平成、令和の12月24日

北朝鮮、金正日書記を軍最高司令官に選出(平成3年12月24日) 三船敏郎さん死去(平成9年12月24日) 政府、米国産牛肉の輸入を停止(平成15年12月24日) 福岡ソフトバンクホークス誕生(平成16年12月24日) 将棋・藤井聡太四段、白星デビュー(平成28年12月24日)

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年12月24日(日)

平成351日目

【パナマ・ノリエガ将軍】バチカン大使館に亡命申請

米政府は24日、パナマのノリエガ将軍が同日午後、パナマ市内のバチカン大使館に政治亡命を求めたことを明らかにした。バチカン大使館も将軍が同日午後2時、同大使館を訪れ、亡命を求めたことを確認した。今後は将軍の身柄の取り扱いが焦点となるが、20日未明に始まった米軍のパナマ侵攻作戦は当面の目標を達成、パナマ情勢は米軍侵攻後5日にして、一応解決に向かう見通しとなった。《共同通信》

【ルーマニア】国民救済評議会が全土把握

チャウシェスク政権が崩壊したルーマニアでは、首都ブカレスト、地方都市ティミショアラなどで民主政力支持の国軍と、これに抵抗するチャウシェスク派治安部隊の間で、激しい戦闘が繰り広げられていたが、24日未明のブカレスト放送は「国民救済評議会が全土の戦略拠点を制圧した」と伝え、事実上の勝利宣言を行った。

国民救済評議会スポークスマンのイリエスク氏は24日午後、国営テレビで、治安部隊に対し、25日午後5時までに投降するよう呼びかけ、違反した者は厳罰に処せられる警告するとともに、チャウシェスク前大統領は法廷での裁判にかけられると語った。

ユーゴスラビアのタンユグ通信によると、呼びかけの後、ティミショアラでは治安部隊が投降を始めた。《読売新聞》

1990 平成2年12月24日(月)

平成716日目

【自民党・三塚博氏】年末の改造重ねて求める

自民党の小沢幹事長は24日午後、三塚・安倍派、山口・渡辺派の両事務局長と会談し、焦点の内閣改造・党役員人事問題を中心に意見を交わした。

党本部で行われた小沢・三塚会談では、三塚氏が「12月改造」が党内の大勢であるとの認識を重ねて表明。今月末、政治改革基本要綱の党議決定と、平成3年度予算編成作業が終了した時点で改造に踏み切るべきだとの考えを述べた。

小沢氏は「趣旨は分かったが、首相官邸からまだはっきりとした態度表明がない」と説明。近く海部首相と会談し、首相の真意を聞いた上で最終決着を図る方針を示した。《共同通信》

【橋本龍太郎蔵相】1991年度予算大蔵省原案を内示

橋本蔵相は24日夜の臨時閣議に1991年度(平成3年度)一般会計予算と財政投融資計画の大蔵原案を提出、了承を得て各省庁に内示した。これに先立って政府、自民党は事前折衝で最後まで難航し、内示が遅れる原因となっていた整備新幹線について協議、事業費の配分問題などで最終決着した。

一般会計総額は90年度当初予算比6.2%増の70兆3474億円と伸び率がややダウンしたものの、政策的経費である一般歳出は、37兆2382億円の5.3%増と11年ぶりに5%台に乗せた。《共同通信》

1991 平成3年12月24日(火)

平成1081日目

【北朝鮮】金正日書記を軍最高司令官に選出

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮労働党中央委員会第6期第19回総会が24日開かれ、朝鮮人民軍最高司令官に同党中央委員会政治局常務委員会委員で、金日成主席の息子の金正日書記を選出した。

同通信は「推戴」したと表現しているが、事実上の就任といえる。

北朝鮮の人民軍最高司令官は金日成主席で、軍の最高ポストに金正日書記が就任したことは、金書記が軍を掌握したことを意味し、「金正日後継体制」がさらに強化されたといえよう。《共同通信》

【宮澤喜一首相】“コメ問題”日本の判断は1月13日以降

宮澤首相は24日午後、1992年度予算編成をめぐり、各野党党首と個別に会談した。この中で首相は大詰めのコメ市場開放問題について、新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の貿易交渉委員会の回答期限である来年1月13日段階でも各国間の合意は成立していないとの見通しを示し、日本政府が対応を最終判断するのは同13日以降にずれ込むことを明らかにした。

臨時国会で継続審議となた国連平和維持活動(PKO)協力法案の取り扱いについて、首相は来年1月召集の通常国会で成立を目指す考えを強調した。《共同通信》

1992 平成4年12月24日(木)

平成1447日目

【社会党・田辺誠委員長】辞任表明

社会党の田辺委員長は24日午後、党本部で開いた臨時中央執行委員会で委員長辞任を正式に表明、了承された。

田辺氏は記者会見で辞任理由について「党改革のレールをつくり、次の若い世代にやってもらおうと考えた」と述べ、先の中央委員会で決定した党改革、政界再編への道スヒを実行に移すための「世代交代」であることを強調。金丸前自民党副総裁との親密な関係への批判に配慮したものではないと説明した。《共同通信》

【自民党・梶山静六幹事長】田辺氏辞任に戸惑い

田辺社会党委員長の辞意表明について自民党は24日、梶山幹事長が記者会見で「田辺氏は柔軟な政治姿勢の中にも筋が一本入っていて、責任政党の一翼を担う社会党への脱皮を期待していた。話し合い路線は継続されると思うが、どうなるか皆目分からない」と述べるなど、驚きと同時に戸惑いの表情を見せている。

特に、佐川急便事件に絡んで「宮沢内閣退陣」を求める社会党が田辺氏の辞任を契機に、一層の強硬路線に走り、来年の通常国会が厳しい与野党対立の場となるのは避けられないとの見通しから、早期の衆院解散・総選挙を予測する見方も出ている。《共同通信》

1993 平成5年12月24日(金)

平成1812日目

【名古屋地裁】新間正次参院議員に有罪判決

昨年の参院選に民社党から立候補、選挙公報で「明治大学入学」と経歴を詐称したなどとして公選法違反(虚偽事項の公表)の罪に問われた参院議員新間正次被告(59)=愛知選挙区、現在は無所属=の判決公判が24日午後、名古屋地裁であった。

笹本忠男裁判長は検察側の主張をほぼ全面的に認め「実際の自分を過大に表現し、より有効な評価を得て役職を得ようとした」として禁固6月、執行猶予4年(求刑禁固6月)を言い渡した。《共同通信》

【細川護熙首相】政治改革で陳謝

細川首相は24日夜、首相官邸で内閣記者会と会見し、首相が公約した政治改革法案の年内成立が不可能となったことについて「国民に率直におわびしなければならない」と陳謝しながらも「法案をこのまま葬り去るわけにはいかない。確実に成立するまで全力を尽くすのが、政治責任を全うする道だ」と強調し、延長国会の会期内の法案成立に全力を挙げることで責任を果たすことを改めて公約した。

首相は衆院解散、内閣総辞職については「考えていない」と否定した。《共同通信》

1994 平成6年12月24日(土)

平成2177日目

【Jリーグ・横浜マリノス】木村和司選手の現役引退を発表

サッカーJリーグの横浜マリノスは24日、中心選手として活躍してきたベテランMF木村和司(36)の現役引退と清水秀彦監督(40)の辞任を発表した。

木村は1981年、明大から横浜Mの前身の日産自動車に入社。その後、国内で最初のプロ選手となり、日本代表などでも活躍した。フリーキックの名手として知られ、ゲームメーカーとしての攻撃の組み立ても絶品だった。今後の身の振り方は未定という。《共同通信》

【新民主連合】年明けに新党準備会

社会党中間・右派の政策集団「新民主連合」(会長・山花貞夫前委員長)は24日午前、都内で総会を開き、来年1月の通常国会召集前の新党結成を目指し、年明け早々に「民主リベラル新党準備会」を発足させる方針を確認した。新民連メンバーに参加を要請することも決めた。

新民連は1月6日と9日に総会を開いて新党準備会の性格と、新党結成に向けた手順を詰める。新民連内部では自治労系の一部など離党に慎重な勢力もあり、年末年始に支持母体の労組や地元支持者との間でぎりぎりの調整が続きそうだ。《共同通信》

1995 平成7年12月24日(日)

平成2542日目

【競馬・第40回有馬記念】マヤノトップガンが快勝

競馬のグランプリ第40回有馬記念は24日、16万人を超える観衆で埋まった中山競馬場の2500メートル芝コースに12頭が出走して争われ、今年の菊花賞馬で6番人気のマヤノトップガン(田原成貴騎乗)が2分33秒6で逃げ切って快勝、賞金1億3200万円を獲得した。《共同通信》

【自民党・橋本龍太郎総裁】6月衆院選を否定

自民党の橋本龍太郎総裁(通産相)、新党さきがけの武村正義代表(蔵相)、社会党の久保亘書記長が24日午前、フジテレビの番組で、連立政権の在り方などについて見解を明らかにした。

橋本氏は自民党内の一部で、住宅金融専門会社の処理策を焦点に、6月にも衆院選が行われるとの見方が出ていることについて「6月にフランスで先進国首脳会議があり、タイミングとしてどうかなと思う」と否定的な見解を示した。《共同通信》

1996 平成8年12月24日(火)

平成2908日目

【ペルー日本大使公邸占拠事件】ペルー政府、妥協策検討

ペルーに日本大使公邸人質事件発生から8日目の24日、ペルー政府は極左ゲリラ、トゥパク・アマル革命運動(MRTA)との交渉には応じないとの公式姿勢は変えないものの、140人余りの人質に危害を加えないことを条件に、MRTAとの一定の妥協策について検討を開始した。複数の現地関係筋が明らかにした。

また、同日付の地元有力紙コメルシオは、人質解放・武装解除と引き換えに「保証委員会」という組織が、犯人グループの安全を保証し、国外亡命で決着するとの妥協案も排除されていないと報道。これはペルー政府がゲリラ側に妥協案を提示する“ボール”を投げたとも読み取れる内容で、政府とゲリラ側の交渉が事実上、開始された可能性も出てきた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】ペルー・フジモリ大統領と電話会談

政府はペルーの日本大使公邸人質事件が発生後1週間を経過、長期化の様相を見せる中、ペルーの現地対策本部の強化を図るなど、あらためて態勢整備や対応策の模索を進めている。橋本龍太郎首相は24日昼、フジモリ・ペルー大統領と電話で会談し、意見交換した後、記者団に対し「(解決には)時間がかかる」と事件の長期化の見通しを表明。首相周辺も「首相は長期戦を覚悟している」としており、「越年」に見方も急速に広がっている。《共同通信》

1997 平成9年12月24日(水)

平成3273日目

【名護市・比嘉鉄也市長】海上ヘリ基地受け入れを表明

沖縄県名護市の比嘉鉄也市長は24日夜、首相官邸で約40分間、橋本龍太郎首相と会い、米軍普天間飛行場返還に伴う海上ヘリ基地を受け入れる考えを表明した。同時に「私自身の政治生命を終わらせたい」と、市長辞任の意向を伝えた。市長は25日に辞任を正式表明する。

21日の同基地建設の是非を問う市民投票は反対が過半数を占めたが、市長の受け入れ表明で、日米首脳で合意した普天間返還は動き出す見通しとなった。与党3党は24日夜、関連予算を必要に応じて来年度予備費で対応することで合意した。《共同通信》

【三船敏郎さん】死去

「羅生門」「七人の侍」などに主演し、国際的評価を受けた映画俳優の三船敏郎さんが24日午後9時28分、全機能不全のため東京都三鷹市の病院で死去した。77歳だった。黒沢明監督の映画に多数出演し、野性味あふれる個性を武器に、日本映画史に新しい型の男優像を築いた。《共同通信》

1998 平成10年12月24日(木)

平成3638日目

【フジ系連続ドラマ・眠れる森】最終回

【大相撲初場所】番付発表

日本相撲協会は24日、(来年1月10〜24日・両国国技館)の番付を発表。先場所小結で10勝を挙げた琴乃若が、史上2位のスロー昇進となる初土俵から89場所目で新関脇になった。

14勝1敗で平幕優勝した同じ佐渡ヶ嶽部屋の琴錦も西前頭12枚目から一気に小結に返り咲いた。琴錦の三役在位は33場所となり史上1位の自己記録を更新した。《共同通信》

【小渕恵三首相】YKKと会談

小渕恵三首相は24日夜、自民党の加藤紘一前幹事長、山崎拓前政調会長、小泉純一郎前厚相の「YKK」トリオと都内のホテルで会談した。首相が自由党との連立に協力を要請したのに対し、3氏は基本的に容認し、小沢一郎自由党党首の入閣問題を含む内閣改造への対応を首相に一任した。

ただ、3氏は今後の税制改革や安全保障をめぐる自由党との政策協議では、譲歩すべきではないと慎重な対処を求め、特に安保政策に関連して憲法解釈を変更しないよう注文をつけた。《共同通信》

1999 平成11年12月24日(金)

平成4003日目

【青木幹雄官房長官】北朝鮮食糧支援の実施約束を「否定」

青木幹雄官房長官は24日午後の記者会見で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への食糧支援について「(先の日朝会談は支援を)検討するということであり、実施を約束したことではない。具体的にどのような対応をとっていくかは、今後の北朝鮮の対応を慎重に見極め、総合的に判断する」と述べ、日本人拉致疑惑などへの北朝鮮の出方を見守る姿勢を強調した。《共同通信》

2000 平成12年12月24日(日)

平成4369日目

【競馬・第45回有馬記念】テイエムオペラオーがV

一年を締めくくるドリームレース、第45回有馬記念(24日・中山2500メートル芝16頭、G1)は、一番人気の5歳馬テイエムオペラオー(和田竜二騎乗)が2分34秒1で勝ち、グランプリ馬に輝いた。

同馬は今年、重賞8連勝でG1は5連勝。和田騎手、岩元市三調教師はともにこのレース初勝利。優勝賞金は1億8000万円。史上初めて天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念の3レースをも制し、獲得賞金は13億9996万3000円となった。《共同通信》

【政府(森内閣)】2001年度予算政府案を決定

政府は24日午前の臨時閣議で、一般会計の総額を82兆6254億円、本年度当初比2.7%減とする2001年度予算の政府案を決定した。景気配慮の政策を継続し、政策的経費である一般歳出は1.2%増の48兆6589億円と、過去最高額を確保。情報技術(IT)関連を重視し、約6000億円を配分した。

国債の新規発行は、赤字国債19兆5580億円を含め28兆3180億円。本年度より13.2%減少するものの、一般会計の3分の1強、一般歳出の半分以上にも相当し、借金財政に歯止めがかからない。来年1月の省庁再編後初の年間予算となるが、予算配分の効率化も限定的なものにとどまった。《共同通信》

2001 平成13年12月24日(月)

平成4734日目

【谷繁元信捕手】中日入団決定

横浜からフリーエージェント(FA)宣言した谷繁元信捕手(31)の中日入りが24日、決まった。入団の意向を受けた中日球団が同日発表し、27日に名古屋市内で入団会見を行う。

谷繁は今オフ、日本人捕手初の大リーガーを目指し、2度目のFAを宣言。今月初めには渡米し、球界関係者からプレーチェックを受けた。

だが、代理人を通じた米球団との交渉が難航し、大リーグ入りは断念。この日、滞在先のハワイから、複数年契約を提示して熱心に勧誘した中日に入団の希望を伝え、横浜には残留を断る連絡を入れた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】不審船捕そく態勢の再検討を指示

小泉純一郎首相は24日午前、首相官邸で海上保安庁の縄野克彦長官と会い、不審船銃撃・沈没事件の報告を受けるとともに「今回の事件を教訓に、適切な対応ができる態勢を検討してほしい」と述べ、不審船を発見した場合の海上保安庁の対応を再点検するよう指示した。《共同通信》

2002 平成14年12月24日(火)

平成5099日目

【東京地裁】鈴木宗男議員の保釈申請を却下

受託収賄など4つの罪に問われ公判中の衆院議員鈴木宗男被告(54)が起訴後初めて出した保釈請求について、東京地裁は24日、却下を決定した。6月19日の逮捕以来既に半年余。東京拘置所での年越しは確実で、国会議員としては異例の長期拘置が続きそうだ。《共同通信》

【保守新党】代表に熊谷弘氏

「保守新党」に参加する衆参両院議員は24日午後、都内で新党準備会合を開き、代表に熊谷弘・前民主党副代表、幹事長に二階俊博保守党幹事長を選出した。これに先立ち、熊谷氏ら4人の民主党議員は同日午前、岡田克也幹事長に離党届を提出した。

保守新党は25日に都内のホテルで結成大会を開催、26日に自民党総裁の小泉純一郎首相、公明党の神崎武法代表と会談し、3党連立政権合意に署名する。

2003 平成15年12月24日(水)

平成5464日目

【政府】米国産牛肉の輸入を停止

米国で牛海綿状脳症(BSE)に感染した疑いのある牛が見つかったことを受け、日本政府は24日、米国からの牛肉輸入を安全が確認されるまで一時停止したと発表した。米国は輸入牛肉の5割近くを占める主産地だけに、今後、食肉市場の需給逼迫や、消費者への影響が懸念される。停止は「全頭検査などで安全が確認されるまで」(亀井農水相)とされ、今後、再開をめぐる対応が通商交渉の火種にもなりそうだ。《朝日新聞》

【自衛隊イラク派遣】空自派遣隊編成式


https://www.kantei.go.jp/

航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)で、24日午後行われたイラク派遣部隊の編成完結式。県警が厳重に警戒する基地正門には、市民団体のメンバーや活動家ら約150人が詰めかけ「派兵阻止」を叫んだ。先遣隊の隊員は式典後「(任務を)誇りに思い、頑張ってきます」とこぶしを握り締め、決意を語った。

「任務を立派に果たしてくれると確信している」。格納庫内で行われた完結式では、緊張した面持ちの隊員や幼子を抱いた家族を前に、小泉純一郎首相が訓示した。

準備した原稿に目を落とさず、じっと隊員を見つめる首相。険しい表情で「無事帰国することを祈念する」と締めくくった。《共同通信》

2004 平成16年12月24日(金)

平成5830日目

【福岡ソフトバンクホークス】誕生


https://www.softbank.jp/

プロ野球の臨時オーナー会議が24日、東京都内のホテルで開かれ、福岡ダイエーホークスのスーパー大手ダイエーから情報通信大手ソフトバンクへの譲渡を全会一致で正式承認した。新球団名は「福岡ソフトバンクホークス」で、孫正義社長(47)がオーナーに就任。ダイエーとソフトバンクは来年1月28日に正式に株式譲渡を行う。

孫社長はこの日、本拠地として引き続き使用する福岡ドームを見学した後、福岡市内のホテルで王貞治監督(64)と記者会見に臨み、「清く、正しく、強く、ますます大きな球団になるための支援をしたい」と決意表明した。王監督は「明るい気持ちで新年を迎えられることをうれしく思う」と喜びを口にした。《共同通信》

【小泉純一郎首相】拉致問題「誠意ある対応求める」

小泉純一郎首相は24日夕、日朝実務者協議で安否不明の拉致被害者10人に関し北朝鮮が示した物証や証拠は「真相究明に全く不十分」とする精査結果について「北朝鮮に対し、対話と圧力の両面から誠意ある対応を強く求めていかなければならない」と述べた。《共同通信》

2005 平成17年12月24日(土)

平成6195日目

【全日本フィギュア】高橋大輔選手が逆転優勝

フィギュアスケートのトリノ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は24日、東京・国立代々木競技場で行われ、採点ミスで男子の優勝者と2位が入れ替わる前代未聞の大失態が起きた。同種目の日本の五輪出場枠は1。

男子は同日のフリーを実施後、一度は織田信成(18)=関大=が合計226.10点で優勝と発表され、表彰式も行われた。しかし、その後、織田がフリーで規定を超える回数の3回転ジャンプに挑んでいたことが判明。7.40点が削除され、223.12点で2位だった高橋大輔(19)=関大=が繰り上がり優勝した。今季限りで引退する本田武史(IMG)は5位だった。男子五輪代表は女子とともに25日の選考会議で決まる。《共同通信》

【政府】2006年度予算政府案を決定

政府は24日午前の臨時閣議で、2006年度予算の政府案を決定した。一般会計は79兆6860億円と、05年度当初予算比で3.0%減り、8年ぶりに80兆円を割り込む緊縮型となった。新規国債発行は30兆円を下回り、歳入不足に充てる赤字国債の発行も税収増を見込んで13.2%減の24兆4890億円と2年連続で減少。小泉改革の総仕上げ予算として「小さな政府」を目指す姿勢を鮮明にした。《共同通信》

2006 平成18年12月24日(日)

平成6560日目

【井村雅代氏】シンクロ中国代表ヘッドコーチに

シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代前ヘッドコーチ(56)が24日、東京都内で記者会見し、2008年に北京五輪を開催する中国代表チームのヘッドコーチに就任することを正式表明した。期間は来年1月から五輪までで、25日に訪中して契約する。

井村コーチは「デュエットとチームで6個あるメダルのうち、1つを取るための力になりたい」と述べ、中国の初メダル獲得を目指す。来春の世界選手権(メルボルン)に向けては一時的にフランス代表も指導する。《共同通信》

【ディープインパクト】有終の美

中央競馬の1年を締めくくる第51回有馬記念(G1)は24日、12万人近い入場者が詰めかけた千葉県船橋市の中山競馬場で、芝2500メートルに14頭が出走して行われ、圧倒的な1番人気、武豊騎乗のディープインパクトが快勝し、引退レースで有終の美を飾った。《共同通信》

2007 平成19年12月24日(月)

平成6925日目

【福田康夫首相】日本版NSC創設を断念

政府は24日、外交・安全保障政策の司令塔となる日本版「国家安全保障会議」(NSC)創設を断念し、構想自体を見送ることに決めた。NSC創設のための安全保障会議設置法改正案は今国会で廃案にする。

福田康夫首相は同日の安全保障会議で「ねじれ国会」状況下で法案成立の見通しが立たないことを踏まえ、NSC創設を断念する考えを示す一方で「官房長官、外相、防衛相が一層緊密に協議をすることで機能を事実上果たすように」と指示した。《共同通信》

2008 平成20年12月24日(水)

平成7291日目

【自民党・渡辺喜美氏】衆院解散決議案に「賛成」

衆院本会議は24日、民主党が提出した衆院解散・総選挙を求める決議案を採択した。与党の反対多数で否決されたが、自民党の渡辺喜美元行政改革担当相が賛成した。これに先立ち、民主、社民、国民新3党が提出した雇用対策4法案は衆院の厚生労働委員会と本会議で自民、公明両党などの反対多数で否決され、廃案となった。

民主党の小沢一郎代表は「麻生太郎首相は経済、景気と言いながら就任後3カ月、何も出してこなかった。国民は憤りを感じている」と厳しく批判した。《共同通信》

【飯島愛さん】死去

24日午後3時15分ごろ、元タレントの飯島愛さん(36)が東京都渋谷区のマンションの自宅で死亡しているのを知人女性が見つけ、119番した。警視庁渋谷署の調べによると、飯島さんは室内のリビングで、普段着姿でうつぶせで死んでいた。目立った外傷はなかった。渋谷署は事件性は薄く、病死か自殺とみている。25日に解剖し、詳しい死因を調べる。《共同通信》

2009 平成21年12月24日(木)

平成7656日目

【東京地検】鳩山首相の元秘書を在宅起訴

鳩山由紀夫首相の資金管理団体や関連政治団体の収支報告書に虚偽記載したなどとして、東京地検特捜部は24日、政治資金規正法違反の罪で経理担当だった元公設第一秘書(59)=解任=を在宅起訴した。首相本人は嫌疑不十分で不起訴とした。首相は同日夜、都内で緊急記者会見。引責辞任を否定したが、「検察の判断を重く受け止め、責任を痛感している、国民におわびする」と表明した。《共同通信》

【社民党】参院選ポスターを発表

12月24日のできごと(何の日)

社民党の福島党首(消費者相)は24日の記者会見で、来年夏の参院選に向けたポスターを発表した。

福島氏と同党の辻元清美国土交通副大臣が並んでガッツポーズをする構図で、「連立政権でやります。くらし、雇用、平和」をキャッチフレーズに掲げている。《読売新聞》

2010 平成22年12月24日(金)

平成8021日目

【蓮舫行政刷新担当相】資産訂正

蓮舫行政刷新担当相は24日、7月の閣僚資産公開で「ゼロ」としていた貸付金を「2500万円」に訂正した。蓮舫氏の事務所は「母親が経営する会社向けの貸付金を事務的なミスで見落とした」と説明している。《産経新聞》

【菅直人首相】消費増税、年明けに方向性

菅直人首相は24日、内閣記者会とのインタビューで、消費税率の引き上げを含む社会保障や在再再建の在り方に関し「年明けの段階で、未来に向かっての方向性を示したい」と表明した。

「1党だけで実現するのは困難な課題だ」として、野党との連携を模索する意向を強調。野党の協力取り付けについて「(来年1月の)通常国会が始まるまでにできればありがたい」と述べた。《共同通信》

2011 平成23年12月24日(土)

平成8386日目

【全日本フィギュア】高橋大輔選手が5度目の優勝

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・ニース=フランス)代表最終選考会となる全日本選手権第2日は24日、大阪なみはやドームで行われ、男子はショートプログラム(SP)1位の高橋大輔(関大大学院)が合計254・60点で2年ぶり5度目の優勝を果たした。

小塚崇彦(トヨタ自動車)は2位で2連覇を逃した。羽生結弦(宮城・東北高)はSP4位から3位に食い込んだ。男子の世界選手権出場枠は3で、高橋、小塚、羽生の選出は確実。

女子SPは浅田真央(中京大)が2位。村上佳菜子(愛知・中京大中京高)が首位で、鈴木明子(邦和スポーツランド)は3位。《共同通信》

【野田佳彦首相】八ッ場ダム建設再開「苦渋の決断」

野田佳彦首相は24日、2012年度予算案に八ツ場ダム(群馬県)建設再開の関連工事費が盛り込まれたことについて、官邸で記者団に「4代の(担当)閣僚の下で検証した結果だ。苦渋の決断だ」と述べた。

前田武志国土交通相は記者会見で、「(利根川流域の治水に)効果的な事業と検証されたので着工する」と重ねて意義を強調、ダム本体工事の早期着手に意欲を示した。《共同通信》

2012 平成24年12月24日(月)

平成8752日目

【ボクシング全日本女子選手権】山崎静代選手、一戦もせず優勝

アマチュアボクシングの全日本女子選手権が24日、山形市総合スポーツセンターで行われ、ミドル級でお笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代(よしもとクリエイティブエージェンシー)は、決勝直前に石井智紋(福山平成大コーチ)が棄権する異例の事態で不戦勝し、優勝した。《共同通信》

【北朝鮮】自民圧勝に初言及

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は24日、自民党が圧勝した衆院選の解説記事を掲載し「日本社会の右傾化、軍国化は深刻な段階に達した」と論評した。北朝鮮メディアが衆院選の結果に言及したのは初めて。

記事は自民党の安倍晋三総裁について「極右として広く知られた」人物と強調。自衛隊を国防軍化する自民党の政権公約に触れ、「日本を軍国主義の道に追い込む勢力が多くの支持票を集めたのは懸念される問題だ。日本のアジア再侵略は現実として近づいている」とした。《共同通信》

2013 平成25年12月24日(火)

平成9117日目

【フィギュア・織田信成選手】現役引退を表明

フィギュアスケート男子でバンクーバー五輪代表の織田信成(関大大学院)(26)が24日、現役引退を表明した。同日行われたエキシビションの終了後、織田は「今日をもって現役生活を退く決意をした。これからは違う道で頑張っていきたい」と観衆に語った。

織田はソチ五輪代表選考を兼ねた23日までの全日本選手権で4位に終わり、代表入りを逃していた。織田は2008年の全日本選手権で優勝。10年バンクーバー五輪は、靴ひもが切れるアクシデントがあって7位に終わった。《読売新聞》

【東京都・猪瀬直樹知事】辞職

猪瀬直樹東京都知事の辞職が24日の臨時都議会で正式に決まった。見送りセレモニーは簡素化され、猪瀬氏は午後2時過ぎ、幹部職員ら約60人に「ありがとうございました」と声をかけ、都庁を後にした。約1000人の職員に見送られた前任の石原慎太郎氏とは対照的に、花束贈呈や音楽演奏もなかった。《毎日新聞》

2014 平成26年12月24日(水)

平成9482日目

【広島・前田健太投手】契約更改

広島の前田健太投手(26)が24日、広島市南区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円増の年俸3億円(推定)でサインした。3億円到達は球団初で、セ・リーグの投手では最年少。笑顔のエースは、来季優勝への貢献を誓う一方、かねて希望するメジャー挑戦を来オフにも実現させたい思いを語った。《スポニチ》

【第3次安倍内閣】発足


https://www.kantei.go.jp/

第188特別国会が24日に召集され、安倍晋三首相(60)が衆参両院本会議での首相指名選挙の結果、第97代首相に選出された。首相は組閣に着手し、皇居での首相任命式と閣僚の認証式を経て、同日夜、公明党との連立による第3次安倍内閣が発足した。

江渡聡徳防衛相(59)が「政治とカネ」を巡る問題を理由に再任を固辞したため、首相は後任に自民党の中谷元・元防衛庁長官を充てた。残りの閣僚17人は再任した。《毎日新聞》

2015 平成27年12月24日(木)

平成9847日目

【古舘伊知郎キャスター】報道ステーション「降板」会見

テレビ朝日系のニュース番組「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が、来年3月の契約終了に合わせて降板する。24日、同局で会見を開き、「(番組開始から)12年を一つの区切りとしてやめさせていただきたい。身体の続く限り現役で、しゃべり手としてやっていきたい」と語った。

番組では今年3月、コメンテーターで元経済産業省官僚の古賀茂明さんが生放送中に官邸などを批判し、問題になった。降板との関係について古舘さんは「全くありません」と否定した。ニュースキャスターの役割を問われると、「基本的に反権力、反暴力であり、言論、表現の自由を守る側面もある。あまりにも偏ってはいけないとはいえ、まったき純粋な中立公正などありえない」と語り、「ニュースキャスターが意見を言ってはいけないということはないと思っている。偏っていると言われれば、偏っているんです、私」とした。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】外相に訪韓を指示

安倍晋三首相は24日、首相官邸に岸田文雄外相を呼び、年内に韓国を訪問するよう指示した。日韓両国の最大の懸案である慰安婦問題の最終決着を目指す。28日に日帰りで尹炳世外相と会談する調整を韓国側と進めている。《毎日新聞》

2016 平成28年12月24日(土)

平成10213日目

【将棋・藤井聡太四段】白星デビュー


https://www.youtube.com/

将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)が24日、東京都渋谷区の将棋会館で現役最年長棋士の加藤一二三九段(76)と対戦し、デビュー戦を白星で飾った。14歳5カ月での勝利は最年少記録。両者は62歳差で、日本将棋連盟によると公式戦で最も年齢の離れた対戦という。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】橋下徹氏らと会談

安倍晋三首相と日本維新の会の橋下徹顧問(前大阪市長)が24日、東京都内で会談し、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備や、国際博覧会(万博)の大阪誘致に向けて、協力することで一致した。会談は5カ月ぶり。菅義偉官房長官と維新の松井一郎代表(大阪府知事)も同席し、蜜月ぶりを改めて示した。

4人は都内のホテルで約2時間半、昼食をとった。その後、首相は記者団に会談内容を問われ、「『今年いろいろあったね。来年もともに頑張りましょう』と(話した)」と説明した。《朝日新聞》

2017 平成29年12月24日(日)

平成10578日目

【競馬・第62回有馬記念】キタサンブラックが優勝

競馬・第62回有馬記念(24日・中山)――1番人気のキタサンブラックがスタートから先頭に立って逃げ切り、引退レースを飾った。

キタサンブラックは有馬記念では初勝利で、騎乗した武豊は3勝目、清水久詞調教師は初勝利。キタサンブラックは中央競馬の獲得賞金でテイエムオペラオーを抜いて歴代トップに立ち、GIの勝利数(7勝)でもシンボリルドルフ、ディープインパクトなどに並ぶ1位タイとなった。2着は8番人気のクイーンズリング、3着には3番人気のシュヴァルグランが入った。《読売新聞》

【安倍晋三首相】報道写真展を鑑賞


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は24日、東京都中央区の日本橋三越本店で開催中の「2017年報道写真展」(東京写真記者協会主催)を鑑賞し、北朝鮮の弾道ミサイル発射やイタリア・タオルミナでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)を報じた写真などに見入った。

首相は、本紙の松本健吾記者が撮影した、2月の米ワシントンでの日米首脳会談で、笑顔で握手を交す首相とトランプ米大統領の様子をとらえた写真にサインした。《産経新聞》

2018 平成30年12月24日(月)

平成10943日目

【韓国軍】レーダー照射「一切の電波放射なし」

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国軍合同参謀本部幹部は24日の記者会見で、レーダーと連動する撮影用カメラで哨戒機を監視したが、哨戒機に向けた「一切の電波放射はなかった」と主張した。

これに対し、防衛省幹部は同日「照射を受けたことを示すデータが証拠として残っている」と真っ向から否定した。「言い逃れはやめるべきだ」とも述べた。産経新聞の取材に答えた。

韓国国防省は、改めて遭難した北朝鮮漁船を捜索する「人道的救助のための活動だった」と説明し「日本側に脅威を感じさせるいかなる措置もなかった」と強調したが、日本政府はあくまで「明確な証拠」に基づいて対処していく方針だ。《産経新聞》

2019 令和元年12月24日(火)

令和238日目

【日中韓首脳会談】北の非核化へ協力表明


https://www.kantei.go.jp/

安倍首相と中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領による日中韓首脳会談が24日午前、中国・成都で開かれた。3氏は会談後の共同記者発表で、朝鮮半島の非核化に向けて協力していくことを表明した。日中韓首脳会談は、昨年5月に東京で開かれて以来、約1年7か月ぶりとなる。《読売新聞》

【大相撲初場所】番付発表

日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月12日初日・両国国技館)の新番付を発表し、先場所で11勝を挙げた朝乃山が新関脇に昇進し、東に座った。富山県出身では1986年秋場所の琴ケ梅以来で戦後3人目。埼玉栄高出身の大栄翔が新小結で西に就いた。

横綱陣は2場所連続44度目の優勝を狙う白鵬が4場所ぶりに東正位。幕内在位94場所は寺尾を抜き単独史上5位となった。西の鶴竜は2場所連続休場明け。大関陣は東に貴景勝、西は9度目のかど番で迎える豪栄道。《共同通信》



→12月25日 その日のできごと

12月 その月のできごと

←12月23日 その日のできごと