平成7906日目

2010/08/31

【この日の菅直人総理】

アフガニスタン支援検討会議

平成22年8月31日、菅総理は総理大臣官邸で、第1回アフガニスタン支援検討会議を開催しました。

この会議は、アフガニスタン支援について、政府一体となって検討し、総合的かつ戦略的に取り組むため、内閣総理大臣を議長として開催されるものです。

菅総理はあいさつで、「日本としてやれること、軍事的な立場ではなくて、日本としてやれることを、それぞれ既に今日お集まりの皆さんにも大変なご苦労をいただいているわけですが、政府としても、もっと効果的にやれることがあるのではないかと、こんな思いで今日のこういう会議をつくることにいたしました。
このアフガニスタンが、日本の支援によって本当にいい国によみがえるように、政府としてもできることを効果的にやっていきたいと思います。」と述べました。《首相官邸》



【サッカー日本代表・ザッケローニ監督】就任会見

Embed from Getty Images

サッカー日本代表の新監督に決まったアルベルト・ザッケローニ氏(57)が31日、東­京都内のホテルで就任記者会見を行った。

史上6人目の外国人監督で、イタリア人として­初めて日本代表を率いる指揮官は「長くセリエA(イタリア1部リーグ)でやってきた。わたしのサッカーのチャレンジを広げるチャンスがきた。うれしい」と就任の喜びを語った。《産経新聞》

【楽天・岩隈久志投手】登板205試合目で通算100勝到達

楽天8-2ロッテ◇31日◇千葉マリン

楽天岩隈久志投手(29)が通算100勝を達成した。首位争いを繰り広げるロッテ打線を相手に6回4安打無失点。07年の右ひじ手術を乗り越え、史上9位タイとなる通算205試合目でのスピード記録となった。

岩隈が直立不動からスタンドに礼をした。「支えてくれたすべての方々に感謝します。ケガから野球に対する考えがいろいろ変わりました。マウンドに上がれることに感謝する。その気持ちを忘れず投げます」。100勝目の言葉だった。《日刊スポーツ》

【米・オバマ大統領】イラクにおける米軍の戦闘任務終了を宣言

Embed from Getty Images

オバマ米大統領は31日夜(日本時間9月1日午前)、ホワイトハウスでの演説で「『イラクの自由』作戦は終わった」と述べ、2003年から続いたイラクでの米軍の戦闘任務が終了したと宣言。今後は、戦争に費やしてきた財源を景気回復に振り向ける考えを示した。

オバマ氏はイラク戦争反対の立場から、米軍撤退を政権公約にしていた。演説では「(就任後)10万人近い米軍を撤退させ、数百の基地をイラク政府に譲った」とし、公約の実現と治安権限のイラク政府への移譲が完了したことを強調。「戦争の終結は米国の利益だ」とし、来年末までに駐留米軍を完全撤退させる意向を改めて示した。 《朝日新聞》

【民主党代表選】菅首相と小沢氏、決裂

9月1日告示の民主党代表選は再選を目指す菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちの構図となった。31日夕、両氏は前面対立の回避のため党本部で協議したが、執行部人事など挙党態勢の具体像で折り合わず決裂した。

党内の最大勢力を率いる小沢氏が立候補を最終的に決断したことで、14日の投開票に向けて党を二分する選挙戦に突入する。敗北に終わった参院選で首相が掲げた消費税率引き上げや、小沢氏が抱える「政治とカネ」が焦点。情勢は混沌としており、現段階で勝敗は見通せない。《共同通信》



8月31日のできごと