12月27日

12月27日
12月27日 今日は何の日

安倍晋三首相、真珠湾で慰霊(平成28年12月27日)

サッカー・澤穂希選手、現役生活に幕(平成27年12月27日)

仲井真弘多沖縄県知事、辺野古埋め立て申請を承認(平成25年12月27日)

松井秀喜外野手、現役引退を表明(平成24年12月27日)

小沢一郎氏、新進党党首に選出(平成6年12月27日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年12月27日(火) 平成10216日目

【菅義偉官房長官】沖縄県・翁長知事と会談

菅義偉官房長官は27日午前、首相官邸で沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設工事を再開する方針を伝えた。「我が国は法治国家であり、(最高裁の20日の)確定判決と和解の趣旨に従って埋め立て工事を進めていく」と述べた。翁長氏は再開に先立って県との協議を求めたが、菅氏は応じない構えを示した。

翁長氏は会談後、記者団に「立場が違うのに話し合えないなら大変なことになる。国の立場を理解しろというのであれば、沖縄の立場も理解してもらいたい」と述べ、政府の姿勢を批判した。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】真珠湾で慰霊

米ハワイを訪問中の安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日早朝)、オバマ大統領とともに真珠湾のアリゾナ記念館を慰霊のため訪問した。犠牲者の名前が刻まれた壁に献花し、黙禱を捧げた。日本の現職首相が同記念館を訪れ、慰霊を行うのは初めて。日米両首脳はその後、真珠湾で演説し、首相は「日米の和解」を強調した。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】米・オバマ大統領と会談

安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日午前)、オバマ米大統領とハワイ・ホノルルの米太平洋軍司令部で会談した。西太平洋での中国空母の初航行について、中長期的観点から動向を注視すべきだとの認識で一致。インド洋と太平洋を自由で開かれた海域とするためインドやオーストラリアとの協力強化を図ることも申し合わせた。沖縄での米軍新型輸送機オスプレイの不時着事故については遺憾の意を伝え、安全確保と情報提供を求めた。

オバマ氏は来年1月のトランプ次期政権発足で退任するため、首相との最後の首脳会談となった。今後の両国関係を見据え、同盟強化の重要性も確認した。《共同通信》

【キャリー・フィッシャーさん】死去

人気映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役で知られる米女優キャリー・フィッシャーさんが27日、ロサンゼルスで死去した。60歳。米メディアが伝えた。23日、ロサンゼルスに向かう航空機内で体調を崩して救急搬送され、入院していた。詳しい死因は伝えられていない。

西部ビバリーヒルズ生まれ。1977年開始の同シリーズ第1~3作で主人公の双子の妹レイア姫を演じ、人気女優となった。「ハンナとその姉妹」(86年)などに出演。薬物依存と精神疾患に苦しんだ時期があり、体験を赤裸々につづった自伝的小説はベストセラーとなった。《共同通信》

2015 平成27年12月27日(日) 平成9850日目

【サッカー・澤穂希選手】現役生活に幕

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の中心選手として長く活躍した澤穂希(37)が27日、川崎市の等々力陸上競技場で現役最後の試合となる皇后杯全日本女子選手権決勝に臨み、INAC神戸を2大会ぶり5度目の優勝へ導く決勝ゴールを奪い、有終の美を飾った。持ち前の勝負強さを最後まで発揮し「素直にうれしい。いい形で得点できて良かった」と涙は見せず、満面の笑みで現役に幕を下ろした。《共同通信》

【全日本フィギュア】宮原知子選手が2連覇

フィギュアスケートの世界選手権(来年3~4月、米ボストン)などの代表選考会を兼ねた全日本選手権は最終日の27日、札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、女子フリーは前日のショートプログラム(SP)1位の宮原知子(さとこ、大阪・関大高)が139.59点をマークし、合計212.83点で2連覇を果たして世界選手権代表入りを決めた。2位には、SP3位で年齢制限のため世界選手権の出場資格がない14歳の樋口新葉(わかば、東京・開智日本橋学園中)がフリー127.87点、合計195.35点で入った。SP5位の浅田真央(中京大)はフリーで宮原に次ぐ131.72点を出し、合計193.75点で3位に食い込んだ。SP2位の本郷理華(邦和スポーツランド)は4位にとどまった。《毎日新聞》

【第60回有馬記念】8番人気のゴールドアクターがGI初制覇

中央競馬の1年を締めくくる大一番、第60回有馬記念(GI)は27日、千葉県船橋市の中山競馬場で行われ、吉田隼人騎手(32)が騎乗のゴールドアクター(4歳牡馬、中川公成厩舎)が初優勝した。GIで6勝を挙げ、これが現役最後のレースとなった1番人気のゴールドシップが最後の直線で伸びを欠く中、8番人気のゴールドアクターがGI初制覇を果たすと、スタンドを埋めた約12万7千人のファンから驚きや歓喜の声が上がった。

最終レース終了後には、3着に入ったキタサンブラックの所有者で歌手の北島三郎さん(79)が代表曲「まつり」を披露し、大喝采を浴びた。今年の中央競馬の全日程が終了し、総売り上げは2兆5833億9186万9800円で、2014年比103・6%だった。《産経新聞》

【中国・全国人民代表大会】反テロ法案が可決

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で27日、同国で初となる反テロ法案が可決された。この法案の起草に際しては、報道規制の強化と海外企業の知的財産が脅かされるとの予測から批判が相次いだ。

同法の可決は、政府が、新疆ウイグル自治区における民族的暴力行為の撲滅運動を実施し、インターネット上をはじめとする反政治活動の規制を強化する中で行われた。国営新華社(Xinhua)通信は同法について、国内のテロ問題に取り組み、さらに世界の安全を維持するためのものだと報じた。《AFP》

【中国・全国人民代表大会】「一人っ子政策」正式に廃止

中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会は27日、「人口・計画出産法」改正案を可決した。これで1979年から続いた人口抑制の国策「一人っ子政策」は正式に廃止された。改正法は来年1月1日から施行。同法は「国家は夫婦に子供2人の出産を提唱する」と明記しており、中国は「二人っ子」が奨励される時代に入った。習近平指導部は、超高齢化社会の到来と労働人口減少への懸念から、10月末の共産党第18期中央委員会第5回総会(5中総会)で一人っ子政策の廃止を決定した。《時事通信》

2014 平成26年12月27日(土) 平成日9485目

【プロ野球・広島】黒田博樹投手の獲得を発表

男の決断だった。広島が27日、ヤンキースをフリーエージェント(FA)となっていた黒田博樹投手(39)を獲得したと発表した。07年以来8年ぶりの古巣復帰となる。メジャーからの高額オファーを断って、推定年俸4億円プラス出来高払いでの復帰を決断。広島愛を貫いた男が、前田とのダブルエースで91年以来の優勝に導く。

「帰ります」。前日26日、黒田は広島鈴木球団本部長に電話で復帰を伝えていた。球団の、ファンの、広島市民の思いが届いた瞬間だった。07年以来、8シーズンぶりの古巣復帰がこの日、発表された。メジャー通算79勝のエースが、再び赤いユニホームに袖を通すこととなった。《日刊スポーツ》

【サッカー・アギーレ日本代表監督】八百長疑惑を否定

スペイン検察当局に八百長疑惑で告発されたサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)が27日、東京都内で記者会見を開き、「倫理、プロフェッショナリズムに反することは知らない。私は誰にも何もプレゼントされていないし、望んでもいない」と、疑惑への関与を全面的に否定した。15日の告発後、公の場で語るのは初めて。29日の代表合宿開始を前に、アジア杯で指揮を執る意欲も改めて示した。騒動に関して、謝罪の言葉はなかった。《朝日新聞》

【全日本フィギュア】羽生結弦選手が3連覇

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・上海)代表選考会を兼ねた全日本選手権第2日は27日、長野市ビッグハットで行われ、男子はソチ冬季五輪王者でショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーも1位となり、合計286.86点で3連覇して世界選手権代表に決まった。全日本ジュニア選手権を制した17歳の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)がSP3位から順位を上げ、251.28点で2位、小塚崇彦(トヨタ自動車)が245.68点で3位に入った。

2013 平成25年12月27日(金) 平成9120日目

【第46回日本プロスポーツ大賞】田中将大選手(プロ野球)

日本プロスポーツ協会は27日、2013年日本プロスポーツ大賞に、プロ野球楽天が初の日本一に上り詰める原動力となった田中将大投手を選出し、都内のホテルで授賞式を行った。田中は「皆さまのおかげです」と感謝の言葉を述べた。

殊勲賞には、創設9年目で初のパ・リーグ制覇と日本一を果たした楽天、世界ボクシング評議会バンタム級王者でことしの3度の防衛戦を全てKO勝ちした山中慎介、大相撲で7年連続年間最多勝の白鵬が選ばれた。セ・リーグの最多勝と新人王に輝いたヤクルトの小川泰弘投手には最高新人賞が贈られた。《共同通信》

【仲井真弘多沖縄県知事】政府の辺野古埋め立て申請を承認

沖縄県の仲井真弘多知事は27日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、政府が提出した沿岸の埋め立て申請を承認した。1996年の日米合意から17年、埋め立て許可承認の権限を持つ県知事が判断を下したことで、普天間返還の動きはこう着状態を抜け出す。

しかし、基地負担の軽減を求める沖縄県民の多くは、県内への移転に否定的。来年1月19日の名護市長選挙で辺野古移設に反対する現職が勝利すれば、抗議の動きが一段と強まる可能性もある。

仲井真知事はこの日午後、知事公舎で会見し、政府が提示した沖縄振興策と基地負担の軽減策を評価した。「県の要望に沿った内容が盛り込まれており、安倍内閣の沖縄に対する思いは、かつてのどの内閣にもまして強いと感じた」と述べた。《ロイター》

【安倍晋三首相】既存原発の再稼働優先

安倍晋三首相は27日に放送された地元の山口放送の番組で、中国電力上関原発(山口県上関町)の建設計画に関し「考えていない。まずは原子力規制委員会が安全とした原発を再稼働したい」と述べ、新規建設よりも既存原発の再稼働を優先させる考えを示した。《毎日新聞》

2012 平成24年12月27日(木) 平成8755日目

【滋賀県警】大津いじめ自殺事件:加害者2人を書類送検

大津市で昨年10月、いじめを受けていた市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、滋賀県警は27日、暴行容疑などで、いじめていたとされる同級生の少年3人=いずれも(15)=のうち当時14歳だった2人を書類送検した。残る1人は当時刑事罰の対象とならない13歳だったため、暴行などの非行事実で児童相談所に送致した。

県警は今年7月、中学校と市教育委員会を家宅捜索していた。捜索容疑では、3人は昨年9月29日の体育祭で、男子生徒の両手足を縛り、口に粘着テープを貼る暴行を加えた疑いが持たれていた。男子生徒は昨年10月11日朝、自宅マンションから飛び降り、死亡した。《時事通信》

【松井秀喜外野手】現役引退を表明

プロ野球巨人や米大リーグのヤンキースなどで強打者として活躍し「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井秀喜外野手(38)が27日夕(日本時間28日朝)、ニューヨーク市内のホテルで記者会見し、現役引退を表明した。「最高に幸せな日々でした」と目を潤ませながら語り、日米で通算507本塁打を放った20年間のプロ生活に幕を下ろした。

松井は今季開幕を所属先が決まらないまま迎え、4月30日にレイズとマイナー契約。5月29日に大リーグに昇格したが、34試合に出場して打率1割4分7厘、2本塁打、7打点と不振で、8月1日に自由契約となっていた。《共同通信》

【タレント・板東英二さん】個人事務所の申告漏れが判明

元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(72)の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)が名古屋国税局の税務調査を受け、2011年8月期までの7年間で約7500万円の申告漏れを指摘されていたことが27日、分かった。うち約5千万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと認定された。重加算税を含めた追徴税額は約2800万円で、既に修正申告しているという。

関係者によると、同社は大阪府のイベント企画会社に、テレビ番組の企画・制作を外注したように装い、所得を圧縮するなどしたほか、板東さん個人の費用を経費として計上したりしていたという。板東さんは1959年に中日に入団、69年に退団した後は野球解説者やタレントとして活動している。また88年に国税庁のポスターに起用されて以来、期限内に確定申告をするよう呼び掛ける国税庁のPR活動をしてきた。《産経新聞》

【安倍内閣】本格始動

自民、公明両党連立の第2次安倍内閣は27日午前、本格始動した。東日本大震災からの復興と経済再生が最大の課題。デフレ脱却に向けて安倍晋三首相が表明した大型の2012年度補正予算や13年度予算の編成を急ぐ方針だ。午後の臨時閣議では副大臣・政務官人事を決定、副大臣、政務官会議をそれぞれ首相官邸で開く。新旧官房長官ら一部閣僚の事務引き継ぎも行われた。

菅義偉官房長官は記者会見で、首相から年末年始の危機管理に緊張感を持って対応するよう指示を受けたことを明かし、震災の復興や経済再生についても「内閣一体で取り組む」と表明した。《共同通信》

2011 平成23年12月27日(火) 平成8389日目

【韓国・中央日報】「日本沈没」取り消します

27日付の韓国紙、中央日報は、東日本大震災発生当日の状況を報じた3月12日付の1面で「日本沈没」という見出しを付けたことが「災害に苦しむ日本人を傷つけた」として、当時の紙面を取り消すとする「反省文」を掲載した。

反省文は、今年の同紙の報道全般について不適切だった点を振り返るコーナーに、1ページの3分の1程度を割いて掲載。新たに「力を出せ、日本」との見出しを付けて編集し直した紙面を並べた。《共同通信》

【ホンダ】タイ大洪水で水没、新車1,055台のスクラップ開始

タイの洪水で大きな被害を受けたホンダの現地法人は27日、中部アユタヤ県にある工場で、出荷前に水につかった新車の廃棄作業を始めた。乗用車「シビック」など計1055台(約16億6000万円)を約1か月半かけて廃棄するという。工場は10月上旬に浸水したが、11月下旬に排水作業が完了。車体を潰すプレス機などを工場に搬入しており、車の解体からスクラップまで全ての工程を行う。

水没した車が洗浄され市場に出回るとのデマが広がったこともあり、同社は消費者の不安を払拭するため水につかった全ての車の廃棄を決めた。ピタック副社長は「品質の良い製品だけを提供していく」と語った。タイに進出している日系自動車メーカー7社のうちホンダは唯一、工場が浸水する被害を受け、生産再開の見通しは立っていない。《読売新聞》

【野田佳彦首相】インドへ出発

野田佳彦首相は27日午前、政府専用機で羽田空港からインドのニューデリーに向けて出発した。出発に先立ち首相は「インドにおけるインフラ整備などの協力についてシン首相と意見交換したい」と述べた。《日経新聞》

2010 平成22年12月27日(月) 平成8024日目

【ニコニコ動画】新拠点「ニコニコ本社」原宿に開設

【ユニクロ】3990円の格安ダウン「キルティングダウン」発売

【大林宏検事総長】検察不祥事の責任をとり辞任

大阪地検特捜部による一連の不祥事の責任を取り、大林宏検事総長(63)が27日、任期半ばで辞職した。記者会見で大林氏は「痛恨の極み」と事件を振り返り、検証結果をまとめたことで「検察組織としてけじめをつけ、新体制で改革を進めるのが適切と判断した」と辞職の理由を説明。「国民の信頼をどれほど損ねたか。私が退任することで検察職員は重大な事態に至っていることを理解してもらいたい」と訴えた。

不祥事を総括して「証拠改ざんとその隠蔽(いんぺい)は、構造的な問題ではない」としつつ、決裁のあり方や調書の取り方、捜査の仕方は検察全体の問題との認識を示した。改革の実効性については「現場では改革案が示されても、自分はちゃんとやっているので必要ない、という意識がある」と危機感も明かした。後任の検事総長には、東京高検検事長だった笠間治雄氏(62)が同日、就任した。《朝日新聞》

【菅直人首相】小沢氏国会招致問題:拒めば離党促す

菅直人首相は27日、小沢一郎民主党元代表の政治資金問題をめぐり、衆院政治倫理審査会が招致議決しても出席を拒み続けるなら離党を促す考えを表明した。これに先立つ民主党役員会で来年1月の通常国会召集までに政倫審の招致議決に踏み切る方針を決定。

小沢氏が議決に従わない場合は「出処進退を含めて考えていただくしかない」と記者団に述べた。1月には強制起訴が見込まれることから離党勧告も視野にあるとみられ、小沢氏問題は年明けに緊迫した局面を迎える。《福井新聞》

2009 平成21年12月27日(日) 平成7659日目

【全日本フィギュア】浅田真央選手、4度目の優勝で初の五輪出場決定

バンクーバー冬季五輪代表の最終選考会を兼ねたフィギュアスケート全日本選手権最終日は27日行われ、代表の残り2枠を争う女子はショートプログラム首位の浅田真央が4連覇を達成、初の五輪代表を手にした。鈴木明子が2位に入り、初の五輪代表。すでに五輪代表を決めている安藤美姫は4位。男子の五輪代表も発表され、高橋大輔、織田信成、小塚崇彦の布陣となった。《共同通信》

【鳩山由紀夫首相】6億円を納税

鳩山由紀夫首相は27日午前、自身の資金管理団体の偽装献金事件で、実母から多額の資金提供を受けていたことを受け、約6億円の贈与税を納税したと明らかにした。《福井新聞》

2008 平成20年12月27日(土) 平成7294日目

【名鉄・モンキーパークモノレール線】この日の運行をもって営業終了

【公明党・高木陽介選対委員長】渡辺喜美氏は自民離党すべき

公明党の高木陽介選対委員長は27日のTBS番組で、民主党提出の衆院解散要求決議案に賛成した自民党の渡辺喜美元行政改革担当相について「除名処分を待つのでなく離党すればいい。意見が違うのになぜ自民党にいるのか」と述べ、自発的に離党すべきだとの考えを示した。《福井新聞》

広告




12月26日 > 12月27日 > 12月28日

2007 平成19年12月27日(金) 平成6928日目

【全日本フィギュア】高橋大輔選手が3連覇

【パキスタン】ブットー元首相暗殺事件

パキスタンの首都イスラマバード近郊ラワルピンディで27日、来月8日の総選挙に向けたベナジル・ブット元首相(54)の集会会場付近で自爆テロが発生、ブット氏が暗殺された。内務省がブット氏の死亡を確認した。ロイター通信などは、男がブット氏を銃撃、直後に自爆したとも伝えた。爆発で集会の参加者ら少なくとも20人も死亡した。《共同通信》

【福田康夫首相】訪中

福田康夫首相は27日午後、日中首脳会談のため政府専用機で北京に到着した。28日に胡錦濤国家主席、温家宝首相ら要人と個別に会談する。《共同通信》

2006 平成18年12月27日(木) 平成6563日目

【MLB・ヤンキース】井川慶投手と5年契約

米大リーグ、ヤンキースは27日、ポスティングシステム(入札制度)で独占交渉権を獲得した阪神の井川慶投手(27)と、5年契約を結んだと発表した。年俸など契約の詳細は明らかではないが、関係者によると、5年で総額2000万ドル(約23億6000万円)。AP通信によると、1年400万ドルの年俸に、シーズンの総投球回数に応じて最大50万ドルの出来高払いが付く。ヤンキースは井川投手との交渉権を約2600万ドルで落札していた。《日経新聞》

【佐田玄一郎行革相】政治資金収支報告書問題で辞任

佐田玄一郎行政改革担当相(54)は27日、内閣府で記者会見し、自らの政治団体の政治資金収支報告書をめぐり「不適切な会計処理があった」として、行革担当相を辞任する考えを表明した。安倍晋三首相は辞任を了承し、後任に渡辺喜美副内閣相を内定した。政府税調の本間正明前会長に続き、閣僚が不祥事で辞任に追い込まれたことは、支持率急落に直面する安倍政権に大きな打撃。首相の任命責任が問われるのは必至だ。《毎日新聞》

2005 平成17年12月27日(水) 平成6198日目

【 JR西日本】社長が退任表明

JR西日本は27日、垣内剛社長(61)と南谷昌二郎会長(64)が来年2月1日付で退任し、後任の社長に山崎正夫副社長(62)を昇格させる人事を発表した。後任の会長には、元住友電気工業社長の倉内憲孝氏(69)を招く。倉内氏は当面、顧問に就き、来年6月の株主総会で会長になる。首脳陣を刷新し、今年4月25日、兵庫県尼崎市で死者107人を出したJR宝塚線(福知山線)脱線事故の責任を明確化する。

2004 平成16年12月27日(火) 平成5833日目

【ファミリーマート】上海にFC1号店開店

【台湾・李登輝前総裁】来日

台湾の李登輝前総裁(81)は家族との観光旅行のため27日夜、日本アジア航空機で名古屋空港に到着した。来年1月2日までの滞在中、名古屋や金沢のほか、学生時代を過ごした京都を訪問、恩師らゆかりのある人と会う。

【小泉純一郎首相】「女性天皇」で有識者会議を設置へ

細田博之官房長官は27日午後の記者会見で、小泉純一郎首相の私的諮問機関として「皇室典範に関する有識者会議」を設置すると発表した。皇室典範を改正し、女性天皇を認めることなどを検討する。《福井新聞》

2003 平成15年12月27日(土) 平成5467日目

【プロ野球・ダイエー】城島健司捕手が4億円で契約更改

パ・リーグ最優秀選手に輝いた城島健司捕手(27)が27日、福岡ドームの球団事務所で契約更改交渉に臨み、2億円増の球団史上最高額となる年俸4億円でサインした。捕手としても古田(ヤクルト)の3億円を超え、球界最高年俸となった。《福井新聞》

【武豊騎手】JRA史上初の年間200勝達成

日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手=栗東・フリー=は27日、阪神競馬第1レースでウインプログレスに騎乗して1着となり、JRA主催レースで史上初の年間200勝を達成した。《福井新聞》

2002 平成14年12月27日(金) 平成5102日目

【東京地検】脱税容疑でK-1主催者を在宅起訴

【J1・浦和】井原正巳選手が現役引退を表明

サッカーの元日本代表DF、井原正巳(35)=浦和=が27日、さいたま市内のホテルで記者会見し、「長いようであっという間の現役生活だった。前向きに高い目標を持って頑張ってきたつもり」と正式に引退を表明した。井原は日本代表として歴代最多の国際Aマッチ123試合に出場。高い守備能力から「アジアの壁」と呼ばれ、日本がワールドカップ(W杯)に初出場した1998年フランス大会では主将を務めた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】衆院解散「情勢を見て判断」

小泉純一郎首相は27日午後、来年の衆院解散・総選挙について「政治、経済情勢を見ながら、その時々に応じて判断すればいのではないか」と述べ、国会の審議状況や景気動向を見極めながら判断したいとの意向を示した。《福井新聞》

2001 平成13年12月27日(木) 平成4737日目

【東九州道】大分宮河内IC〜津久見IC供用開始

【釧路コールマイン】閉山した太平洋炭礦を引き継ぎ設立

【ヤクルト・石井一久投手】メジャー挑戦を表明

【谷繁元信捕手】中日入団会見「必要とされている」

【大阪地裁】付属池田小事件初公判:被告「命をもって償いたい」

大阪教育大付属池田小学校で6月に起きた校内児童殺傷事件で、児童ら23人に対する殺人、殺人未遂など7つの罪に問われた無職宅間守被告(38)の初公判が27日、大阪地裁(川合昌幸裁判長)で開かれた。宅間被告は「包丁で児童らを殺傷したことは間違いない。自らの命をもって償いたい」と起訴事実を全面的に認めた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】金融危機回避へ決意

小泉純一郎首相は27日夜、自民党の山崎拓幹事長ら党三役と首相公邸で会談し、経済情勢に触れて「2、3月危機といわれるが、そんな危機は起こさせない。そのための非常手段は必要によって講じる」と強調した。会談後、山崎氏は首相発言について公的資金による金融機関への資本再注入も辞さない意向を示したものだと記者団に説明した。《福井新聞》

2000 平成12年12月27日(水) 平成4372日目

【 LUNA SEA】解散

LUNA SEA cast 1991~2011 Interviews Special Edition
LUNA SEA cast 1991~2011 Interviews Special Edition

【石坂浩二さん・浅丘ルリ子さん】離婚

【J1・神戸】三浦知良選手の入団を発表

サッカー日本代表のFW三浦知良(33)は27日、Jリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸と2年契約した。三浦は神戸市内のホテルで入団会見し「サッカーを通じ、神戸市民やいろいろな方に影響を与えたい。チームをまとめて一つひとつ勝っていきたい」などと、晴れやかな表情で抱負を述べた。《福井新聞》

【巨人・松井秀喜選手】石川県民栄誉賞受賞

プロ野球・巨人の日本一に貢献し、打点王、本塁打王の二冠に輝いた松井秀喜選手(26)=石川県根上町出身=が27日、金沢市の石川県庁で、創設された県民栄誉賞に選べれ「すごい光栄」と笑顔で喜びを語った。《福井新聞》

1999 平成11年12月27日(月) 平成4006日目

【大阪府議会】横山ノック知事の辞職願に全会一致で同意

大阪府議会は27日の本会議で、知事選の元運動員の女子大生に対する強制わいせつ罪で起訴された横山ノック知事の辞職願に全会一致で同意した。知事は同日付で退職となり、来年2月の出直し知事選で新知事が選出されるまでの間、木村良樹副知事が知事の職務代理者となる。《福井新聞》

【岸本建男名護市長】普天間飛行場の辺野古受け入れを正式表明

沖縄県名護市の岸本建男市長は27日午前記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ水域内辺野古沿岸域への移設受け入れを正式に表明した。受け入れ条件として北部地域振興策や安全性確保、自然環境への配慮など7項目を提示。

飛行ルートや騒音に関する国と市の基地使用協定締結と協議機関設置や15年の米軍使用期限を求め、これらが満たされない場合は「移転容認を撤回する」と述べた。これを受け、政府は受け入れ表明を歓迎する小渕恵三首相の談話を発表。28日の閣議では北部地域振興策などに関する今後の政府方針と小渕首相の談話を併せて決定する。《福井新聞》

1998 平成10年12月27日(日) 平成3641日目

【競馬・第43回有馬記念】4番人気のグラスワンダーが優勝

第43回有馬記念(27日・中山2500メートル芝・16頭・G1)ことし最後を飾るビッグレースは4番人気のグラスワンダー(的場均騎乗)が2分23秒1で制し、栄光のグランプリ馬に輝いた。優勝賞金は1億3200万円。《福井新聞》

【小渕恵三首相】1月6日から欧州3カ国を訪問

小渕恵三首相は1月6日から13日までの日程でフランス、イタリア、ドイツ3カ国を訪問する。堺屋太一経企庁長官と、首相直属の諮問機関「経済戦略会議」の樋口広太郎議長も同行する。上杉光弘官房副長官が12月28日午前の記者会見で正式発表した。《福井新聞》

1997 平成9年12月27日(土) 平成3276日目

【新進党】解党決定

新進党は27日午後、都内のホテルで両院議員総会を開き、参院の旧公明党議員グループの分党に向けて新進党を解党することを正式決定した。1994年12月に9党派が合流して結成された同党は丸3年でピリオドを打つ。《福井新聞》

【橋本竜太郎首相】正月休み入り

橋本竜太郎首相は、27日から年末年始の休みに入った。29日から1月4日まで都内のホテルに滞在し、久美子夫人ら家族とともに静養する。ペルーの日本大使公邸人質事件のまっただ中だった昨年とは異なりことしは平穏な年末。金融対策や沖縄の海上ヘリ基地建設など山積している課題の対応に向け、じっくりと英気を養うことになりそうだ。《福井新聞》

1996 平成8年12月27日(金) 平成2911日目

【 96年命名調査1位】男子「翔太」女子「美咲」

【太陽党】新体制が発足

太陽党は27日、結党後初の議員総会を開き、党運営のかなめである幹事長に畑英次郎、政務調査会長に栗屋敏信、総務会長に前田武志、最高顧問に奥田敬和の各氏を充てるなどの役員人事を決定した。党首にはすでに羽田孜氏が就任しており、これで同党の執行部体制が固まった。《福井新聞》

【G7】在ペルー日本大使公邸占拠事件:ペルー政府を支持

先進七カ国(G7)議長国のフランスは27日、日本大使公邸人質事件で、G7とロシアが事件の平和的解決を目指すペルー政府を支持する、との議長声明を発表。ペルー国会もフジモリ政権の事件解決に向けた努力に全面的な支持を表明する決議を採択した。しかしゲリラ側が新たな要求を突きつける可能性も高まっている。《福井新聞》

1995 平成7年12月27日(水) 平成2545日目

【東京地検】背任など4つの罪で元労相を起訴

【三島駅乗客転落事故】

三島駅乗客転落事故は、東海旅客鉄道(JR東海)東海道新幹線の三島駅で1995年(平成7年)27日に発生した、鉄道人身障害事故。東海道新幹線において、初めての旅客死亡事故となった。
三島駅乗客転落事故 -Wikipedia

【小沢一郎氏】新進党党首に選出

新進党の党首に小沢一郎幹事長(53)が決まった。27日開票の同党の党首公開選で小沢氏は112万票を獲得、羽田孜副党首(60)に55万票余の大差をつけ圧勝した。28日の両院議員総会で第二代党首に就任する。《福井新聞》

1994 平成6年12月27日(火) 平成2180日目

【誕生日】みなみ飛香さん《タレント》

【仙台高裁】山形マット死事件:少年3人の抗告棄却

山形マット死事件とは、1993年(平成5年)に山形県新庄市立明倫中学校で発生した男子中学生の死亡事件。俗に「マット死事件」・「マット事件」とも呼ばれ、学校現場におけるいじめの深刻さを明らかにし、少年法改正への気運を醸成した象徴的事件として、今日でも取り沙汰されている。
山形マット死事件 -Wikipedia

【新進党】「明日の内閣」発足

新進党(海部俊樹党首)は27日午後、国会内で首脳・幹部合同会議を開き、影の内閣にあたる「明日の内閣(政権準備委員会)」を発足させるとともに、総務、組織、財務各委員長など党役員人事を決定、来年1月からの通常国会に向け連立与党側との対決に備える態勢を整えた。《福井新聞》

1993 平成5年12月27日(月) 平成1815日目

【誕生日】内田眞由美さん《タレント》

【細川護煕首相】元日に減税を表明へ

細川首相と山岸章連合会長らとの「政労トップ会談」が27日夕、首相官邸で行われた。山岸氏が景気対策としての5兆円以上の所得税減税実施を改めて要請したのに対し、首相は「元旦のテレビで、できれば踏み込んだ発言をしたい」と述べ、恒例の年頭記者会見で減税実施を明確に表明する準備を進めていることを明らかにした。《福井新聞》

1992 平成4年12月27日(日) 平成1450日目

【有馬記念】15番人気・メジロパーマー(山田泰誠騎手)1着

【自民党羽田派・羽田孜代表】政治改革を条件に宮沢首相を支援

自民党羽田派代表の羽田前蔵相は27日、民放の報道番組に出演、宮沢内閣との関係について「首相は政治改革をやります、あなた方も協力してほしい、と言っている。(だから)われわれも一緒になってやっていくが、しかしどうしても駄目な時は新たな行動を起こす」と述べ、政治改革遂行を条件に首相を支援していくものの、政治改革が次期通常国会で中途半端な形で終わる場合には、羽田派として厳しい対応を取らざるを得ないとの考えを強調した。《福井新聞》

【命日】大熊元司さん《プロレス》

1991 平成3年12月27日(金) 平成1084日目

【大雪警報】東京・神奈川に発令、86人けが

【政府】ロシアを政府承認

政府は27日午前の閣議で、旧ソ連を継承する政府としてロシアの政府承認を決定した。政府は当面慎重な姿勢をとっていたが、米国、欧州共同体(EC)などが承認方針を明確にしたのに続く形で早期承認に踏み切った。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】ロシア・エリツィン大統領に来日を要請

宮沢首相は27日、ロシアの政府承認に伴って、エリツィン・ロシア大統領にあてた書簡の中で「大統領の訪日を改めて招請する」と明記、ロシアが旧ソ連の継承国となったことを受けて来日を要請した。《福井新聞》

1990 平成2年12月27日(木) 平成719日目

【誕生日】ミロシュ・ラオニッチさん《テニス》

【 TBS・秋山豊寛記者】日本人初の宇宙飛行士がソ連から帰国

【東京地検】脱税で稲村利幸衆院議員を在宅起訴

東京地検特捜部は27日午後、仕手集団「光進」代表A被告(53)の仕手戦情報を基に、市場を通さないで同被告と相対取引した株売却益など約28億1000万円の所得を隠し、約17億円を脱税したとして、所得税法違反の罪で元環境庁長官の稲村利幸衆院議員(55)=自民離党、栃木2区=を在宅のまま起訴した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】稲村氏起訴「厳粛に受け止める」

海部首相は27日夕、稲村元環境庁長官が脱税で在宅されたことについて「今、まさに信頼回復のための政治改革をしようとしているときだけに、厳粛に受け止めている」と述べた。《福井新聞》

1989 平成元年12月27日(水) 平成354日目

【誕生日】内田真礼さん《声優》

【あいにきて I・NEED・YOU!】GO-BANG’S、5枚目のシングル発売

【男はつらいよ・ぼくの伯父さん】シリーズ第42作公開

【釣りバカ日誌2】栗山富夫監督作品公開

【兵庫・竜野市】生後3ヶ月の赤ちゃんを中年女が誘拐

兵庫県竜野市のスーパー近くの喫茶店で27日夕、同市揖保町、会社員Aさん(26)の二男で生後三ヶ月のBちゃんが見知らぬ中年女に誘拐された。この女はAさん方に「くじで歩行器が当たった。赤ちゃんの写真を撮らせてほしい」と電話して妻C子さん(30)を誘い出し、言葉巧みにBちゃんを連れ去った。《福井新聞》

【将棋・羽生善治六段】初挑戦で竜王位獲得、将棋界初の十代王者誕生

19歳3ヶ月の羽生善治六段が島朗竜王(26)=七段=を4−3(1持将棋)で破り、初挑戦で竜王位を獲得した。昭和50年、57年の名人戦に次いで七番勝負では三度目の延長戦にもつれ込んだ第二期「竜王戦」の第八局は、12月26日午前10時から東京・芝の東京グランドホテルで行われ、27日午後5時52分、129手までで先手の羽生が勝ち、4勝目を挙げて名人位と並ぶビッグタイトルを奪取。43年に20歳10ヶ月、六段で棋聖位に就いた中原誠現棋聖・王者の最年少タイトル獲得の記録を更新した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】チャウシェスク前大統領処刑「大変ショッキングだ」

海部首相は27日昼、チャウシェスク前大統領夫妻の処刑について「大変ショッキングだ」と述べるとともに「もうちょっと公開で裁判をやるとか。それも民主主義国の常識ですから」と語り、処刑までの手続きに問題があったとの認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。《福井新聞》

広告




12月26日 > 12月27日 > 12月28日

このページの先頭へ