平成4280日目

2000/09/26

【シドニー五輪・ソフトボール決勝】米国2-1日本

シドニー五輪第12日の26日夜、ブラックタウンのソフトボールセンターで開かれたソフトボール決勝の日本対米国戦は、延長8回裏、米国が2―1でサヨナラ勝ちした。日本は銀メダルにとどまった。

Embed from Getty Images

この回、一死一、二塁でローラ・ベルグがレフトへ大きな飛球を放ち、これを小関しおりがグラブに当てながらも落球して二塁走者の生還を許した。終了後日本は円陣を組み、宇津木妙子監督が選手を励ましたが、救援登板していた高山樹里は悔しさから号泣していた。

増渕まり子、リサ・フェルナンデスの先発で始まったこの試合は4回表、3番の宇津木麗華が先制ソロ本塁打を放ち1点リードした。しかし増渕は5回裏、米国の捕手で8番のステイシー・ヌベマンにタイムリーヒットを打たれ、同点に追いつかれた。6回裏から日本はリリーフに高山を投入した。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【シドニー五輪・シンクロデュエット】立花美哉・武田美保選手組が銀メダル獲得

Embed from Getty Images

シドニー五輪第12日の26日、シンクロナイズド・スイミングのデュエットで立花美哉、武田美保組(井村シンクロク)が銀メダルを獲得した。

シンクロナイズド・スイミングでの日本のメダル獲得は同種目が採用された1984年ロサンゼルス五輪から5大会連続だが、いずれも銅メダルで、銀は過去最高の成績となる。

予選2位でフリールーティン決勝に臨んだ日本ペアは、前日予選の得点を上回る64.350点をマーク。テクニカルルーティンと合わせて98.650点としたが、予選1位だったロシアには及ばなかった。《日経新聞》

【小泉純一郎元厚相】参院選「森政権で戦う」

自民党森派会長の小泉純一郎元厚相は26日、共同通信加盟社の論説研究会で講演し、森喜朗内閣を取り巻く党内状況について「森政権の足を引っ張ろうという動きはなくなった。加藤紘一さんも山崎拓さんも『参院選を森政権の下で戦い、勝利できるよう結束を保つべきだ』との認識で一致している」と述べ、少なくとも来年夏の参院選までは挙党態勢が堅持できるとの見方を示した。《共同通信》

【この日の民主党】

[参議院で代表質問]北澤俊美参院幹事長が追及

国会は26日、昨日の衆議院に続いて参議院で森首相の所信表明演説に対する各会派の代表質問を行った。民主党・新緑風会からは参議院幹事長の北澤俊美参院議員が登壇した。27日は千葉景子参院議員が質問に立つ。

北澤議員は、まず今国会の位置づけについて、「本来山積する重要課題を審議するはずの臨時国会が、次の参院選を有利にしようとする与党の思惑で、あわてて選挙制度を変えようとする『党利党略のかけこみ国会』にしてしまった」と怒りを表わにし、暴挙を断固阻止するとの決意を表明した。

その上で、週1回の党首討論の実施を必ず果たすことや、党首討論の出席を持って予算委員会の出席を減らすなどの国会対応は行わないよう求めた。

●できるだけ甘くしたい与党の姿勢ありあり

「あっせん利得処罰法」について、北澤議員は(1)立証が困難な「請託」を要件として残した与党案は、適用しづらい現行の「あっせん収賄罪」を改革したものにはならない(2)私設秘書を処罰対象としない与党案は、あえて抜け道をつくったもの(3)第3者供与処罰を明文化していない–ことを与党案の問題点としてあげ、「できうる限り甘いものとしようという姿勢がありあり」と批判した。

これに対し、森首相は、(1)については「刑法の賄賂罪において請託を要求している。あっせんには請託を伴うのが通常」、(3)では「あっせん収賄罪との整合性に配意した」などと説明。さらに、「政治は国民の要望を幅広く行政に反映させる機能も果たしている。こうした機能を阻害することないよう配慮することも必要」などと、問題への認識不足ととれる発言まで飛び出した。

続けて、北澤議員は、非拘束名簿式導入に関する与党の公職選挙法改正案について「特定の圧力団体との不明朗な関係を強引に選挙制度の変更にすり替えることは、数を背景にした党利党略」と厳しく批判。しかし森首相はここでも「(現行制度は)候補者の顔が見えず政治への関心が高まりにくいとの問題点も指摘されている」などと論点をすり替えていた。

補正予算については、「与党の諸君は補正予算を既得権と勘違いし、政権存続のために私物化している」と指摘。また、「本気で旧来型公共事業から構造改革に資するIT関連分野への投資に転換するなら、財源や事業内容等具体的に示すべき」と追及した。

さらに、北澤議員は外交では、特に日露平和条約締結交渉と、朝鮮半島安定への日本の役割への認識などをただした。また、不祥事が相次いだ警察の情報公開についても、見解をただした。

最後に北澤議員は、「総理のIT革命論は、一体どんな国づくりを考えているのか全く理解ができない。総理の述べられたのは単なる手段であって、目指すべき社会ビジョンが全く描かれていない」と迫ったが、森首相からは抽象的な答弁しか得られなかった。

そのため北澤議員は、再質問に立ち、「一番大事なときに森総理がわれわれ国民にきちんとした指針を示さないと言うことは、この20世紀から21世紀にかけての指導者の資格を問われる」とさらに追及したが、首相は「今の段階でどのようなことが必要なのかは、どの国もわかっていないのではないか」などと的を得ない答弁を繰り返すだけだった。《民主党ニュース》



9月26日 その日のできごと(何の日)