平成8637日目

2012/08/31

【東京都・石原慎太郎知事】条件付きで尖閣国有化を容認

東京都の石原慎太郎知事は31日の記者会見で、野田佳彦首相と極秘に会った際、沖縄県・尖閣諸島に漁船の待避施設などを建設する条件で国有化を認める、との考えを伝えたと明らかにした。

藤村修官房長官は31日午後の記者会見で知事の発言について「政府として何か認識しているわけではなく、トップ同士の話としか分からない。公式な提示を受けているわけではない」と述べた。

知事によると、会談は8月19日に官邸であった。「国は国で買いたいと言ってるんだから一緒にやろうじゃないか。(都に寄付された)お金も購入費として全部渡す。その代わりこれだけはやってくれという条件を提示した」という。《共同通信》




【エスビー食品陸上部】来春廃部に

エスビー食品が31日、長距離で多くの名選手を輩出した陸上部を来年3月末で廃部すると発表した。自身もマラソンで活躍した瀬古利彦・スポーツ推進局局長が東京都内で記者会見し「厳しい経営環境下、さまざまな経営合理化策を講じており苦渋の末、廃部することに至りました」とのコメントを出した。

1954年創部で、80年代には中村清監督(故人)の下で大学の有力選手が続々と加入し、全日本実業団駅伝で4連覇を果たした。84年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪では長距離種目に複数の代表を送り込むなど、黄金時代を築いた。《共同通信》

【大阪維新の会】新党党首は橋下氏

大阪維新の会が近く立ち上げる新党党首に橋下徹大阪市長が就任することが31日、固まった。維新の会幹部が明らかにした。橋下氏は次期衆院選に不出馬の意向で、大阪市長、大阪維新の会代表も兼任する方向。自治体首長が政党党首に就くのは異例だ。

橋下氏は同日、大阪維新の会の国政進出について、9月8日に開く同会の全体会議で正式決定する考えを市役所で記者団に明らかにした。

維新の会は9月中旬の新党結成を目指し、同月9日に開く公開討論会で、現職議員らとの合流の可否を判断する構え。維新の会は、次期衆院選には400人規模の候補者を擁立する考え。《共同通信》

【自民党総裁選】石破、町村氏が出馬の意向

谷垣禎一総裁の任期満了に伴う9月の自民党総裁選で、石破茂前政調会長と町村信孝元外相が31日、出馬の意向を固めた。9月8日の今国会会期末前後に正式表明する方向だ。また谷垣氏は再選に向け準備を進める考えを周辺に伝えた。自民党は総務会で9月14日告示、26日投開票とする日程を正式決定。安倍晋三元首相も立候補する方向で、「次の首相」をにらんだ総裁選に向けた動きが本格化した。

一方、民主党代表選への出馬が取り沙汰される細野豪志環境相は31日の記者会見で立候補に否定的な考えを示した。《共同通信》

8月31日/のできごと