平成8641日目

2012/09/04

【プロ野球選手会】WBC不参加決議を撤回、出場へ

日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)は4日、兵庫県西宮市の甲子園球場で記者会見し、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への不参加決議を撤回して出場することを決めたと発表した。同日、選手会で再協議して方針を転換し、日本野球機構(NPB)に伝えた。

日本が3連覇を目指す大会は来年3月にあり、今後は監督人事や代表チーム編成が焦点になる。同会長は「出るからにはいい大会になるようにしたい」と語った。

新井会長は7月20日の臨時大会での決議を覆した理由として、選手会が求めていた日本代表独自のスポンサー権やグッズ販売権の確保などがおおむね認められた点と、そうした権利を生かした事業展開をNPBが約束した点を挙げた。《共同通信》




【ヤンキース・イチロー外野手】「苦笑いに汗」

第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本プロ野球選手会が参加することを決めたことに、米大リーグ、ヤンキースのイチローは4日、「(携帯電話の)絵文字でいうところの苦笑いに汗という感じが一番(自分の)気持ちを表すかな」と独特の言い回しで感想を口にした。苦笑いの理由には「察して下さい」とだけ話したが、紆余曲折の末の出場決定に思うところがあるようだ。

レンジャーズのダルビッシュは「シーズン中なので」とコメントを控えた。 マリナーズの川崎は「選手会で決めたことなので良かった」と話し、岩隈は「いろんな経験ができる」と意義を強調した。《共同通信》

【 BCリーグ新潟・高津臣吾選手兼任監督】引退会見

ナンバー2の男
ナンバー2の男

野球の独立リーグ、BCリーグの新潟に所属し、今季限りでの現役引退が決まった高津臣吾監督兼投手(43)が4日、新潟市内で記者会見し、「幸せな野球人生だった」と語った。来季の監督業については「ゆっくり考えたい」としている。《時事通信》

【東京地検】防衛省などを家宅捜索

防衛省が発注したヘリコプター開発事業を巡って官製談合が行われていた疑いが強まったとして、東京地検特捜部が4日に東京・市ヶ谷の防衛省と川崎重工業(東京都港区)を官製談合防止法違反容疑で捜索したことがわかった。

特捜部は、事業を発注した同省技術研究本部に所属していた陸自の佐官級幹部らが談合に関与したとみて、幹部らの事情聴取を進めている。今後、押収資料を分析し、談合の実態解明を図る。

同省関係者によると、捜索を受けたのは装備品の研究開発などを担当する「技術研究本部」。同本部が今年3月、川崎重工業と契約した新多用途ヘリコプター(UH―X)の開発事業に談合の疑いが浮上している。《読売新聞》

【大阪維新の会】新党の目玉候補に東国原氏ら

橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が次期衆院選に向け、近く立ち上げる政党の目玉候補に東国原英夫前宮崎県知事を擁立する方針を固めたことが4日、分かった。中田宏前横浜市長、山田宏前東京都杉並区長も擁立する。維新の会幹部が明らかにした。

全国的に知名度が高い東国原氏を“選挙の顔”とし、無党派層の取り込みを目指す。大阪以外の都市部の選挙区での出馬を要請する方向だ。

新党党首に就任する橋下氏は衆院選に不出馬の意向で、テレビ討論などにも慣れた東国原氏の参加は、選挙戦には欠かせないと判断した。《共同通信》

9月4日/のできごと