※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

1989 平成元年8月31日(木)

平成236日目

【皇太后陛下】静養終え帰京

18日から栃木県・那須御用邸で静養していた皇太后さまは31日午後4時すぎ、JR原宿駅着の特別列車で帰京された。2週間のご滞在中、邸内を車いすで散策したり、途中から御用邸を訪れた天皇ご一家と一緒に、秋の草花が生い茂る那須のひとときを楽しまれた。《共同通信》

【森山真弓官房長官】「経済難民は強制退去」

森山官房長官は31日の記者会見で、急増するベトナム難民の中に中国人が多く含まれていた問題について「これまでも難民認定の審査をしてきたが(本当の)難民かどうかをさらに厳密にスクリーニング(選別)する」との考えを表明。その上で「難民と認定されなかった者は強制退去措置をとる」と述べ、「経済難民」には厳しい態度で臨むことを強調した。《共同通信》

1990 平成2年8月31日(金)

平成601日目

【東西ドイツ】統一条約に調印

西ドイツのショイブレ内相と東ドイツのクラウゼ首相府副長官は31日午後、東ベルリンのウンターデンリンデン宮殿で両ドイツの政治統一を取り決めた統一条約に調印した。7月の通貨・経済統合に続き、共通の法律と行政制度を定めたこの条約締結により、東西ドイツは10月3日に予定されている統一実現への基本的枠組みを完全に整えた。《共同通信》

【石川要三防衛庁長官】自衛隊法改正検討を

衆院内閣委員会(岸田文武委員長)は31日午前、イラクのクウェート侵攻・併合後初めて、中東問題で国会論議を行った。

この中で石川防衛庁長官は、中東紛争に関連して自民党内で有事法制の整備を主張する声が出ていることについて「独立国としては当然、防衛上から有事立法が必要だという見解は持っている」と述べた。

有事法制の研究は自衛隊の任務遂行に必要な国内法制の整備のため、昭和52年以来、防衛庁内で進められてきたが、石川長官の発言は国際紛争への対応策も含めた整備を念頭に置いているとみられる。

石川長官は貢献策から自衛官の海外派遣が見送られたことについて「今後、果たして国際社会の中で(この方針が)いつまでも続けられるのか、国会で十分に議論していくべきだ」と、今後、自衛隊法改正による海外派遣が検討課題になるとの認識を示した。《共同通信》

1991 平成3年8月31日(土)

平成966日目

【ウズベキスタン】ソ連からの独立を宣言(独立記念日は9月1日)

ソ連インタファクス通信によると、ウズベク共和国最高会議は31日、共和国独立に関する法を採択、事実上の独立宣言をした。9月1日を「共和国独立の日」と定めており、1日から発効するとみられる。《共同通信》

【大蔵省】野村證券は東急株を操作

国会は31日、衆院証券金融問題特別委員会を開き、29日の田淵節也野村証券前会長、岩崎琢弥日興証券前社長に対する証人喚問と、30日の巽外夫住友銀行頭取ら大手銀行3頭取に対する参考人聴取で明らかになった事実を基に、橋本蔵相らに不祥事解明へ向けた今後の政府方針をただした。

質疑の中で大蔵省は野村証券が広域暴力団稲川会の前会長の利益を図るため東急電鉄株をめぐって株価操作した疑いが強いとして、同証券に対し特別検査を進めていることを明らかにした。《共同通信》

1992 平成4年8月31日(月)

平成1332日目

【大相撲番付発表】武蔵丸関、関脇昇進

日本相撲協会は31日朝、大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)の番付を発表した。名古屋場所に続く横綱不在の番付で、外国出身では史上4人目の関脇に昇進した武蔵丸と初めて三役になった小結、小兵の旭道山が目をひく。

武蔵川部屋で初の関脇となった武蔵丸は初土俵から19場所目の昇進。旭道山は三役出世スロータイの初土俵から75場所目での昇進で、大島部屋からは昭和58年九州場所の旭富士(現親方)以来の小結誕生となった。《共同通信》

【宮澤喜一首相】静養先から帰京

宮澤首相は31日昼前、静養先の長野県軽井沢町の別荘から帰京、秋に向け首相官邸での本格的な仕事に取り掛かった。計21日間という軽井沢休暇は、公約の「生活大国」を先取りした大型夏休みと皮肉られもしたが、「まあ、いろんなことがあって大変だったな」と首相。

天皇訪中問題、緊急経済対策取りまとめ、自民党の金丸副総裁辞任と重要問題がめじろ押しで、休暇日数の割には「休む暇もなかった」(首相周辺)が実情。帰京後「経済の方は当面落ち着くと思うけど……」という首相だが、佐川問題で休む暇はなくなりそうだ。《共同通信》

1993 平成5年8月31日(火)

平成1697日目

【名古屋地検】新間参院議員を起訴

昨年7月の参院選で愛知選挙区から民社党公認で立候補し当選したが、選挙公報で学歴を詐称したなどとして公職選挙法違反(虚偽事項の公表)容疑で書類送検された新間正次議員(58)=名古屋市昭和区、現在は無所属=について名古屋地検は31日、同法違反の罪で新間議員を在宅のまま起訴した。

「虚偽事項の公表」の条項での起訴は極めて異例で、国会議員としては初めて。有罪が確定すれば公選法の規定で当選は無効となる。新間議員の秘書は同日午前、「進退はまだ決めていない」としている。一方、民社党愛知県連は同議員に近く辞職を勧告する。《共同通信》

【政府】住宅建設の規制緩和

政府は31日夕、首相官邸で緊急経済対策閣僚会議の初会合を開き、景気・円高対策の柱となる規制緩和と円高差益還元について、各省庁の事務当局が提出した60の検討項目を基に各閣僚が意見交換した。

この中で先に各省庁が示した項目に加え(1)住宅供給促進のための容積率緩和制度の積極活用(2)酒類の販売免許を一定規模以上の百貨店や大型スーパーに与える(3)自動車の六ヶ月点検を廃止するなど車検制度の見直し、などが対策に盛り込まれることになった。

会議では細川首相が「内容を充実することで相当程度の効果が期待できる。今後さらに検討項目の充実や新たな措置の上積みに努力してほしい」と要請。今後の調整作業では住宅や土地規制の緩和を中心に、さらに追加策を検討していくことで合意した。《共同通信》

1994 平成6年8月31日(水)

平成2062日目

【ジュリアナ東京】閉店

人気のディスコ、東京・芝浦のジュリアナ東京が31日、閉店した。1991(平成3)年にオープンしたジュリアナ東京は、1200平方メートル、3000人を収容する広さで、「ワンレン ボディコン」の若い女性たちの圧倒的な人気を集め、社会現象にもなった。しかし、客足は次第に落ちてきたことから閉店となった。《NHK》

【村山富市首相】元慰安婦へ民間基金も

五十嵐官房長官は31日、来年の戦後50年に向け、対外的な戦後処理問題への基本的方針を示した村山首相談話を発表した。首相は談話で、過去の侵略行為や植民地支配に「深い反省」を表明。「過去の過ちから目をそむけることなく、次の世代に戦争の悲惨さと尊い犠牲があったことを語り継ぎ、恒久平和に努力していかなければならない」と強調、「政治や行政が国民とともに自ら課すべき責務」と訴えた。

具体的には1995年度から10年間にわたり1000億円相当の「平和友好交流計画」事業を行う方針を説明。従軍慰安婦問題では「深い反省とおわびの気持ちを国民にも分かち合ってもらうため、幅広い国民参加の道をともに探求していきたい」として、民間からの寄付による基金構想を推進したい意向を示唆した。《共同通信》

1995 平成7年8月31日(木)

平成2427日目

【東京、大阪地裁】オウム真理教の口座を仮差し押さえ

松本サリン事件の犠牲者4人の遺族がオウム真理教側に約5億5000万円の損害賠償を求めた訴訟などに絡み、東京地裁と大阪地裁は31日、さくら銀行吉田支店(山梨県富士吉田市)の教団名義の預金口座を仮差し押さえした。

遺族の代理人によると、仮差し押さえは同日までの両地裁の決定に基づく措置。決定はサリン事件をめぐる初の司法判断で、訴訟で遺族らが勝訴した場合に備え、教団が支払う賠償金を確保するのが狙い。

この措置で、教団は口座から自由に資金を引き出せなくなるため、同代理人は教団の資金隠しが心配されているだけに、決定でサリンの被害者や多額のお布施を取られた被害者側に、被害救済の道が広がった」と話している。《共同通信》

【ドジャース・野茂英雄投手】今季200奪三振

米大リーグ、ドジャースの野茂英雄投手は31日のメッツ戦に先発、3回にエバレットからこの試合6個目の三振を奪い、ナ・リーグのトップを走る通算奪三振を200とした。今季、大リーグで200奪三振を記録したのはア・リーグ一位のジョンソン(マリナーズ)に次いで二人目。野茂は近鉄時代には入団一年目から一昨年まで四年連続で200奪三振以上を記録している。《朝日新聞》

1996 平成8年8月31日(土)

平成2793日目

【重廣恒雄さん】123日で日本百名山踏破

作家深田久弥氏が著書で紹介した「日本百名山」の連続踏破に挑んでいた登山家重廣恒雄さん(48)=兵庫県尼崎市=が31日、百名山の最後になる富士山(3776メートル)への登頂に成功した。123日での踏破で最短記録となった。登頂時、山頂は気温6.2度で快晴だった。《共同通信》

【自民党・加藤紘一幹事長】橋本首相は解散時期を9月中旬に判断

自民党の加藤紘一幹事長は31日午後、山形県酒田市で講演し、衆院解散・総選挙の時期に関し「橋本龍太郎首相の胸三寸だが、まだ決めていないと思う。最終的に政治スケジュールを判断するにはまだ2、3週間かかるだろう」と述べ、9月中旬には判断するとの見通しを示した。

首相の判断材料として加藤氏は(1)沖縄米軍基地の整理・縮小の是非を問う8日の沖縄県民投票を受けた大田昌秀知事の対応(2)9月中旬に発表される国民所得統計などに基づく今後の景気見通し–の2点を指摘した。《共同通信》

1997 平成9年8月31日(日)

平成3158日目

【ダイアナ元英皇太子妃】パリで事故死

英国のダイアナ元英皇太子妃(36)が乗った乗用車が31日午前0時半すぎ、パリ中心部セーヌ川沿いのトンネル内で交通事故を起こした。ダイアナ元妃は市内の病院に運ばれたが、同日午前4時、肺などからの出血多量で死亡した。

世界の注目を集めたチャールズ皇太子(48)との「世紀の離婚」からほぼ1年で起きた悲劇は、英王室ばかりでなく世界中に強い衝撃を与えた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】哀悼の意

橋本龍太郎首相は31日午後、英国のダイアナ元皇太子妃がパリで交通事故死したことについて「(移動中の)車の中で知った。ダイアナさんにはロンドン・サミット(先進国首脳会議)の時にお会いしたことがある。本当にお悔やみ申し上げたい」と哀悼の意を表した。首相公邸で記者団に語った。《共同通信》

1998 平成10年8月31日(月)

平成3523日目

【フィリップ・トルシエ氏】会見「代表監督は2年」

サッカー日本代表の次期監督に就任するフランス人のフィリップ・トルシエ氏(43)が31日、東京都渋谷区の日本サッカー協会で記者会見し、代表スタッフに日本人コーチを加える方針を明らかにした。

同氏は契約の最終的な話のため28日に来日。この日、技術委員会と話し合うなど日本協会側と交渉を進めた。契約期間は2年間で、代表チームのほか五輪代表チームも担当することで合意した。日本協会は9月10日の理事会で就任を決定し、正式に契約を交わす。《共同通信》

【北朝鮮】日本海に弾道ミサイル発射

在日米軍司令部、防衛庁などによると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は31日正午すぎ、北朝鮮の東部沿岸から日本海に向け弾道ミサイル一発を発射した。

防衛庁は同日夜、ミサイルの一部が日本列島を飛び越し三陸東方沖数百キロの太平洋の公海上に着弾した可能性があると発表した。他の一部は、ロシア・ウラジオストクの南南東約300キロで能登半島の北北西約450キロの公海上に落下したという。

韓国国防省は、ミサイルは米軍基地の集中する沖縄を含めた日本全国が射程距離に入る、最大射程2000キロといわれる新型の「テポドン」と発表した。

小渕恵三首相は31日午後、北朝鮮側へ抗議の意思を表明する考えを示し、外務省を通じ北朝鮮の国連代表部次席大使に直接申し入れた。《共同通信》

1999 平成11年8月31日(火)

平成3888日目

【民主党代表選】横路孝弘氏が立候補を表明

民主党代表選は31日午後、横路孝弘総務会長が正式に立候補を表明し、菅直人代表、鳩山由紀夫幹事長代理との三つどもえの争いが本格化した。議員支持では鳩山氏が優勢だが、改憲論争で党分裂を容認する発言に対して反発も出ており、激しい選挙戦が予想される。

横路氏は同日午後、憲政記念館での記者会見で「自自公の巨大与党が誕生しようとしており、国民は不安を感じている。政治の暴走を食い止めるのが民主党の責任だ。自民党と対決し、これに代わる対抗軸を明確にする代表選にしたい」と決意を示した。《共同通信》

【自民党総裁選】小渕首相が加藤、山崎両氏をけん制

小渕恵三首相は31日午前の自民党役員会で、総裁選に出馬する加藤紘一、山崎拓両氏が自自公連立政権を批判していることに対して「3人の候補者が思いのたけを話すのは大切だが、究極は挙党態勢を取ることが大事だ。国民から評価される政策論争を進めるべき」と述べ、路線問題を総裁選に持ち込むべきではないとの認識を示し、加藤氏らをけん制した。

さらに「数合わせは民主主義の基本だ」と指摘、加藤氏らにあらためて反論。森喜朗幹事長も「総裁選は自民党の深さ、大きさを問う意味で意義がある。党の基本方針を問題とするなら、健全な総裁選にはならない」と述べた。《共同通信》

2000 平成12年8月31日(木)

平成4254日目

【岡山金属バット殴打事件】家裁、少年を特別少年院送致処分

岡山の金属バット殴打事件で、野球部の後輩4人に重軽傷を負わせた上、母親(42)も殴り殺したとして、殺人、殺人未遂などの非行事実で送致された岡山県立高校三年の少年(17)について、岡山家裁の新井慶有裁判長は31日の審判で、特別少年院送致とする保護処分を決定した。《共同通信》

【森喜朗首相】「ポスト森は失礼な話だ」

「ポスト森」がどうとか言うのは失礼な話だ–。森喜朗首相は31日午後、首相官邸で収録された民放テレビの番組で、森政権の短命説が取りざたされていることにあらためて不快感を表明した。

首相は29日夜、政財界人との懇談会で「政権に恋々としない」と発言。番組でこの発言の真意を尋ねられ「(政策課題を)真剣にやっていると心境を話しただけ」と説明。さらに「政策的な提言をするのは結構だが、あちこちで話をするのはわが党の中の人だとは失礼な話だ。次の人事がどうなるかみたいな話をするのは失礼な話だ」とぶちまけた。

首相の発言は森政権に距離を置く加藤紘一元幹事長や山崎拓元政調会長、首相後継人事に言及した公明党の神崎武法代表を念頭に批判したとみられる。《共同通信》

2001 平成13年8月31日(金)

平成4619日目

【日立製作所】1万4700人の削減計画を発表

総合電機トップの日立製作所は31日、国内外のグループ従業員34万人のうち、1万4700人を来年3月末までに削減すると発表した。電機業界では東芝が国内だけで1万7000人、富士通も全世界で1万6400人、NECも4000人のリストラを既に発表、三菱電機も検討している。

業界最大手の日立の発表で業界の人員削減計画がほぼ出そろい、大手だけでも空前の7万人規模となりそうだ。《共同通信》

【小泉純一郎首相】三宅島視察を延期

小泉純一郎首相は31日、同日予定していた伊豆諸島の三宅島視察を取りやめた。悪天候でヘリコプターの運行に支障が出る可能性があるためで、首相は「やむなく延期することにしたが国会日程なども考慮しながらなるべく早い時期に視察したい」とのコメントを発表した。《共同通信》

2002 平成14年8月31日(土)

平成4984日目

【武富士】「親族から取り立てません」

消費者金融最大手の武富士(東京)が、法律上支払い義務のない親族らから回収した貸金について、返還の申し出があった時には速やかに応じることで北海道の債務者側と合意していたことが31日、分かった。この合意は同社の顧客すべてに適用できるとしている。

関係者は「保証人にもなっていない親族が道義的に借金を肩代わりしてトラブルになるケースが増えている中、金融業者に枠をはめる合意は画期的だ」と評価し、全国の主な消費者団体に文書を配布、周知を呼び掛けている。

金融庁のガイドラインは、債務者と保証人以外の法律上支払い義務のない人からは取り立てないよう指導している。《共同通信》

【民主党】前原、野田両氏が小泉首相訪朝を批判

民主党代表選に名乗りを上げ、候補者一本化で合意した野田佳彦、前原誠司両衆院議員は31日、都内で共同通信のインタビューに応じ対談、小泉純一郎首相の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)訪問についてそれぞれ疑問を呈した。

野田氏は「拉致、朝銀、ミサイル開発、不審船など包括的に解決できるぐらいでない限り、安直に行くのは軽率だ」と批判。前原氏も「時期尚早だ。日本の安全保障を脅かしている国に、わざわざ首相が行って会談するなど外交のイロハのイもわかっていない」と切り捨てた。《共同通信》

2003 平成15年8月31日(日)

平成5349日目

【沖縄・自衛官爆死事件】

31日午後3時50分ごろ、沖縄県沖縄市池原のリサイクル品置き場で「バーン」という大きな爆発があり、男性1人が死亡した。死亡したのは第83航空隊(那覇市)の空曹長(53)とみられ、県警銃器薬物対策課と沖縄署は身元確認を急ぐとともに、陸上自衛隊の不発弾処理隊に出動を要請し、爆発の原因を調べている。周辺への被害はなかった。《時事通信》

【パナウェーブ研究所】川岸の布を撤去

白装束集団「パナウェーブ研究所」が福井市五太子町の拠点施設近くの川岸を白い布で占拠し、福井県から撤去を命じられていた問題で、集団は31日、県への約束通り、布の取り外しを行った。再三の撤去要請を無視してきた集団がようやく撤去に応じたことで、地元住民や行政を巻き込んだ騒動は約3カ月ぶりに一応決着した。

しかし、集団は依然「電磁波の攻撃で女性会長の体に支障が出る」と主張しており、撤去と同時に白布に代わる白い反射板計約50枚を施設の敷地内に設置。ある男性幹部は「(布の撤去は)断腸の思い。反射板を徐々に増やし、ほかに代用するものも考えている」と話した。《産経新聞》

【小泉純一郎首相】総裁選尻目にオペラ鑑賞

小泉純一郎首相は31日午後、東京・上野公園の東京文化会館で、ミラノ・スカラ座のオペラ「マクベス」を鑑賞した。自民党総裁選で、「反小泉」勢力が候補者選びで頭を悩ませているのを尻目に、4時間以上にわたりオペラを楽しんだ首相は「素晴らしい。この緊張感がいい」と表情を緩めっ放しだった。

記者団が終了後、マクベスが権力闘争を描いていることを尋ねると「悲劇だけれども、権力ってそんないいものじゃない」とひと言。総裁選については「勝ってよし。負けて良し」と述べた。《共同通信》

2004 平成16年8月31日(火)

平成5715日目

【民主党・岡田克也代表】執行部人事に着手

民主党代表選で再選を決めた岡田克也代表は31日、9月13日の臨時党大会に向け藤井裕久幹事長ら党三役の再任を軸とする執行部人事に着手した。党改革ビジョンで新設を表明した代表直属の「政権戦略委員会」は自らが委員長となって主導する意向で、外部有識者の起用も検討。海外訪問中の藤井氏が帰国する5日以降に、党内調整を本格化する。《共同通信》

【郵政民営化基本方針素案】清算法人の設立を明記

政府の経済財政諮問会議(議長・小泉純一郎首相)は31日、郵政民営化集中審議を開き、竹中平蔵金融・経済財政相が民営化の基本方針素案を提示した。2007年4月の民営化開始前の郵便貯金と簡易保険の契約を引き継ぐ機関として公社清算法人の設立を明記。

民営化の最終取りまとめ後に全閣僚で構成する郵政民営化推進本部を設置して民営化に向けた関連法案準備などにあたることを盛り込んだ。《共同通信》

2005 平成17年8月31日(水)

平成6080日目

【ソフトバンク・斉藤和巳投手】開幕15連勝

ソフトバンクの斉藤和巳投手(27)は31日、ヤフードームでのロッテ16回戦に先発して8回途中まで3失点で勝利投手となり、1981年に間柴茂有(日本ハム)がつくった開幕からの連勝記録「15」に並んだ。斉藤は今季18試合目の登板(すべて先発)で、チームは6−3で勝った。《共同通信》

【民主党・岡田克也代表】消費税率引き上げ検討「必要」

民主党の岡田克也代表は31日夜、TBSの放送番組収録で「社会保障費が増えるのにリンクする形での消費税増を考えなければいけない」と述べ、同党が衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んでいる年金目的消費税導入に加え、将来的には消費税率引き上げを検討する必要があるとの考えを示した。《共同通信》

【政府・与党】郵政法案修正、再提出へ

政府、与党は31日、衆院選後の特別国会で成立を目指す郵政民営化関連法案について、先の通常国会で参院で否決、廃案になった法案を一部修正した上で再提出する方針を固めた。

具体的な修正内容は今後詰めるが、小泉純一郎首相が指摘した民営化開始時期(2007年4月)の数ヶ月程度の先送りに加え、前国会の参院で採択された付帯決議の法案化が検討対象となる。《共同通信》

2006 平成18年8月31日(木)

平成6445日目

【長野県・田中康夫知事】退任

8月6日の知事選に敗れた田中康夫・長野県知事が31日退任した。「脱ダム宣言」をはじめ、2期6年間に多くの話題を振りまいた個性派知事。当人と、田中県政の象徴だった「ガラス張り」知事室を見納めにしようと、県庁に多くの支持者らが訪れ、別れを惜しんだ。《朝日新聞》

【皇太子ご一家】オランダから帰国

オランダで静養していた皇太子ご一家は31日午後、成田空港着の日航機で帰国された。

ご一家は17日に出発し、18日から同国アペルドールン市内のヘット・アウデ・ロー城に 滞在。動物園の訪問や、森林の散策やドライブを楽しんだほか、同国に住む 雅子さまの両親の小和田恒、優美子さん夫妻と夕食を共にした。

静養は雅子さまの治療を兼ねていたが、宮内庁東宮職は今後の公務復帰について、 「医師と相談して判断していきたい」としている。《時事通信》

【東京都・石原慎太郎知事】五輪招致支援を小泉首相に要請

東京都の石原慎太郎知事は31日、官邸に小泉純一郎首相を訪ね、2016年夏季五輪の国内候補地に東京都が決まったことを報告し、招致に向けた政府の支援を要請。首相は「良かったね。おめでとうございました」と答えた。首相は同日夜、記者団に「(東京開催が)決まれば支援する。競争にまず勝たないといけない、それからだ」と述べた。《共同通信》

2007 平成19年8月31日(金)

平成6810日目

【楽天・田中将大投手】球団初の2けた勝利

西武2−14楽天◇31日◇フルスタ宮城

球団初の2けた勝利に、楽天の田中は「あまりピンとこないけど、球団の歴史に名を連ねられて率直にうれしい」と照れ笑いを浮かべた。高校出の新人としては1999年の松坂(当時西武)以来、パ・リーグ11人目。18歳の右腕がまた一歩、新人王に前進した。

7回を投げ、散発2安打で本塁打の1失点のみ。無四球、10奪三振。味方打線の大量援護にも助けられ、まったく危なげない投球だった。《読売新聞》

【民主党】新役員体制を了承


https://www.dpfp.or.jp/

民主党の小沢代表は31日、党本部で開いた両院議員総会で、新しい役員体制を示し、了承された。

挙党態勢を築く狙いから、前原誠司・前代表を副代表に充てた。与野党逆転した参院の運営を重視し、政策調査会長には直嶋正行・元参院幹事長を充て、輿石東参院議員会長に代表代行を兼務させた。国会対策委員長には、小沢氏側近の山岡賢次・前財務委員長を起用した。菅代表代行と鳩山幹事長は留任した。《読売新聞》

【安倍晋三首相】「指摘があれば農相は説明を」

安倍首相は31日夕、遠藤農相が代表を務める自民党選挙区支部が「山形県家畜商業協同組合」(天童市)からの献金を返金した問題で、「返金して(政治資金収支報告書の)訂正をしたと聞いている。指摘があれば納得のいく説明をしなければならない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。《読売新聞》

2008 平成20年8月31日(日)

平成7176日目

【夜行特急まりも】ラストラン

1949年に前身の夜行列車が運行を開始して以来、約60年にわたって親しまれてきた札幌ー釧路間の夜行特急「まりも」が運行最終日を迎え、31日深夜、JR札幌駅に関係者やファンが集まり、記念イベントが開かれた。

まりもの廃止で、発着がいずれも北海道内の夜行列車は姿を消すことになった。《共同通信》

【MLB・パドレス】井口資仁内野手に戦力外通告

パドレスの井口資仁内野手(33)が31日(日本時間9月1日)、戦力外通告を受けた。ロッキーズ戦後にタワーズGMから9月2日にウエーバーにかけられる旨を伝えられた井口は「自分自身の状態が本調子に戻る前にこうなったのは残念だけど、チーム状態のこともあり仕方ない」と肩を落とした。《スポニチ》

【中国製ギョーザ中毒事件】内部関係者が混入か

中国製ギョーザ中毒事件に関し、中国当局が日本外務省に、6月に中国でも発生した中毒事件でギョーザに入っていた毒物は、製造元の天洋食品(河北省)関係者が混入させた疑いが強いとの見方を伝えてきていたことが31日、分かった。複数の日中関係者筋が明らかにした。

日本で起きた事件についても、同様に同食品の内部関係者が混ぜた可能性が大きくなった。中国側はこれまで「国内混入」を認めていないが、内部犯行の判断に傾いていることがうかがわれ、今後捜査が真相解明に向け大きく前進することも予想される。《共同通信》

2009 平成21年8月31日(月)

平成7541日目

【麻生太郎首相】総裁辞任を正式表明

麻生太郎首相(自民党総裁)は31日午後、衆院選惨敗を受けて党本部で記者会見し「多くの同志を失い、誠に残念至極だ。総裁としての責任を強く感じている。この際、総裁を辞任し、自民党として新たなスタートを切るべきだと思っている」と述べ、総裁辞任を正式に表明した。

敗因に関しては「社会の閉塞感や格差問題などいろいろな社会問題への不満や、それらに効果的に対応できない自民党政治そのものへの不満があった」とした上で「私自身への不満が党の内外にあった」と自らの責任も認めた。《共同通信》

2010 平成22年8月31日(火)

平成7906日目

【サッカー日本代表・ザッケローニ監督】就任会見


https://www.youtube.com/

サッカー日本代表の新監督に決まったアルベルト・ザッケローニ氏(57)が31日、東­京都内のホテルで就任記者会見を行った。

史上6人目の外国人監督で、イタリア人として­初めて日本代表を率いる指揮官は「長くセリエA(イタリア1部リーグ)でやってきた。わたしのサッカーのチャレンジを広げるチャンスがきた。うれしい」と就任の喜びを語った。《産経新聞》

【民主党代表選】菅首相と小沢氏、決裂

9月1日告示の民主党代表選は再選を目指す菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちの構図となった。31日夕、両氏は前面対立の回避のため党本部で協議したが、執行部人事など挙党態勢の具体像で折り合わず決裂した。

党内の最大勢力を率いる小沢氏が立候補を最終的に決断したことで、14日の投開票に向けて党を二分する選挙戦に突入する。敗北に終わった参院選で首相が掲げた消費税率引き上げや、小沢氏が抱える「政治とカネ」が焦点。情勢は混沌としており、現段階で勝敗は見通せない。《共同通信》

2011 平成23年8月31日(水)

平成8271日目

【WBAスーパーフライ級タイトル戦】清水智信選手が初戴冠

福井県勢初の世界チャンプ誕生−。世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は31日、東京・日本武道館で行われ、福井市出身で同級7位の挑戦者、清水智信(30)=金子=が5度目の防衛を目指したチャンピオンのウーゴ・カサレス(33)=メキシコ=を2−1の判定で破り、自身3度目の世界挑戦で悲願のベルトを奪取した。

本県出身者がプロボクシングの世界王者となるのは初の快挙。清水は本来のフライ級より1階級上げての挑戦ながら、序盤から得意のアウトボクシングを展開し、左のリードパンチで距離を取ってペースを握った。中盤は圧力をかけてきたカサレスのパンチをもらう場面もあったが、打ち合いでも引かずに戦い、再び主導権を手にした。

終盤は疲れの見える王者に鋭いワンツーやボディーを見舞い、優位に試合を進めた。判定は審判員2人が115−113で清水、1人が115−114でカサレスだった。清水のプロ戦績は23戦19勝(9KO)3敗1分けとなった。《福井新聞》

【岩手県】最後の避難所が閉鎖

岩手県山田町で31日、県内で最後まで残っていた避難所4カ所が閉鎖されることになり、住民が引っ越し作業を始めた。東日本大震災で甚大な被害があった岩手、宮城、福島の3県で初めて、自治体が運営にかかわる避難所がなくなる。

岩手県内では震災直後の3月13日に最大5万4429人が避難所に身を寄せ、避難所は同19日に最大399カ所に上った。仮設住宅などへの転居が進み、8月25日時点で仮設住宅1万2683戸、県が借り上げる民間住宅3856戸に入居した。

福島県でも31日午後、ほとんどの避難所が閉鎖となる。宮城県では30日現在、避難所143カ所で3930人が生活をしている。《共同通信》

2012 平成24年8月31日(金)

平成8637日目

【東京都・石原慎太郎知事】条件付きで尖閣国有化を容認

東京都の石原慎太郎知事は31日の記者会見で、野田佳彦首相と極秘に会った際、沖縄県・尖閣諸島に漁船の待避施設などを建設する条件で国有化を認める、との考えを伝えたと明らかにした。

藤村修官房長官は31日午後の記者会見で知事の発言について「政府として何か認識しているわけではなく、トップ同士の話としか分からない。公式な提示を受けているわけではない」と述べた。

知事によると、会談は8月19日に官邸であった。「国は国で買いたいと言ってるんだから一緒にやろうじゃないか。(都に寄付された)お金も購入費として全部渡す。その代わりこれだけはやってくれという条件を提示した」という。《共同通信》

2013 平成25年8月31日(土)

平成9002日目

【阪神・藤浪晋太郎投手】10勝到達

阪神のドラフト1位ルーキー藤浪晋太郎投手(19)が31日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた広島19回戦で6回1失点と好投し、セ・リーグの高校出新人としては1967年の江夏豊(阪神)以来46年ぶりに2桁勝利を挙げた。パを含めると田中将大(楽天)以来6年ぶり。

セの高校出新人は、シーズン最多記録が66年の堀内恒夫(巨人)の16勝。阪神は江夏の12勝が最多で、10勝は門岡信行(中日)と並ぶ歴代4位。パは54年の宅和本司(南海)の26勝がトップ。(田中以外の所属は当時)《共同通信》

【中国・上海】アンモニア漏れで15人死亡

中国上海市政府によると、同市で31日午前、冷凍倉庫から液体アンモニアが漏れ出し、15人が死亡した。警察が原因を調べている。上海の日本総領事館によると、日本人が被害に遭ったという情報はない。

現場は上海市北部の工業地帯。水産品の貿易、物流などを手掛ける企業の倉庫内でパイプから液体アンモニアが漏れたという。25人が負傷し、うち5人が重症という。

地元メディアによると、周辺にも異臭が漂った。多数の警察や消防の車両が出動し、付近の道路を封鎖して救助活動に当たった。上海市トップの韓正・同市共産党委員会書記は、救援に全力を尽くすよう指示した。《共同通信》

2014 平成26年8月31日(日)

平成9367日目

【サッカー・香川真司選手】ドルトムント復帰が決定

サッカーの日本代表としてワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したMF香川真司選手が31日、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)からドイツ1部リーグ、ドルトムントへ3季ぶりに復帰することが決まったとドイツの複数のメディアが報じた。

香川選手は2010年、J1のC大阪からドルトムントに加入し、リーグ2連覇に貢献。12年に世界的な人気クラブのマンチェスターUに加わった。だが、昨季から出番が減り、移籍の可能性を探っていた。《共同通信》

【香川県知事選挙】現職の浜田恵造氏が再選

任期満了に伴う香川県知事選は31日投開票され、無所属で現職の浜田恵造氏(62)=自民、公明、社民推薦=が、新人で共産党県委員会書記長の河村整氏(55)=共産推薦=を破り、再選を果たした。投票率は33.60%。前回の2010年を3.32ポイント下回り、過去2番目に低かった。

民主県連の推薦も得た浜田氏は「うどん県」PRなどの知名度向上戦略や瀬戸内国際芸術祭の成功など、1期目の実績が評価された。産業活性化や人口減対策、防災強化などを訴え、幅広い支持を得た。《日経新聞》

2015 平成27年8月31日(月)

平成9732日目

【マーリンズ・イチロー外野手】日米通算2000得点

ブレーブス0-4マーリンズ◇31日(日本時間9月1日)◇ターナーフィールド

マーリンズ・イチロー外野手は2番右翼で出場。3打数無安打だったが、8回に四球で出塁して次打者の適時二塁打でホームインし、日米通算2000得点を達成した。メジャー通算では1342得点。打率は2割4分8厘となった。《日刊スポーツ》

【柔道・野村忠宏選手】引退会見

柔道男子60キロ級で五輪3連覇を達成した野村忠宏(40)=ミキハウス=が31日、大阪市内のホテルで引退会見に臨んだ。野村は「自分の戦い、真剣勝負が終わったと思うと切ない気持ち」と時折、言葉を詰まらせながら畳をおりる心境を語った。

会見には約100人の報道陣が詰めかけ、テレビカメラは10台以上と注目度の高さをうかがわせた。壇上には1996年アトランタ、2000年シドニー、04年アテネで獲得した3個の金メダルが飾られた。スーツ姿で現れた野村は「晩年は競技を続けることに罪悪感があった。いろいろな方に励まされたが、けがで思うような柔道ができなくなった」と話した。

24日に引退を表明し、29日には現役最後の大会として兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われた全日本実業個人選手権に出場し、1、2回戦は一本勝ちしたが、3回戦で一本負けを喫した。《産経新聞》

2016 平成28年8月31日(水)

平成10098日目

【WBAライトフライ級タイトル戦】田口良一選手、4度目の防衛に成功

プロボクシングの世界ボクシング協会(WBA)ダブル世界戦が31日、東京・大田区総合体育館であり、ライトフライ級では、王者の田口良一(29)=ワタナベ=が、同級1位で元WBAミニマム級王者の宮崎亮(28)=井岡=に3―0(117―111、119―109、116―112)で判定勝ち。4度目の防衛に成功した。

スーパーフライ級は、王者の河野公平(35)=ワタナベ=が、同級1位のルイス・コンセプシオン(30)=パナマ=に0―3(112―116、112―116、113―115)の判定で敗れ、王座を失った。《朝日新聞》

【東京都・小池百合子知事】築地市場移転延期を表明

東京都の小池百合子知事は31日午後、都庁で記者会見を開き、11月7日に予定していた築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転延期を正式に表明した。9月1日に設置する「都政改革本部」で、移転計画の経緯や5884億円にまで膨らんでいる総事業費を検証する考え。

小池知事は移転延期の理由について「安全性への懸念」「費用の増大」「情報公開の不足」の3点を挙げた。《共同通信》

2017 平成29年8月31日(木)

平成10463日目

【サッカー日本代表】W杯出場が決定

サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組の日本代表は31日、さいたま市の埼玉スタジアムでオーストラリア代表に2―0で勝ち、5万9492人のホームの大観衆の前で6大会連続6度目の本大会出場を決めた。過去のW杯予選の対戦で白星がなかったライバルに快勝し、通算6勝2分け1敗の勝ち点20でサウジアラビアとの最終戦を残して同組1位を確定させた。《共同通信》

【安倍晋三首相】英・メイ首相と会談

安倍晋三首相は31日、英国のメイ首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。北朝鮮による核・ミサイル開発阻止のため、朝鮮半島の非核化と国連安全保障理事会制裁決議の厳格な履行に向け、連携を強化する方針で一致した。米国や韓国などと共に北朝鮮への圧力をさらに強める。経済関係では、ハイレベルの実務者による日英間の「産業政策対話」の新設と開始で合意。こうした成果を盛り込んだ、安保・経済分野での協力に関する共同宣言を発表した。

会談で安倍首相は「基本的価値を共有する戦略的パートナーとして、英国を一層重視」と強調。メイ氏は「将来の鍵となる大切なパートナーは日本」と述べた。《共同通信》

2018 平成30年8月31日(金)

平成10828日目

【沖縄県】辺野古埋め立て承認を撤回

沖縄県は31日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した。移設工事は即時中断となり、防衛省沖縄防衛局は効力停止を求め、法的対抗措置を講じる方針。9月30日投開票の県知事選を前に、移設を巡り県と国が全面対立する事態となった。

8月8日に死去した翁長雄志知事が生前に「新基地は造らせないとの公約実現に向け全力で取り組む」として、撤回の手続きに入る意向を表明。撤回権限を委任された謝花喜一郎副知事は、県庁で記者会見し「翁長知事の熱い思いを受け止め、法に基づき適正に判断した。新基地建設阻止に向け全力で対応する」と強調した。《共同通信》

2019 令和元年8月31日(土)

令和123日目

【島根県・竹島】韓国与党議員らが上陸


https://www.youtube.com/

韓国の与党「共に民主党」などの国会議員団が31日、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した。韓国メディアが報じた。輸出管理の優遇対象国から韓国を除外した日本政府に抗議するためとしているが、日本を挑発する与党議員らの言動が日韓関係の悪化に拍車を掛けている。

上陸したのは、与党の最高委員を務める薛勲議員ら6議員。薛氏は上陸に先立ち、今年が日本統治に抵抗した「三・一独立運動」100周年に当たることを念頭に「第二の独立運動の精神で政界や企業、国民の全てが力を合わせ、日本の経済報復事態を解決しなければならない」と主張した。《産経新聞》

2020 令和2年8月31日(月)

令和489日目

【安倍晋三首相】米・トランプ大統領と電話会談

安倍晋三首相は31日午前、トランプ米大統領と電話会談し、辞任する意向を伝えた。首相はそのうえで「トランプ氏との深い信頼関係の下、協力を深め、日米関係がこれまでになく強固になったことに感謝する」と伝えた。また、北朝鮮による拉致問題の解決に向け、米政府の協力を引き続き求めた。

両首脳が電話会談を行うのは今回で37回目。対面での会談を含めると51回目となる。電話会談は首相が28日に辞意を表明する前に米側から要請されていた。会談には菅義偉官房長官らも同席した。

トランプ氏は「最も親しい友人である安倍首相の辞任をさびしく思う。しっかり療養して健康を回復してほしい」と述べ、首相の強いリーダーシップに感謝を伝えた。首相は「私の後継者が日米同盟を強化していくことに変わりがないので安心していただきたい」と語った。《産経新聞》



→9月1日 その日のできごと

8月 その月のできごと

←8月30日 その日のできごと