平成9485日目

2014/12/27

この日のできごと(何の日)

【サッカー・アギーレ日本代表監督】八百長疑惑を否定

八百長に関与した疑いでスペイン検察当局に告発されたサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)が27日、東京都内で記者会見し「プロサッカーに関わって39年になるが、この中で汚点は全くない。信じてほしい」と疑惑を否定した。

15日に告発されてから、メキシコ出身のアギーレ監督が公の場に姿を現すのは初めて。日本が2連覇を目指すアジア・カップ(来年1月9日開幕・オーストラリア)へ向けて「日本が制覇できるように集中して準備したい」と意欲を示した。

八百長の疑いが持たれているのは2011年5月、当時率いていたスペイン1部リーグのサラゴサ(現2部)がレバンテを2―1で下し、残留を決めた試合。合計96万5千ユーロ(約1億4千万円)が監督らの銀行口座を経て相手の選手らに支払われたとされる。日本はアジア・カップへ12月29日から千葉県内で合宿に入る。《共同通信》



【民主党代表選】細野氏が地方行脚開始

来年1月の民主党代表選に立候補する細野豪志元幹事長は27日、党員・サポーターの支持拡大を目指し、福島市から地方行脚をスタートさせた。同じく出馬表明した岡田克也代表代行は網膜剥離の手術を受けて東京都内の病院に入院中のため、陣営幹部が党所属の国会議員らに電話で支援を呼び掛けた。

東日本大震災発生当時、首相補佐官だった細野氏は最初の訪問先に福島市を選び、原発事故などからの復興活動に取り組む大学生ら約40人と懇談した。

細野氏は、福島の復興に引き続き取り組む決意を示し、午後には都内に戻って来年春の統一地方選に向けて地方議員から要望を聞いた。《共同通信》

【プロ野球・広島】黒田博樹投手の獲得を発表

プロ野球セ・リーグで1991年を最後に優勝から遠ざかる広島は27日、米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手(39)が来季復帰すると発表した。8年ぶりの日本球界でのプレーとなり、広島はベテラン右腕の大黒柱としての存在感に期待を寄せている。

メジャーで主力として活躍を続ける選手が日本に戻るのは異例。来年2月に40歳となる黒田は今季、田中将大投手の13勝に次ぐチーム2番目の11勝(9敗)を挙げ、大リーグの日本選手で初となる5年連続2桁勝利を記録した。ヤンキースは再契約を望み、パドレスなども獲得に乗り出していた。

黒田は米国移籍を表明した2007年11月の記者会見で「また日本に戻ってプレーすることがあるならば、このチーム(広島)しかない」と語っており、7年前の言葉を裏付ける形となった。

08年に広島からドジャース入りした黒田は、12年にヤンキースへ移籍した。大リーグ通算7シーズンで212試合に登板して79勝79敗、防御率3.45だった。広島では11年で103勝。日米通算200勝まであと18勝としている。《共同通信》

【全日本フィギュア】羽生結弦選手が3連覇

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・上海)代表選考会を兼ねた全日本選手権第2日は27日、長野市ビッグハットで行われ、男子はソチ冬季五輪王者でショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーも1位となり、合計286.86点で3連覇して世界選手権代表に決まった。

全日本ジュニア選手権を制した17歳の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)がSP3位から順位を上げ、251.28点で2位、小塚崇彦(トヨタ自動車)が245.68点で3位に入った。

昨季世界選手権2位の町田樹(関大)は242.61点で4位、無良崇人(HIROTA)は236.40点で5位だった。

女子SPはグランプリ(GP)ファイナル6位の本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)が66.70点で首位に立ち、宮原知子(大阪・関大高)が64.48点で2位、全日本ジュニア女王の13歳、樋口新葉(東京・日本橋女学館中)が64.35点で3位。昨年まで2年連続2位の村上佳菜子(中京大)は57.55点で9位と出遅れた。女子フリーは28日に行われ、誰が勝っても初優勝となる。《共同通信》

【スウェーデン】総選挙を回避

スウェーデンの中道左派政権を率いるロベーン首相は27日、中道右派の野党4党との妥協が成立し、来年3月22日に行うといったん表明していた総選挙を回避すると発表した。妥協によってロベーン氏は首相にとどまり、政権は存続する。ロイター通信が伝えた。

議会は今月3日、政府提出の予算案を否決。厳しい移民規制を唱える極右の民主党の賛成により、野党4党が共同提出した対抗予算案が採択され、ロベーン氏は再び総選挙を実施すると表明していた。《共同通信》



12月27日 その日のできごと(何の日)