プロ野球・楽天、初のリーグ優勝(平成25年9月26日)

プロ野球パ・リーグは26日、首位・楽天が創設9年目で初の優勝を飾った。優勝へのマジックナンバーを「2」としていた楽天は西武に4―3で勝ち、2位のロッテが日本ハムに5―6で敗れたため優勝が決まった。楽天は2点を追う七回2死満塁からジョーンズの3点二塁打で逆転。エースの田中が九回から登板し、最後を締めた。《日経新聞》

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年9月26日(火)

平成262日目

【中国・江沢民総書記】「天安門で起きたのは半革命的暴動である」

「天安門の悲劇という発言があったが、天安門で起きたのは半革命的暴動である」

6月の天安門事件後成立した中国新指導部の政治局常務委員6人が26日、人民大会堂で行った内外記者会見で江沢民総書記は最初の質問にこう答えた。

建国40周年の国慶節を前にしての記者会見には、情勢の安定と改革・開放路線のアピール、西側諸国との関係修復を目指そうとの考えがあったようだ。しかし、各指導者の発言は強硬姿勢が目立つ一方で具体的ビジョンに欠け、物々しい警備と同時に内外情勢の厳しさを印象付けた。《共同通信》

【東京証券取引所】1カ月ぶりに高値更新

26日の東京株式市場は実質10月相場入りし証券会社が営業姿勢を強めたことや、為替相場が円高になったことを好感して買い注文が殺到、終値の平均株価(225種)は前日比484円11銭高の3万5444円82銭と、約1ヶ月ぶりに史上最高値を更新した。《共同通信》

【礼宮文仁親王殿下】英国へ出発

留学先の英国オックスフォード大学の夏休みを利用して一時帰国、12日の皇室会議を経て学習院大大学院生、川嶋紀子さん(23)と正式に婚約された天皇家の二男、礼宮さま(23)が1ヶ月余りの日本滞在を終え26日午前10時25分、東京・元赤坂の赤坂御所を出発、成田空港に向かわれた。

紀子さんは御所でしばしの別れのあいさつを交わした。正午過ぎ、同空港初の日航機で英国にたたれた。《共同通信》

1990 平成2年9月26日(水)

平成627日目

【ロッテ・村田兆治投手】現役引退を表明

ロッテの村田兆治投手(40)は26日、川崎球場で会見し、今季限りで現役を引退することを正式に表明した。30日の西武戦(川崎)が公式戦最後の登板(先発)になることが金田監督から発表された。

村田投手は引退理由や決断までの経過について、30日の試合後に明らかにしたい、として言及しなかったが「引退の決意は早くから固まっていた。両リーグの優勝も決まり、球団社長に報告して了承をもらったので、私自身の口から発表することにした」と述べた。《共同通信》

【金丸信元副総理】北朝鮮・金日成主席と会談

自民党の金丸元副総理、社会党の田辺副委員長は26日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)北部にある妙香山で、最高指導者である金日成主席と約1時間半会談し、日朝関係改善を目指し今後、本格的な政府間折衝に入るとの認識で一致した。

懸案の第18富士山丸問題については、金主席は時期を明示しなかったものの、2人の抑留乗組員の釈放に同意した。また金丸氏が日本の植民地支配を謝罪する海部首相の自民党総裁名の親書を手渡したのに対し、金主席は「高く評価する」と述べ、謝罪問題を決着させる考えを表明した。《共同通信》

1991 平成3年9月26日(木)

平成992日目

【イージス艦・こんごう】進水式

わが国初のイージス艦として、三菱重工長崎造船所香焼工場(長崎県西彼杵郡香焼町)で建造中の海上自衛隊の7200トン型護衛艦の進水式が26日午前、同工場で行われた。

この日の進水式には防衛庁側から佐久間一統幕僚長や岡部文雄海上幕僚長、三菱重工から相川賢太郎社長など関係者約180人が出席。岡部幕僚長が「こんごう」と命名した。《共同通信》

【プロ野球・中日】次期監督に高木守道氏

プロ野球中日ドラゴンズの次期監督に同球団OBで評論家の高木守道氏(50)が就任することになった。26日、同球団の中山球団社長が明らかにしたもので、シーズン終了後に正式に就任、発表される。中日には6季ぶりの復帰となる。《共同通信》

【天皇、皇后両陛下】初のアジア歴訪

天皇、皇后両陛下は26日、羽田発の特別機でタイ、マレーシア、インドネシアの東南アジア3カ国訪問に旅立ち、同日午後2時前、最初の訪問国タイのバンコク空港に到着された。即位後初の外遊で、歴代天皇がアジアを訪問したのは初めて。平成の新皇室外交が幕を開けた。《共同通信》

1992 平成4年9月26日(土)

平成1358日目

【大相撲秋場所14日目】貴花田関、2度目の優勝決定

大相撲秋場所14日目(26日・両国国技館)小結貴花田が今年初場所に続いて2度目の優勝を決めた。貴花田は関脇武蔵丸を送り出しに破り13勝1敗、新小結旭鷲山を下し11勝3敗とした大翔鳳と千秋楽を残し、「2差」がついたため貴花田の優勝が決定した。《共同通信》

【青島幸男参院議員】金丸氏辞職求め「ハンスト」入り

二院クラブの青島幸男参院議員は26日、佐川急便グループから金丸信・自民党元副総裁への5億円献金問題をめぐり、金丸氏の議員辞職を要求して東京・永田町の参院議員会館前で無期限のハンストに入った。同日夜、記者会見し「国民の天敵・金丸をやっつけるため、私は点滴をしてでも頑張りたい」とハンスト続行の姿勢を示した。《共同通信》

【自民党竹下派】小沢一郎会長代行が辞表提出

自民党竹下派会長代行の小沢元幹事長は26日夜、東京・麻布の私邸に金丸信・自民党副総裁を訪ね、東京佐川急便の5億円献金問題で、金丸氏が罰金刑の刑事処分に追い込まれた責任を取って会長代行の辞表を提出した。これに対し、金丸氏は辞表を預かる形で強く慰留しているが、小沢氏の辞意は固い。《共同通信》

1993 平成5年9月26日(日)

平成1723日目

【警視庁】不法滞在のイラン人87人を摘発

警視庁公安部と東京入国管理局などは26日、東京都渋谷区のJR原宿駅周辺で外国人不法滞在者の取り締まりを行い、入管難民法違反(不法残留)の現行犯でイラン人20人を逮捕、67人を入管に収容し、偽造テレホンカード約1000枚を押収した。《共同通信》

【大相撲秋場所千秋楽】横綱曙関、全勝優勝はならず

大相撲秋場所千秋楽(26日・両国国技館)14日目に2場所連続通算5度目の優勝を決めていた横綱曙は、大関貴ノ花に敗れ痛恨の初黒星で14勝1敗。平成元年秋場所の横綱千代の富士以来、4年ぶりとなる全勝優勝はならなかった。《共同通信》

1994 平成6年9月26日(月)

平成2088日目

【横綱審議委員会】貴ノ花関の横綱昇進を見送り

内規順守か、6度の優勝を評価するかで注目されていた大相撲の大関、貴ノ花光司(22)=二子山部屋、東京都出身=の横綱昇進は見送られることになった。日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は26日、11人の委員全員が出席して貴ノ花の横綱昇進問題を審議。協会の諮問に対し、賛成、反対の両論が出て意見がまとまらず、約2時間という異例の長時間審議の末、無記名投票を行い、賛成6、反対5で、推薦の可決に必要な3分の2以上の賛成を得られず、今回は見送りと答申した。《共同通信》

【村山富市首相】陸自ルワンダ難民救援隊を激励

村山首相は26日午後、首相官邸で、陸上自衛隊ルワンダ難民救援隊の出発に当たって同隊代表からあいさつを受けた。首相は「わが国の国際貢献の歴史に新たな一ページをつくる名誉ある任務であり、日ごろの訓練で培われた能力を存分に発揮して国民の期待にこたえてほしい」と隊員を励ました。《共同通信》

1995 平成7年9月26日(火)

平成2453日目

【巨人・桑田真澄投手】右ひじ手術を決断

巨人の桑田真澄投手は痛めている右ひじじん帯の手術を受けることになった。手術の意思を固めた同投手は26日、東京ドームに長嶋監督を訪ねて報告、同監督も了承した。手術した場合、完全復帰には1年かかるといわれているため、来季中の戦列復帰は絶望的で、巨人の大きな戦力ダウンは免れない。

手術は左手首のけんを右ひじに移植するもので、桑田はスポーツ医学の権威であるフランク・ジョーブ博士の執刀を希望、同博士のスケジュールがつき次第、渡米して手術を受けることになる。《共同通信》

【自民党・橋本龍太郎新総裁】村山首相、武村蔵相と会談

自民党の橋本龍太郎新総裁(通産相)は、近く行われる村山富市首相(社会党委員長)と武村正義蔵相(新党さきがけ代表)との与党3党首会談で、6月に策定した「当面の重点政策」(新3党合意)を正式に確認するとともに、臨時国会乗り切りに向け新3党首体制の結束強化を図りたい考えだ。3人は26日昼の初会合で結束を確認。橋本氏も会見で、基本的に新3党合意を尊重する姿勢を明らかにした。《共同通信》

1996 平成8年9月26日(木)

平成2819日目

【尖閣諸島】香港の抗議船が領海侵入

尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権をめぐり日本への抗議を続ける香港の民間団体のチャーター船、保釣号(2800トン)が26日、同諸島周辺の日本領海12カイリ(約22キロ)以内に入った。海上保安庁の巡視船が警戒に当たる中、船上から4人が海に飛び込み、運動グループのリーダーで香港籍のデービッド・チャンさん(45)が死亡。別の香港籍の男性(25)も一時重体となった。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】与党党首と会談

「一致はしとらん。じゃが解散は総理の専権事項だからな」首相官邸で相次いで開かれた26日の3党首会談、政府与党首脳連絡会議。村山富市社民党党首、井出正一新党さきがけ代表とも冒頭解散に反対した。しかし橋本龍太郎首相の意向は変わらず、27日召集される臨時国会の冒頭解散に向け着々と進んだ。

午後1時すぎから始まった党首会談の直前に相前後して姿を見せた井出代表と村山党首は厳しい表情。井出代表は「緊張している。分かりましたとはいえないな」と言い残して会談へ。

会談は約1時間に及んだ。会談後、井出代表は橋本首相が「冒頭にやりたい」と表明したことを明らかにした上で「賛成できません。言い続けます」。村山党首も「所信表明、代表質問を終え、争点を明らかにした上で審判を受けるべきだと申し上げた。一任はしていない」。

しかし、井出代表は「総理が権限を持っているから」とし、村山党首も「総理の専権事項だから」と述べた。《共同通信》

1997 平成9年9月26日(金)

平成3184日目

【ガルーダ航空152便墜落事故】乗員乗客234人全員が死亡

インドネシア・スマトラ島沖の北部のメダン近くで26日午後1時55分ごろ、乗員12人、乗客222人の計234人が乗った国営ガルーダ航空の国内線旅客機エアバスA300が墜落した。ガルーダ航空によると、同日夜までに現場から212遺体を収容、この日の捜索を打ち切った。機体の破損状況から全員が絶望視されている。《共同通信》

【共産党】不破体制が発足

静岡県熱海市で開かれていた共産党の第21回大会は最終日の26日、不破哲三委員長、志位和夫書記長をそれぞれ再任、大会決議を満場一致で採択して閉幕した。39年間、党の最高指導者の地位にあった宮本顕治議長(88)は高齢を理由に退位して名誉議長に就任。名実ともに不破体制が発足した。《共同通信》

1998 平成10年9月26日(土)

平成3549日目

【MLB・マグワイア選手】67、68号本塁打

米大リーグのシーズン最多本塁打記録を更新中のセントルイス・カージナルスのマーク・マグワイア一塁手(34)は26日、セントルイスのブッシュ・スタジアムでのモントリオール・エクスポズ戦で今季67、68号の2本塁打を放ち、本塁打の出なかったシカゴ・カブスのサミー・ソーサ外野手(29)に2本の差をつけた。《共同通信》

【小渕恵三首相】交通安全を呼び掛け

秋の交通安全運動(21日〜30日)を盛り上げようと、東京下町の名所・浅草、雷門で26日、交通安全キャンペーンが行われ、小渕恵三首相が観光客らに交通安全を呼び掛けた。

小渕首相はあいさつで「日本は鉄砲の弾は飛ばなくて安全だが、よその国からロケットが飛んできて苦労している」と参加者らの笑いを誘い「でも日本は年間の死者1万人と大変な交通悲劇に見舞われている。総理になって人気がなくなったと言われるが難しい時にやるのが政治家の努め」と政策アピールを織り交ぜながら、交通安全に取り組む決意を語った。《共同通信》

1999 平成11年9月26日(日)

平成3914日目

【台湾大地震】5日ぶりに兄弟救出

台湾中部で26日朝、マグニチュード(M)6.8と、台湾中部大地震以来最大級の余震が発生、少なくとも5人が死亡、58人が負傷するなど新たな被害が広がった。一方、21日の大地震で崩壊した台北市東部のビルのがれきに閉じ込められていた兄弟が26日午前、発生から5日ぶりに救出された。

強い余震は同日午前7時52分に発生。台湾中央気象局によると、震源地は南投県日月潭の東約10キロで、震源の深さは7.5キロ。M7.7本震以来の最大規模だった。日月潭では震度6を記録したほか、台北など各地で大きな揺れを感じた。《共同通信》

【大相撲秋場所千秋楽】横綱武蔵丸関が6度目の優勝

大相撲秋場所千秋楽(26日・両国国技館)今場所初めて満員御礼となった土俵で、横綱武蔵丸が12勝3敗で2場所ぶり6度目の優勝を決めた。武蔵川勢の優勝は4場所連続、横綱の優勝は6場所ぶり。

敢闘、技能賞を獲得し、3敗で並んでいた安芸乃島が勝ち越しを懸けた小結武双山に敗れて4敗となった後、武蔵丸は横綱若乃花を寄り倒した。若乃花は5連敗で7勝8敗と負け越した。皆勤した横綱が負け越したのは1場所15日制では平成元年秋場所の大乃国以来、10年ぶり2人目。《共同通信》

2000 平成12年9月26日(火)

平成4280日目

【シドニー五輪・ソフトボール決勝】米国2-1日本

シドニー五輪第12日の26日夜、ブラックタウンのソフトボールセンターで開かれたソフトボール決勝の日本対米国戦は、延長8回裏、米国が2―1でサヨナラ勝ちした。日本は銀メダルにとどまった。この回、一死一、二塁でローラ・ベルグがレフトへ大きな飛球を放ち、これを小関しおりがグラブに当てながらも落球して二塁走者の生還を許した。終了後日本は円陣を組み、宇津木妙子監督が選手を励ましたが、救援登板していた高山樹里は悔しさから号泣していた。《日経新聞》

【小泉純一郎元厚相】参院選「森政権で戦う」

自民党森派会長の小泉純一郎元厚相は26日、共同通信加盟社の論説研究会で講演し、森喜朗内閣を取り巻く党内状況について「森政権の足を引っ張ろうという動きはなくなった。加藤紘一さんも山崎拓さんも『参院選を森政権の下で戦い、勝利できるよう結束を保つべきだ』との認識で一致している」と述べ、少なくとも来年夏の参院選までは挙党態勢が堅持できるとの見方を示した。《共同通信》

2001 平成13年9月26日(水)

平成4645日目

【パ・リーグ】近鉄、12年ぶり4度目の優勝

劇的な幕切れで優勝決定。優勝へのマジックナンバーを「1」としていたプロ野球パ・リーグの近鉄は26日、大阪ドームでのオリックス戦で、北川博敏捕手(29)の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で6-5で勝ち、12年ぶり4度目のリーグ制覇を果たした。代打逆転サヨナラ満塁本塁打は史上6人目で、優勝決定試合では初めて。《共同通信》

【田中真紀子外相】イラン大使らとテロ撲滅へ協力を確認

田中真紀子外相は26日午後、イランのマジェディ、サウジアラビアのクルディ両駐日大使と会談し、テロ撲滅への協力で一致、イスラム世界と今回のテロを明確に区別し「文明間の対話」を促進させる必要性を確認した。《共同通信》

2002 平成14年9月26日(木)

平成5010日目

【プロ野球・横浜】森祇晶監督の退任を発表

横浜は26日、横浜市内の球団事務所で森祇晶監督(65)の退任を発表した。後任について大堀隆球団社長は白紙としたが、横浜OBで2000年までヘッドコーチなどを努めた山下大輔氏(50)の就任が濃厚となっている。

森監督はこの日でチームを離れ、残り14試合の指揮は黒江透修ヘッドコーチが執る。会見した森監督は「きょう限りでユニホームを脱ぐことになりました。ファンに申し訳ない成績で一番心を痛めた部分でもあります」と最下位が決定している今季の成績不振をわびた。《共同通信》

【拉致被害者家族連絡会】生存者の帰国最優先

北朝鮮による拉致事件の被害者家族でつくる「家族連絡会」は26日、都内で会合を開き、生存している被害者全員の帰国を優先させ、家族はその実現前には訪朝しないという方針を確認した。27日の小泉首相との面会の際に伝える。

同会事務局長で蓮池薫さん(失跡時20歳)の兄、透さん(47)らは会合後、代表して会見し、「被害者側である家族が、本人の帰国より前に、加害者である北朝鮮を訪問するのは筋ではない」と述べた。同会は、「被害者の安否はまだ確認されていない」としたうえで、生存している被害者らについて、28日から訪朝する政府の現地調査団が身元確認をし次第、1か月以内に子供も含めて帰国させるよう政府に働きかけることを出席者の全員一致で申し合わせた。さらに、「被害者の帰国前に政府側から訪朝の提案があったとしても、拒否する」という。

ただ、同会では、「方針はあくまで会としてのもので、今後、個々の家族が訪朝を希望した場合は、その意向を縛るものではない」ともしている。《読売新聞》

【小泉純一郎首相】与党党首と会談

小泉純一郎首相は26日、今月末に任期切れを迎える自民党三役人事を27日に、内閣改造を30日にそれぞれ行う方針を決めた。26日午後、首相官邸で公明党の神崎武法代表、保守党の野田毅党首と会談し、改造の意向を正式に表明した。野田氏は柳沢伯夫金融担当相の交代を要求した。

焦点の改造規模については、自民党の山崎拓幹事長、青木幹雄参院幹事長と27日に協議して決定するが、首相としては小幅改造にとどめる考え。党三役では山崎幹事長、堀内光雄総務会長、麻生太郎政調会長の続投が内定した。《共同通信》

2003 平成15年9月26日(金)

平成5375日目

【2003年十勝沖地震】

26日午前4時50分ごろと、同6時8分ごろ、北海道南部の浦河町などで震度6弱を観測する地震があった。豊頃町の十勝川河口付近で釣りをしていた男性2人が行方不明になった、道庁などによると、道内で455人が重軽傷を負い、約4万1000人が一時避難した。

製油所のタンクが炎上し、特急の脱線や漁船の転覆などの被害も発生。浦河町では高さ1.3メートルの津波を記録した。釧路空港は一時閉鎖され、根室港などでは液状化現象も生じた。《共同通信》

【池田小児童殺傷事件】被告の死刑確定

児童8人が殺害された大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の乱入殺傷事件で、大阪地裁で死刑判決を受けた宅間守被告(39)が26日、弁護団が行った控訴を取り下げた。これで、事件発生から約2年4カ月、地裁判決から約1カ月で宅間被告の死刑判決が確定した。《毎日新聞》

【プロ野球・巨人】原辰徳監督の辞任を発表

巨人は26日、原辰徳監督(45)の辞任と堀内恒夫氏(55)の次期監督就任を発表した。原氏は同球団の特別顧問となる。渡辺恒雄オーナーと原、堀内両氏が同日夕、東京都内のホテルで記者会見し、同オーナーが明らかにした。

原氏は長嶋茂雄前監督の退任に伴い、2001年10月にヘッドコーチから昇格、3年契約を結んだ。就任1年目の昨年にリーグ優勝を果たし、日本シリーズでも西武に圧勝して日本一に輝いた。しかし、2年目の今季は主力選手の相次ぐ故障などで苦戦が続き、Bクラスに低迷。18年ぶりに優勝した阪神の独走を許す要因ともなり、来季終了までの契約を全うしないまま退団を決めた。《時事通信》

阪神・星野監督「辞任会見で何で隣に次の監督がいるんだ」

「まさかだ。2年でどうやって結果を出せというんだ。甘い世界じゃないんだよ。 おれはたそがれ時だけど原なんかこれからやないか。そんな若い芽を摘んで野球界はどうなっていくんだ。 (後任の堀内氏について)コメントなんか出せるか。辞任会見の時になんで次の監督が横にいるんだ。」《共同通信》

【小泉純一郎首相】所信表明演説


https://www.kantei.go.jp/

第157回臨時国会が26日召集され、小泉純一郎首相は同日午後、衆院本会議で所信表明演説を行った。首相は構造改革を小泉内閣の責務と位置付け、再改造内閣でも改革路線を堅持する考えを強調。郵政、道路関係4公団の民営化や「三位一体改革」を進める方針を表明した。《共同通信》

2004 平成16年9月26日(日)

平成5741日目

【大相撲秋場所千秋楽】大関魁皇関、7場所ぶり5度目の優勝

大相撲秋場所千秋楽(26日・両国国技館)大関魁皇が13勝2敗で昨年名古屋場所以来7場所ぶり5度目の優勝を果たした。魁皇は1差で追っていた平幕栃乃洋が敗れて優勝が決まったあと、、結びの一番で横綱朝青龍を寄り切りで退けた。九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)で綱取りに挑む。朝青龍は終盤4連敗で9勝6敗に終わった。《共同通信》

【日朝実務者協議】2年前の調査、初の訂正

北朝鮮の拉致問題などをめぐる日朝実務者協議は26日、2日間の日程を終了した。北朝鮮側は安否不明の拉致被害者10人に対する再調査の「途中経過」を口頭で説明。横田めぐみさん、有本恵子さん、石岡亨さんの3人について、2年前に日本側に伝えた調査内容を一部訂正、追加した。北朝鮮側が公式にこれまでの説明の誤りを認めたのは初めてで、当初調査の信ぴょう性が一段と揺らいだ。

横田さんに関しては「93年3月に病院で死亡」としていたのを「同年6月まで病院に入院」と報告した。ただ、いずれも「8人死亡、2人未入国」の結論を覆すものではなかった。

日本側は裏付けとなる資料の提供を迫り、次回協議を遅くとも11月半ばまでに開催し、ほかの安否不明者の消息も含め再回答するように求めた。北朝鮮側は「持ち帰り検討する」と答えた。《共同通信》

2005 平成17年9月26日(月)

平成6106日目

【ホワイトソックス・井口資仁内野手】日米通算1000安打

米大リーグ、ホワイトソックスの井口資仁内野手は26日、デトロイトでのタイガース戦に「2番・二塁」で先発し、日米通算1000安打を達成した。第2打席の3回1死一塁で二遊間を破る中前打した。ダイエー(現ソフトバンク)時代の8年間で860安打。大リーグ1年目の今季は131試合目で140安打した。

そのほかの打席は遊ゴロ、遊ゴロ、一前バントで3打数1安打。打率は2割8分2厘。チームは3-4でサヨナラ負け。インディアンスとのゲーム差は2になった。《共同通信》

【小泉純一郎首相】所信表明演説

小泉純一郎首相は26日午後、第三次小泉内閣発足を受けた所信表明演説を衆参両院本会議で行った。郵政民営化を争点にした衆院選で「多くの国民の信頼を得られた」として、今国会で郵政民営化関連法案の成立を期す決意を強調。郵政後のテーマに政府系金融機関の統廃合などを挙げ、引き続き構造改革を断行することで「政府の規模を大胆に縮減する」と表明した。《共同通信》

2006 平成18年9月26日(火)

平成6471日目

【奈良小1女児誘拐殺人事件】奈良地裁、元新聞販売店員に死刑判決

2004年11月、奈良市の小学1年生、Aちゃん(当時7つ)が誘拐、殺害された事件で、殺人とわいせつ目的誘拐など8つの罪に問われた元新聞販売店員K被告(37)に、奈良地裁は26日、求刑通り死刑を言い渡した。

奥田哲也裁判長は「自己の異常な性欲を満たすためにわいせつ行為をしながら、抵抗され、発覚を恐れて殺害した。巧妙かつ冷徹、残忍な犯行で、酌量の余地はみじんもない。人格の矯正は極めて困難」と述べた。《共同通信》

【公明党】新代表に太田昭宏氏

公明党代表選は26日午後、立候補の受け付けを締め切り、神崎武法代表の後任に太田昭宏幹事長代行(60)の無投票当選が決まった。30日の党大会で正式に承認される。太田氏は来年の統一地方選や参院選に向け独自色をアピールする考えだが、保守色を強めるとみられる安倍晋三首相の下で、連立政権を組む自民党との関係が課題となりそうだ。《共同通信》

【第1次安倍内閣】発足


https://www.kantei.go.jp/

自民党の安倍晋三総裁(52)は26日、衆参両院本会議で第90代、57人目の首相に選出された。戦後最年少、初の戦後生まれの首相が誕生、同日夜に自民、公明連立の安倍内閣が発足した。

官房長官兼拉致問題担当相に塩崎恭久氏(55)、総務省に菅義偉氏(57)を充てるなど閣僚や首相補佐官に保守色の強い側近議員を配置し、官邸主導の体制を整えた。柳沢伯夫氏(71)ら自民党総裁選で安倍氏を支持した中心メンバーも起用。初入閣が11人を占めたものの、論功行賞が色濃くにじむ布陣となった。《共同通信》

2007 平成19年9月26日(水)

平成6836日目

【トヨタ・マークXジオ】発売

9月26日のできごと(何の日)【トヨタ・マークXジオ】発売
http://www.goo-net.com/

【ミャンマー軍事政権】デモを武力弾圧

ミャンマー軍事政権は26日、最大都市ヤンゴンで反政府デモを続ける僧侶や市民に対する初の武力行使に踏み切り、僧侶ら約200人を拘束した。ミャンマーの病院関係者によると、僧侶3人が発砲で死亡、80人以上が負傷した。死亡者は5人との情報もある。

燃料費の大幅値上げに端を発し、僧侶や市民を巻き込んだ形で大規模化した今回のデモは、軍政の武力弾圧を招く事態となり、同国情勢は重大な局面を迎えた。《読売新聞》

【福田内閣】発足


https://www.kantei.go.jp/

福田内閣は26日午前、皇居での天皇陛下による首相任命式と閣僚の認証式をすませ、正式に発足した。この後、初閣議を開き、参院で与野党が逆転する中、重要な政策課題について野党との協議を誠実に行う姿勢を示すとともに、「政治とカネ」問題で閣僚に説明責任を尽くすよう求めた首相談話を決定した。

安倍前首相の突然の辞意表明による自民党総裁選で臨時国会は12日から事実上中断していたが、10月1日に福田首相の所信表明演説が行われる見通しだ。《読売新聞》

2008 平成20年9月26日(金)

平成7202日目

【パ・リーグ】西武(渡辺久信監督)4年ぶり16度目の優勝

日本ハム2-0西武◇26日◇札幌ドーム

西武が4年ぶり16度目のリーグ優勝を決めた。前身の西鉄時代を含めると21度目のリーグ制覇となった。

優勝へのマジックナンバーを1としていた西武は札幌ドームで日本ハムに0-2で敗れたが、マジック対象チームのオリックスがクリネックススタジアム宮城での楽天戦に1-13で敗れたため、西武の優勝が決まった。《日刊スポーツ》

【ポール・ニューマンさん】死去

AP通信によると、映画「明日に向かって撃て!」「スティング」などで知られる米国の俳優、ポール・ニューマン氏が26日、がんのため、東部コネティカット州ウェストポート近くの自宅で死去した。83歳だった。同氏は今年6月、がんで闘病中と報じられていた。《共同通信》

2009 平成21年9月26日(土)

平成7567日目

【前原誠司国交相】川辺川ダム予定地を視察

前原誠司国土交通相は26日午前、建設中止を表明した川辺川ダム(熊本県)の予定地の視察を始めた。同ダムをめぐっては、すでに熊本県の蒲島郁夫知事が計画の白紙撤回を表明しているが、前原国交相は同日午後、水没予定地の五木村の住民に会い、改めて中止の方針を伝えた。《朝日新聞》

【北沢俊美防衛相】普天間移設の経緯検証へ

沖縄県を就任後初めて訪れていた北沢俊美防衛相は26日、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する経緯などを検証する考えを明らかにした。週明けにも政務三役会議を開き、指示内容を詰める予定だ。《共同通信》

2010 平成22年9月26日(日)

平成7932日目

【パ・リーグ】ソフトバンク、7年ぶりのリーグ優勝

プロ野球パ・リーグは就任2年目の秋山幸二監督(48)率いるソフトバンクがダイエー時代の2003年以来、7年ぶりのリーグ優勝を果たした。南海時代の10度、ダイエー時代の3度と合わせて通算14度目のリーグ制覇となった。1リーグ時代を含めると通算16度目の優勝。《共同通信》

【大相撲秋場所千秋楽】横綱白鵬関、4場所連続全勝優勝

大相撲秋場所千秋楽(26日、両国国技館)すでに4場所連続16度目の優勝を決めていた横綱白鵬は日馬富士を寄り切りで倒し、8度目の全勝優勝で締めくくるとともに、自身の連勝を62に伸ばした。8度目の全勝優勝は双葉山と大鵬に並ぶ記録。《共同通信》

【菅直人首相】中国への謝罪、賠償を拒否

菅直人首相は26日、沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件で中国側が日本に謝罪と賠償を求めていることに対し「尖閣諸島は日本の領土だ。応じるつもりは全くない」と述べ、拒否の姿勢を鮮明にした。東京都青梅市で記者団の質問に答えた。中国側は強硬姿勢を崩さず、関係改善の見通しは立っていない。

中国では軍事管理区域に侵入した疑いで日本人4人が拘束されており、政府は歩み寄りに全力を挙げる方針だ。《共同通信》

2011 平成23年9月26日(月)

平成8297日目

【陸山会事件】小沢一郎氏の元秘書ら3人に有罪判決

小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記入)の罪に問われた衆院議員、石川知裕被告(38)ら元秘書3人の判決公判が26日、東京地裁であった。登石郁朗裁判長は、陸山会の政治資金収支報告書に虚偽の内容を記入したと認定し、石川議員に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)を言い渡した。

判決は元秘書3人の共謀を認め、元秘書のA被告(34)は禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)、会計責任者だった元秘書、B被告(50)は禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮3年6月)とした。B元秘書については一部の虚偽記入への関与を認めなかった。《日経新聞》

【野田佳彦首相】「復興と経済対策両立させる」


https://www.kantei.go.jp/

野田首相は26日午前、就任後初めて臨んだ衆院予算委員会で、大震災からの復旧・復興と経済対策を両立させていく考えを表明した。「震災復旧・復興や福島第1原発事故の収束が当面の最大、最優先の課題だ。経済危機への対応も着実に行っていく」と述べた。財政再建や少子高齢化対策、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題も挙げ「一つ一つを着実に解決し、克服していくことが私の使命だ」と強調した。

編成作業を進めている11年度第3次補正予算案については「復興のための予算だが、円高を含む経済対策を講じなければならない」と述べ、中小企業への金融支援策拡充なども盛り込む意向を重ねて示した。《共同通信》

2012 平成24年9月26日(水)

平成8663日目

【大相撲・日馬富士関】横綱昇進


https://www.youtube.com/

日本相撲協会は26日午前、東京・両国国技館で大相撲九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東大関日馬富士 (28)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の第70代横綱昇進を満場一致で正式に決めた。新横綱の誕生は同じモンゴル出身の白鵬以来5年ぶり。《共同通信》

【安倍晋三元首相】自民党第25代総裁に選出

自民党総裁選は26日、投開票された。党員・党友投票に基づく地方票(300票)と国会議員票(197票)の合計で石破茂前政調会長(55)が199票を獲得し1位、安倍晋三元首相(58)が141票で2位となった。

石破氏が1回目の投票で当選に必要な過半数に届かなかったため、石破、安倍両氏の決選投票が国会議員だけで行われた。決選投票では安倍氏が108票を獲得し、89票だった石破氏を破って第25代総裁に選出された。安倍氏は首相を務めた06~07年以来、5年ぶりに総裁に返り咲いた。《毎日新聞》

2013 平成25年9月26日(木)

平成9028日目

【パ・リーグ】楽天、初のリーグ優勝

プロ野球パ・リーグは26日、首位・楽天が創設9年目で初の優勝を飾った。優勝へのマジックナンバーを「2」としていた楽天は西武に4―3で勝ち、2位のロッテが日本ハムに5―6で敗れたため優勝が決まった。

楽天は2点を追う七回2死満塁からジョーンズの3点二塁打で逆転。エースの田中が九回から登板し、最後を締めた。

楽天は2004年のプロ野球再編問題を経て、同年秋に50年ぶりの新規球団として誕生した。1年目の05年は38勝97敗1分けに終わるなど苦難の船出となったが、星野監督就任3年目の今季は田中がプロ野球新記録の開幕22連勝を記録するなどチームをけん引。創設9年目で悲願を達成した。

日本シリーズ進出を争うクライマックスシリーズは10月12日から始まり、楽天は17日からのファイナルステージで第1ステージの勝者と対戦する。《日経新聞》

【安倍晋三首相】集団安保に意欲

安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、米ニューヨークの国連本部で演説し、国連憲章に基づく集団安全保障措置への積極的な参加に意欲を示した。女性の社会進出や保健医療を支援するため今後3年間に30億ドル(約3千億円)超の政府開発援助(ODA)を拠出するほか、シリア難民への新たな人道支援として約6千万ドル(約60億円)を追加実施する方針を正式表明した。《共同通信》

2014 平成26年9月26日(金)

平成9393日目

【セ・リーグ】巨人(原辰徳監督)3年連続36回目のリーグ優勝

プロ野球セ・リーグは26日、首位巨人が3年連続36度目(1リーグ時代を含め45度目)の優勝を決めた。巨人は6―3でDeNAに勝ち、2位広島は3―4で阪神に敗れた。巨人の3連覇は2007年~09年以来。

日本シリーズ進出を争うクライマックスシリーズは10月11日から始まり、巨人は15日からのファイナルステージでファーストステージの勝者と対戦する。《日経新聞》

【香川伸行さん】死去

さらば、ドカベン。プロ野球の南海・ダイエーで活躍し、「ドカベン」の愛称で親しまれた香川伸行氏が26日午後7時34分、心筋梗塞のため、福岡県内で死去した。大阪府出身。52歳だった。香川氏は01年から腎臓を患い、近年は人工透析を受けるなど、病魔との闘いの連続だった。《スポニチ》

2015 平成27年9月26日(土)

平成9758日目

【プロ野球・ソフトバンク】球団通算5000勝

ロッテ3-4ソフトバンク◇26日◇QVCマリン

ソフトバンクがロッテに1点差で競り勝ち、球団通算5000勝を達成した。ロッテに先制を許したが、4回に李大浩の30号2ランで逆転。守護神サファテを休ませる中、先発武田が7回2失点。森、五十嵐と継投した。

工藤公康監督(52)は「5000はすごい数字なので、いいなと思う。区切りで若手投手が勝てて、これからのホークスを担ってくれる人が育ってうれしい」と、13勝目を挙げた22歳の武田の成長をほめた。《日刊スポーツ》

【大阪維新の会】大阪W選挙、松井一郎氏、吉村洋文氏の擁立を正式決定

政治団体・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)は26日、所属議員を集めた全体会議を市内で開き、11月22日投開票の大阪府知事選に現職松井一郎氏(51)、大阪市長選に維新の党衆院議員の吉村洋文氏(40)=比例近畿=を擁立すると決めた。

橋下氏らが10月1日に大阪市内で記者会見し、維新の党の「大阪系」国会議員らとの新党結成を発表するのに合わせ、正式に出馬表明する。《共同通信》

2016 平成28年9月26日(月)

平成10124日目

【米大統領選挙】初の直接対決

米大統領選の民主党候補、クリントン前国務長官と共和党候補、トランプ氏の第1回テレビ討論会が26日、ニューヨーク州ヘンプステッドのホフストラ大学で開かれ、初めて2人が直接対決した。女性初の大統領を目指すクリントン氏が、日韓の核武装を容認したトランプ氏の発言の危険性を指摘し、同盟重視の姿勢を打ち出したのに対し、トランプ氏は日韓の駐留米軍経費の負担増を重ねて主張。激しい舌戦になった。

討論会後のCNNテレビ世論調査では、クリントン氏が勝ったと答えたのは62%だったのに対し、トランプ氏と答えたのは27%。「明快に見解を示した」「政策をより理解している」との設問でもクリントン氏が2対1で勝り、軍配は同氏に上がった。《産経新聞》

【安倍晋三首相】「アベノミクスを一層加速」


https://www.kantei.go.jp/

第192臨時国会が26日召集され、安倍晋三首相は午後の衆参両院本会議で所信表明演説に臨んだ。働き方改革や子育て支援、農業分野での「未来への投資」を経済成長の原動力とし、デフレ脱却を目指す考えを表明した。事業規模28兆円超の経済対策など「あらゆる政策を総動員」し、経済最優先の政権運営を継続する方針を示した。憲法改正では与野党に国会の議論を深めるよう呼びかけた。

首相は「アベノミクスを一層加速し、デフレからの脱出速度を最大限まで引き上げる」と強調した。内需を下支えする総合経済対策を打ち出し、最低賃金は1000円を目指し「社会全体の所得の底上げを図る」と掲げた。そのために中小企業対策で下請け企業との取引条件の改善を促した。《日経新聞》

2017 平成29年9月26日(火)

平成10489日目

【民進党】離党ドミノ止まらず

民進党の各地の衆院選立候補予定者が26日、相次いで離党届を提出した。いずれも東京都の小池百合子知事が率いる新党「希望の党」に合流する意向だ。現職国会議員に続き、新人らにも波及した形で、民進党の「離党ドミノ」に拍車が掛かった。離党届を提出したのは静岡県から出馬予定だった細野豪志元環境相の元秘書2人や神奈川県の元職ら3人。

新党に移った細野氏の地元静岡県で民進党は、衆院8小選挙区中、半数の4選挙区で候補不在となった。県連の岡本護幹事長は記者団に新党候補への対抗馬擁立を急ぐと強調。「新党とてんびんにかけているとしたら、けしからんの一言だ」と述べた。

【東京都議会】代表質問

東京都議会定例会は26日、代表質問が行われ、25日に新党設立と代表就任を発表した小池百合子知事が答弁に立った。小池氏の「国政進出」に対し、各会派から厳しい批判が出ることも予想されたが、対立する自民党も関係見直しを検討する公明党も、質問時間のほとんどを都政運営に割いた。背景には国政進出について追及すれば、都民から「都政に興味がないのか」と逆に批判を受けるとの懸念などがあったという。《毎日新聞》

2018 平成30年9月26日(水)

平成10854日目

【プロ野球・広島】初のリーグ3連覇

プロ野球セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島が26日、広島市のマツダスタジアムで行われたヤクルト戦に10―0で勝ち、セでは巨人以外で初となる3連覇で9度目の優勝を決めた。本拠地での胴上げは27年ぶり。緒方孝市監督(49)が歓喜の中心で宙を舞った。

4月24日から首位を譲らなかった。8月15日に優勝マジックが「32」で初点灯。9月にもたついても、ヤクルトに9・5ゲーム差をつけて覇権を守った。7月の西日本豪雨の被災者に勇気を与える戦いぶりを見せた。

クライマックスシリーズを経て12球団で最も遠ざかる34年ぶりの日本一を目指す。《共同通信》

【安倍晋三首相】米・トランプ大統領と会談

安倍晋三首相は26日(日本時間27日)、トランプ米大統領とニューヨークで会談し、2国間による「日米物品貿易協定」(TAG)の締結に向け、関税協議を含む通商交渉に入ることで合意した。協議中は米側による自動車への追加関税の発動を回避することで一致。首相は、農林水産品では環太平洋連携協定(TPP)の水準までしか関税を引き下げない方針を伝え、トランプ氏は尊重する考えを示した。両首脳は北朝鮮核問題を巡る連携も確認した。

両政府は貿易分野に関し、成果を盛り込んだ共同声明を発表した。交渉は米側の手続きの関係で、開始まで時間がかかる見通し。《共同通信》

2019 令和元年9月26日(木)

令和149日目

【香港・林鄭月娥行政長官】市民と初対話

香港の林鄭月娥行政長官は26日夜、香港南部の体育館で、初めての市民との対話集会を行った。抗議活動が長期化する中、香港政府は集会で不満のガス抜きを図りたい考えだが、抗議の収束につながる可能性は低そうだ。《産経新聞》



→9月27日のできごと

9月のできごと

←9月25日のできごと