平成4317日目

2000/11/02

【自民党・加藤紘一元幹事長】入閣を否定

自民党の加藤紘一・元幹事長は2日夜のTBSの報道番組に出演し、12月に予定されている内閣改造に関連して「自分の政治が十分にやれるとは思えない。(入閣を)要請されてもやる気はまったくない」と述べ、入閣する考えがないことを言明した。

理由については「経済政策や外交政策でも、基本的に構造改革をしないといけない。森政権とは国民に対するアプローチの仕方が違う」と述べた。《読売新聞》




【民主党・菅直人幹事長】野党統一候補を検討

民主党の菅幹事長は2日の記者会見で、来年の参院選での選挙協力について「1989年の参院選では、(野党各党が)政党に属さない(連合型の)候補を応援して大きな成果を上げた例もある。あらゆる可能性、過去の実例を念頭に考えていきたい」と述べ、無所属の野党統一候補の擁立を含め積極的に検討していく意向を明らかにした。《読売新聞》

【森喜朗首相】退陣論をけん制

森喜朗首相は2日夜、首相官邸で共同通信社のインタビューに応じ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本人拉致疑惑について、行方不明者としての「第三国発見方式」が現在も解決するための選択肢の一つとの認識を示した。

当面の政権運営について「連立与党の結束を高め、党を挙げて取り組む態勢を確保そいていくことが大事だ」と、挙党態勢構築の必要性を強調、自民党内の一部にある退陣論をけん制した。《共同通信》

11月2日/のできごと