2017 平成29年9月26日(火)のできごと(何の日)

平成10489日目

2017/09/26

【公明党・長沢広明復興副大臣】離党

公明党の山口代表は26日午前の記者会見で、同党の長沢広明復興副大臣(59)(参院比例)が女性問題を理由に同党を離党したと発表した。

長沢氏は議員辞職し、復興副大臣も辞任する。

山口氏によると、長沢氏は議員宿舎に知人の女性を宿泊させ、カギを貸したことを認めた。離党届は26日に提出された。山口氏は記者会見で「議員宿舎に第三者は宿泊させてはならない。看過できず、離党を了承した。長沢氏には妻子がいる」と語った。《読売新聞》




【民進党】離党ドミノ止まらず

民進党の各地の衆院選立候補予定者が26日、相次いで離党届を提出した。いずれも東京都の小池百合子知事が率いる新党「希望の党」に合流する意向だ。現職国会議員に続き、新人らにも波及した形で、民進党の「離党ドミノ」に拍車が掛かった。離党届を提出したのは静岡県から出馬予定だった細野豪志元環境相の元秘書2人や神奈川県の元職ら3人。

新党に移った細野氏の地元静岡県で民進党は、衆院8小選挙区中、半数の4選挙区で候補不在となった。県連の岡本護幹事長は記者団に新党候補への対抗馬擁立を急ぐと強調。「新党とてんびんにかけているとしたら、けしからんの一言だ」と述べた。

【東京都議会】「小池劇場」と距離

東京都議会定例会は26日、代表質問が行われ、25日に新党設立と代表就任を発表した小池百合子知事が答弁に立った。小池氏の「国政進出」に対し、各会派から厳しい批判が出ることも予想されたが、対立する自民党も関係見直しを検討する公明党も、質問時間のほとんどを都政運営に割いた。背景には国政進出について追及すれば、都民から「都政に興味がないのか」と逆に批判を受けるとの懸念などがあったという。

小池氏と対立する自民の秋田一郎幹事長は、42分間の質問時間を与えられたが、国政進出への批判は「知事の思いが今、この瞬間も別のところにあるのではないかという懸念がぬぐい去れない」との一言のみ。残りは豊洲移転問題や2020年東京五輪・パラリンピック問題など都政の課題を問うた。

自民幹部は「小池氏の知事と党代表の二足のわらじを厳しく追及したい思いはあるが、あくまでも都議会の場。国政にこだわれば都民から批判を受けることも考えられる」と胸中を明かした。7月の都議選では森友学園・加計(かけ)学園問題などを巡る安倍政権の対応で有権者が離れたことも背景にあり、「国政選挙への援護射撃よりも、都議会の立場で小池氏に対抗していく思いがある」と話した。

公明党の谷村孝彦幹事長代行も、冒頭で「都政を踏み台にして、他の狙いがあるような報道がなされていることは非常に残念。都民のためにしっかり汗を流すことを強く希望する」と指摘しただけだった。共産党の大山とも子幹事長も、憲法9条改正についての考えを尋ねたものの国政については触れず、各会派とも国政に舞台を移した「小池劇場」とは距離を置く姿勢を見せた。《毎日新聞》

9月26日/のできごと

シェアする

フォローする