2009 平成21年11月2日(月)のできごと(何の日)

平成7604日目

平成21年11月2日(月)

2009/11/02

【鳩山由紀夫首相】株売買益7200万円の申告漏れが発覚

11月2日のできごと(何の日) 鳩山首相、7,200万円申告漏れ

鳩山由紀夫首相が平成20年、個人所有していた株の売買で約7200万円の売却益を得たにもかかわらず、税務署への所得の申告をしていなかったことが2日、分かった。首相側は同日、修正申告し、納税したとしている。首相の事務所では「株式の電子化に伴い、証券会社のアドバイスで売却したが、確定申告時に手違いがあった」と説明している。

国会議員に報告義務のある所得等報告書についても、同様に株の譲渡益についての記載はなく、首相側は同日、訂正。首相のずさんな資産管理が改めて露呈した格好だ。

首相側の説明などによると、鳩山首相は平成20年に株取引で、計7226万847円の所得を得たが、「確定申告時に手違い」があり、申告漏れをしたとしている。また、確定申告に基づき報告義務のある所得等報告書についても、同様に未記載となっており、首相側は同日、同年分の所得等報告書(21年4月30日提出)を訂正した。《産経新聞》




【鳩山由紀夫首相】日米地位協定の見直し「簡単に答えでない」

鳩山由紀夫首相は2日、在日米軍の法的地位を定めた日米地位協定の見直しについて「大変重要な議論だと思うが性急に(米側に改定を)要求して簡単に答えが出るような状況でもない」と述べた。「少なくとも官邸の中で、交渉しようという段階ではない」とも語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

民主党は先の衆院選でのマニフェスト(政権公約)で「日米地位協定の改定の提起」を掲げており、12日に来日するオバマ米大統領との日米首脳会談で、首相が改定を提起するかどうかが焦点となっている。首相の発言は同協定の見直しを提起するタイミングとしては時期尚早との判断を示したものとみられる。

地位協定は在日米軍の軍人・軍属の日本国内での権利や義務などの法的地位を定めた協定で1960年の日米安保条約の改定時に締結。罪を犯した米兵について、民主、社民、国民新の与党3党は「起訴前の日本への身柄の引き渡し」を求める内容を盛り込んだ地位協定の改定案をまとめている。《日経新聞》

【プロ野球・沢村賞】西武・涌井秀章投手

プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会(土橋正幸委員長)が2日、東京都内で開かれ、パ・リーグの最多勝に輝いた涌井秀章投手(23)が選出された。涌井は初受賞。西武からは2001年の松坂大輔(現レッドソックス)以来で、5年連続でパの投手が選ばれた。

今季の涌井は27試合に登板し16勝6敗、防御率2・30。両リーグ最多となる211回2/3を投げ、11完投(4完封を含む)を記録した。

同賞は先発完投型の本格派投手が対象。選考基準は15勝、防御率2・50、200投球回、10完投、150奪三振、登板25試合、勝率6割の7項目。涌井だけが全項目をクリアした。

選考委員の堀内恒夫氏(前巨人監督)は該当者なしも検討したことを明かし、「項目をクリアしているのは涌井しかいないが、もう少し数字的にレベルの高いものが欲しい」と苦言も呈した。《スポニチ》

【プロ野球・楽天】次期監督にマーティ・ブラウン氏

楽天で今季まで指揮を執った野村克也監督(74)に代わる新監督に、前広島監督のマーティー・ブラウン氏(46)の就任が決まった。島田亨オーナー兼球団社長が2日、仙台市の球団事務所で記者会見し、就任を要請しているブラウン氏との交渉について「了承する旨の返答をちょうだいした」と、合意に至ったことを明らかにした。

ブラウン氏は来週にも来日して正式に契約を交わし、秋季練習でチームに合流する。島田オーナーはブラウン氏について「新人を発掘、育成する能力が高い。契約は2年ないし3年。中期的な視野を持って、しっかりチームづくりをしてほしい」と説明した。

今季まで4年間指揮を執った野村監督に、名誉監督就任を要請している件については「(野村監督の)事務所を通じて、受諾する方針だとうかがっている」と話した。《スポニチ》

11月2日のできごと

シェアする

フォローする