2001 平成13年12月13日(木)

平成4723日目

平成13年12月13日(木)

2001/12/13

【東京高裁】オウム・岡崎被告に死刑判決

1989年の坂本弁護士一家殺害と信者リンチ殺害の両事件で殺人罪に問われたオウム真理教元幹部、岡崎一明被告(41)に対する控訴審判決が13日午前、東京高裁であった。控訴審最大の争点だった自首の認定について、河辺義正裁判長は行為そのものを認める一方で、「事件から5年5カ月が経過しており、減刑するのは相当でない」などとして、弁護側の控訴を棄却、死刑を言い渡した。

一連のオウム事件の被告に対する控訴審で初の死刑判決となった。坂本弁護士事件をめぐっては松本智津夫被告(麻原彰晃、46)ら7人が関与、死亡した村井秀夫幹部を除く計6人が起訴された。これまでに岡崎被告を含む実行犯3人が一審で死刑判決を受けたが、二審では初めて。松本被告ら3人は公判が続いている。

河辺裁判長は判決理由で岡崎被告が95年4月に神奈川県警に自首したことについて認めた上で事件発生から5年5カ月が経過していた点を指摘。「このような長期間、自首に至らなかったのは、改悛による責任を減少させるにはほど遠い事情」と減刑理由にあたらないことを強調した。《日経新聞》

【小泉純一郎首相】与党党首と会談

小泉純一郎首相は13日午後、公明党の神崎武法代表、保守党の野田毅党首と首相官邸で個別に会談し、与党内に待望論の強い内閣改造や、大詰めを迎えている特殊法人改革について意見交換した。

神崎氏は、内閣改造について「特に求めない。首相に判断は任せる」と時期などは首相に一任する考えを表明。一方、野田氏は、保守党前党首の扇千景国土交通相が来年1月で就任1年半を迎えることを指摘し、早期の内閣改造を求めた。首相から内閣改造に関する言及はなかった。

ただ首相は神崎氏が提案した与党議員の首相補佐官起用について同日夜、首相官邸で記者団に「(内閣改造の)人事とは別に検討してみたい」との考えを明らかにした。《共同通信》

12月13日のできごと