入社した。《福井新聞》

【サッカー・女子W杯】ドイツが初優勝

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)は12日、米カリフォルニア州カーソンで決勝を行い、ドイツがスゥエーデンを延長の末、2−1で下して初優勝を果たした。今大会の得点王は7点を挙げたプリンツ(ドイツ)が獲得した。《共同通信》

【自民党・民主党】2枚看板がそれぞれ始動

衆院解散後、初の日曜日となった12日、自民党の小泉純一郎首相(総裁)と安倍晋三幹事長、民主党の菅直人代表と小沢一郎旧自由党党首という与野党の「2枚看板」が本格始動し、それぞれ街頭演説で政権選択を訴えた。

埼玉県川越市で参院埼玉補選の応援も兼ねて解散後初めて街頭に立った小泉首相は「ようやく景気に明るい兆しが見えてきた。この兆しを本物にしていくのが小泉内閣の使命だ」と景気回復と構造改革路線の継続を強調した。安倍氏は大阪市内の5ヶ所で遊説。JR大阪駅前では周辺の歩道橋にまで聴衆があふれ、安倍人気を見せつけた。

一方、菅、小沢両氏は12日午前、金沢市内で解散後初めてそろい踏みし、政権交代に向けて両党合併の意義をアピールした。《福井新聞》

2002 平成14年10月12日(土)

平成5026日目

【インドネシア・バリ島】爆弾テロ

Embed from Getty Images

インドネシア・バリ島の繁華街クタのレギアン通りにあるディスコで12日午後11時すぎ、大きな爆発があった。警察や病院によると、外国人観光客など187人が死亡、300人以上がけが。日本人7人も重軽傷を負った。警察によると、ディスコ前で車に仕掛けられた爆弾が爆発したとみられ、外国人を標的にした犯行とみて捜査している。

前後してバリ島サヌール地区の米国名誉領事宅近くと、スラウェシ島北部マナドの不フィリピン総領事館近くで爆発が相次ぎ、メガワティ・インドネシア大統領は13日、連続爆弾テロとして非難する声明を発表した。ブッシュ米大統領など各国指導者も犠牲者への哀悼とテロ非難を表明した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】自公保連立支持訴え

小泉純一郎首相は12日、統一補選後初めて千葉、神奈川両県で街頭演説を行い、選挙遊説をスタートさせた。首相は全7選挙区を遊説する予定で、先の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)訪問で内閣支持率も持ち直したことから、自民党は「小泉人気」を最大限活用して必勝を期す構えだ。

首相は今回の選挙を「自民党を中心に公明、保守両党が日本を運営するのか、民主党、社民党で運営するか冷静に考えてもらう選挙だ」と位置付け、自公保連立政権への支持を訴えた。《福井新聞》

2001 平成13年10月12日(金)

平成4661日目

【伊予鉄道・坊っちゃん列車】運行開始

【巨人・松井秀喜外野手】初の首位打者獲得

4年ぶりにヤクルトが優勝したセ・リーグは12日、ヤクルトー広島最終戦(神宮)で全日程を終了した。

2連覇を逃した巨人が2位、横浜が3年連続3位で、広島は最終戦に敗れたため4位、阪神は球団ワースト記録を更新する4年連続最下位となった。

個人タイトルは巨人の松井が自身最高打率の3割3分3厘をマークして初の首位打者。ヤクルトのペタジーニは2年ぶりの本塁打王と最高出塁率に輝き、打点でも巨人の清原を抑えた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】国債「30兆円超え」容認

小泉純一郎首相は12日夜、首相官邸で行われた与党3党の党首会談で、国債発行額の「30兆円枠」について「補正は税収見通しを精査し、柔軟に対応する」と述べ、税収の大幅減が確定すれば「30兆円枠」を超えることも決断せざるを得ないとの考えを表明した。

会談後、首相は記者団に対し「30兆円の原則は大事にしなくてはいけないが(首相就任時の)4月との状況の変化は認識している。経済指標も落ち込んでおり、30兆円の枠は大胆かつ柔軟にやりたい」と、方針転換の可能性を強く示唆した。《福井新聞》

2000 平成12年10月12日(木)

平成4296日目

【オリックス・イチロー外野手】大リーグ挑戦を表明

プロ野球史上初の7年連続首位打者を決めているオリックスのイチロー外野手(26)が来シーズンから米大リーグを目指すことが決まり12日、オリックス球団の岡添裕球団社長、イチロー選手が神戸市内のホテルで会見して明らかにした。

米大リーグでのプレーを希望していたイチロー選手は「(球団との)合意の下にアメリカの野球に挑戦できる可能性ができてうれしい。日本のファンには複雑な思いがあるが、精いっぱいやりたい」と語った。《福井新聞》

【森喜朗首相】「家父長制」を評価?

森喜朗首相は12日午前、都内で開かれた「第22回農協全国大会」でのあいさつで、「祖父母や家族と一緒に座って食事をした。すばらしい家庭が置き忘れられている。そこで長はどこに座りお父さんお母さんがどこに座るが既に決まっていて、そこで子どもは礼儀をわきまえていったのではないか」と述べ、戦前の家父長制を評価したとも受け取られかねない考えを示した。

先に首相は夫婦別姓問題で「従来の(夫婦同姓の)方が日本になじむ」と発言し女性議員から抗議を受けたばかりで、今回の発言も波紋を呼びそうだ。《福井新聞》

【ミヤコ蝶々さん】死去

絶妙な話術で庶民の泣き笑いを披露し、長寿番組「夫婦善哉」などで知られた上方芸能界の大スター、ミヤコ蝶々(本名・日向鈴子)さんが12日午後1時7分、腎不全のため入院先の大阪市天王寺区の病院で死去した。80歳だった。東京都出身。

戦後の民放ラジオ番組で夢路いとし・喜味こいしさんら漫才コンビのリーダー役を努め、上方の笑いを全国的にし、漫才師から女優に転身後も映画、テレビ、舞台で活躍、上方喜劇人のシンボル的な地位を保った。《福井新聞》

1999 平成11年10月12日(火)

平成3930日目

【東京・石原慎太郎都知事】対米中外交を批判

石原慎太郎東京都知事は12日夜、都内のホテルで開かれた自民党国会議員でつくる「日本の進路を考える会」(会長・梶山静六元官房長官)で講演し、日本の対米、対中外交を厳しく批判する独自の外交論を展開した。

対中関係では日米防衛協力のための新指針の周辺事態の対象に「台湾が入るのは当たり前の話。これをはっきり言ったのは梶山氏だけで、当たり前のことを言えない政治家が多くて心配だ」などと強調、中国に強い姿勢で臨むよう注文した。《福井新聞》

【作家・三浦綾子さん】死去

「氷点」「積木の箱」などのベストセラーで知られ、クリスチャンの立場から人間の生き方を追求し続けた作家、三浦綾子さんが12日午後5時39分、多臓器不全のため北海道旭川市の旭川リハビリテーション病院で死去した。77歳。北海道出身。

1939年旭川市立高等女学校を卒業後、小学校教諭となったが、戦時中の教育の過ちを自責し46年、退職。直後に肺結核と脊椎カリエスに倒れ、13年間の療養生活を送った。

同市内で雑貨店を営む傍ら執筆した「氷点」が64年、新潮社の1000万円懸賞小説に当選。当時としては異例の賞金額で話題となり、ベストセラーになる一方、テレビドラマや映画にもなって、一躍人気作家となった。《福井新聞》

1998 平成10年10月12日(月)

平成3565日目

【巨人・松井秀喜外野手】初の本塁打王獲得

横浜が38年ぶりのリーグ優勝を成し遂げ、西武が混戦を制して連覇を果たしたことしのプロ野球、セ、パ両リーグは12日、全日程を終了した。セの2位は中日、3位は巨人で、昨年日本一のヤクルトは4位に低迷し、以下広島、阪神となった。

パは前半戦を独走しながら後半息切れした日本ハムが2位、オリックスと21年ぶりにAクラス入りを果たしたダイエーが同率3位で、5位近鉄、ロッテは2年連続で最下位となった。

セのタイトル争いは松井(巨人)が34本塁打で初の本塁打王に輝くとともに100打点で打点王、最高出塁率(4割2分1厘)のタイトルも初めて獲得し、首位打者は打率3割3分7厘で鈴木尚(横浜)が2年連続で手にした。《福井新聞》

【小渕恵三首相】野党4会派と党首会談

小渕恵三首相は12日夜、金融機関の破たんを未然防止するための金融機能早期健全化法案について野党4会派と党首会談を行い、特に著しい過少資本銀行への資本注入を厳しく制限した修正案を提示、共同提案者となるよう要請した。平和・改革、自由党は修正案を評価し、応じる考えを表明した。民主党は「情報開示が不十分」として修正案を拒否。社民党は賛否を留保した。

同修正案は13日の衆院金融安定化特別委員会と本会議で自民党、平和・改革、自由党の賛同で可決、参院に送付される運び。会期末の16日に成立する見通しだ。《福井新聞》

広告





1997 平成9年10月12日(日)

平成3200日目

【京都市営地下鉄・東西線】開業

【世界柔道】田村亮子選手、野村忠宏選手が金

柔道の世界選手権は12日、パリのベルシー総合スポーツセンターで最終日の男女計4階級が行われ、女子48キロ級で田村亮子選手(22・帝京大)が優勝、日本女子で史上初の3連覇を達成した。

また、男子60キロ級の野村忠宏選手(22・奈良教育大大学院)もアトランタ五輪に続き金メダルを獲得した。《読売新聞》

【大月駅列車衝突事故】

12日午後8時ごろ、山梨県大月市のJR中央線大月駅構内で、新宿発松本行き下り特急スーパーあずさ13号(12両編成)と回送列車(6両編成)が衝突、特急の5両が脱線し、うち1両が横転、回送列車も2両が脱線した。JR東日本によると、特急の乗客約550人のうち60人と回送列車の運転士(24)が重軽傷を負い、4人が入院した。山梨県警は負傷者を34人としている。

JR東日本の調べでは、引き込み線上の回送列車が赤信号にもかかわらず本線に進入した可能性が高く、列車自動停止装置(ATS)は正常に作動しなかった。山梨県警は捜査本部を設置し、13日朝から業務上過失致傷容疑で現場検証、運転士を事情聴取するなど事故原因の解明に乗り出した。

同社によると、特急列車は青信号を確認し、予定より2分遅い12日午後8時2分、大月駅に進入した。本線が青信号の場合、引き込み線側は赤信号になる。回送列車は赤信号のまま出発予定より6分早く本線に進入したとみられ、運転士の信号見落としとの見方が強まっている。《福井新聞》

【小泉純一郎厚相】「郵政国営維持なら辞任」

小泉純一郎厚相は12日、フジテレビやテレビ朝日の番組で、政府が郵政3事業の国営維持を決めれば閣僚を辞任する考えを示した。自民党執行部は一定の条件付きで3事業の国営維持で足並みを揃えている。これに対抗して閣僚の進退問題が浮上してきたことで、板挟みとなる橋本龍太郎首相は難しい決断を迫られている。

番組で小泉氏は「首相は私の口を使って民営化を言わせている。既に決断しており、決心は変わらないと信じている」と述べ、行政改革会議中間報告に郵貯、簡保民営化を盛り込んだ首相の指導力を強調。「国営維持の結論を出した時は、私が閣僚をやっている必要はない」と明言した。《福井新聞》

【ジョン・デンバーさん】死去

「テイク・ミー・ホーム、カントリー・ロード(邦題・故郷へかえりたい)」など数多くのヒット曲で日本のファンも多い、米国の代表的カントリー歌手兼作曲家のジョン・デンバーさんが12日、米カリフォルニア州モントレー沖で操縦していた軽飛行機が墜落、死亡した。53歳。ニューメキシコ州出身。

デンバーさんは自家用機のパイロット免許を所持、1989年、アリゾナ州で小さな事故を起こしたことがある。普段はコロラド州のリゾート地アスペンの自宅を中心に活動しているが、モントレーにも別荘を持っており、しばしば訪れていた。《共同通信》

1996 平成8年10月12日(土)

平成2835日目

【 HIS】航空会社を設立へ

格安航空券販売で知られる旅行会社、エイチ・アイ・エス(HIS、本社東京)は12日、2年後の国内線乗り入れを目指し、同社を主な出資者とする航空会社を設立すると発表した。

北海道の利用者などから「値段が高い」と不満が出ている羽田ー札幌線で、現行運賃の半額の定期便を飛ばす構想。実現すれば全日本空輸など大手3社の国内線寡占状態を打ち破り、競争を促すことになる。《福井新聞》

【橋本龍太郎首相】異例の「お国入り」

橋本龍太郎首相(自民党総裁)は12日、地元の衆院岡山4区に2日間の日程で乗り込み、選挙運動を展開した。歴代首相で衆院選のまっただ中で、自分のためにお国入りするのは極めて異例。宿敵の加藤六月氏(新進党)に勝ち、岡山県知事選でも新進党推薦候補を倒すことで、地元の基盤を固め、政権続投を確かなものにする思惑がある。《福井新聞》

1995 平成7年10月12日(木)

平成2469日目

【ディアモール大阪】梅田とJR北新地間に広がる地下街開業

【ホンダ・CR-V】発売

006-002
http://www.honda.co.jp/

【ボスニア】停戦発効

ボスニア・ヘルツェゴビナ政府(イスラム教徒主導)とセルビア人勢力は10月11日午後、停戦発効に関する合意文書に調印、全土での60日間に渡る停戦が12日午前0時1分、予定より丸2日遅れで発効した。

ボスニア全土での停戦は、今年1月にカーター元大統領の仲介によって成立して以来。停戦実現でボスニア紛争は今月31日から米東海岸で行われるボスニア政府(イスラム教徒主導)、クロアチア、ユーゴスラビア(セルビアとモンテネグロで構成)各国首脳による和平交渉が最大の焦点となる。

交渉は米国主導で、停戦期限切れをにらみながら、領土の線引きや国家形態など極めて困難な問題での合意実現に全力を挙げることになる。

【高麗大・趙成珉投手】巨人入り

巨人は12日、東京都内のホテルで韓国・高麗大の趙成珉投手(22)と契約金1億5000万円、年俸1200万円、8年契約で入団手続きを済ませ、その後記者会見を行った。

巨人のユニホームに初めてそでを通し、同席した長嶋監督から帽子をかぶせてもらった趙は「日本のプロ野球に胸を借りるというか、学ばせてもらいたい、という気持ちがある。来年、先発としてマウンドに立てるように力を尽くし、チームに貢献したい」と抱負を語った。《福井新聞》

【麻原彰晃被告】坂本弁護士殺害を指示

坂本弁護士一家事件で、オウム真理教の教組麻原彰晃被告(40)が捜査当局の調べに対し「事件の直前、早川紀代秀被告(46)と岡崎一明容疑者(34)から『オウムを攻撃している坂本弁護士がいては、平成2年2月の衆院選を戦えない。殺すしかない』と言われたので、殺害を指示した」との内容の具体的な供述をしていたことが12日、分かった。

同被告が、坂本弁護士事件の動機について供述したのは初めて。供述は揺れており、公判では起訴事実を否認する見通しだが、教団トップが具体的供述を始めたことで同事件の捜査は大詰めを迎えた。《福井新聞》

【村山富市首相】宗教審報告「問題ない」

村山富市首相は12日の衆院予算委員会で、宗教法人法改正に関する宗教法人審議会の報告について「議論を尽くして会長一任となり、取りまとめたものだ。(審議会運営に)問題はなく、その報告を尊重して(政府が)対応していくのは当然だ」として審議会の手続きに不備はなく、予定通り改正案提出準備を進めるとの考えを強調した。

新進党の石田勝之氏が「委員の中に慎重意見が多かったのに、法案提出するのか」と質問したのに答えた。《福井新聞》

1994 平成6年10月12日(水)

平成2104日目

【プロ野球・ダイエー】新監督に王貞治氏

プロ野球のダイエーは元巨人監督の王貞治氏(54)の新監督就任を12日午前、福岡市内のホテルで正式発表、王体制がスタートした。契約は5年。根本前監督が培った基盤に立ち、腰を据えてチームの一層の強化を目指す。背番号は未定。

王監督の球界復帰は1988年に巨人を退団して以来、7シーズンぶり。根本陸夫前監督(67)は昨年末から兼務していた球団代表専務取締役に専念し、王体制をバックアップする。

根本前監督は昨年から「東の長嶋、西の王」という構想から、次期監督として王氏と水面下で交渉を重ね、王氏も「もう一度野球で勝負したい」と再びユニホームを着る決断をした。《福井新聞》

【村山富市首相】原発新設も容認


http://www.kantei.go.jp/

村山首相は12日の予算委員会で、原発政策について「(原発に代わって)何かクリーンなエネルギーを開発すべきだが、間に合わないので、ある程度の増設はやむを得ない」と述べ、初めて原発の新設も容認する考えを表明した。

先月の社会党大会で決めた活動方針では「建設中および更新を必要とする原発については慎重に対応する」との表現になっており、首相の発言は社会党委員長として、安保・自衛隊などに引き続き、原発問題でも現実路線に踏み出したと受け取られている。《福井新聞》

1993 平成5年10月12日(火)

平成1739日目

【細川護熙首相】ロシア・エリツィン大統領と会談

ロシアのエリツィン大統領は11日午後9時半すぎ、羽田空港着の特別機で国賓として来日した。大統領は初の公式訪問で、昨年9月、今年5月の2度の延期後、実現した。細川首相と大統領の会談は、東京・元赤坂の迎賓館で12日午前に両首脳に経済関係閣僚らを交えた全体会議でスタート。これに続いて同日夕、両首脳に両外相らが同席して第一回首脳会談を行った。

一連の会談で大統領は「ロシアは旧ソ連の継承国として条約、国際公約を順守する」ことを明確に表明するとともに、両国の懸案である北方領土問題について「必ず解決しなければならない問題」との認識を示し、打開に意欲を見せた。

両首脳は歯舞、色丹、国後、択捉の4島の帰属を交渉対象とするとの基本的認識で一致した。帰属の問題を交渉の対象として認めたのは旧ソ連時代を通じて初めて。日本側は新生ロシアとの新たな出発点を築けたと成果を評価している。《福井新聞》

【ロシア・エリツィン大統領】晩さん会で流血事件に言及

国賓として来日したロシアのエリツィン大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が12日夜、皇居・宮殿の大宴会場「豊明殿」で開かれた。

大統領はスピーチで、戦後の抑留による犠牲者について、午前中の両陛下との会談に続き改めて「深い哀悼と謝罪の意」を表明するとともに「市場経済を持った民主主義、自由ち人権を優先させるような市民社会の構築は容易ならぬものです。それは時には極めて痛みを伴う形をとることもあります」と述べ、モスクワでの武力衝突による流血事件に理解を求めた。

しかし事件を「日妥協的な敵が血まみれの暴動を引き起こした」と表現するなど、激変する国内事情を反映した異例の晩さん会スピーチとなった。《福井新聞》

1992 平成4年10月12日(月)

平成1374日目

【プロ野球・巨人】長嶋茂雄氏の監督復帰が決定

巨人の監督に長嶋茂雄氏(56)の12年ぶりの復帰が12日、正式に決まった。巨人の正力亨オーナーを議長とする最高経営会議が同日、東京・大手町の読売新聞社で開かれ、長嶋氏が出席。待遇やコーチ陣編成の大筋などで合意したため、就任が決定した。契約年数は異例の5年間となった。《福井新聞》

長島氏は東京・九段のホテルで記者会見。「スピードはそのスポーツでも原点。足の速い選手をつくっていきたい」と語り、機動力に重点を置いて攻撃を強化する方針を明らかにした。また11月のドラフト会議の目玉となる星稜高の強打者、松井秀喜内野手には「プロで大成する潜在能力に魅力を感じている。ぜひ、育ててみたい」と指名に強い意欲を見せた。《福井新聞》

【山崎拓建設相】「金丸さんにはお辞めいただくしかない」

山崎建設相は12日、神戸市内で開かれた次期衆院選立候補予定者の講演会の集会で、佐川急便事件について触れ「政治をこれだけ騒がせた責任を取って、金丸さんにはお辞めいただくしかない」と、金丸前自民党副総裁の議員辞職を要求した。

現職閣僚が公式の場で、金丸前副総裁の議員辞職を求めたのは初めて。従来、竹下派と友好関係を保っていた渡辺派幹部による辞職要求は、世論の金丸批判に渡辺派が抗し切れなくなった結果とみられ、金丸前副総裁の今後の進退に大きな影響を与えそうだ。《福井新聞》

1991 平成3年10月12日(土)

平成1008日目

【自民・三塚派】加藤六月氏を除名処分

自民党三塚派の三塚博会長は12日午前、三塚派の派閥運営に意義を唱えている加藤六月党政調会長を都内の派閥事務所の会長室に呼び「三塚派と食い違う信念で発言、行動するなら、今後とも違う信念で行動してほしい」と述べ、派閥から除名することを通告した。

同氏は引き続き、加藤氏と連携する姿勢を示してきた石原慎太郎元運輸相から意見聴取、石原氏は「一緒にやりましょう」と今後も三塚氏に協力する態度を明確にした。《福井新聞》

【自民党・宮沢喜一氏】人事は竹下派重視で

自民党宮沢派会長の宮沢喜一氏は12日午後、遊説先の静岡県で記者会見し、総裁就任後の内閣、党役員人事について「党執行部の力、政府の強いリーダーシップを挙党態勢で作り上げることが総理、総裁になった者の務め」と強調し「例えば竹下派は第一の力、数を持ち、人材もたくさんいる。そのことは当然重きを置かなければならない」と述べ、竹下派を重視した人事を行う考えを明らかにした。

「派閥の領袖クラスを登用するか」との質問に宮沢氏は「最大限の力を発揮できる体制をお願いしてみるべきだと考えている」と述べ、いわゆる実力者内閣を作る考えを示した。《福井新聞》

1990 平成2年10月12日(金)

平成643日目

【長良川河口堰】建設省「環境損なわない」

河川保護問題で全国から注目されている長良川河口堰建設に絡み、建設省と水資源開発公団は12日、同川周辺の動植物生態についての調査などを含めた報告書をまとめた。長良川の環境について総括的な報告書を同省がまとめ、公表するのは初めて。

報告書は「河口堰建設は自然環境に多大な影響を与える」とした日本自然保護協会の研究者グループの意見書に全面的に反論、建設によって動植物の生態を含め環境が損なわれることはないと強調している。

一方、水資源開発公団は今月中旬にも工事再開の方針を決めているが、工事中止を求める市民グループの反発は必至で、建設省側は今後も建設促進のため難しいかじ取りを迫られそうだ。《福井新聞》

【海部俊樹首相】所信表明演説

海部首相は12日午後4時すぎから衆院本会議で所信表明演説を行い、臨時国会最大の焦点である国連平和協力隊の創設を柱とする国連平和協力法案に対する国民の理解と支持を求めた。

首相は協力隊創設を国連中心の国際的な平和努力に対応する法体制の整備で「恒久平和の確立という憲法の理念を推進するもの」と位置づけ、冷戦後の世界の新秩序づくりに向け「国際社会で日本が置かれた立場に伴う当然、必要不可欠なコスト」と強調した。《福井新聞》

1989 平成元年10月12日(木)

平成278日目

【近鉄・ブライアント外野手】1試合3本塁打

近鉄のラルフ・ブライアント外野手(28)は12日、西武球場で行われた西武とのダブルヘッダー第1試合(24回戦)の4、6、8回に本塁打を放ち、今季4度目の1試合3本塁打をマーク。昨季から数えて通算6度目となって王貞治(巨人)の通算5度を上回るプロ野球新記録を作った。

同外野手はまた、第1試合の第2、3、4打席に続き第2試合(25回戦)にも第1打席の敬遠四球の後の第2打席で本塁打し、4打数連続本塁打のプロ野球タイ記録を達成した。《福井新聞》

【巨人・中畑清内野手】現役引退を表明

巨人の中畑清内野手(35)は12日、今季限りで14年間に及んだプロ生活にピリオドを打つことを明らかにした。

中畑は同日、巨人多摩川グラウンドで来季に触れ「自分の気持ちは決まっている。もう(選手生命は)終わったよ。きのう(11日)、正力オーナーにも自分の気持ちを伝えた」と語り、引退の意思を表明した。日本シリーズ後に正式発表される予定で、同選手が巨人を退団、野球解説者として再スタートする予定。《福井新聞》

【橋本龍太郎蔵相】消費税は「総額表示」が適切

衆院予算委員会は12日、市川公明党書記長、米沢民社党書記長、社会党の村山富市氏、共産党の不破委員長らが質問に立ち、消費税、防衛問題、年金法改正などをめぐって論戦を続けた。橋本蔵相は消費税見直し項目の一つになっている税額表示について、商品本体価格と税額を同時に表示する「総額表示方式」が適切との判断を示した。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.