平成4296日目

2000/10/12

【オリックス・イチロー外野手】大リーグ挑戦を表明

プロ野球史上初の7年連続首位打者を決めているオリックスのイチロー外野手(26)が来シーズンから米大リーグを目指すことが決まり12日、オリックス球団の岡添裕球団社長、イチロー選手が神戸市内のホテルで会見して明らかにした。

米大リーグでのプレーを希望していたイチロー選手は「(球団との)合意の下にアメリカの野球に挑戦できる可能性ができてうれしい。日本のファンには複雑な思いがあるが、精いっぱいやりたい」と語った。《福井新聞》




【森喜朗首相】「家父長制」を評価?

森喜朗首相は12日午前、都内で開かれた「第22回農協全国大会」でのあいさつで、「祖父母や家族と一緒に座って食事をした。すばらしい家庭が置き忘れられている。そこで長はどこに座りお父さんお母さんがどこに座るが既に決まっていて、そこで子どもは礼儀をわきまえていったのではないか」と述べ、戦前の家父長制を評価したとも受け取られかねない考えを示した。

先に首相は夫婦別姓問題で「従来の(夫婦同姓の)方が日本になじむ」と発言し女性議員から抗議を受けたばかりで、今回の発言も波紋を呼びそうだ。《福井新聞》

【ミヤコ蝶々さん】死去

絶妙な話術で庶民の泣き笑いを披露し、長寿番組「夫婦善哉」などで知られた上方芸能界の大スター、ミヤコ蝶々(本名・日向鈴子)さんが12日午後1時7分、腎不全のため入院先の大阪市天王寺区の病院で死去した。80歳だった。東京都出身。

戦後の民放ラジオ番組で夢路いとし・喜味こいしさんら漫才コンビのリーダー役を努め、上方の笑いを全国的にし、漫才師から女優に転身後も映画、テレビ、舞台で活躍、上方喜劇人のシンボル的な地位を保った。《福井新聞》

10月12日/のできごと