2004 平成16年12月13日(月)

平成5819日目

平成16年12月13日(月)

2004/12/13

【今年の漢字】「災」

今年の世相を象徴する漢字は「災」――。日本漢字能力検定協会(京都市下京区)が全国から公募した「今年の漢字」が13日、清水寺(同市東山区)で発表され、森清範貫主が大きな和紙に筆で「災」と書いた。新潟県中越地震や相次ぐ台風上陸などの天災に加え、イラクでの人質殺害、子どもの殺人事件多発といった人間が引き起こした災いも理由に挙げられた。

10回目の今年の応募は過去最多の9万1630票。「災」は2万936票(約23%)を占め、韓流ブームを背景に2位になった「韓」(6243票)を大きく引き離した。3位以下は「震」「金」「新」「風」。昨年は阪神タイガースのリーグ優勝を反映して「虎」だった。

同協会は「『災いを転じて福となす』ことを祈るばかり」。森貫主は「来年はみなの心が一つになって、なごむ心で『和』という字を書かせてもらいたい」と話した。「災」の字は31日まで本堂で一般公開される。《朝日新聞》

【自民党・青木幹雄参院議員会長】武部幹事長に抗議

「幹事長が解散の話なんかしてちゃいかん」自民党の青木幹雄参院議員会長は13日、郵政民営化をめぐり衆院解散・総選挙の可能性に言及した武部勤幹事長に面と向かって強い不快感を表明した。

青木氏は同日、首相官邸で開かれた政府与党連絡会議の終了後、武部氏を呼び止め抗議。武部氏は「誤解がある。自民党は改革政党で、解散を恐れずに改革を進めようということを言った」と説明。青木氏は「誤解を招きかねない」と納得せず、武部氏は「今後言葉には気をつけます」と誤った。

武部氏は9日の講演で「解散を恐れていない。場合によっては(小泉純一郎首相は)解散権を発動すべきだ」と郵政民営化反対派をけん制。自民党内では、首相の「専権事項」に触れた武部氏に反発が出ていた。《共同通信》

12月13日のできごと