2019 令和元年8月31日(土)のできごと(何の日)

令和123日目

令和元年8月31日(土)

2019/08/31

【島根県・竹島】韓国与党議員らが上陸

韓国の与党「共に民主党」などの国会議員団が31日、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した。韓国メディアが報じた。輸出管理の優遇対象国から韓国を除外した日本政府に抗議するためとしているが、日本を挑発する与党議員らの言動が日韓関係の悪化に拍車を掛けている。

上陸したのは、与党の最高委員を務める薛勲議員ら6議員。薛氏は上陸に先立ち、今年が日本統治に抵抗した「三・一独立運動」100周年に当たることを念頭に「第二の独立運動の精神で政界や企業、国民の全てが力を合わせ、日本の経済報復事態を解決しなければならない」と主張した。

竹島をめぐっては、韓国軍が8月25、26日に過去最大規模で部隊の上陸を含む軍事訓練を実施。文在寅大統領が29日に「日本は自国領土だと根拠のない主張をしている」と批判した。《産経新聞》



【香港】デモ強行

香港各地で31日、「逃亡犯条例」改正案に抗議する市民らが警察に認められなかったデモを強行した。参加者は数万人に上るとみられる。一部若者が政府本部庁舎に向け火炎瓶を投げるなど過激化。警察は催涙弾やデモ鎮圧用の放水車を用いて強制排除した。拘束者や負傷者も複数出た。

市民らは「香港を取り戻せ」などと叫んで行進。今回のデモ強行により、31日予定の民主派団体主催の大規模デモを許可しなかった警察への不満や、民主活動家らの一斉摘発に対する強い反発を示した。

香港メディアは、デモ隊に包囲された警官が、空に向けて拳銃を2発威嚇発砲したと伝えた。《共同通信》

【佐賀県】ボランティア続々

猛烈な雨で冠水被害に見舞われた佐賀県では31日、救援物資の仕分け作業や住宅の清掃を支援するボランティアが県内外から続々と集まった。住民らは朝から、使えなくなった家財道具の片付けなどに追われ、大町町では鉄工所から流出した大量の油の除去も進められた。初の週末を迎え、復旧作業が本格化した。

武雄市や大町町など5市町の災害ボランティアセンターには、長靴姿の人たちが列をなした。ボランティアは複数班に分かれ、作業に当たった。

西日本豪雨で被害を受けた広島県の災害復興支援団体の代表藤田和美さん(41)は武雄市のセンターにスコップ200本、タオル8千枚などを運び込んだ。《共同通信》

【日本維新の会】松井代表の続投決まる

日本維新の会は31日、大阪市内の党本部で常任役員会を開き、松井一郎代表(大阪市長)の再任を決めた。4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選で完勝して以降、国政選挙や地方選でも党勢を拡大し、続投支持が大勢だった。松井代表はこの日の役員会で、新たに吉村洋文府知事を副代表に指名。執行部の体制を強化し、次期衆院選でのさらなる支持拡大を目指す。

再任された松井代表は記者団に対し「われわれは地方分権政党。知事でもある吉村氏に役員になってもらい、組織強化をお願いしたい」と起用の理由を説明した。

維新の党規約では、参院選などの大型選挙から45日以内に、代表選を実施するかどうか決定すると規定。国会議員や地方議員ら約400人の特別党員による郵便投票を募り、返信があった票を集計した結果、代表選を「実施しない」が243票で、「実施する」の63票を大きく上回り、松井代表の続投が決まった。《産経新聞》

【安倍晋三首相】「マラソン会談」終了

安倍首相は31日、アフリカの首脳ら9人と東京都内で個別に会談し、30日まで開かれていたアフリカ開発会議(TICAD)に出席したアフリカの首脳級42人全員との「マラソン会談」を終えた。

会談では、相手国の情勢に応じて海洋安全保障や保健分野などの2国間協力を取り上げたが、大半の会談で共通して議題となったのが、北朝鮮情勢だ。

アフリカには、北朝鮮人労働者の受け入れや武器売買などで北朝鮮とつながりを持つ国がある。首相は各国首脳に対し、国連制裁を完全に履行するように働きかけた。北朝鮮による日本人拉致問題についても説明し、解決に向けて各国の協力を求めたとみられる。《読売新聞》

【世界柔道】素根輝選手、初出場V

柔道の世界選手権第7日は31日、東京・日本武道館で男女各1階級が行われ、女子78キロ超級で個人戦初出場の19歳、素根輝が優勝した。同級2連覇を狙った朝比奈沙羅は準々決勝で敗れ、敗者復活戦勝利後に3位決定戦を制した。

男子100キロ超級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜は決勝でルカシュ・クルパレク(チェコ)に、延長の末に指導3による反則で敗れて銀メダル。準決勝は昨年覇者で世界ランキング1位のグラム・トゥシシビリ(ジョージア)に一本勝ちしたが、日本勢で2003年大会の棟田康幸以来の100キロ超級制覇はならなかった。《共同通信》

【阪神・鳥谷敬内野手】今季限りで退団

プロ野球阪神の鳥谷敬内野手(38)が31日、兵庫県西宮市の甲子園球場で試合前の練習を終えた後に取材に応じ、今季限りで阪神を退団することを明らかにした。鳥谷は29日に球団幹部と去就について話し合った際に引退を勧告されたことを明かしたうえで、「タイガースでユニホームを着てやるのは今季で最後になる。ファンのみなさんに伝えたい」と話した。

今季が5年契約の最終年となる鳥谷は29日に阪神球団の谷本修本部長、揚塩健治社長らと協議。「『引退してくれないか』と言われた。来年以降の話はなかったので、事実上の戦力外通告といえると思う」と説明した。

今後の選択肢は引退か、他球団でのプレー機会を探すかのどちらかになる。現役続行するか否かは「なんとも言えない。いろいろ考えながら決めていく」と話すにとどめた。《産経新聞》

【パ・リーグ】

西10―5ソ(31日) 西武が5連勝

西武が5連勝で首位ソフトバンクにゲーム差なしとした。一回、森と山川の2ランなどで5点を先制。二回は秋山がソロ、七回には山川が40号ソロを放った。5回4失点の高橋光が10勝目。ソフトバンクは先発の和田が崩れ5連敗。

楽1―0日(31日) 楽天が無失点リレー

楽天が五回に浅村の併殺打の間に挙げた1点を5投手のリレーで守り切った。辛島が六回途中無失点と好投し、チーム単独トップで自己最多に並ぶ8勝目を挙げ、松井が31セーブ目。日本ハムは5連敗で最下位に転落した。

ロ1―2オ(31日) 安達が勝ち越しソロ

オリックスが今季のロッテ戦の勝ち越しを決めた。1―1の九回2死から安達のソロで勝ち越した。アルバースが七回途中1失点と好投し、2番手の近藤が4勝目。ロッテは序盤の好機を生かせず、先発の佐々木を援護できなかった。《共同通信》

【セ・リーグ】

神4―2巨(31日) 阪神、3連敗で止める

阪神が競り勝って連敗を3で止めた。2―2の七回2死から代打中谷のソロ本塁打で勝ち越し、八回は暴投に乗じて加点した。救援陣が踏ん張り、藤川が7年ぶりの2桁セーブ到達。巨人は山口が一発に泣き、連勝が3でストップ。

広4―2D(31日) 広島、3連敗で止める

広島が連敗を3で止めた。三回に松山の適時打と会沢の2ランで3点を先制。五回に安部の二塁打で加点した。九里は七回途中2失点で7勝目。フランスアが八回途中から2回無失点と試合を締めた。DeNAは連勝が5でストップ。

中2―5ヤ(31日) ヤクルト、連敗4で止める

ヤクルトは2―2の延長十回、山田哲の32号3ランで勝ち越して連敗を4で止めた。九回に登板した平井が3年ぶりの勝利を挙げた。マクガフは7セーブ目。六回に追い付いた中日は救援の藤嶋が今季初失点し、連勝が3で途切れた。《共同通信》

【米・テキサス州】郵便配達トラック奪い無差別銃撃

米南部テキサス州で8月31日午後3時(日本時間9月1日午前5時)すぎ、銃乱射事件が発生し、米メディアによると、容疑者1人を含む5人が死亡し、少なくとも21人が負傷した。容疑者は30代の白人の男で警察官に射殺された。車で移動しながら無差別に発砲したという。

米メディアによると、事件は、同州西部のミッドランドと隣接するオデッサで発生。警察官が交通違反があったとして車の停止を求めたところ、男は突然、車内から発砲したという。その後、郵便配達のトラックを奪ってホームセンターや路上など数カ所で銃撃を繰り返し、オデッサの映画館の駐車場で取り囲まれ、撃たれて死亡した。負傷者の中には警察官3人も含まれている。

警察当局は一時、銃撃犯は複数いる可能性があるとして捜査していたが、単独犯とみられる。容疑者の氏名や動機は明らかにされていない。《産経新聞》



8月31日のできごと

シェアする

フォローする