平成6198日目

2005/12/27

【民主党・鳩山由紀夫幹事長】JR羽越線事故 原因の徹底追及を

鳩山由紀夫幹事長は27日、党本部で行われた記者会見で、民主党「JR羽越線事故対策本部」の設置や、一年を振り返っての所感などを述べた。

会見の冒頭、鳩山幹事長は、25日夜に発生したJR羽越線特急脱線事故に言及し、亡くなられた方々とご遺族へ心からのお悔やみを、けがをされた方々には心からのお見舞いを申し上げたいと述べた。その上で、26日には、民主党山形県連(代表:近藤洋介衆議院議員)が「豪雪・雪害事故対策本部」を、党本部では「JR羽越線事故対策本部」(本部長:松本剛明政策調査会長)を設置し、28日には現地視察を行うと報告。「再発防止のためにも、事故の原因を徹底的に追及していかなければならない」と語った。

鳩山幹事長はまた、発生から1年が経過したスマトラ沖大地震を取り上げ、復興までには息の長い支援が必要だと指摘した上、津波や地震の予知、避難や復旧の方法などに関して、日本がリーダーシップを発揮すべきとの見解を述べた。さらに、人々の安全・安心にかかわる問題にしっかりとした対策を取る必要がある点では、中越地震やパキスタン大地震、耐震強度偽装事件にも繋がるとして、これらについても引き続き、党として関心を持って取り組む考えを示した。

2005年最後の記者会見となったこの日、鳩山幹事長は、1年を振り返るとして、イラク情勢や国連安保理の常任理事国入りを挙げ、日本外交の問題点が特に印象に残ったことを示唆。「日本自身が主体性のある外交を繰り広げられるような環境を作り上げる」などと来年の抱負を述べた。さらに、幹事長就任3ヶ月に関する記者からの質問に答えるかたちで「強い信念と柔軟性、政策に関しての頑固さをあわせ持った前原代表の前向きな部分が見え始めてきた」と述べ、代表が党全体をまとめ上げて、日本の政権を変え、新しい政策を堂々と表明するための手伝いがしたいなど語った。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【宮崎勤被告】判決は1月17日

最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は27日までに、幼女連続誘拐殺人事件で殺人、誘拐、死体遺棄などの罪に問われた宮崎勤被告(43)=1、2審死刑=の上告審判決を来年1月17日に言い渡すことを決めた。埼玉県と東京都で4人の幼女が次々と犠牲になり、「今田勇子」名の犯行声明文や被害者の遺骨を送り付ける残酷な手口で社会に衝撃を与えた事件の裁判は、被告の逮捕から16年余りを経て終結する。

公判は1審段階から事実関係に大きな争いはなく、犯行時の精神状態と刑事責任能力の有無が最大の争点だった。

弁護側は11月に開かれた弁論で「被告は拘置所で統合失調症を想定した治療を受けている」と指摘し、再度の精神鑑定が必要と主張。死刑判決を破棄して審理を高裁に差し戻すよう求めた。これに対し検察側は「犯行時には病的な精神状態でなかった」と上告棄却を求めていた。

2審東京高裁判決などによると、宮崎被告は1988―89年の約10カ月間に、東京都と埼玉県で4―7歳の幼女4人を相次いで連れ去り殺害。

1審段階では3つの精神鑑定結果が提出され、1次鑑定が「人格障害」と完全責任能力を認めたのに対し、2次鑑定の2つはいずれも「統合失調症」などと心神耗弱を認め、責任能力を一部否定。東京地裁は97年の判決で1次鑑定を採用し、求刑通り死刑を言い渡した。2001年の2審判決もこれを支持した。《共同通信》

【 JR西日本】社長が退任表明

JR西日本は27日、垣内剛社長(61)と南谷昌二郎会長(64)が来年2月1日付で退任し、後任の社長に山崎正夫副社長(62)を昇格させる人事を発表した。後任の会長には、元住友電気工業社長の倉内憲孝氏(69)を招く。倉内氏は当面、顧問に就き、来年6月の株主総会で会長になる。首脳陣を刷新し、今年4月25日、兵庫県尼崎市で死者107人を出したJR宝塚線(福知山線)脱線事故の責任を明確化する。《共同通信》

【小泉純一郎首相】防衛「省」に意欲

小泉首相は27日夜、都内の日本料理店で自民党の山崎拓・前副総裁、二階経済産業相、公明党の冬柴幹事長と会談し、防衛庁の「省」昇格について、「国家の基本だから」と述べ、小泉政権で実現すべきだとの考えを示した。山崎、二階両氏は「これは小泉内閣として最後の仕事だ」と実現の重要性を強調した。

また、首相は、民主党との「大連立」について、「公明党をさしおいて大連立の協議をすることはない。連立の信義は守る」と強調した。

中国脅威論については「中国の発展はチャンスだと言ったことはあるが、軍事力膨張に関して脅威と言ったことはない」と語ったという。《読売新聞》

【この日の民主党】

「JR羽越線事故対策本部」、国交省より説明を聴取し議論

25日夜に発生した、山形県庄内町でのJR羽越線脱線・転覆事故を受け、民主党は26日に「JR羽越線事故対策本部」(本部長:松本剛明政策調査会長)を設置した。27日午後、同対策本部は国会内で第1回の会議を開催し、国交省より今回の事故に関して説明を聴取したほか、明日28日に党として現地視察を行うことなどについても確認した。

会議は三日月大造衆議院議員の司会の下で行われ、三日月議員より、急きょではあったが対策本部を設置した旨の報告が行われた後、参加者全員で犠牲となられた方々への黙祷を捧げた。

次に挨拶に立った松本剛明対策本部長(政策調査会長)は、「本当に残念な事故が発生をしてしまった」と沈痛な面持ちで述べた上で、ちょうど8ヶ月前にはJR福知山線での事故が起こったことにも触れ、「誠に残念」だと指摘。「亡くなられた方々の心からのご冥福をお祈りし、負傷された方々の1日も早い回復をお祈り申し上げる」と述べた。その上で松本本部長は、早急な原因究明と再発防止策の検討の必要性を改めて指摘した。

続いて国土交通省鉄道局技術企画課安全対策室より、今回の事故に関して、その概要や国交省の対応、現場の状況などについて説明が行われ、出席した議員より事故状況や風速観測の態勢などに関して活発な質問がなされた。また、明日28日に現地視察を行うことなどについても確認された。

なおこの会議には、松本本部長、三日月議員のほかに、平田健二参議院国会対策委員長、長妻昭『次の内閣』ネクスト国土交通大臣、田嶋要衆院議員、山下八洲夫参院議員が出席した。《民主党ニュース》



12月27日 その日のできごと(何の日)