平成3627日目

平成10年12月13日(日)

1998/12/13

【小渕恵三首相】年内内閣改造を示唆

小渕恵三首相は13日午後、都内のホテルで記者団に対し、自民、自由両党の連立に伴う内閣改造の時期について「自由党と合意して、これから新しい体制で予算編成、あるいは通常国会に向かっていく」と述べ、21日の1999年度予算大蔵省原案内示前の改造の可能性も含め、改造時期を検討していることを示唆した。

首相は自由党の小沢一郎党首との会談で、既に来年1月の通常国会前の連立政権発足で合意しており、ベトナムから帰国後、19日にも行われる小沢氏との会談で最終的な詰めを行う方針だ。

首相はこれに関連し、首相公邸前で記者団に対し「年内の改造があるともないとも言っていない。要するに自自ということだ」と強調。さらに小沢氏との党首会談について「一回で済もうが済むまいが、何度でもやる」と述べ、19日に最終合意に達しない場合でも、重ねて会談を行い連立政権樹立を急ぐ考えを示した。《共同通信》

【NHK大河ドラマ・徳川慶喜】最終回

【故・淀川長治さん】3000人しのぶ

11月11日に89歳で亡くなった映画評論家淀川長治さんをしのぶ「淀川長治さん・さよならの会」が13日正午から東京都港区の青山葬儀所で行われ、女優黒柳徹子さん、写真家の篠山紀信さんら親交のあった映画関係者ら約500人が出席した。

全国から集まった一般ファン約2500人も献花のため長い列をつくり淀川さんに最後の”さよなら”を告げた。

祭壇にはチャップリン映画「独裁者」ポスターの前でほほ笑む、約十年前に撮った最もお気に入りの写真が遺影として飾られ、出席者全員が1分間の黙とうをささげた。《共同通信》

12月13日のできごと