2009 平成21年12月3日(木)

平成7635日目

平成21年12月3日(木)

2009/12/03

【鳩山由紀夫首相】普天間移設問題の年内決着を断念

12月3日のできごと(何の日)
http://archive.dpj.or.jp/

鳩山由紀夫首相は3日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、首相官邸で記者団に対し「わたしは年内でなければ駄目だと言ったことはない」と述べ、年内決着を事実上断念したことを認めた。また、首相が岡田克也外相と北沢俊美防衛相に対し、現行計画が移設先としているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)以外の候補地を検討するよう指示していたことが明らかになった。

政府関係者によると、首相は、社民党が連立離脱も選択肢に、現行計画への反対を強めている事態を憂慮。岡田、北沢両氏と今週に協議した際、結論を年明け以降に先送りする考えを伝え、「外務省と防衛省で新しい場所を探してほしい」と指示したという。

首相は3日午後には、岡田、北沢両氏、平野博文官房長官と官邸で会談し、「連立は大事だ」と指摘した上で「米国と誠実、丁寧に時間をかけて協議してほしい」と述べ、社民党の反対などで国内調整に時間が必要な日本側の事情を説明し、米側の理解を得るよう求めた。

首相はまた、記者団に「連立与党の方々の思いもしっかり受け止めないといけない。その中で解決を急ぎたい」とも表明。日米の閣僚級作業グループが現行計画に沿った結論を出した場合は「厳しい判断が求められると思う」と語った。

これに関連し、北沢、平野両氏は、防衛省が2010年度予算概算要求に盛り込んだ普天間移設を含む在日米軍再編関連経費(計890億円)の扱いをめぐり意見交換。「日米が協議中だから、予算計上しないと米国の信頼を失いかねない」として、10年度予算案に計上する方針を確認した。

平野氏は首相との協議後、民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長を国会内などに個別に訪ね、社民、国民新両党と普天間問題を調整するため、政府・連立与党首脳会議を開きたいとの意向を伝えた。《時事通信》

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相は3日、首相官邸で、岡田克也外相と北沢俊美防衛相に対して、新たな移設先の候補地を検討するよう指示した。年内決着を先送りしたことで、改めて県外も含めた候補地を模索する必要があると判断した。関係者によると、鳩山首相は両閣僚に対して「新しい候補地を真剣に検討してほしい」と語った。

鳩山内閣は、社民、国民新両党が移設問題の年内決着に反対したことを受け、来年1月以降に先送りする方針を固めている。ただ、日米合意の早期履行を求めてきた米側の反発は避けられない。来年1月の名護市長選で、辺野古への移設に反対する候補が当選する可能性もある。《朝日新聞》




【鳩山由紀夫首相】普天間移設「新しい場所を」

鳩山由紀夫首相は3日までに、沖縄の米軍普天間基地の移設先について、岡田克也外相と北沢俊美防衛相に「外務省と防衛省で新しい場所を探してほしい」と新たな移設先がないか、検討の加速を指示した。政府関係者が明らかにした。日米が合意したキャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画に連立政権の一角を占める社民党が強く反対していることを踏まえた指示とみられる。

首相は3日夜、記者団に「(在日米軍再編の)ロードマップ(行程表)に関しては、それなりの柔軟性を持って臨むことは可能だと思う」とも表明した。ロードマップは2014年までに普天間基地の返還を完了し、代替施設を完成させることなどを明記している。普天間問題の決着は越年し、来年夏の参院選までを視野に長期化する公算が大きくなってきた。《日経新聞》

【社民党・福島瑞穂党首】普天間、現行案決着なら連立離脱も

社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は3日午前の党常任幹事会で、沖縄県の米軍普天間基地の移設問題について「鳩山内閣が万が一、辺野古沿岸部に海上基地をつくるという決定をした場合には、社民党にとっても、私にとっても、重大な決意をしなければならない」と述べた。名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案通りなら連立政権からの離脱も辞さない強い覚悟を示したものだ。

社民党は普天間基地の県外や国外移設を主張している。福島氏の発言は、4日告示の同党首選をにらみ、普天間問題への厳しい対応を求める沖縄県の党組織に配慮した面があるとみられる。同問題の決着は来年に持ち越される見通しだが、日米関係に加え、社民党の連立離脱問題も絡み、鳩山由紀夫首相は難しい決断を迫られる。《日経新聞》

【野田佳彦財務副大臣】高速無料「本州以外で」

野田佳彦財務副大臣は3日の定例記者会見で、政府が2010年度からの実現を検討している高校授業料の無償化について、地方自治体の負担や所得制限の導入を検討するよう求める方針を表明した。高速道路料金の無料化は本州以外の路線を中心に、曜日や時間、車種などを限って試験導入するよう国土交通省に要請する考えを示した。

高校授業料の無償化と高速道路の無料化は、民主党が先の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた目玉政策。鳩山由紀夫首相が掲げる「来年度の新規国債発行は44兆円以下」という目標達成が厳しくなるなか、予算額の大幅圧縮を狙う。ただ要求省庁側の反発は必至で、年末にかけて調整が難航しそうだ。

野田氏は都道府県が独自に低所得世帯向けの高校授業料減免措置を導入していると指摘。高校授業料を無償化する際には、いまの減免措置に充てている程度の負担を地方に求める考えをにじませた。一律に支給すると高所得世帯の恩恵が大きくなる懸念があるため「所得制限の導入も論点になる」と語った。《日経新聞》

【MLB・ブレーブス】斉藤隆投手との1年契約を発表

レッドソックスからFAとなっていた斎藤隆投手(39)が3日(日本時間4日)、ブレーブスと1年契約を交わした。年俸320万ドル、インセンティブ230万ドルの計550万ドル(約4億6750万円)。この日午前中にメディカルチェックを受け、午後には正式発表するスピード決定だった。

セットアッパーを任される一方で、2日に入団が決まったビリー・ワグナー投手(38)との2枚クローザーとしても期待され、名門復活のキーマンとなる。11月初旬、FAとなった斎藤に、真っ先に手を挙げたのがブ軍だった。「名門中の名門。歴史が古く、強いのも知っているし、マイナスなことは何1つないと思った」。05年まで14季連続でプレーオフに進出した強豪から高い評価と期待を受け移籍を決断した。《日刊スポーツ》

12月3日のできごと