2006 平成18年9月26日(火)のできごと(何の日)

平成6471日目

2006/09/26

【第1次安倍内閣】発足

9月26日は何の日【第1次安倍内閣】発足
http://www.kantei.go.jp/

自民党の安倍晋三総裁(52)は26日、衆参両院本会議で第90代、57人目の首相に選出された。戦後最年少、初の戦後生まれの首相が誕生、同日夜に自民、公明連立の安倍内閣が発足した。

官房長官兼拉致問題担当相に塩崎恭久氏(55)、総務省に菅義偉(57)を充てるなど閣僚や首相補佐官に保守色の強い側近議員を配置し、官邸主導の体制を整えた。柳沢伯夫氏(71)ら自民党総裁選で安倍氏を支持した中心メンバーも起用。初入閣が11人を占めたものの、論功行賞が色濃くにじむ布陣となった。《福井新聞》




【奈良小1女児誘拐殺人事件】奈良地裁、元新聞販売店員に死刑判決

2004年11月、奈良市の小学1年生、Aちゃん(当時7つ)が誘拐、殺害された事件で、殺人とわいせつ目的誘拐など8つの罪に問われた元新聞販売店員K被告(37)に、奈良地裁は26日、求刑通り死刑を言い渡した。

奥田哲也裁判長は「自己の異常な性欲を満たすためにわいせつ行為をしながら、抵抗され、発覚を恐れて殺害した。巧妙かつ冷徹、残忍な犯行で、酌量の余地はみじんもない。人格の矯正は極めて困難」と述べた。《福井新聞》

【公明党】新代表に太田昭宏氏

公明党代表選は26日午後、立候補の受け付けを締め切り、神崎武法代表の後任に太田昭宏幹事長代行(60)の無投票当選が決まった。30日の党大会で正式に承認される。太田氏は来年の統一地方選や参院選に向け独自色をアピールする考えだが、保守色を強めるとみられる安倍晋三首相の下で、連立政権を組む自民党との関係が課題となりそうだ。《福井新聞》

9月26日/のできごと

シェアする

フォローする