2007 平成19年12月13日(木)

平成6914日目

平成19年12月13日(木)

2007/12/13

【タイヤ脱落母子死傷事故】地裁、元三菱自動車部長らに有罪判決

リコールなどの改善措置を一切とらずに放置した――。三菱自動車製の大型車のハブ欠陥隠しによる母子3人死傷事故から約6年。横浜地裁は13日、業務上過失致死傷罪に問われた元品質保証責任者2人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。「ハブが破断してタイヤが脱落すれば、人に危害が生じることは当然、予測できた」と予見可能性を明確に認定。リコールを避けようとし続けた企業姿勢にも言及した。だが、遺影を手にした遺族は「納得できない」と涙を浮かべた。《読売新聞》

【イージス艦情報漏えい事件】海自3佐逮捕

イージス艦の中枢情報の資料を海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」乗組員の2等海曹が持ち出していた事件で、神奈川県警と海自警務隊は13日、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反の疑いで、海自プログラム業務隊(現・開発隊群、横須賀市)に所属していた3等海佐A容疑者(34)を逮捕した。県警などはA容疑者が「特別防衛秘密」を含む資料と認識しながら情報を流出させたとみている。《中日新聞》

【福田康夫首相】公約が思い浮かばなかった

福田康夫首相は13日、参院外交防衛委員会の集中審議で、年金記録不備問題の全面解決を事実上断念したことを参院選の公約違反に当たらないとした自らの発言について「正直言って公約が頭にさっと思い浮かばなかった。公約違反という大げさなものではないと言った記憶はある」と釈明した。《共同通信》

12月13日のできごと