1994 平成6年8月31日(水)のできごと(何の日)

平成2062日目

1994/08/31

【村山富市首相】元慰安婦へ民間基金も

五十嵐官房長官は31日、来年の戦後50年に向け、対外的な戦後処理問題への基本的方針を示した村山首相談話を発表した。首相は談話で、過去の侵略行為や植民地支配に「深い反省」を表明。「過去の過ちから目をそむけることなく、次の世代に戦争の悲惨さと尊い犠牲があったことを語り継ぎ、恒久平和に努力していかなければならない」と強調、「政治や行政が国民とともに自ら課すべき責務」と訴えた。

具体的には1995年度から10年間にわたり1000億円相当の「平和友好交流計画」事業を行う方針を説明。従軍慰安婦問題では「深い反省とおわびの気持ちを国民にも分かち合ってもらうため、幅広い国民参加の道をともに探求していきたい」として、民間からの寄付による基金構想を推進したい意向を示唆した。《福井新聞》




【ジュリアナ東京】閉店

人気のディスコ、東京・芝浦のジュリアナ東京が31日、閉店した。1991(平成3)年にオープンしたジュリアナ東京は、1200平方メートル、3000人を収容する広さで、「ワンレン ボディコン」の若い女性たちの圧倒的な人気を集め、社会現象にもなった。しかし、客足は次第に落ちてきたことから閉店となった。《NHK》

【大蔵省】JT株の売り出し価格を143万8000円と発表

大蔵省は31日、東京証券取引所などに上場される日本たばこ産業(JT)株式(額面5万円)の一般向け売り出し価格を143万8000円とすると発表した。人気を反映し、民営化株の売り出し価格としては、1986年のNTT株の第一次売り出しや昨年のJR東日本株を上回る高値となった。《福井新聞》

8月31日/のできごと

シェアする

フォローする