米軍、イラク・フセイン元大統領を拘束(平成15年12月13日)

12月13日のできごと(何の日) イラク・フセイン元大統領拘束

イラクの米英暫定占領当局(CPA)は、同国北部ティクリート近郊でサダム・フセイン元大統領(66)を13日夜に拘束したと発表した。ブッシュ米大統領はテレビ演説で、「暗黒と苦痛の時代は終わった」と語り、四半世紀にわたったフセイン独裁体制が名実ともに崩壊したことを強調した。

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。



1989 平成元年12月13日(水)

平成340日目

【上宮高・元木大介内野手】ダイエー入団を拒否

プロ野球のダイエーからドラフト会議で1位に指名された大阪・上宮高の元木大介内野手(17)は13日夜、豊中市の自宅で2度目の入団交渉を受けたが「巨人入りの望みを捨て切れない」として入団を拒否した。同選手の意思は固いとみられ、高校球界を代表するスラッガーにダイエー側が今後どう対応するか注目される。

元木選手は進路について「まだ白紙」としているが、進学の予定はなく、社会人野球へ進むか、うわさされている米国への野球留学も検討している模様だ。《共同通信》

【海部俊樹首相】労相を注意

海部首相は13日昼、国会内で福島譲二労相に対し、同労相が消費税の見直し案に批判的な発言をしたことについて、不用意な発言だとして注意した。

労相発言は、12日の閣議後の記者会見で、自民党がまとめた消費税見直し案について「無理に出した妥協の産物であり、実務的に悲鳴をあげる人も出てくるだろう。私はどちらかというと現行消費税の方が妥当と思う」と批判したもの。《読売新聞》

1990 平成2年12月13日(木)

平成705日目

【多摩川水害訴訟】高裁に差し戻し

昭和49年、集中豪雨による洪水で多摩川の堤防が決壊し、家を流されるなどの被害を受けた東京都狛江市の住民32人(29世帯)が、国家賠償法に基づいて国に総額4億円の損害賠償を求め、一審で勝訴、二審で逆転敗訴した「多摩川水害訴訟」の上告審判決が13日午前、最高裁第一小法廷であった。

大堀誠一裁判長は、当時の多摩川のような改修済み河川の管理責任について「改修計画で定めた規模の洪水による災害を防止できる安全性を備えるべきだ」と、初判断を示した上で「二審は多摩川を改修不十分な河川と同視するなど、国家賠償法の解釈、適用を誤った」と、住民側全面敗訴の東京高裁判決を破棄、審理を同高裁に差し戻した。《共同通信》

【海部俊樹首相】在外邦人安全性確保のためマニュアル作成へ

国会は13日、衆院予算委員会で平成2年度補正予算案の審議を続行。同日午後、質疑を終え採決の結果、自民、民社両党の賛成多数で可決、午後2時すぎから開かれた衆院本会議でも可決、補正予算案は参院に送付された。

海部首相は予算委答弁の中で、イラクの日本人人質に関連して在外邦人保護の危機管理問題について「あらゆる場合を想定してできるだけ情報を正確にどう連絡したらいいかを踏まえ今回の反省に立って検討を続けている」と述べ、突発的な国際紛争に際してのマニュアル作りを急ぐ考えを表明した。《共同通信》

1991 平成3年12月13日(金)

平成1070日目

【西武・秋山幸二外野手】契約更改

西武の秋山幸二外野手(29)は13日、所沢市の球団事務所で契約更改に臨み1億4000万円で来季の契約を結んだ。年俸3億円の落合選手(中日)に次ぎ日本人選手の球界ナンバー2。パ・リーグでは1億3000万円の門田選手(ダイエー)を抜いてトップに立った。この日で全員が契約を更改した西武はデストラーデ、石毛、辻、清原、伊東、郭と合わせ、来季は7人もの1億円プレーヤーを擁することになった。(金額は推定)《共同通信》

【関西新空港】着工から1778日、埋立工事が終了

大阪湾で建設が進む関西国際空港は13日、最後の揚土作業が終わり、着工から1778日で埋め立て工事がすべて終了した。今後、空港島内では、平成6年夏の開港に向け地盤改良工事を経てターミナルビルや島内道路などの建設が急速に進む。

この日、大阪・阪南丘陵と和歌山・加太地区から採取した土砂を運んだ運搬船2隻が空港島南東の護岸に着き、最後の土砂を運び込んだ。《共同通信》

1992 平成4年12月13日(日)

平成1436日目

【サッカー・トヨタ杯】サンパウロが初優勝

サッカーのクラブチーム世界一を決める第13回トヨタカップは13日、東京・国立競技場に満員の約6万人を集めて行われ、南米代表のサンパウロ(ブラジル)が欧州代表のバルセロナ(スペイン)に2−1で逆転勝ちし、初制覇した。南米代表の優勝は1988年のナシオナル・モンテビデオ(ウルグアイ)以来4年ぶりで、通算成績は南米の8勝5敗。《共同通信》

【福岡国際女子柔道48キロ級】田村亮子選手が3連覇

福岡国際女子柔道選手権最終日は13日、福岡国際センターで4階級を行い、48キロ級で注目の田村亮子(福岡工大附高)が3年連続3度目の優勝を飾った。日本勢は52キロ級でもバルセロナ五輪2位の溝口紀子(埼玉大)が3連覇を達成し、第1日と合わせて3階級を制覇した。

五輪銀メダリストの田村は2回戦から登場し3試合すべて一本勝ち。シルビー・メルー(フランス)との決勝では素早い動きで一方的に攻め3分18秒に鮮やかな体落としを決めた。《共同通信》

1993 平成5年12月13日(月)

平成1801日目

【WBCフライ級タイトル戦】勇利アルバチャコフ選手、4度目の防衛成功

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は13日、京都市体育館で行われ、チャンピオンの勇利アルバチャコフ(協栄)が挑戦者の同級4位、車南勲(韓国)を3-0の判定で下し、4度目の防衛に成功した。

勇利は序盤から得意の右ストレートを的確にヒットさせて試合を優位に展開。後半は車が低い姿勢からの連打で反撃し激しい打ち合いとなったが、勇利は11回左フックでダウンを奪うなどしてポイントを稼ぎ、粘り強く戦った車に打ち勝った。《共同通信》

【自民党・森喜朗幹事長】「細川首相の答弁はいい加減」

自民党の森喜朗幹事長は13日、衆院本会議でコメ問題の緊急質問。幹事長の本会議質問は就任以来初めて。森氏は「細川内閣のコメ問題交渉の態度は国民に対して不誠実だ。政治責任をどう取るのか」と巨体を震わせて厳しく攻め立てた。

首相は「内閣は政治改革とか経済対策に正面から取り組んでいる。当面、参院で補正予算案を成立させ、政治改革の速やかな審議を」と逃げの答弁に終始。終了後、記者団から感想を訪尋ねられた森氏は「首相答弁はいい加減だった」と怒り収まらぬ様子。《共同通信》

1994 平成6年12月13日(火)

平成2166日目

【プロ野球・ダイエー】石毛宏典内野手の入団を発表

ダイエーは13日、福岡市内のホテルで、西武からフリーエージェント(FA)宣言した石毛宏典内野手(38)と正式契約を交わし、入団を発表した。年俸は現状維持の2億円。背番号は「0」。

入団会見で石毛は「いままで以上に現役にこだわってきた。仕事ができる場所があるというのはありがたい。ダイエーの一員としてチームの勝利、優勝に貢献できるような働きをしたい」と改めて抱負を話した。

同席した王監督は「今まで通りに野球に真しな形で取り組んでほしい。それが若い選手、チームのためになる。かなりやってくれると思う」と大きな期待を寄せていた。《共同通信》

【村山富市首相】いじめ根絶「徹底的に」

政府は13日午前の閣議終了後、学校でのいじめ問題を検討する「児童・生徒のいじめ問題に関する関係閣僚会合」の初会合を首相官邸で開いた。愛知県西尾市の中学生がいじめを苦に自殺した事件をきっかけに、内閣としても対応策を検討するため村山首相の指示で急きょ開催された。

首相が「尊い命が失われたことは、誠に痛ましく、極めて遺憾」と発言。さらに「事件があった時だけ騒いで、事件が終わったらそれまでというのではなく、徹底的に根絶するまでやるという心構えで取り組んでほしい」と指示した。《共同通信》

1995 平成7年12月13日(水)

平成2531日目

【ビル・ゲイツ氏】「これからはインターネット事業を拡大する」

「ウインドウズ95」旋風を巻き起こした米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長兼最高経営責任者は13日、千葉市の日本コンベンションセンター(幕張メッセ)で講演し、パソコン市場への新戦略として、世界最大のパソコン通信網であるインターネットの事業を拡大すると発表した。

ゲイツ会長は、事業の具体的展開についてインターネット上で提供する情報をパソコンで編集できる支援ソフトを来年第一・四半期(1〜3月)から市場に投入すると表明。

「どんな規模の企業でも電子メールが必要だし、インターネットを使えば、低いコストで情報提供や情報収集ができる。インターネットは米国では不可欠なものになったが、日本でも急速にビジネスの主流になるだろう」と指摘した。《共同通信》

【村山富市首相】もんじゅナトリウム漏れ「情報公開が大事」

村山富市首相は13日の参院本会議で、もんじゅのナトリウム漏れ事故について「原因を徹底的に究明、安全を確保し、再発防止に万全の態勢を取る。地元県民の不安解消のため、あらゆる情報の公開が大事だ」と述べ、情報公開の必要性を強調した。《福井新聞》

1996 平成8年12月13日(金)

平成2897日目

【500系新幹線】試験運転で東京駅に初乗り入れ

最高時速300キロ–。フランスの新幹線TGVに肩を並べる世界最速の新型車両「500系」が13日未明、東海道新幹線区間での試験運転のため、東京駅に初乗り入れした。

JR西日本が開発した車両で、先頭部は戦闘機のような流線形。「のぞみ」の名前で来年3月22日、山陽新幹線新大阪ー博多間でデビューし、来秋には東京ー新大阪間にもお目見えする予定だ。《共同通信》

【秋田新幹線】盛岡でレール締結式

来年3月22日に開業する秋田新幹線のレール締結式が13日午前、盛岡市で行われ、秋田と東京が新幹線のレールで結ばれた。

締結式には秋田県の佐々木喜久治知事ら関係者約100人が出席。運輸省東北運輸局の小倉照雄局長ら8人が、ハンドロール型クリップを差し込んでレールとまくら木を締結した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】国民本位の行革断行を

今国会で新たに設置された衆院行政改革特別委員会(綿貫民輔委員長)は13日、行政改革の道筋や規制緩和などについて初めての質疑を行った。

橋本龍太郎首相は「行政システムの限界を深刻に受け止めている。時代の変化に即応、国民のニーズにあった行政サービスをつくり上げる国民本位の行革をやらなければならない」と延べ、21世紀にふさわしい行政組織をつくっていく必要性を強調した。《共同通信》

1997 平成9年12月13日(土)

平成3262日目

【 Jリーグチャンピオンシップ】ジュビロ磐田、初優勝

Jリーグの年度優勝を決めるサントリー・チャンピオンシップ第2戦は13日、カシマスタジアムで行われ、第2ステージを制したジュビロ磐田が1−0で第1ステージ優勝の鹿島アントラーズに連勝し、初の王座に就いた。磐田は後半36分、相手GKがゴール前でボールの処理ももたつくミスを突き、FW中山が先制ゴール、その後の鹿島の攻撃をしのぎ、そのまま逃げ切った。《共同通信》

【新進党・小沢一郎党首】党首選への立候補を表明

新進党の小沢一郎党首は13日夜、都内のホテルで記者会見し、再選を目指し党首選に立候補することを正式に表明した。15日告示、18日投票の党首選は既に出馬表明している鹿野道彦元総務庁長官と小沢氏の争いとなることが固まった。

小沢氏は記者会見で、党再生のため「党名や綱領、組織をすべて改める」などとする緊急政策を発表。「旧党派の垣根を速やかに取り除かなければならない」と述べ、旧公明党グループ「公友会」などの解散を迫る姿勢を鮮明にした。批判勢力を排除し、解党を狙う姿勢だとして公友会などが強く反発するのは必至で、分裂含みの激しい多数派工作が展開されそうだ。《共同通信》

1998 平成10年12月13日(日)

平成3627日目

【故・淀川長治さん】3000人しのぶ

11月11日に89歳で亡くなった映画評論家淀川長治さんをしのぶ「淀川長治さん・さよならの会」が13日正午から東京都港区の青山葬儀所で行われ、女優黒柳徹子さん、写真家の篠山紀信さんら親交のあった映画関係者ら約500人が出席した。

全国から集まった一般ファン約2500人も献花のため長い列をつくり淀川さんに最後の”さよなら”を告げた。

祭壇にはチャップリン映画「独裁者」ポスターの前でほほ笑む、約十年前に撮った最もお気に入りの写真が遺影として飾られ、出席者全員が1分間の黙とうをささげた。《共同通信》

【小渕恵三首相】年内の内閣改造を示唆

小渕恵三首相は13日午後、都内のホテルで記者団に対し、自民、自由両党の連立に伴う内閣改造の時期について「自由党と合意して、これから新しい体制で予算編成、あるいは通常国会に向かっていく」と述べ、21日の1999年度予算大蔵省原案内示前の改造の可能性も含め、改造時期を検討していることを示唆した。

首相は自由党の小沢一郎党首との会談で、既に来年1月の通常国会前の連立政権発足で合意しており、ベトナムから帰国後、19日にも行われる小沢氏との会談で最終的な詰めを行う方針だ。《共同通信》

1999 平成11年12月13日(月)

平成3992日目

【大阪地裁】横山ノック知事に1100万円の賠償命令

大阪府知事選中に体を触られ精神的苦痛を受けたなどとして、元運動員の女子大生(21)が横山ノック知事(67)に1500万円の損害賠償を求め、知事側が「事実無根だが公務に専念したい」と、一切争わなかったセクハラ訴訟の判決で、大阪地裁の林圭介裁判長は13日、知事に1100万円の賠償を命じた。

争わないで答弁を避ける態度は、民事訴訟法の「自白の擬制」規定に基づいて事実関係を認めたものとして扱われ、林裁判長はセクハラがあったとみないして「計画性もうかがわれる執拗かつ悪質な行為。女子大生の衝撃や屈辱感も極めて大きい」と述べた。

セクハラをめぐる現職知事の敗訴は前代未聞の上、判決は知事側の訴訟態度を厳しく批判、名誉毀損の慰謝料を柱に高額の賠償を命じており、イメージダウンは決定的。府議会(15日開会)での責任追及も予想され、府政への影響が深刻化しそうだ。《共同通信》

【皇太子妃雅子さま】懐妊確認できず

懐妊の兆候があった皇太子妃雅子さま(36)は13日午後、皇居内の宮内庁病院で超音波による検査を受けられた。検査後、宮内庁は「現時点で医師の総合的判断として懐妊されていると発表できる段階ではない」と発表した。結果は天皇、皇后両陛下に報告された。古川清・東宮大夫は記者団に「懐妊の可能性は続いているが、現時点では確認できない。しかるべき時期に検査する」と述べた。

1993年6月の結婚以来、約6年半で初めての懐妊の兆しとみられていた。宮内庁は雅子さまの体調を見守りながら今後の対応を検討する。

発表で宮内庁は「医学的見地からの発表も待たず、雅子さまのプライバシーに触れるような過熱した報道がなされたことは極めて遺憾。今後は両殿下の人権を十分尊重し節度ある報道がされることを強く求める」と報道を批判した。《共同通信》

【小渕恵三首相】定数削減法成立へ努力を要請

政府、与党は13日昼、連絡会議を首相官邸で開き、小渕恵三首相は「臨時国会もあとわずかだが、政府提出法案、議員立法がまだ残っているので、よろしくお願いしたい」と述べ、衆院比例代表定数20削減法案などの今国会成立に向け努力を要請した。《共同通信》

2000 平成12年12月13日(水)

平成4358日目

【川崎憲次郎投手】レッドソックス入りを断念

ヤクルトからフリーエージェント宣言している川崎憲次郎投手は13日、2年契約の条件提示を受けていた米大リーグ、レッドソックス入りを断念したことを明らかにした。これにより既に交渉した中日に移籍するか、ヤクルトに残留することになった。《共同通信》

【ジョージ・ブッシュ氏】次期大統領に確定

米大統領選の民主党のアル・ゴア候補(52)は13日午後9時から全米の国民向けに演説「われわれの民主主義の強化と結束のために敗北を認める」と述べ、敗北を宣言した。これにより共和党ジョージ・ブッシュ候補(54)の次期大統領当選が確定した。

11月7日の投開票以降、5週間にわたり次期大統領が決まらない前代未聞の展開となった米大統領選はようやく決着した。《共同通信》

【森喜朗首相】テレビ番組を批判

森喜朗首相は13日、都内のホテルで開かれた「ゆうもあ大賞」表彰式でのあいさつで、最近のテレビ番組の内容を批判し「国民の皆さんが暴力だとか、エログロ、ナンセンスとかを電波から追い出していくということを、ぜひやってもらいたい」と訴えた。

首相は「夜12時を過ぎると何とも言えない番組があって、これは一体何だろうかなあとは思う」「(規制を)政治の世界でやらなくちゃならんのかもしれないが、政治はやっぱり力に限界がある」と指摘した。《共同通信》

2001 平成13年12月13日(木)

平成4723日目

【オウム裁判】岡崎一明被告に死刑判決

1989年の坂本弁護士一家殺害と信者リンチ殺害の両事件で殺人罪に問われたオウム真理教元幹部、岡崎一明被告(41)に対する控訴審判決が13日午前、東京高裁であった。控訴審最大の争点だった自首の認定について、河辺義正裁判長は行為そのものを認める一方で、「事件から5年5カ月が経過しており、減刑するのは相当でない」などとして、弁護側の控訴を棄却、死刑を言い渡した。

一連のオウム事件の被告に対する控訴審で初の死刑判決となった。坂本弁護士事件をめぐっては松本智津夫被告(麻原彰晃、46)ら7人が関与、死亡した村井秀夫幹部を除く計6人が起訴された。これまでに岡崎被告を含む実行犯3人が一審で死刑判決を受けたが、二審では初めて。松本被告ら3人は公判が続いている。《日経新聞》

【小泉純一郎首相】与党党首と会談

小泉純一郎首相は13日午後、公明党の神崎武法代表、保守党の野田毅党首と首相官邸で個別に会談し、与党内に待望論の強い内閣改造や、大詰めを迎えている特殊法人改革について意見交換した。

神崎氏は、内閣改造について「特に求めない。首相に判断は任せる」と時期などは首相に一任する考えを表明。一方、野田氏は、保守党前党首の扇千景国土交通相が来年1月で就任1年半を迎えることを指摘し、早期の内閣改造を求めた。首相から内閣改造に関する言及はなかった。《共同通信》

2002 平成14年12月13日(金)

平成5088日目

【福島地検】15歳少年を初起訴

福島地検郡山支部は13日、福島県郡山市で今年9月に女性の部屋に侵入して乱暴したなどとして、強盗強姦、監禁などの罪で福島県内の15歳と16歳の無職少年2人を起訴した。昨年4月の改正少年法施行後、16歳未満の少年の起訴は初めて。少年らは今後、公開の法廷で審理を受け、刑事責任を問われる。

福島地検は11月8日に2人を家裁送致した際「刑事処分相当」の意見を付けず、福島家裁郡山支部の少年審判でも検察官は立ち会わなかった。《共同通信》

【西武・松坂大輔投手】プロ入り初のダウン

右ひじ痛などで6勝に終わった松坂大輔投手は13日、所沢市内の球団事務所で契約に臨み、2500万円減の年俸1億1500万円で更改した。現棒はプロ入り初めて。今季は開幕戦から6連勝するなど新人の年からの4年連続最多勝に向けて好スタートを切った。しかし、5月に右ひじ痛を訴えて戦列を離れた。

8月に復帰したものの、4試合に投げただけで右足内転筋痛で再び戦列離脱、たび重なる故障で14試合、6勝2敗に終わり、復活を期した巨人との日本シリーズでも第1戦、台4戦に登板したが2敗を喫した。《共同通信》

【民主党】菅ー岡田体制スタート

12月13日のできごと(何の日)
http://archive.dpj.or.jp/

民主党は13日午後、党本部で両院議員総会を開き、9月の代表選で三選された鳩山由紀夫代表の辞任を了承、菅直人代表と岡田克也幹事長を軸とする新体制が正式にスタートした。総会で菅代表は幹事長に岡田氏、政調会長に枝野幸男氏、国対委員長に野田佳彦氏を充てるなど新役員人事を提案し、全会一致で承認された。《共同通信》

2003 平成15年12月13日(土)

平成5453日目

【米軍】フセイン元大統領を拘束

イラクの米英暫定占領当局(CPA)は14日午後(日本時間同日夜)、同国北部ティクリート近郊で前夜、サダム・フセイン元大統領(66)を13日夜に拘束したと発表した。ブッシュ米大統領は同日のテレビ演説で、「暗黒と苦痛の時代は終わった」と語り、四半世紀にわたったフセイン独裁体制が名実ともに崩壊したことを強調した。

だがこれで、駐留米軍などに対する旧政権残存勢力や国際テロ組織による攻撃が沈静化に向かい、戦後復興の動きが加速するかどうかは、まだ楽観できない情勢だ。米誌によると米軍は元大統領の取り調べをすでに始めており、大量破壊兵器の保有などについて追及しているという。日本の政府・与党は一様に治安回復につながることへの期待を表明、イラクへの自衛隊派遣に向けた準備作業はこれまでの想定通りに進める方針だ。《朝日新聞》

2004 平成16年12月13日(月)

平成5819日目

【今年の漢字】「災」

今年の世相を象徴する漢字は「災」――。日本漢字能力検定協会(京都市下京区)が全国から公募した「今年の漢字」が13日、清水寺(同市東山区)で発表され、森清範貫主が大きな和紙に筆で「災」と書いた。新潟県中越地震や相次ぐ台風上陸などの天災に加え、イラクでの人質殺害、子どもの殺人事件多発といった人間が引き起こした災いも理由に挙げられた。

10回目の今年の応募は過去最多の9万1630票。「災」は2万936票(約23%)を占め、韓流ブームを背景に2位になった「韓」(6243票)を大きく引き離した。3位以下は「震」「金」「新」「風」。昨年は阪神タイガースのリーグ優勝を反映して「虎」だった。《朝日新聞》

【自民党・青木幹雄参院議員会長】武部幹事長に抗議

「幹事長が解散の話なんかしてちゃいかん」自民党の青木幹雄参院議員会長は13日、郵政民営化をめぐり衆院解散・総選挙の可能性に言及した武部勤幹事長に面と向かって強い不快感を表明した。

青木氏は同日、首相官邸で開かれた政府与党連絡会議の終了後、武部氏を呼び止め抗議。武部氏は「誤解がある。自民党は改革政党で、解散を恐れずに改革を進めようということを言った」と説明。青木氏は「誤解を招きかねない」と納得せず、武部氏は「今後言葉には気をつけます」と誤った。

武部氏は9日の講演で「解散を恐れていない。場合によっては(小泉純一郎首相は)解散権を発動すべきだ」と郵政民営化反対派をけん制。自民党内では、首相の「専権事項」に触れた武部氏に反発が出ていた。《共同通信》

2005 平成17年12月13日(火)

平成6184日目

【秋篠宮ご夫妻】鴨場接待

各国大使に日本の伝統的カモ猟を体験してもらう宮内庁の「鴨場接待」が13日、千葉県市川市の新浜鴨場で催され、秋篠宮ご夫妻が接待役を務められた。捕ったカモを招待客らが空に放つ恒例の放鳥は、鳥インフルエンザの影響を考慮し見送られた。《共同通信》

【共産党・志位和夫委員長】民主党・前原代表を批判

共産党の志位和夫委員長は13日午後、京都市内で記者会見し、米中両国を歴訪した前原誠司民主党代表の外交姿勢について「海外での武力行使のための憲法改定を米国に行って約束してくる。大変な売国外交だ。中国を脅威とみて言い募るのは本当に有害だ」と強く批判した。

自民、民主両党の「大連立」構想についても「日米同盟絶対論でどちらが先に行っているか甲乙つけ難いぐらいの競争をしている。事実上は(既に)大連立という状況になっている」と指摘。

小泉純一郎首相が、靖国神社参拝を理由に首脳会談に応じない中国側を批判したことに対しては「こういう議論を続けることがアジア諸国の日本への批判を強め、問題解決を困難にしていることを(首相は)知るべきだ」と述べた。《共同通信》

2006 平成18年12月13日(水)

平成6549日目

【三菱ふそう欠陥隠し事件】簡裁、元会長らに無罪判決

三菱自動車製大型車の欠陥をめぐる道路運送車両法違反事件の13日の横浜簡裁判決で、小島裕史裁判官は、元三菱ふそうトラック・バス会長(当時、三菱自副社長)U被告(66)ら3人と法人としての三菱自をいずれも無罪とした理由について、同法に基づく国土交通相の報告要求が存在せず、犯罪は成立しないと説明した。検察側は控訴する方針。三菱自側の報告が虚偽の内容だったかどうかが焦点だったが、小島裁判官はこの部分の認定には踏み込まなかった。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】政府タウンミーティング「やらせ」処分発表

政府のタウンミーティング(TM)調査委員会は13日、2001年6月以降の計174回のTMについて、国による71回の大量動員や司法制度改革TM6回を含む計15回で「やらせ質問」があった実態、1回あたりの開催費が平均1000万円を超える問題点などを指摘した最終報告書を発表した。

安倍晋三首相は同日夜、TMを担当していた官房長官時代の責任をとり、首相給与3ヶ月分の国庫返納を表明、関係者の厳正な処分を指示した。《共同通信》

2007 平成19年12月13日(木)

平成6914日目

【タイヤ脱落母子死傷事故】地裁、元三菱自動車部長らに有罪判決

リコールなどの改善措置を一切とらずに放置した――。三菱自動車製の大型車のハブ欠陥隠しによる母子3人死傷事故から約6年。横浜地裁は13日、業務上過失致死傷罪に問われた元品質保証責任者2人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。「ハブが破断してタイヤが脱落すれば、人に危害が生じることは当然、予測できた」と予見可能性を明確に認定。リコールを避けようとし続けた企業姿勢にも言及した。だが、遺影を手にした遺族は「納得できない」と涙を浮かべた。《読売新聞》

【福田康夫首相】公約が思い浮かばなかった

福田康夫首相は13日、参院外交防衛委員会の集中審議で、年金記録不備問題の全面解決を事実上断念したことを参院選の公約違反に当たらないとした自らの発言について「正直言って公約が頭にさっと思い浮かばなかった。公約違反という大げさなものではないと言った記憶はある」と釈明した。《共同通信》

2008 平成20年12月13日(土)

平成7280日目

【フィギュアGPファイナル】浅田真央選手、3大会ぶり2度目の優勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は13日、韓国の高陽で行われ、世界女王の浅田真央(愛知・中京大中京高)が女子フリーで、女子では国際大会初の快挙となる2度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、188.55点でショートプログラム(SP)2位からの逆転で3大会ぶり2度目の優勝を果たした。

3連覇を狙ったSP首位の金妍児(韓国)はジャンプでミスして186.35点の2位。中野友加里(プリンスホテル)は161.93点で5位、安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転ジャンプが回転不足となり、158.25点で6位だった。《共同通信》

【麻生太郎首相】中韓首脳と会談


https://www.kantei.go.jp/

麻生太郎首相と中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領による日中韓首脳会談が13日午後、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開かれ、緊急時の外貨の融通など世界的な金融危機への対応や、北朝鮮の非核化実現に向けた6カ国協議での連携強化を確認した。防災担当の閣僚級会合を設置することも決めた。

日中韓首脳会談はこれまで東南アジア諸国連合(ASEAN)との国際会議に合わせて開催しており、独立して開くのは初めて。今後は持ち回りで年1回開催する。《共同通信》

2009 平成21年12月13日(日)

平成7645日目

【J1・名古屋】金崎夢生選手を獲得

Jリーグ1部(J1)名古屋が、来季から2部(J2)に降格する大分のMF金崎夢生(20)を獲得することが13日、分かった。名古屋の福島義広専務は、クラブ間で合意に達し、12日までに本人からも連絡があったことを明らかにした。近日中に正式契約して発表する。《共同通信》

【日本プロ野球名球会】王貞治氏が新会長就任へ

日本プロ野球名球会は13日、埼玉県熊谷市内で総会を開き、ソフトバンク球団代表の王貞治氏が新会長に就任することを全会一致で決めた。このほど、金田正一氏が会長職と代表取締役を辞任。代表取締役には柴田勲氏が就任。《共同通信》

2010 平成22年12月13日(月)

平成8010日目

【野党】小沢一郎氏の証人喚問を要求

野党は13日、民主党が小沢一郎元代表の衆院政治倫理審査会招致議決について結論を先送りしたことを受け「自浄能力が恐ろしく希薄だ。菅直人首相の指導力が発揮されていない」(谷垣禎一自民党総裁)として厳しく批判した。自民、公明、共産、みんなの各党は政倫審ではなく、あくまで小沢氏の証人喚問を要求すると重ねて表明した。《共同通信》

【仙谷由人官房長官】沖縄の基地負担「甘受を」

仙谷由人官房長官は13日の記者会見で、沖縄県の米軍基地負担について「安全保障政策は中期的に見れば日米同盟深化と日韓連携の強化。沖縄の方々もそういう観点から、誠に申し訳ないが、こういうこと(基地負担)について甘受していただくというか、お願いしたい」と述べ、多くの米軍基地が沖縄に存在することに理解を求めた。

「甘受」発言に対して、沖縄からは「民意は知事選でも明らか。非常に失礼な話だ」(沖縄県宜野湾市の山内繁雄基地政策部長)などの反発が出ており、菅直人首相の17、18日の沖縄訪問に影響が出そうだ。《毎日新聞》

2011 平成23年12月13日(火)

平成8375日目

【ベルギー】無差別襲撃で4人死亡、120人以上負傷

ベルギー東部リエージュの中心部で13日、武装した男が市民に対し無差別に手りゅう弾を投げたり、銃を乱射したりし、地元当局によると4人が死亡、120人以上が負傷した。検察当局によると、男はリエージュに住むノルディン・アムラニ容疑者(33)。目撃者によると、犯行後、自ら銃で頭を撃ち抜いて死亡した。在ベルギーの日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

検察当局者によると、アムラニ容疑者は大量の武器の不法所持、大麻栽培の罪で2008年に服役後、10年0月に仮釈放されていた。《共同通信》

【野田佳彦首相】TPP「国民的議論を」

政府は13日午前、首相官邸で環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に関する初の関係閣僚会合を開いた。交渉参加に向けた各国との協議に政府一体で取り組むため、古川元久経済財政・国家戦略相を議長とする閣僚懇談会を設置するほか「国別協議」など省庁横断の3チームを設ける。対外交渉を統括する「政府代表」の起用は先送りした。

野田佳彦首相は「きちんと情報提供し、十分な国民的議論を行ったうえで、あくまで国益の視点に立って結論を得る」と強調した。会合には藤村修官房長官、枝野幸男経済産業相、戦略相らが出席した。《日経新聞》

2012 平成24年12月13日(木)

平成8741日目

【尖閣諸島】中国機が初の領空侵犯

13日午前11時6分ごろ、尖閣諸島魚釣島の南約15キロの領空で、中国の国家海洋局所属の航空機1機が領空侵犯しているのを海上保安庁巡視船が確認した。防衛省統合幕僚監部によると、1958年の集計開始後、中国機による領空侵犯は初。

航空自衛隊のF15戦闘機8機とE2C早期警戒機1機が緊急発進し現場に急行したが、到着した際には中国機は領空を出ていた。自衛隊レーダーは捕捉できなかった。

中国側は行動をエスカレートさせた形だ。野田首相は「一層の緊張感をもって警戒監視に当たるように」と政府内に指示。外務省の河相事務次官は中国の韓志強・臨時代理大使を呼び厳重に抗議した。《共同通信》

【野田佳彦首相】敦賀原発「廃炉の見通し」

野田佳彦首相は13日夜のTBS番組で原子力規制委員会が直下に活断層が通っている可能性が高いと指摘した日本原子力発電の敦賀原発(福井県敦賀市)について、廃炉になる公算が大きいとの見通しを示した。《日経新聞》

2013 平成25年12月13日(金)

平成9106日目

【東京都・猪瀬直樹知事】会見を3分で打ち切り

東京都の猪瀬知事は13日の定例記者会見で、徳洲会グループから5千万円を受け取った問題について「都議会総務委員会で質疑が予定されている。まずは議会で説明し、ここでは発言を控える」と質疑を一切拒否、会見を約3分半で一方的に打ち切った。

最終日を迎えた都議会定例会は議案への意見を述べる「討論」に臨んだ全8会派が知事を厳しく批判、辞職を求める声が相次いだ。総務委は9~10日に続き、16~17日と24日に知事に対する集中審議を実施。知事が会見で説明を拒んだのは議会側への配慮を示す狙いもあったとみられる。《共同通信》

【安倍晋三首相】フィリピン・アキノ大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は13日、首相官邸でフィリピンのアキノ大統領と会談した。中国との間に南シナ海の領有権問題を抱えるフィリピンに、沿岸警備隊の巡視船を供与するため約187億円の円借款を行う協定に調印。フィリピンの甚大な台風被害に対し、復興支援を継続する方針を伝えた。《毎日新聞》

2014 平成26年12月13日(土)

平成9471日目

【フィギュアGPファイナル】羽生結弦選手、今季最高得点で連覇

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは13日(日本時間14日)、スペインのバルセロナで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(20=ANA)はフリーでもトップの194・08点をマーク、合計288・16点で日本勢男子初の連覇を果たした。五輪金メダリストの翌シーズンのGPファイナル制覇は史上初。GPファイナルには中国杯で衝突アクシデントがありながら2位、NHK杯4位で滑り込み出場を果たしたが、最後の大舞台で王者の本領を発揮した。《スポニチ》

【サッカー第94回天皇杯】ガンバ大阪、5大会ぶり4度目の優勝

1993年のJリーグ開幕後、初のJ1とJ2の対決となった決勝戦は、J1のG大阪が3-1でJ2の山形を破り、5大会ぶり4度目の優勝を果たした。J1のG大阪はナビスコ杯、J1も制し、93年のJリーグ開幕以降では2000年度の鹿島以来となる2クラブ目の3冠達成を飾った。J2から昇格したチームの3冠は史上初。さらに長谷川健太監督は日本人として初の3冠獲得の指揮官となった。《スポーツ報知》

2015 平成27年12月13日(日)

平成9836日目

【バドミントン・スーパーシリーズファイナル】最終日

バドミントンのスーパーシリーズ・ファイナル最終日は13日、アラブ首長国連邦のドバイで決勝が行われ男子シングルスで世界選手権3位の21歳、桃田賢斗(NTT東日本)がビクトル・アクセルセン(デンマーク)にストレート勝ちし初優勝を果たした。

女子シングルスで初出場の20歳、奥原希望(日本ユニシス)もロンドン五輪銀メダルの王儀涵(中国)をストレートで破った。この大会のシングルスを日本勢が制するのは初。2人は1次リーグから決勝まで5戦全勝で終えた。《共同》

【大村智・北里大特別栄誉教授】ノーベル賞授賞式を終え帰国会見

ノーベル賞の授賞式を終えた大村智・北里大特別栄誉教授(80)が13日午後、日本に帰国し羽田空港内で記者会見した。「大変な旅になると思って出掛けたが、途中で楽しむ気持ちになった。終わったころには本当にいい旅だったなと(実感し)帰ってきた」と笑顔で報告した。《共同通信》

2016 平成28年12月13日(火)

平成10202日目

【沖縄県名護市】オスプレイが不時着水

13日午後9時50分ごろ、米軍の垂直離着陸機オスプレイが不時着水した、と米軍嘉手納(かでな)基地から第11管区海上保安本部(那覇市)に連絡があった。11管や防衛省などによると、不時着水したのは午後9時半ごろで、場所は沖縄県名護市安部の海岸近くの浅瀬。機体は大破し、乗員5人は救助されたが、2人はけがをしているという。《朝日新聞》

【稲田朋美防衛相】今年の漢字は「駆」

稲田朋美防衛相は13日の記者会見で、今年を表す漢字を問われ、「駆」と答えた。防衛相として日本全国の自衛隊駐屯地・基地を駆け回ったほか、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊に「駆け付け警護」を新任務として付与したことを理由に挙げた。《産経新聞》

2017 平成29年12月13日(水)

平成10567日目

【大阪市】米サンフランシスコ市との姉妹都市解消

大阪市は13日の幹部会議で、米サンフランシスコ市が慰安婦像の寄贈を民間団体から受け入れたことに抗議し、同市との姉妹都市提携の解消を正式に決定した。歴史認識の違いから姉妹都市提携が解消されるのは異例。

サンフランシスコ市は11月、中国系住民の民間団体が中華街に設置した像と碑文の寄贈を受け入れ、市有化した。碑文では慰安婦を「性的に奴隷化」などと表現しており、大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張があたかも歴史的事実として刻まれている」などとする書簡を5回送付。市有化しないよう求めたが、受け入れられず、提携を解消する意向を表明していた。

サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が12日に急死したため、新市長が就任する来年6月以降に書簡を送り、解消を通知する。《読売新聞》

【プロ野球・広島】新入団選手発表

広島は13日、広島市内のホテルで新人選手の入団記者会見を行い、ドラフト1位の中村奨成捕手(18)=広陵高、181センチ、76キロ、右投げ右打ち、背番号22=は「(実感が)今すごく湧いてきている。早くカープの看板選手になれるように頑張っていきたい」と晴れやかな表情で語った。

中村は今夏の甲子園大会で6本塁打の1大会個人最多記録を樹立するなど、一躍大ブレーク。強打に加えて俊足、強肩と、三拍子そろった地元のスター選手として期待が集まっている。《サンケイスポーツ》

2018 平成30年12月13日(木)

平成10932日目

【トルコ】高速列車が機関車と衝突

トルコの首都アンカラで13日、高速列車が整備用の機関車と衝突し、トルコ国営通信などによると、乗員乗客少なくとも9人が死亡、47人が負傷した。

高速列車は午前6時半頃、同じ線路上で線路の点検をしていた整備用機関車と衝突。その後、通過駅の駅舎に突っ込み、駅の高架が崩落した。

列車は、事故の約6分前にアンカラの駅から中部コンヤに向けて出発したところだった。乗客206人が乗っていたという。トルコの検察当局が、事故原因の調査を開始した。《読売新聞》

【韓国軍】竹島近海で防衛訓練

韓国国防省によると、韓国海軍は13~14日、竹島(島根県隠岐の島町)の近海で、「独島(竹島の韓国での呼称)防衛訓練」を行う。海軍部隊の機動訓練と並行して実施され、艦艇や航空機が動員される。空軍や海洋警察も参加するという。

訓練は毎年前半と後半に実施されている定例的なもので、今年は6月にも行われた。規模は例年並みという。気象条件を考慮して、海兵隊による竹島上陸訓練を行うかどうかを決めるもようだ。《産経新聞》

2019 令和元年12月13日(金)

令和227日目

【英・総選挙】与党が過半数

欧州連合(EU)離脱問題の命運が懸かった英下院(定数650)総選挙が12日実施され、13日までの開票の結果、ジョンソン首相率いる与党保守党が過半数を獲得して大勝した。少数与党から脱却し、来年1月に離脱を遂げるとした公約の実現は確実な情勢。来週にも議会審議を再開し、EUとまとめた離脱合意案の承認取り付けを急ぐ。最大野党の労働党は選挙前議席を大幅に減らした。

ジョンソン氏は勝利を受け、首相任命権を持つエリザベス女王と面会して組閣の許可を求める見通し。13日未明、「国民から新たな負託を得た」と勝利宣言し、EU離脱を成し遂げる意向を示した。《共同通信》

【拉致被害者家族会】国会で集会

北朝鮮による拉致問題を考える集会が13日、国会内で開かれ、田口八重子さん=失踪当時(22)=の兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(81)は「今年もそろそろ終わってしまうが、安倍首相が任期中に解決するとしているので、それに期待し、応援していきたい」と語った。

家族会と支援団体「救う会」、超党派でつくる「拉致救出議員連盟」が主催。拉致問題担当相を兼務する菅義偉官房長官も出席し、「全拉致被害者の帰国の実現に向けて全力で取り組んでいく」と述べた。

集会は北朝鮮人権侵害問題啓発週間(10~16日)に合わせて開かれた。《共同通信》



→12月14日のできごと

12月のできごと

←12月12日のできごと