平成4006日目

1999/12/27

【岸本建男名護市長】普天間飛行場の辺野古受け入れを正式表明

沖縄県名護市の岸本建男市長は27日午前記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ水域内辺野古沿岸域への移設受け入れを正式に表明した。受け入れ条件として北部地域振興策や安全性確保、自然環境への配慮など7項目を提示。

飛行ルートや騒音に関する国と市の基地使用協定締結と協議機関設置や15年の米軍使用期限を求め、これらが満たされない場合は「移転容認を撤回する」と述べた。これを受け、政府は受け入れ表明を歓迎する小渕恵三首相の談話を発表。28日の閣議では北部地域振興策などに関する今後の政府方針と小渕首相の談話を併せて決定する。《共同通信》



【大阪府議会】横山ノック知事の辞職願に同意

大阪府議会は27日の本会議で、知事選の元運動員の女子大生に対する強制わいせつ罪で起訴された横山ノック知事の辞職願に全会一致で同意した。知事は同日付で退職となり、来年2月の出直し知事選で新知事が選出されるまでの間、木村良樹副知事が知事の職務代理者となる。《共同通信》

【民主党ニュース】

富沢篤紘衆議院議員が入党

民主党は27日の持ち回り常任幹事会で、入党申請のあった富沢篤紘(とみざわ・あつひろ)衆議院議員の入党を承認した。 富沢議員は96年の衆院選で旧新進党より初当選。同党解党後は改革クラブに所属していたが、今月15日に離党していた。富沢議員の入党で、民主党の衆議院議員は94人になった。



12月27日のできごと