1999 平成11年12月13日(月)

平成3992日目

平成11年12月13日(月)

1999/12/13

【大阪地裁】横山ノック知事に1100万円の賠償命令

大阪府知事選中に体を触られ精神的苦痛を受けたなどとして、元運動員の女子大生(21)が横山ノック知事(67)に1500万円の損害賠償を求め、知事側が「事実無根だが公務に専念したい」と、一切争わなかったセクハラ訴訟の判決で、大阪地裁の林圭介裁判長は13日、知事に1100万円の賠償を命じた。

争わないで答弁を避ける態度は、民事訴訟法の「自白の擬制」規定に基づいて事実関係を認めたものとして扱われ、林裁判長はセクハラがあったとみないして「計画性もうかがわれる執拗かつ悪質な行為。女子大生の衝撃や屈辱感も極めて大きい」と述べた。

セクハラをめぐる現職知事の敗訴は前代未聞の上、判決は知事側の訴訟態度を厳しく批判、名誉毀損の慰謝料を柱に高額の賠償を命じており、イメージダウンは決定的。府議会(15日開会)での責任追及も予想され、府政への影響が深刻化しそうだ。《共同通信》

【 Jリーグ最優秀選手】清水・アレックス選手

サッカーJリーグの年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」は13日、横浜市の横浜アリーナで行われ、最優秀選手には第2ステージ優勝の清水エスパルスのMF、アレックスが初めて選ばれ、賞金200万円などが贈られた。

新人王には、今季急成長したヴェルディ川崎のDF中澤佑二が選ばれた。

アレックスは中盤の左サイドバックでスピードとキレのあるドリブルを武器に11得点を挙げ攻撃の主力として活躍、清水のステージ初優勝に貢献した。《共同通信》

【皇太子妃雅子さま】懐妊確認できず

懐妊の兆候があった皇太子妃雅子さま(36)は13日午後、皇居内の宮内庁病院で超音波による検査を受けられた。検査後、宮内庁は「現時点で医師の総合的判断として懐妊されていると発表できる段階ではない」と発表した。結果は天皇、皇后両陛下に報告された。古川清・東宮大夫は記者団に「懐妊の可能性は続いているが、現時点では確認できない。しかるべき時期に検査する」と述べた。

1993年6月の結婚以来、約6年半で初めての懐妊の兆しとみられていた。宮内庁は雅子さまの体調を見守りながら今後の対応を検討する。

発表で宮内庁は「医学的見地からの発表も待たず、雅子さまのプライバシーに触れるような過熱した報道がなされたことは極めて遺憾。今後は両殿下の人権を十分尊重し節度ある報道がされることを強く求める」と報道を批判した。《共同通信》

【小渕恵三首相】定数削減法成立へ努力を要請

政府、与党は13日昼、連絡会議を首相官邸で開き、小渕恵三首相は「臨時国会もあとわずかだが、政府提出法案、議員立法がまだ残っているので、よろしくお願いしたい」と述べ、衆院比例代表定数20削減法案などの今国会成立に向け努力を要請した。《共同通信》

12月13日のできごと