平成9106日目

平成25年12月13日(金)

2013/12/13

【東京都・猪瀬直樹知事】会見を3分で打ち切り

東京都の猪瀬知事は13日の定例記者会見で、徳洲会グループから5千万円を受け取った問題について「都議会総務委員会で質疑が予定されている。まずは議会で説明し、ここでは発言を控える」と質疑を一切拒否、会見を約3分半で一方的に打ち切った。

最終日を迎えた都議会定例会は議案への意見を述べる「討論」に臨んだ全8会派が知事を厳しく批判、辞職を求める声が相次いだ。総務委は9~10日に続き、16~17日と24日に知事に対する集中審議を実施。知事が会見で説明を拒んだのは議会側への配慮を示す狙いもあったとみられる。《共同通信》

【英・ヘンリー王子】南極点に到達

アフガニスタンやイラクでの戦闘で腕や脚を失うなどの傷を負った英、米、カナダ、オーストラリアの兵士らと共に約3週間の南極の旅に出ていた英国のヘンリー王子は13日、同国王室のメンバーとして初めて南極点に到達した。

「South Pole Allied Challenge 2013」と銘打たれた今回の旅を主催した慈善団体「Walking With The Wounded、WWTW」によると、王子と12人の兵士らは南極大陸を約320キロ移動し、グリニッジ標準時13日午後0時(日本時間同日午後9時)に南極点到達を果たした。チームは厳しい寒さと強風の中、重さ70キロのそりを引いて歩いた。《AFP》

【盛岡地裁】サスケ元県議に政務調査費の返還命令

岩手県が覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ(本名・村川政徳)元県議に、2005年度の政務調査費約276万円の返還を求めた訴訟で、盛岡地裁(貝原信之裁判長)は13日、請求通りの支払いを命じる判決を言い渡した。この日の第1回口頭弁論にサスケ氏側が出廷せず、答弁書なども出さなかったため即日結審。争わないとみなされた。

県側代理人は「判決確定後に返還されなければ、差し押さえも検討する」と話し、サスケ氏が所属する「みちのくプロレス」は「判決文を見ていないのでコメントは差し控える」としている。《スポニチ》

【安倍晋三首相】フィリピン・アキノ大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は13日、首相官邸でフィリピンのアキノ大統領と会談した。中国との間に南シナ海の領有権問題を抱えるフィリピンに、沿岸警備隊の巡視船を供与するため約187億円の円借款を行う協定に調印。フィリピンの甚大な台風被害に対し、復興支援を継続する方針を伝えた。《毎日新聞》

12月13日のできごと