平成4134日目

2001/05/03

【西鉄バスジャック事件】

5月3日のできごと(何の日)【西鉄バスジャック事件】

3日午後2時50分ごろ、女性から「刃物を持った若い男がバスジャックをした」と九州管区警察局高速道路管理室に電話で通報があった。バスは、佐賀発福岡市・天神行きの西鉄高速バス「わかくす」。午後1時半ごろ、九州自動車道の太宰府インター付近で、乗客の若い男が運転手に刃物を突きつけ、乗っ取ったという。乗客は約20人。

バスはその後、男の指示で、山陽自動車道を走り、午後4時50分ごろ、広島県に入った。山口県警をはじめ周辺の警察がバスを追跡している。同県警などよると、山陽自動車道で乗客数人がバスから飛び降りて頭などに軽いけがをしたほか、乗客2人が刃物で刺された模様だ。

飛び降りた女性は「高校生風の男が1人、ナイフを持っていた。乗客2人がけがをしている」と話している。西鉄広報室によると、バスは、午後零時56分に佐賀営業所を出発し、九州自動車道と福岡都市高速道路を通って、午後2時6分に福岡市中央区の西鉄天神バスセンターに到着する予定だった。《朝日新聞》

連休さなかの3日、西鉄の高速バスが乗っ取られた。切りつけられた女性客が死亡、5人が重軽傷を負う最悪の展開になった。「女の子を人質に取っている」。狭い車内で刃物を振るい、惨劇を引き起こしたのは佐賀市内の17歳の少年。恐怖におびえた乗客は声を出すこともできず、家族はひたすら無事を祈り続けた。

少女に刃物を突き付け、短銃や東京行きを要求する少年。必死で説得を試みる少年の家族と捜査員。佐賀から福岡、山口、そして広島と、高速道路を約370キロも移動した広域犯罪は、連休ムードを吹き飛ばした。

「バスジャックです」。3日午後2時47分、トイレを口実にバスを降りた女性客が日本道路公団へ急を知らせた。佐賀から福岡に向かう西鉄の高速バスが、刃物を取り出した少年に乗っ取られて約1時間後のことだった。

九州自動車道から中国自動車道、そして山陽自動車道へ。前後を警察車両に挟まれたバスは東へ向かった。

午後5時50分ごろ、警察の大型車両が本線をふさぎ、バスを広島県東広島市の奥屋パーキングエリアに誘導した。停車したバスを取り囲む捜査員。一人が運転席の窓越しに少年の説得を続けた。そして脚立に乗り、上半身を車内に乗り入れる。手には拡声器。

それまでに7人がバスから脱出したが、午後8時半すぎ、首を切られた女性を窓から救出。次いで約1時間後にも女性2人を救出したが、1人は現場で死亡が確認された。

少年は運転席の後ろに立ち、女児を抱えて首に刃物を突き付けた。捜査員に「短銃や防弾チョッキを用意しろ」「東京方面に行かせろ」と要求を繰り返す。

「水銀灯が気になる」とバスを移動させ、興奮した様子で呼び掛けに応じないことも。車内には缶入りウーロン茶が差し入れられた。救急車も3台待機。遠巻きに様子を見守った救急隊員が、乗客救出のたびに慌ただしく駆け回った。

そして事件発生から約8時間後の午後9時半すぎ、バスは突然動きだし、夜の山陽道を東に向かい、約20キロ離れた小谷サービスエリアへ。簡易トイレやおにぎりなどが差し入れられ、ここでも女性1人を解放。駆け付けた少年の家族が捜査員とともに説得を試みた。

刃物で乗客を次々に切りつける少年に、静まり返る車内−。脱出した乗客の警察に対する証言などから、緊迫の車内の様子が浮かび上がった。

事件発生から約3時間後、山口県内で走行中のバスの窓から飛び降り脱出、顔や胸などを負傷した佐賀県川副町の会社員Aさん(52)は「バスの速度が遅くなり、警察官の姿が見えたので、思い切って飛び降りた」と山口県警の捜査員に語った。

Aさんらの話によると、約20人の客を乗せて九州自動車道を福岡へ向かう高速バスに異変が起きたのは、佐賀を出発して約40分後。小柄で色白の少年が突然立ち上がり「おとなしくしろ」と騒ぎ出した。

運転席の真後ろの座席に座った少年は包丁のような刃物を手に、乗客に「荷物を出せ。女は前に、男は下がれ。おとなしくしろ。カーテンを閉めろ」、運転手には「とにかく真っすぐ行け」と繰り返し命令。おびえた乗客らは声を出すこともできず、男性の乗客は後部座席に移された。

少年は「トイレに行きたい者はいないか」と呼び掛け、九州内で女性客1人を開放、バスはさらに東に向かった。山口県内に入ると、すきを見てAさんら2人が窓から飛び降り脱出した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【J1】第1ステージ第10節

Jリーグ1部(J1)第1ステージ第10節(3日・カシマスタジアムほか=8試合)前節3位のジュビロ磐田が5−1で川崎フロンターレに圧勝。前節1位の横浜F・マリノスと2位のセレッソ大阪が敗れたため、磐田が勝ち点20で再び首位に立った。磐田は藤田がいずれもPKで3点を挙げるなどして逆転で4連勝を飾った。FC東京に2−1で逆転勝ちした清水エスパルスは勝ち点19で2位、サンフレッチェ広島に0−2で敗れた横浜が同18で3位。C大阪、東京、柏レイソルの3チームが同17で続いている。ヴィッセル神戸は名古屋グランパスに2−1で競り勝ち連敗を5で止めた。《共同通信》

【森喜朗首相】英・ブレア首相と会談

5月3日のできごと(何の日)【森喜朗首相】英・ブレア首相と会談
https://www.kantei.go.jp/

森喜朗首相は3日夜(日本時間4日未明)、ロンドン市内の首相官邸で、ブレア首相と会談した。森首相が7月の主要国首脳会議(沖縄サミット)への協力を要請したのに対し、ブレア氏は遺伝子組み換えに代表される食品安全や、核不拡散問題などについてサミットで議論を深めていくことを求めた。

森首相は①一層の繁栄②心の安寧③世界の安定−の3つのキーワードを柱に議事を進め、特に情報技術(IT)革命を中心議題に据えたいとの意向を表明。ブレア首相も評価し、特にデジタルディバイド(情報格差)の問題の重要性を強調した。

このほか、ブレア首相は、ロシアのチェチェン問題に関して、人道的面で無視はできず早期解決が必要との考えを示し、両首脳が一致した。

会談の席上、森首相がブレア首相の訪日を招請、同首相は検討する考えを示した。《北國新聞》

【森喜朗首相】本場でラグビー談義

イギリスを訪問中の森首相は3日夜(日本時間4日未明)、ロンドン内の日本大使公邸で、英国上下両院ラグビーチームの表敬を受け、本場の地でラグビー談議に花を咲かせた。

英国上下両院ラグビーチームは平成10年秋に来日し、森首相もメンバーに加わった国会議員チームと対戦、40対29で勝っている。日本大使公邸には、親善試合で英国側のキャプテンを務めたデビットソン下院議員ら5人が訪れ、首相の名前と背番号10がプリントされている上下両院チームのラガーシャツを贈った。

席上、デビットソン氏が「ラグビーを愛する森首相の誕生を誇りに思い、日本チームが訪英しリターンマッチの実現を心待ちにしている」と述べた。これに対し、森首相はデビットソン氏らが森首相の就任を祝う旨の動議を下院に提出していることに祝意を述べた上で、「リターンマッチのため、ぜひ、日本チームで英国に遠征したい。私の体の中にはラグビーを通じ言わば英国の血が流れている」と意欲を見せた。《北國新聞》

【この日の民主党】

憲法記念日にあたって談話を発表

民主党の鳩山代表は3日、53回目の憲法記念日にあたって談話を発表。「21世紀への門口に立つ今、憲法に対する国民のみなさんの関心を高め、大切にしながら、積極的に憲法論議に臨むことを約束する」と述べた。《民主党ニュース》



5月3日 その日のできごと(何の日)