平成8000日目

平成22年12月3日(金)

2010/12/03

【大阪府・橋下徹知事】新スタジアム「もう要らない」

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)招致の日本落選を受け、大阪府の橋下徹知事は3日、JR大阪駅北側での新スタジアム建設構想について「こうなればもう要らない。今後は堂々と反対と言える」と述べ、建設反対の訴えを強める意向を示した。大阪市は検討を続ける姿勢だが、難航するのは確実だ。

知事は「大規模施設については府全体で(場所を)考えるべきだ。本気でやるなら、府と市の枠組みを超えて『ワン大阪』でやらないといけない」と指摘。さらに「国もサッカー協会も全力で力を合わせないと世界の戦いには勝てない」と述べ、招致活動の在り方にも苦言を呈した。日本落選については「W杯が来なかったこと自体は残念」と述べた。

一方、大阪市の平松邦夫市長は3日未明の記者会見で「(構想を)完全におろすことはないと思うが、いろんな提案をみんなで検討したい」とスタジアム構想の今後について明言を避けた。《スポニチ》

【仙谷由人官房長官】「法相に専念するかも」

仙谷由人官房長官は3日午前の記者会見で、参院の問責決議可決を踏まえた自身の進退について「法相を続けるつもりだ。専念することになるかもしれない。兼務は繁忙を極める」と述べた。官房長官を辞任して兼務の法相に専念する可能性を示唆した発言だ。

仙谷氏は「法務行政が抱える問題は大きくて深い。方向性を持って一つ一つ実現していく決意に燃えている」と強調。兼務が解かれるめどについては「任命権者である菅直人首相から何も言われていない」と述べるにとどめた。《共同通信》

【菅直人首相】内閣改造を否定

菅直人首相は3日、内閣改造について「全く考えていない」と否定した。仙谷由人官房長官が兼務している法相ポストの後任については「じっくり考えたい」と述べ、慎重に人選を進める意向を示した。《共同通信》

12月3日のできごと