平成7969日目

2010/11/02

【この日の菅直人総理】

新日中友好21世紀委員会表敬

平成22年11月2日、菅総理は総理大臣官邸で、新日中友好21世紀委員会による表敬を受けました。

今回の表敬では、日本側は座長の西室泰三株式会社東芝相談役ほか7名の委員、中国側は座長の唐家セン前国務委員ほか9名の委員らが訪れ、意見交換が行われました。《首相官邸》

記者ぶらさがり

菅直人総理(代表)は2日夜、首相官邸で記者団からメドべージェフ露大統領が北方領土の国後島を訪問したことを受け、前原誠司外務大臣が会見で河野雅治・駐露大使を一時帰国させることを総理と相談して決めたと述べたことに対して、その理由を問われ、「(駐露大使から)事情を聞きたいと思ってそう指示した」と答えた。

次に同日朝、TPP(環太平洋戦略経済連携協定)に関する関係閣僚会議が開催され、5日に閣僚委員会で取りまとめ、9日に閣議決定する方針を固めたことから、TPP参加に伴う農家への支援策についての考えを求められた菅総理(代表)は、「どうやって日本の農業を活性化させていくかということは、この間、いろいろな立場で取り組んできたが、そのことと貿易の自由化ということをいかにして両立させるか、そこが一番のポイントなので、そのために全力を挙げたいと思っている」との考えを示した。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【米中間選挙】オバマ民主党、下院で60議席以上失う

オバマ米政権への事実上の信任投票となる米中間選挙は2日、投票、即日開票された。政権の経済対策への不満を背景に、下院は野党・共和党が4年ぶりに過半数を奪回。与党・民主党が60議席以上を減らす歴史的敗北を喫する情勢だ。一方、上院では民主党が過半数を死守した。求心力が低下するオバマ大統領に厳しい前途が待ち受ける。

今回の中間選挙の結果、上院と下院で多数派政党が異なる議会の「ねじれ」が10年ぶりに生じることになる。ホワイトハウスによると、オバマ大統領は2日夜、共和党のベイナー下院院内総務やマコネル上院院内総務らに電話。超党派の協議に臨む意向を正式に伝えた。選挙結果を踏まえ、オバマ政権の政策は中道寄りに傾くとみられている。《日経新聞》

【政府】駐ロ大使を一時召還へ

政府は2日、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土国後島訪問に関する事情を聴くためとして、河野雅治駐ロシア大使を一時帰国させることを決めた。訪問に抗議する姿勢を示すための事実上の大使「召還」で、政府の対抗措置の一環となる。

仙谷由人官房長官は午前の記者会見で13日から横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて大統領との首脳会談が行われるとの見通しを示したが、菅直人首相は夜、「まだ何も決まっていない」と述べた。《共同通信》

【仙谷由人官房長官】会見

仙谷由人官房長官は2日午前、首相官邸で会見を行い、昨日メドベージェフ・ロシア大統領が北方領土の国後島を訪問したことに対して、日本政府として抗議以外の対応措置を検討されているかとの質問に、「今、適切な措置をどう考えるかと検討している」と答えた。

仙谷官房長官は、同日午後の記者会見で、6日の土曜日に、横浜のAPEC会場を訪ね、警備・準備状況を視察するとともに、松沢神奈川県知事、林横浜市長、及びAPECのボランティアに皆さんにAPECの日本側の準備責任者としてあいさつすることを報告した。

また、6日から14日まで開かれる展示会の開所式に出席し、あいさつするとした。展示会では、植物工場、ロボット、次世代自動車、高速鉄道、イトカワ、ハヤブサなどの他に、ジャパンクールとも言うべき日本の職人芸も展示されることも明らかにした。

記者に質問に答え、駐ロシア大使の一時帰国に関して、決してロシアのメドベージェフ大統領の北方4島のうち国後島への上陸への対抗措置ではなく、あくまでこの間の背景・いきさつを直接聞くためのものであるとした。《民主党ニュース》



11月2日 その日のできごと(何の日)