11月2日のできごと(307/366)

11月2日の主なできごと

11月2日のできごと(何の日) 鳩山首相、7,200万円申告漏れ

鳩山由紀夫首相、株売買益7200万円の申告漏れ発覚(平成21年11月2日)


安倍晋三首相、韓国・朴槿恵大統領と初会談(平成27年11月2日)

東北楽天ゴールデンイーグルス、プロ野球新規参入決定(平成16年11月2日)

小渕恵三首相「連立は国民のため」(平成11年11月2日)

日本生命・福留孝介内野手、中日を逆指名(平成10年11月2日)

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。




2017 平成29年11月2日(木)

平成10526日目

【イバンカ米大統領補佐官】来日

11月2日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

トランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官が2日、日本政府が主催する国際女性会議に出席するため来日した。日本を訪れるのは初めて。才色兼備でファーストドーターとしてトランプ氏の政策決定に影響力を持つとされるだけに注目を集めそうだ。

成田空港に到着したイバンカ氏はサングラスに黒いボタンがついた水色のコート、黒のパンツ姿。笑顔で手を振りながら、英語で「皆さん、ごきげんよう。ありがとう」と語ると車に乗り込んだ。《産経新聞》

【清武英利氏】読売新聞と和解

読売巨人軍元球団代表の清武英利氏(67)の記者会見における発言で名誉を毀損されたとして、読売新聞東京本社が清武氏に計550万円の損害賠償などを求めた訴訟は2日、清武氏が発言を撤回することなどで、東京地裁(鎌野真敬裁判長)で和解が成立した。《読売新聞》

2016 平成28年11月2日(水)

平成10161日目

【プロ野球】巨人、日本ハムが交換トレードを発表

巨人・大田泰示外野手(26)、公文克彦投手(24)と日本ハム・吉川光夫投手(28)、石川慎吾外野手(23)の「2対2」の交換トレードが成立し、両球団が2日発表した。大田は2008年のドラフト1位、吉川は06年の高校生ドラフト1巡目で12年のMVP左腕。右打ちの長距離打者を求める日本ハムと先発投手の補強を目指す巨人の両球団の思惑が合致し、複数選手によるトレードが合意に達した。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】アウン・サン・スー・チー氏と会談

11月2日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は2日夜、ミャンマーの事実上の最高指導者、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。首相はスー・チー氏が重視する少数民族との和平実現や貧困対策などに、今後5年間で官民合わせ8千億円規模の支援を行うと表明。経済発展が期待されるミャンマーとの関係を緊密化するとともに、東南アジアで存在感を増す中国に対抗したい考えだ。《産経新聞》

2015 平成27年11月2日(月)

平成9795日目

【早稲田大】小保方氏の博士号を取り消し

早稲田大の鎌田薫総長らは2日、東京都内で記者会見し、STAP細胞論文で不正があった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏に授与した博士号を取り消すと発表した。2011年提出の博士論文には不正があると認定していたが、審査の不備があったとして1年間の猶予期間に再提出すれば博士号の維持もあり得るとしていた。

早大はこれまでに十分な水準の博士論文が提出されていないとの理由で、10月30日の研究科長会で博士号の取り消しを確定した。《日経新聞》

【安倍晋三首相】韓国・朴槿恵大統領と初会談

11月2日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

韓国を訪問中の安倍晋三首相は2日午前(日本時間同)、同国の朴槿恵大統領と初の日韓首脳会談をソウルの大統領府(青瓦台)で行った。慰安婦問題について、今年が日韓国交正常化50年であることを念頭に、できるだけ早期の妥結を目指し、交渉を加速させることで一致した。

会談の冒頭、両首脳はにこやかに握手をし、記念写真撮影に応じた。その後、約1時間、通訳を交えて少人数で会談し、続けて外相や事務担当者らを含めた拡大会合に移った。

安倍首相は「未来志向の日韓関係の新たな時代を築くため、朴大統領と努力したい」と述べた。朴氏は「外交では信頼が最も大切だ。今日がつらい歴史を癒やす、誠意のある会談となって、今後の両国関係を発展させていく貴重な契機になることを願う」と語った。

安倍首相は中国による南シナ海での人工島の造成に対抗し、米政府が海軍駆逐艦を人工島の12カイリ内に投入したことに「支持」を表明していることを説明。韓国は中国に配慮し、米軍の行動を明確には支持していないが、日本政府同行筋は「問題意識は共有していた」との認識を示した。《産経新聞》

2014 平成26年11月2日(日)

平成9430日目

【男子テニスマスターズ・パリ大会】ノバク・ジョコビッチ選手が連覇

男子テニスのマスターズ・パリ大会最終日は2日、パリでシングルス決勝が行われ、世界ランキング1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第7シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を6―2、6―3で下し、大会2連覇で今季6勝目を挙げた。《共同通信》

【競馬・第150回天皇賞(秋)】5番人気スピルバーグがG1初制覇

第150回天皇賞・秋(2日・東京11R2000メートル芝18頭、G1)5番人気のスピルバーグ(北村宏司騎乗)が1分59秒7で勝ち、重賞初制覇をG1で飾るとともに、1着賞金1億3200万円を獲得した。

同騎手はこのレース初勝利で、中央競馬のG1を勝ったのは2006年以来2度目、藤沢和雄調教師は10年ぶり5度目となる秋の天皇賞制覇。

カレンブラックヒルが緩いペースで逃げる展開。中団の後方を進んだスピルバーグは最後の直線で外から進出すると、直線半ばで早めに先頭に立った1番人気の3歳馬イスラボニータを一気に抜き去り快勝した。3/4馬身差の2着にはG1・7勝目を狙った2番人気のジェンティルドンナが入り、さらに頭差の3着はイスラボニータが粘った。《共同通信》

2013 平成25年11月2日(土)

平成9065日目

【サッカー・ナビスコ杯】柏、14年ぶりの優勝

サッカーJリーグのヤマザキナビスコ・カップ決勝は2日、東京・国立競技場に4万6675人の観衆を集めて行われ、柏が浦和を1―0で下して1999年以来14年ぶり2度目の優勝を果たし、賞金1億円を獲得した。3シーズン連続で国内主要タイトルを手にした。

柏は前半終了直前に工藤壮人が先制し、反撃を封じて逃げ切った。浦和は2003年以来の制覇を逃した。20年東京五輪へ向けた改装のため、現在の国立での開催は今回が最後となる。《共同通信》

【プロ野球・日本シリーズ第6戦】楽天・田中投手、不敗神話に幕

プロ野球の日本シリーズ第6戦は2日、Kスタ宮城で行われ、巨人が楽天を4−2で破り、対戦成績を3勝3敗の5分に戻して、優勝の行方は第7戦にもつれ込んだ。巨人は序盤に2点を先行されたが、5回に楽天の先発、田中に5安打を浴びせて逆転。先発の菅野が7回3安打2失点と好投し、継投で逃げ切った。

楽天の田中は160球の力投もむなしく、昨年8月19日の西武戦以来の黒星となった。《読売新聞》

【安倍晋三首相】平和条約交渉進展へ意欲


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は2日午後、ロシアのラブロフ外相、ショイグ国防相と公邸で会談し、北方領土問題解決に向けた平和条約締結に強い意欲を示した。経済や安全保障分野での協力強化を通じ「交渉を進展させたい」と語った。これに先立って都内で開かれた日ロ間で初めての外務・防衛閣僚協議(2プラス2)では、北朝鮮非核化へ連携していくことで一致した。

首相は会談で、2プラス2について「具体的な成果が出た。両国の協力、信頼関係を大きく発展させるものだ」と評価した。《共同通信》

2012 平成24年11月2日(金)

平成8700日目

【プロ野球・日本ハム】花巻東高・大谷翔平投手にあいさつ

米大リーグ挑戦を表明していたが日本ハムからドラフト1位指名された岩手・花巻東高の大谷翔平投手が2日、岩手県奥州市の自宅で日本ハムの山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)らのあいさつを、両親とともに指名後初めて受けた。山田GMは「本人と話ができて良かった。会ってくれたことは非常に喜んでいる。両親からはまた機会をつくりますと言ってもらえた」と話した。

山田GMによると約50分間の会談の中で、指名した経緯や球団の育成方針について説明。大谷からは大リーグに挑戦したい理由について「高校生からは初めてなのでパイオニアとしてやっていきたい」との話があったという。《共同通信》

【田中真紀子文科相】3大学の新設を認めず

田中文部科学相は2日の閣議後記者会見で、文科相の諮問機関「大学設置・学校法人審議会」が2013年度の開校を認可する答申を行った大学3校について不認可としたことを明らかにした。

大学の質の低下が進んでいるため、大学設置の認可を審査する審議会制度を抜本的に見直すという。田中文科相は「見直しを行う間は、大学の新設を認めない」としている。《読売新聞》

【野田佳彦首相】一票の格差と定数削減「同時に結論」


https://www.kantei.go.jp/

参院は2日午前、本会議を開き、先の通常国会で可決した野田首相に対する問責決議に関して緊急質問を行った。首相は衆院選の「一票の格差」是正と定数削減について「2つの課題はできれば同時に結論を得るべきだ」と述べ、自民党が求める格差是正の先行に難色を示した。《読売新聞》

2011 平成23年11月2日(水)

平成8334日目

【岩手県宮古市】「震災がれき」東京へ搬出

震災で発生した岩手県宮古市のがれきを東京都に搬出する作業が2日、始まった。この日は市内の仮置き場にあるがれき約30トンを分類してコンテナに積み込み、トラックで搬送。盛岡市からJR貨物で鉄道輸送され、3日に都内に到着する。

岩手、宮城のがれきを東北地方以外で受け入れるのは初。放射性物質への不安から、ほかに広域処理を正式に引き受ける自治体は出ていない。がれき処理が進まなければ、復旧・復興が滞る恐れがあり、東京都の取り組みが広域処理のテストケースとなる。

東京都は住民の不安を取り除くため、コンテナに積み込む前後や破砕作業前に放射線量を測定し、結果を公表する。《共同通信》

【野田佳彦首相】福島の全学校で線量監視

野田首相は2日午前の参院本会議で、福島県内すべての学校で東京電力福島第1原発事故による放射線量を常に監視できるシステムの構築に取り組む考えを表明した。「子どもの身体的、精神的な健康の確保に万全を期す」と強調した。

放射性物質の除染作業については「迅速、大規模に進めるよう断固として取り組む。政府を挙げて一元的、効率的に除染を推進する」と決意を示した。

一方、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加問題をめぐっては「国と国の結び付きを強化する経済連携の取り組みは欠かせない」と指摘。ただ、交渉参加については明言を避けた。《共同通信》

2010 平成22年11月2日(火)

平成7969日目

【米中間選挙】オバマ民主党、下院で60議席以上失う

オバマ米政権への事実上の信任投票となる米中間選挙は2日、投票、即日開票された。政権の経済対策への不満を背景に、下院は野党・共和党が4年ぶりに過半数を奪回。与党・民主党が60議席以上を減らす歴史的敗北を喫する情勢だ。一方、上院では民主党が過半数を死守した。求心力が低下するオバマ大統領に厳しい前途が待ち受ける。

今回の中間選挙の結果、上院と下院で多数派政党が異なる議会の「ねじれ」が10年ぶりに生じることになる。ホワイトハウスによると、オバマ大統領は2日夜、共和党のベイナー下院院内総務やマコネル上院院内総務らに電話。超党派の協議に臨む意向を正式に伝えた。選挙結果を踏まえ、オバマ政権の政策は中道寄りに傾くとみられている。《日経新聞》

【政府】駐ロ大使を一時「召還」へ

政府は2日、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土国後島訪問に関する事情を聴くためとして、河野雅治駐ロシア大使を一時帰国させることを決めた。訪問に抗議する姿勢を示すための事実上の大使「召還」で、政府の対抗措置の一環となる。

仙谷由人官房長官は午前の記者会見で13日から横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて大統領との首脳会談が行われるとの見通しを示したが、菅直人首相は夜、「まだ何も決まっていない」と述べた。《共同通信》

2009 平成21年11月2日(月)

平成7604日目

【プロ野球・沢村賞】西武・涌井秀章投手

プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会(土橋正幸委員長)が2日、東京都内で開かれ、パ・リーグの最多勝に輝いた涌井秀章投手(23)が選出された。涌井は初受賞。西武からは2001年の松坂大輔(現レッドソックス)以来で、5年連続でパの投手が選ばれた。

今季の涌井は27試合に登板し16勝6敗、防御率2・30。両リーグ最多となる211回2/3を投げ、11完投(4完封を含む)を記録した。《スポニチ》

【プロ野球・楽天】次期監督にマーティ・ブラウン氏

楽天で今季まで指揮を執った野村克也監督(74)に代わる新監督に、前広島監督のマーティー・ブラウン氏(46)の就任が決まった。島田亨オーナー兼球団社長が2日、仙台市の球団事務所で記者会見し、就任を要請しているブラウン氏との交渉について「了承する旨の返答をちょうだいした」と、合意に至ったことを明らかにした。

ブラウン氏は来週にも来日して正式に契約を交わし、秋季練習でチームに合流する。島田オーナーはブラウン氏について「新人を発掘、育成する能力が高い。契約は2年ないし3年。中期的な視野を持って、しっかりチームづくりをしてほしい」と説明した。《スポニチ》

【鳩山由紀夫首相】株売買益7200万円の申告漏れが発覚

11月2日のできごと(何の日) 鳩山首相、7,200万円申告漏れ

鳩山由紀夫首相が平成20年、個人所有していた株の売買で約7200万円の売却益を得たにもかかわらず、税務署への所得の申告をしていなかったことが2日、分かった。首相側は同日、修正申告し、納税したとしている。首相の事務所では「株式の電子化に伴い、証券会社のアドバイスで売却したが、確定申告時に手違いがあった」と説明している。

国会議員に報告義務のある所得等報告書についても、同様に株の譲渡益についての記載はなく、首相側は同日、訂正。首相のずさんな資産管理が改めて露呈した格好だ。

首相側の説明などによると、鳩山首相は平成20年に株取引で、計7226万847円の所得を得たが、「確定申告時に手違い」があり、申告漏れをしたとしている。また、確定申告に基づき報告義務のある所得等報告書についても、同様に未記載となっており、首相側は同日、同年分の所得等報告書(21年4月30日提出)を訂正した。《産経新聞》

2008 平成20年11月2日(日)

平成7239日目

【ゴルフ・石川遼選手】プロ転向後初のツアー優勝

男子ゴルフツアーのマイナビABC選手権最終日は2日、兵庫県加東市のABCゴルフ倶楽部(7117ヤード、パー72)で行われ、石川遼(17=パナソニック)が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算9アンダー、279でプロ転向後ツアー初優勝を果たし、賞金3000万円を獲得した。ツアー通算2勝目。

石川の優勝は17歳1カ月で、昨年にドンファン(韓国)が作ったプロとしてのツアー最年少優勝記録(20歳2カ月)を大きく塗り替えた。《スポニチ》

【民主党・鳩山由紀夫幹事長】「12月末解散、1月衆院選」ありうる

民主党の鳩山由紀夫幹事長は2日、地元の北海道苫小牧市で開いた会合で「(麻生太郎首相は)12月末に(衆院)解散、年明け公示も狙っているのではないか」と述べ、来年1月の衆院選もありうるとの見方を示した。鳩山氏は「首相が(09年度)予算案を示して『予算案を邪魔するのはどの政党だ』みたいな話で解散に打って出ることはある」と指摘し、引き続き臨戦態勢で衆院選準備を進める考えを示した。《毎日新聞》

【中川昭一財務相】定額給付金の所得制限に否定的見解

中川昭一財務相は2日、追加経済対策に盛り込んだ2兆円の定額給付金の支給で高額所得者を制限する案について「そうあるべきだと思うが手続きが複雑になる。迅速性が大事だ」と述べ、否定的な見解を示した。《共同通信》




2007 平成19年11月2日(金)

平成6873日目

【東京地裁】L&Gに保全管理命令

「円天」と呼ばれる独自通貨や高額の配当を宣伝材料に、約5万人から総額1000億円に上るとみられる「協力金」を集めていた健康商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(東京都新宿区)の出資法違反事件で、L&G被害対策弁護団は2日、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見し、東京地裁が同社に対し、破産法に基づき、財産の処分や出資を受けることを禁じた保全管理命令を出したことを明らかにした。

同弁護団は先月31日、同社と波和二会長の破産を申し立てており、今後は刑事告訴や波会長ら役員に対する損害賠償請求訴訟を提訴する方針。《読売新聞》

【福田康夫首相】民主党・小沢一郎代表と会談

福田康夫首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表は2日午後3時から休憩を挟み、国会内で約2時間10分、党首会談を行った。首相は、衆参ねじれの下で国会運営が行き詰まっている現状を打開するため、連立政権協議を打診。小沢氏は持ちかえった。この後、民主党は役員会を開き、連立は拒否することを決め、小沢氏が電話で首相に「連立はのめない、受諾できない」と伝えた。

会談で小沢氏は、自衛隊の海外派遣を随時可能とする恒久法の制定を条件に、新テロ対策特別措置法案の今国会成立に協力する考えを表明した。このため、新テロ法案をめぐる協議は進展する可能性が出てきた。

会談後、首相は記者団に対し、連立打診について「今の政治情勢を全体的に見て、状況打開のため政策を実現するための新体制をつくる必要があるとの考え方で提案した」と説明。自衛隊の海外派遣に関する恒久法に関しては「小沢氏がかねがね主張していることもあるので、国連(安保理)決議や国連が承認した活動(の枠内とすること)を原則にやっていこうという話をした」と述べ、前向きに対応する意向を示した。

一方、民主党は会談を受け、党本部で役員会を開き、連立協議には応じない方針を決めた。この後、小沢氏は「役員の皆さんは、政策協議に入ること自体も反対の考えの人が多数だった」と語った。《時事通信》

2006 平成18年11月2日(木)

平成6508日目

【KDDI】「ソフトバンク0円携帯違法」公取委に申告

KDDIは2日、ソフトバンクモバイルの「通話料0円、メール代0円」とした広告表示や新料金体系が消費者の誤解を招き、景品表示法違反にあたるとして公正取引委員会に申告した。公取委はこれまでにソフトバンクの担当者を呼んで調査に乗り出していたが、KDDIからの申告を受理し、法的措置に向けて本格的な調査に入る。

ソフトバンクはこれに先んじて広告表示を見直したが、KDDIは「逃げ得は許さない」と強気の構え。システム障害に続いて広告表示や新料金体系の違法性の疑いも出たことで、ソフトバンクは厳しい局面に立たされている。

KDDIの申告によると、景品表示法違反の疑いがあるのは「0円」と大きく表示された広告。0円を強調する一方、その前提となる契約条件が小さく書かれているのは、他社と比べてソフトバンクの方が実態以上に有利だと消費者に誤認させる景品表示法上の「有利誤認」に該当すると指摘している。《産経新聞》

【駒大苫小牧高・田中将大投手】楽天と仮契約

高校生ドラフトで楽天から1巡目に指名された駒大苫小牧の田中将大投手(18)が2日、北海道苫小牧市内で、契約金1億円プラス出来高、年俸1500万円で仮契約を結んだ。背番号は「18」に決まった。

田中投手は記者会見で、「プロの選手として早く投げたい気持ち。背番号に恥じない投手になれるよう努力したい。野村監督は知識もある方。僕も細かい野球は好きなので、いろんなことを聞ければ」と語った。山下編成本部長は「可能性の大きな投手。太い、大きな一本の木に成長してくれると思う」と話した。《時事通信》

【安倍内閣】資産公開

安倍晋三首相と閣僚17人が2日、9月の内閣発足時の保有資産を公開した。総資産の平均は9136万円。トップは麻生太郎外相の4億9055万円で、安倍首相は3位の1億4790万円、最下位は久間章生防衛庁長官の2091万円だった。《共同通信》

2005 平成17年11月2日(水)

平成6143日目

【プロ野球・正力松太郎賞】ロッテ・バレンタイン監督

プロ野球の発展に最も貢献した球界関係者に贈られる「正力松太郎賞」 に2日、千葉ロッテマリーンズを31年ぶりの日本一に導いたボビー・バレンタイン監督が選ばれた。正力賞は1977年に制定されて以来、今年で29回目で、受賞者は延べ31人目。表彰式は4日に札幌市で行われるプロ野球コンベンションで行われ、金メダルと賞金500万円が贈られる。

バレンタイン監督は、米大リーグのテキサス・レンジャーズ監督として、ア・リーグの最優秀監督に輝いた実績を持つ。ニューヨーク・メッツの監督を務めた経験もあり、日本のプロ野球を独自のサービス精神で盛り上げたことも大きく評価された。《読売新聞》

【自民党・武部勤幹事長】新任の副幹事長にゲキ

自民党の武部勤幹事長が今回の党役員人事を機に副幹事長を17人から30人程度に増やすなど、幹事長室の機能強化に乗り出している。執行部の力を強め、派閥の抵抗を排して小泉純一郎首相が目指す党の「脱派閥化」を進める狙いだ。

武部氏は2日午後、党本部に新任の副幹事長を集め、新体制発足後初の副幹事長会議を開催。「幹事長室の仕事は選挙で勝つこと。各地域の態勢を整え、参院選に向けこの勢いでやっていこう」とげきを飛ばした。《共同通信》

2004 平成16年11月2日(火)

平成5778日目

【米大統領選】ジョージ・W・ブッシュ氏が再選

世界が注目した米大統領選は2日投開票され、共和党現職のジョージ・ブッシュ氏(58)が翌3日、激戦を制し再選を決めた。民主党上院議員ジョン・ケリー氏(60)は、3日午前にブッシュ氏に電話し「大統領おめでとうございます」と敗北を認めた。

イラク戦争やテロ対策が主要争点となった今回選挙で米国民は「自国の安全確保」を最重視し、大量破壊兵器などの脅威に先制攻撃で立ち向かう「ブッシュ・ドクトリン」を信任、単独行動を辞さないブッシュ政権の継続を選択した。《共同通信》

【東北楽天ゴールデンイーグルス】プロ野球新規参入決定

プロ野球のオーナー会議が2日午後、東京都内のホテルで開かれ、来季から仙台市を本拠地とするパ・リーグ新球団として情報技術(IT)関連企業の楽天(三木谷浩史社長)を全会一致で正式承認した。

県営宮城球場が専用球場で、球団名は「東北楽天ゴールデンイーグルス」。1954年にパ・リーグへ加盟した高橋ユニオンズ以来、約半年ぶりの新規参入球団が誕生した。オリックスと近鉄の合併、史上初のストライキなどで揺れ動いたプロ野球は来季もセ、パ各6球団で実施する。《共同通信》

【スーパーフリー事件】地裁、元代表に懲役14年

イベントサークル「スーパーフリー」(解散)の集団暴行事件で、準強姦(ごうかん)罪に問われた元代表のW被告(30)の判決が2日、東京地裁であり、中谷雄二郎裁判長は懲役14年(求刑・懲役15年)を言い渡した。

判決などによると、W被告は他のメンバーと共謀し、2001年12月に東京都豊島区の自宅兼事務所で、昨年4月と5月には港区のビル内で、泥酔させた計3人の女子大生に乱暴した。一連の事件で、W被告を含む計14人が起訴され、全員に実刑判決が出た。《読売新聞》

【小泉純一郎首相】自衛隊イラク派遣を継続

小泉純一郎
https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は2日午後の衆院本会議で、自衛隊宿営地内へのロケット弾着弾が相次ぐイラク・サマワについて、現段階でも「非戦闘地域」の要件を満たしているとして派遣を継続させる考えを表明した。その一方で、治安悪化による安全が確保されなくなった場合には活動を停止し、撤退することもあり得るとの認識も示した。《共同通信》

2003 平成15年11月2日(日)

平成5412日目

【競馬・第128回天皇賞(秋)】シンボリクリスエスが秋連覇

第128回天皇賞・秋(2日・東京11R・2000メートル芝・18頭・G1)は1番人気のシンボリクリスエス(オリビエ・ペリエ騎乗)が1分58秒0のレコードタイムで史上初の秋連覇を果たし、賞金1億3200万円を獲得した。《共同通信》

【イラク】米軍ヘリを撃墜

イラク中部ファルージャ郊外にあるバイサ村で2日午前9時ごろ、米軍の大型輸送ヘリコプター「CH47チヌーク」が地対空ミサイル攻撃を受けて墜落、米兵15人が死亡、21人が負傷した。米軍のイラク占領に不満を持つ勢力による攻撃とみられる。

イラク戦争が始まって以降、襲撃や戦闘などで米軍に一度にこれだけの死者が出たのは初めて。

スムーズな復興を来年の大統領選挙での再選につなげたいブッシュ米大統領にとって大きな打撃で、今後、米世論にイラクからの早期撤退を求めるムードが広がる可能性もある。衆院選後にも決定される見通しの自衛隊のイラク派遣にも影響が出るのは必至だ。《共同通信》

2002 平成14年11月2日(土)

平成5047日目

【大分トリニータ】J1昇格決定

J2第41節◇2日◇大宮公園サッカー場ほか=6試合

首位大分が大宮に1−0で勝ち、来季の1部(J1)昇格を決めた。大分は前半26分、山根のゴールで先制し、逃げ切った。勝ち点を88に伸ばし、2位以内が確定。九州からはアビスパ福岡(現在はJ2)以来、2つ目のJ2チームとなる。《共同通信》

【巨人・松井秀喜外野手】「英語の勉強する」

1日に米大リーグ挑戦を表明した巨人の松井秀喜外野手が2日、球団にフリーエージェントの書類を郵送した。週明けにも球団からコミッショナーに提出される。「きょうポストに投函しました」と申請書の提出を明らかにした松井は、終始リラックスした表情。

夢と語り続けてきた大リーグ入りが現実となるのは時間の問題。英語の勉強について問われ「やらなきゃいけないですね。必要最小限のことは。母親に言って中学1年の教科書を持ってきてもらう」と笑わせた。《共同通信》

【公明党】神崎武法代表が3選

公明党は2日、東京・一ツ橋の日本教育会館で第4回党大会を開き、神崎武法代表の3選を正式に決定、憲法を論ずる「論憲」から環境権からプライバシー権を明記して補強する「加憲」の立場を打ち出した運動方針を採択した。

神崎代表はあいさつでデフレ克服を最優先課題に挙げ、小泉純一郎首相に対し、今月中に補正予算編成を決断するよう迫った。同時に3期目は党の主体性発揮に全力を挙げる考えを表明した。《共同通信》

2001 平成13年11月2日(金)

平成4682日目

【アフガニスタン・タリバン政権】元国王派の60人を逮捕

アフガン・イスラム通信(AIP)によると、アフガニスタン・タリバン政権は1日、中部ウズルガン州でザヒル・シャー元国王派の活動家25人を逮捕、うち数人を2日中に処刑することを決定した。

さらにタリバン政権筋が共同通信に明らかにしたところによると、同政権は2日、アフガン東部ナンガルハル州ホギアニ地区で、元国王派のハジ・ザマン元司令官と支持者の武装集団計35人を逮捕した。タリバンは10月下旬にも元国王派の有力指導者アブドル・ハク元司令官を処刑しており、元国王派の徹底的な摘発を始めたもようだ。《共同通信》

【田中真紀子外相】出向者の異動を容認

田中真紀子外相は2日午前の閣議後記者会見で、斎木昭隆人事課長の人事に絡み大量の外務省人事を凍結している問題で、他省庁出向者の異動は認める意向を表明した。外相は「他省庁とのかかわりがあるので、ずっと留めることは考えていない。他省庁分は弾力的にやらないといけない」と述べた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】母にお別れ

93歳で10月30日に亡くなった小泉純一郎首相の母芳江さんの葬儀・告別式が2日、神奈川県横須賀市内の葬祭場で営まれた。喪主の小泉首相は「父純也(元防衛庁長官)が『純一郎が首相になったのか』と母を呼んだ気がする。わたしがどうにか首相になり、母は自分の努めは終わったとあの世で(父と)逢瀬を楽しんでいるのかもしれない。ありがとう、お母さん」とあいさつした。《共同通信》

2000 平成12年11月2日(木)

平成4317日目

【自民党・加藤紘一元幹事長】入閣を否定

自民党の加藤紘一・元幹事長は2日夜のTBSの報道番組に出演し、12月に予定されている内閣改造に関連して「自分の政治が十分にやれるとは思えない。(入閣を)要請されてもやる気はまったくない」と述べ、入閣する考えがないことを言明した。

理由については「経済政策や外交政策でも、基本的に構造改革をしないといけない。森政権とは国民に対するアプローチの仕方が違う」と述べた。《読売新聞》

【民主党・菅直人幹事長】野党統一候補を検討

民主党の菅幹事長は2日の記者会見で、来年の参院選での選挙協力について「1989年の参院選では、(野党各党が)政党に属さない(連合型の)候補を応援して大きな成果を上げた例もある。あらゆる可能性、過去の実例を念頭に考えていきたい」と述べ、無所属の野党統一候補の擁立を含め積極的に検討していく意向を明らかにした。《読売新聞》

【森喜朗首相】退陣論をけん制

森喜朗
https://www.kantei.go.jp/

森喜朗首相は2日夜、首相官邸で共同通信社のインタビューに応じ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本人拉致疑惑について、行方不明者としての「第三国発見方式」が現在も解決するための選択肢の一つとの認識を示した。

当面の政権運営について「連立与党の結束を高め、党を挙げて取り組む態勢を確保そいていくことが大事だ」と、挙党態勢構築の必要性を強調、自民党内の一部にある退陣論をけん制した。《共同通信》

1999 平成11年11月2日(火)

平成3951日目

【金融監督庁】日栄社長を聴取

金融監督庁・近畿財務局は2日、商工ローン最大手の日栄(京都市)の元社員が取り立て行為をめぐり恐喝未遂容疑で逮捕されたのを受け、同社のM社長から事情聴取した。関係者によるとこの日の聴取でM社長は、元社員による脅しを交えた取り立ては個人の問題であり、会社ぐるみで行われていたわけではないと説明したという。

近畿財務局は監督庁と連携しながら、M社長のほかにも日栄幹部を呼び出し、取り立て行為など営業実態の調査を急ぐ。暴力団まがいの取り立てが、会社上層部の指示で組織的に実行されていたかどうかを解明することを最も重視しており、捜査の推移などもみながら行政処分を検討する。《共同通信》

【政府・与党】オウム対策2法案を提出

政府は2日の閣議で、オウム真理教対策としての「無差別大量殺人を行った団体の規制に関する法律」(団体規制法案)を決定、国会に提出した。自民、自由、公明党、改革クラブの議員も同日、被害者救済のための「特定破産法人に属すべき財産の回復に関する特別措置法案」(破産特例法案)を国会に提出した。

2法案は、全国各地で活発化しているオウムの活動に対する住民の不安解消と地下鉄サリン事件など被害者救済に役立てることを目的としている。自自公3党などの賛成多数で、2法案の今国会での成立は確実。施行は公布から20日経過後と定められ、早ければ年内にも予定されている。《共同通信》

【小渕恵三首相】連立は国民のため

小渕恵三
https://www.kantei.go.jp/

衆院本会議で2日午後、小渕恵三首相の所信表明演説に対する代表質問が行われ、民主党の鳩山由紀夫代表ら野党側が一斉に自民、自由、公明3党連立政権を「野合政権」と批判したのに対し、首相は「安定した政局の下で互いに切磋琢磨し、よりよい政策を実行することが国民のためで、広範な政策合意を基に樹立した」と反論した。

野党側が衆院の早期解散・総選挙で国民の審判を求めたのに対しても「安定的な確固たる政権運営に全力を傾けるべきで、まったく念頭にない」とかわした。《共同通信》

1998 平成10年11月2日(月)

平成3586日目

【巨人・原辰徳コーチ】初指導

選手から指導者へ。巨人に復帰した原辰徳・野手総合コーチが2日、宮崎での秋季キャンプで指導を始めた。久々にそでを通した巨人のユニホームは現役時代につけた「8」の隣に「0」が加わった「80」。グラウンドでは3年間の評論家生活とは違った緊張感を感じたようで「気分がいいね」と笑顔を見せた。

長嶋監督と言葉を交わした時間は短かった。長嶋監督の観察では「割合冷静にじっくり見ていたようです。動きが出てくるのはこれから。まだ初日ですから」。

原コーチも「まずは個々の力を見極めたい」と言い、堀田や大野倫らの若手に簡単な打撃指導をしただけで静かな一日だった。《共同通信》

【日本生命・福留孝介内野手】中日を逆指名

社会人野球、日本生命の福留孝介内野手(21)は2日、大阪府吹田市の日本生命寮で会見し、中日を逆指名した。福留は「三年間常に変わらず高い評価をしてくれたのが一番」と逆指名に至った理由を説明。「目標は立浪さんです」と話した。

3年前のドラフト会議では7球団が競合の末、近鉄が交渉権を獲得。だがこれを拒否して社会人入りした。それだけに固い決意があるのか「定位置を取れる自信は」との問いに「絶対にそうしないといけない。回り道と言われますから」と強い口調で答えた。《共同通信》

【小渕恵三首相】自自公連携へ意欲

小渕恵三首相は2日午後、大阪府豊中市で記者会見し、今月末に召集予定の臨時国会に関連して「(全国会では)各党間で(法案をめぐる協議に)若干の時間を必要とした。国会がはじまる前に、あらかじめ話し合いができるものはしてもいい」と述べた。

自民党が参院で過半数を大きく割り込んでいる事態を踏まえ、円滑な国会運営を目指して与野党連携の枠組みづくりに再優先で取り組む考えを示したものだ。首相は既に旧公明党グループ、自由党と政策協議を進めていることを強調。「各党との話し合いを積極的に進めたい。野党にも協力を得る形のもの(政策)をつくる努力をしたい」とあらためて表明した。《共同通信》




1997 平成9年11月2日(日)

平成3221日目

【競馬・第53回菊花賞】マチカネフクキタルが快勝

競馬のクラッシックレース最終戦、第58回菊花賞(G1)は2日、12万人を超えるファンを集めた京都競馬場3000メートル芝コースに18頭が出走して行われ、3番人気のマチカネフクキタル(南井克巳騎乗)が3分07秒7で優勝、賞金1億1200万円を獲得した。

マチカネフクキタルは神戸新聞杯、京都新聞杯(いずれもG2)に引き続き重賞レース3連勝。南井騎手は、3年前のナリタブライアン以来、菊花賞で最多タイとなる3勝目、二分久男調教師は2度目の勝利。

レースはテイエムトップダンが先行。中団にいたマチカネフクキタルは直線半ばから一気に馬群を割って抜け出して快勝した。2着はダイワオーシュウ、3着にはメジロブライトが入った。一番人気のシルクジャスティスは5着に終わった。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】ロシア・エリツィン大統領と会談

橋本龍太郎
https://www.kantei.go.jp/

橋本龍太郎首相とロシアのエリツィン大統領は2日午前、前日に引き続きロシア・東シベリアのクラスノヤルスクの迎賓施設で非公式会談を行い、1993年の「東京宣言」に基づき、2000年までに平和条約を締結するよう全力を尽くすことで合意した。

東京宣言は、北方領土問題を「法と正義の原則」を基礎として解決することにより、平和条約を「早期」に締結するとしている。初めて2000年という期限を切って条約締結を目指すと合意したことで、進展がみられなかった北方領土問題は、解決に向けて動き出す見通しが強まった。《共同通信》

1996 平成8年11月2日(土)

平成2856日目

【日米野球第2戦】野茂英雄投手が大リーグの一員として先発

日米野球第2戦は2日、東京ドームで行われ、全米が3本塁打を含む14安打を放ち、6−1で全日本に快勝。対戦成績を1勝1敗とした。

全米は三回、フィンリー(パドレス)の二塁打で1点を先制。五回はフランコ(インディアンス)の本塁打などで加点。六回には今季のナ・リーグの本塁打、打点の二冠王ガララーガ(ロッキーズ)が2点本塁打し、七回にはJ・ゴンザレス(レンジャーズ)にも本塁打が出た。

先発の野茂(ドジャース)は3回を2安打無失点で3三振と貫禄をみせた。全日本は清原(西武)の本塁打による1点に抑えられた。《共同通信》

われらのヒーローが凱旋した。日本人2人目の大リーガー、野茂英雄投手が2日、東京ドームでの日米野球第2戦に大リーグの一員として先発。打者に背中を見せてクルリと回転する、帰ってきたトルネード投法に5万5000人の超満員に膨れ上がったスタンドは大いに沸いた。

1年目の昨年はオールスターで先発し、ナ・リーグ新人王を獲得、ことしはノーヒットノーランを達成した。夢を次々と実現させた男の人気はやはりすごかった。先の巨人ーオリックスの日本シリーズを上回るような熱気が球場を包んだ。《共同通信》

【自民党】首相指名選へ最後の詰め

自民党は2日、加藤紘一幹事長を中心に7日の特別国会での首相指名選挙に向けた多数派工作を続けた。加藤氏は第1回投票で過半数の251票を獲得できると自信を示しているが、最後の2、3票を詰めるため無所属議員らへの働き掛けを強めた。一方、第二次橋本内閣の閣僚、党役員人事については橋本龍太郎首相(党総裁)が明確な方針を示していないこともあり「本格化するのは連休明け」とみて旧派閥ともそれぞれ出方を見守った。《共同通信》

1995 平成7年11月2日(木)

平成2490日目

【米連邦準備制度理事会】大和銀行に米国撤退を命令

大和銀行ニューヨーク支店の債権取引をめぐる巨額損失事件で、行政処分を検討していた米連邦準備制度理事会(FRB)や各州の銀行監督局は2日、同行と米国現地子会社ダイワ・バンク・トラストに対し、三ヶ月以内に米国内でのすべての銀行業務からの撤退を命じ、同トラストの在米資産を売却するよう勧告した、と発表した。今後3年間は、同行の米国での業務再開が原則的に禁止される。

大和銀行側は命令に従うと発表、銀行免許を返上すると同時に、1996年2月までに順次撤退し、米国内の業務は住友銀行と提携し肩代わりしてもらう方針を明らかにした。

今回の処分は予想を上回る厳しい内容で、大和銀行の国際業務部門全体に深刻な打撃を与えるのは確実。また、不正取引による損失の隠ぺい工作など、金融機関としてモラルを無視した行為を許した日本の金融当局や、銀行界の体質への国際的不信は一段と高まるとみられる。《共同通信》

【社会党】結党50周年記念式典

社会党は2日午後、党本部で結党50周年の記念式典を開いた。村山富市首相(党委員長)は民主リベラル新党づくりが「焦眉の急」としながら「新党さきがけの基本戦略委員会の審議促進を願うとともに、両党の党首、書記長、代表幹事による4者協議を継続したい」と述べ、近く発足する「新党結成準備会」への合流に向け、さきがけとの協議継続に期待感を表明した。

久保亘書記長は「(パートナーが)今すぐ参加できないといって断念するのは、新党結成の任務を否定することになる。総選挙は刻一刻と近づいている」と述べ、次期総選挙をにらみ、社会党先行による新党づくりへ決意を強調。さきがけとの関係をめぐり、首相と久保氏の見解の微妙な食い違いが表面化した。《共同通信》

1994 平成6年11月2日(水)

平成2125日目

【久保田利伸さん】シングル「夜に抱かれて ~A Night in Afro Blue~」発売

【近鉄・金村義明内野手】FA宣言

近鉄の金村義明内野手(31)は2日、フリーエージェント(FA)宣言をした。大阪・難波の球団事務所で前田球団社長と話し合い、FA権利行使表明書にサイン。他球団への移籍を前提とした権利行使は今季初めて。

約1時間の会談の後に会見した金村は「社長には引き留めていただいたけど、自分の野球人生を考えて、出場機会の多いところで完全燃焼したい」と語った。前田球団社長も「うちにうてほしいけど、本人の意思を尊重したい。最後の働き場所を求めての移籍というのは、FAの実態に合ったもの」として慰留を断念した。《共同通信》

【原爆被爆者援護法案】今国会で成立へ

村山首相が内閣の最重要課題として位置付けてきた被爆者援護法制定問題が、2日夕の自民、社会、さきがけの連立3与党の合意で、原爆投下時の犠牲者遺族までさかのぼって「特別葬祭給付金」を支給することなどを柱とした政府の打開案を3党が受け入れることで合意、決着した。政府が現行の原爆2法と今回の合意を一本化した原爆被爆者援護法案(仮称)を今国会に提出、成立を目指すことになった。

援護法制定問題では法案への「国家補償」の文言明記や給付金の支給範囲をめぐって自民、さきがけ両党と社会党が厳しく対立、当初目指していた10月中の決着を果たせず11月にずれ込んだ。ぎりぎりの折衝の結果、連立政権維持の立場から自民、社会両党が歩み寄り、与党内の亀裂を回避した。《共同通信》

1993 平成5年11月2日(火)

平成1760日目

【プロ野球・正力賞】ヤクルト・野村克也監督

プロ野球の発展に貢献した選手や監督に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が2日、東京都内のホテルで開かれ、西武を倒してヤクルトを15年ぶりの優勝に導いた野村克也監督(58)を選出した。

野村監督は初受賞で、ヤクルトから選ばれたのは1978年の広岡達朗監督(当時)以来15年ぶり2人目。表彰式は4日の「日本プロ野球コンベンション」で行われ、同監督には金メダルと副賞500万円が贈られる。《共同通信》

【阪神・松永浩美内野手】FA申請

阪神の松永浩美内野手(33)は2日、今オフから導入されたフリーエージェント(FA)制度に基づき「FA宣言通知書」をコミッショナー事務局に郵送して、FA申請を済ませたことを明らかにした。FA有資格60選手(任意引退、引退表明の5選手を含む)のうち、手続き完了を公表したのは松永が初めて。4日にもコミッショナー事務局から公示される。《共同通信》

【連立与党】「政治改革法案」修正5項目を確認

連立与党は2日、細川首相も出席して代表者会議を開き、政治改革法案をめぐる自民党との折衝にあたっては、小選挙区比例代表並立制の総定数と議席配分問題を含む5項目を修正協議の対象とすることを決めた。5日の対自民党折衝で提示する。社会党が「絶対に譲れない問題」としていた定数配分問題を修正協議の対象として了承したことで、対自民党折衝が進展する可能性が出てきた。

首相は席上、「何としても今国会で法案を成立させたい。最終的には私が泥をかぶる」と改めて強い決意を示した。しかし社会党は「協議の項目に挙げることを了承しただけだ」と定数配分の修正には応じられないとの姿勢を崩していない。《共同通信》

1992 平成4年11月2日(月)

平成1395日目

【外務省】新旅券発給開始記念式典

日本の旅券が66年ぶりに、11月から機械読み取り旅券(MRP)に生まれ変わり2日午前、東京・霞が関の外務省で渡辺外相と柿沢政務次官に新旅券を交付する発給開始記念式典が行われた。

新旅券は海外で続発している盗難防止のため目立たないようにと、これまでより一回り小さい縦12.5センチ、横8.8センチ。シャツのポケットに入るサイズとなり、表紙の色も赤から濃紺に変わった。

また都道府県の旅券事務所窓口での申請手続きにも変更があり、従来の申請書が一切使えなくなるほか、提出写真もこれまでより小さい縦4.5センチ、横3.5センチとなり、発給申請手数料も現行8000円が1万円に値上げされた。《共同通信》

【宮沢喜一首相】歯を治療

宮沢首相は2日、議員会館の診療所で歯の治療を受けた。10月30日に続き2度目で「親知らずが虫歯」だとか。首相は「僕ぐらいの年齢で親知らずは珍しいそうだ」と解説してみせたが記者団が「完治すれば国会の準備も万端ですね」と水を向けると、途端に苦笑い。

佐川急便事件に絡む竹下元首相、金丸前自民党副総裁らの証人喚問問題をはじめ、取りまとめ期限が迫っている抜本的政治改革など難問山積みのため、歯切れのいい返事は返ってこなかった。《共同通信》

1991 平成3年11月2日(土)

平成1029日目

【日韓親善野球第1戦】韓国3−8日本

日韓親善プロ野球、日本選抜ー韓国選抜第1戦は2日、東京ドームで行われ、日本選抜が8−3で勝った。

日本は四回表、2−2の同点に追い付かれたが、その裏、二死二塁から岡崎(巨人)の左前安打で勝ち越し、五回には秋山(西武)落合(中日)の連続本塁打で差を広げた。

韓国は先発の朴東熙(ロッテ)が崩れ、さらに今季の新人王、曺圭帝(サンバンウル)も2本塁打を浴びた。打線は9安打。八回には金城漢(ハッテ)が伊良部(ロッテ)から本塁打を放った。第1戦の最優秀選手には落合が選ばれた。《共同通信》

【自民党・宮沢喜一総裁】組閣に向け調整

宮沢新政権の閣僚人事は2日も竹下派の小沢、宮沢派の斎藤両会長代行が会談したほか、宮沢総裁と斎藤氏が協議を重ねるなど5日の組閣を目指して大詰めの調整が行われた。党幹事長代理起用見送りに伴って入閣を要請された宮沢派の河野洋平氏は固辞の姿勢を貫き、最終的には入閣しないことになった。《共同通信》

1990 平成2年11月2日(金)

平成664日目

【福井・鯖江市】95年世界体操開催地に決定

第67回国際体操連盟(FIG)総会最終日は2日、フランクフルト市のアルテ・オパー(旧オペラ座)で開かれた。鯖江市が立候補していた1995年の第28回世界選手権大会開催地に関する議題は、93年大会の分割開催をめぐる調整が長引いたため当初の予定より遅れ、午後7時20分から審議。総会出席の全加盟国代表による拍手で即時、95年大会の鯖江市開催が正式に決定した。

アジアでは初の開催で、鯖江市、県、県体操協会、日本体操協会で構成する大会招致委員の積極的な運動がFIG加盟各国に浸透、世界の一流選手が集まるビッグイベントが実現した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】沖縄県知事選応援を断念

海部俊樹
https://www.kantei.go.jp/

海部首相は2日夜、知事選応援遊説のため4日に予定していた沖縄県入りを急きょ取りやめた。首相周辺が明らかにした。自民党沖縄県連が国連平和協力法案反対の見解を撤回しないため、小沢自民党幹事長が沖縄遊説を取りやめたのに倣ったもので、首相サイドが沖縄県連と連絡をとった結果「今回は地元中心の選挙戦をやりたい」との県議側の意向に配慮し、首相自身が断念を決断した。《共同通信》

【丹羽兵助衆院議員】死去

名古屋市守山区の陸上自衛隊守山駐屯地で10月21日、自衛隊創立記念式典に臨む途中、男に刺され重体となり治療を受けていた自民党衆院議員丹羽兵助元労相は2日午前2時、急性心不全のため死去した。政治家が暴漢に襲われて死亡したのは昭和35年の浅沼稲次郎社会党委員長に次いで戦後2人目。《共同通信》

1989 平成元年11月2日(木)

平成299日目

【三陸沖】M7.1の地震

2日午前3時25分ごろ、東北地方を中心に北海道、関東、中部にかけて最大で震度4(中震)の地震が発生した。気象庁の観測によると、震源地は10月末から群発地震の続いている三陸はるか沖で岩手県宮古市の東北約105キロ、震源の深さは30キロ、マグニチュード7.1。青森、盛岡などで震度4、釧路、仙台で震度3、東京や新潟などでも揺れを感じた。

岩手県・宮古港では午前3時54分に最高56センチの津波を観測、同県沿岸部の陸前高田市など6市町村で住民に避難命令が出されたが、地震や津波による被害の報告はなく、JR東北新幹線などの運行にも大きな支障はなかった。《共同通信》

【海部俊樹首相】私は鉛で結構

海部首相は2日昼、都内のホテルでの講演で、今年は十干と十二支との組み合わせで60年に一回の己巳に当たるとし「この年は世の中が大きく激変し、新しい流れが生まれ出る年だ。60年前が大恐慌、その前が明治維新」と切り出した。

そして「今年は昭和から平成になったし、国会でみると何十年ぶりということ(参院の与野党逆転)が続いた」と大きな節目に当たることを強調しながら、それへの対応では「私は(自らを将棋の)金とは思っていないし、背伸びをするふりをして銀になれるわけでもない。どこまでメッキがむかれても、火にさいなまれても、銅であり鉛であって結構だ」。「総理、総裁になるとは全く思わなかった」と述べた首相は、激動を取りしきる器ではないという謙虚さを前面に立てながら、その一方で「海部色」に自信もちらり。《共同通信》




→11月3日/366

11月のできごと

←11月1日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする