平成4358日目

2000/12/13

【ジョージ・ブッシュ氏】次期米大統領に確定

米大統領選の民主党のアル・ゴア候補(52)は13日午後9時から全米の国民向けに演説「われわれの民主主義の強化と結束のために敗北を認める」と述べ、敗北を宣言した。これにより共和党ジョージ・ブッシュ候補(54)の次期大統領当選が確定した。

11月7日の投開票以降、5週間にわたり次期大統領が決まらない前代未聞の展開となった米大統領選はようやく決着した。

共和党は8年ぶりにホワイトハウスを奪回、ブッシュ氏は来年1月20日に第43代米大統領に就任する。父親はブッシュ前大統領。父子で大統領になるのは第2代、第6代アダムス大統領父子以来。

ゴア氏は演説で、フロリダ州の手集計に関する米連邦最高裁の判決について「同意できないが、受け入れる」と述べ、さらに「米国民に新政権の下での結束を求める」とブッシュ次期政権下での国民融和を訴えた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【福田和子被告】二審も無期懲役

昭和57年に松山市で起きたホステス殺害事件で、15年近い逃亡生活の末、時効直前に逮捕され、強盗殺人罪に問われた元ホステスの福田和子被告(52)の控訴審判決で、高松高裁の島敏男裁判長は13日、一審・松山地裁判決の無期懲役を支持、被告側の控訴を棄却した。

福田被告は、控訴審で新たに「同性愛のもつれからとっさに殺害したもので、強盗目的はなかった」と主張。殺人罪と窃盗罪の適用と減刑を求めたが、島裁判長は「被告の供述は不自然で、裏付ける証拠もなく信用できない」と退けた。

判決によると、福田被告は昭和57年8月、松山市内の元同僚ホステス=当時(31)=の自宅マンションで、ホステスの首を帯締めで絞めて殺害、現金や家具など計約1000万円相当を奪った。

同被告はその後、遺体を松山市内の山林に埋めて逃走。東京で整形手術を受け、偽名を使いながら逃亡生活を送っていたが、時効直前の平成9年7月、福井市内で逮捕された。《共同通信》

【川崎憲次郎投手】レッドソックス入りを断念

ヤクルトからフリーエージェント宣言している川崎憲次郎投手は13日、2年契約の条件提示を受けていた米大リーグ、レッドソックス入りを断念したことを明らかにした。これにより既に交渉した中日に移籍するか、ヤクルトに残留することになった。

レッドソックスへの回答期限だったこの日、川崎は「きのうの時点で結論は出せなかった。最高の評価だったし(大リーグの)野球にも不安はなかったが、プライベートな面での決断もあった」と話しており、家族を残しての単身渡米がネックとなったようだ。

これで進路はヤクルトか中日に限定された。「あとは本当に自分の判断次第。早ければ今週中、遅くても来週中には決断を出す」と言い切った。《共同通信》

【自由党】小沢党首が再選

任期満了に伴う自由党の党首選が13日午前、党本部で告示され、小沢一郎党首の無投票再選が確定、同日夕の両院議員総会で正式に承認され、2期目の「小沢自由党」がスタートした。任期は3年で、藤井裕久幹事長ら当執行部は留任する。

小沢氏は両院議員総会で次期参院選について「戦後体制、古い自民党体制に決別し、21世紀の新しい政治、国造りの第一歩にしたい」と強調。自公保3党を過半数割れに追い込む決意を表明した。

その後の記者会見で、参院選で与党が過半数割れした場合「国会が機能しなくなり、いずれ総選挙になる」と指摘。「旧来の既成のグループの枠にとらわれない新しい政治体制、政界再編の動きにならざるを得ない」と述べ、保守新党も視野に入れた政界再編に強い意欲を示した。《共同通信》

【森喜朗首相】テレビ番組を批判

森喜朗首相は13日、都内のホテルで開かれた「ゆうもあ大賞」表彰式でのあいさつで、最近のテレビ番組の内容を批判し「国民の皆さんが暴力だとか、エログロ、ナンセンスとかを電波から追い出していくということを、ぜひやってもらいたい」と訴えた。

首相は「夜12時を過ぎると何とも言えない番組があって、これは一体何だろうかなあとは思う」「(規制を)政治の世界でやらなくちゃならんのかもしれないが、政治はやっぱり力に限界がある」と指摘した。《共同通信》

【民主党・鳩山由紀夫代表】中国人民大学で講演

中国を訪問している民主党の鳩山由紀夫代表は13日午前(日本時間同)、北京市内の中国人民大学で講演し、「日中両国は東アジア地域の平和と安定に共通の利害と役割を担うべきだ」と述べ、両国が東アジアの安全保障分野で協調していく必要性を強調した。

日本の国連平和維持活動(PKO)に関連しては、日本国内に中国、韓国、米国などのPKO部隊が国連の活動基準に基づいて共同訓練する「PKO訓練センター」の設置を提唱。「実現すれば日中両国のみならずアジア太平洋地域の信頼醸成に計り知れないプラスの効果をもたらす」と指摘した。

さらに東ティモール問題を例に挙げて「争乱がインドネシア全体に波及していればシーレーン(海上交通路)の安定にも悪影響を及ぼした」と述べ、日中両国がPKO分野で積極的な役割を果たすべきだとの考えを示した。《共同通信》

【この日の民主党】

全国キャラバン「おかしなことなくし隊」報告・和歌山 2000/12/13

弁士山村健・中村哲治・大谷信盛・小林憲司・今野東

民主党の国会議員は一人もいないし、地方議員も少ない地域だと聞いていました。しかし、地元の反応もよく、国会議員に手を振ってくれる人などがおられました。一定の支持はあるので、今度は候補者をたてる事を検討しています。誰か名乗り出る人いませんか?

パームシティー前街頭演説

小林憲司衆議院議員
「堺屋経済企画庁長官はこれ以上、ウソをつくのがいやで、辞任したのでしょう。経済を助けるためにも政権交代が必要です」

大谷信盛衆議院議員
「誰でも必要な医療が受けられるようにすべきです。先日の医療法改正は、その逆の方向への改革です」

今野東衆議院議員
「何が少年たちの心をすさませたのでしょうか?経済優先だけではなく、心を豊かにすることが必要です。少年たちにまず罰を与えるという方策で本当にいいのでしょうか?」

JR和歌山駅前街頭演説

山村健衆議院議員
「自民党支配の歴史に終止符をうつ、20世紀の最後かつ最大の政治ドラマに、国民は大きな期待をよせました。しかし、利権政治の誘惑を断ち切れなかった加藤さんは結局、敵前逃亡してしまいました。しょせん、自民党は親の力で議員になった2世議員の溜まり場です。改革はできるはずありません」

中村哲治衆議院議員
「私も保守地盤と言われる奈良2区から立候補して、衆議院議員になりました。和歌山の心ある皆さん、保守地盤が強いからと言って諦めないでください」《民主党ニュース》



12月13日 その日のできごと(何の日)